HD PENTAX-DA 70mm F2.4 Limitedの最近のブログ記事

IMGP0174,40 mm,F8,iso100(JPEG).jpg

40 mm,F8,iso100

足の爪が伸びてきたので、爪切りでパチパチ切った。

切り口が判らず足を引き寄せると、自ら後ろへコロンと転がってしまい.....笑けてしまう平和な今朝。

fecebook_お写ん歩バナー.jpg

 

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店 店長です。(2022年5月7日撮影)

遠くに住む写友さんが奈良へ来ることになり、奈良市に詳しい写友さんがご案内することに。

「じゃぁお前は何なんだ?」、そう言いたくなりますでしょう。

ただ御伴しただけでございます。

IMGP4754,11 mm,F9,iso2500(JPEG).jpg

11 mm,F9,iso2500

レンズ交換のしやすさはペンタックス機とシグマ機がダントツ。

小指の側面でレンズ取り外しボタンを押しながら片手で外せるので、単焦点レンズ多いときはすんごく便利。

fecebook_お写ん歩バナー.jpg

 

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店 店長です。(2022年5月4日撮影)

前回の続きです。

店頭勤務後に晩ご飯食べてすぐに紀伊半島を南下。

星空撮影でテンション上げるも、ひと通り撮り慣れてくると急に睡魔が襲ってきます。

たった1、2時間仮眠するだけで、ひと晩寝たような気になれるのはまだ若い証拠でしょうか。

午前5時前に目が覚めると、駐車場にいっぱいだったテントはほとんど畳まれていて、登山家の皆さんは出発の準備中です。

朝霧でも出ないかな?って思っていましたが、周りの山々を見渡しても雲は皆無。

朝の空気をいっぱいに吸い込んで、玉置神社へ参拝に向かいましょう。

IMGP0018,40 mm,F11,iso100(JPEG) 1.jpg

こんなに美しい季節なのに、花粉症が憎い。

とは言え、ずっとマスクしているからなのか、撮影日以外は鼻炎薬要らずなのである。

fecebook_お写ん歩バナー.jpg

 

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店 店長です。(2022年3月30日撮影)

前回の続きです。

藤原宮跡から葛城山麓まで凡そ15分のドライブ、大和高田バイパスの存在はとんでもなくありがたい。

時間が無くても「あと数か所の桜が観れるかもっ」って気分にさせてくれます。

P1000744,32 mm,F5.6,iso500(JPEG).jpg P1000735,32 mm,F7.1,iso320(JPEG).jpg

前回の藤原宮跡でも同梱していたHD PENTAX-DA 40mm F2.8 Limited、ザ・パンケーキレンズですな。

1枚目の写真はこの組み合わせで撮影です。

P1000752,32 mm,F5.6,iso250(JPEG).jpg P1000758,32 mm,F7.1,iso800(JPEG).jpg

セットのフジツボフード(もちろん金属製)が泣かせます。

かっこいい!かっこよすぎる!!

IMGP9638,70 mm,F10,iso100(JPEG).jpg

このところの奈良県内、平日の自動車交通量が異様に増えた気がする。

きっと「そんな気がする」だけだと思うが、もう移動に掛かる時間がハンパない。

fecebook_お写ん歩バナー.jpg

 

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店 店長です。(2022年3月30日撮影)

大和平野の桜が一気に開花し出しました。

たぶんきっと今週末がド満開になるかと思われますが、こうも一気に咲くと全部観て回れないから困ったもんです。

今週末の奈良県内は混み混み予報、我々は山間部でそっと咲く桜でも眺め行きますか。

とりあえず藤原宮跡醍醐池北側に広がる菜の花畑と3~5分咲きの桜コラボを見てきました。

P1000733,29 mm,F7.1,iso640(JPEG).jpg P1000729,29 mm,F7.1,iso500(JPEG).jpg

フルサイズレフ機 PENTAX K-1MarkII と DA Limited レンズ数本をお供に。

レンズが小さいとは良いことだ!

しかもよく写るからありがたいのです。

IMGP3998,20 mm,F13,iso100(JPEG).jpg

僕のドンケはホンっとボロボロ、ドンケらしい姿と言われればそうなんだけど。

先日開いた穴からLEDペンライトが落ってもて、後ろ歩く観光客さんに拾っていただいた.....orz

fecebook_お写ん歩バナー.jpg

 

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店 店長です。(2022年3月19日撮影)

満開の月ヶ瀬梅林へ訪れることができたのはとても珍しい。

いつも訪れるの早すぎて、ちょこっと咲いている梅を必死になって撮っていたものです。

満開は満開で撮るの難しく、「ふつうそんなん狙わんやろー」という画ばかりを追い求めていました。

IMGP0790,35 mm,F2.8,iso200.jpg

どういうこっちゃ、桜のシーズンがもう終わりやるやん。

駆け足過ぎて、行きたかったとこへちっとも行けてへんし crying

fecebook_お写ん歩バナー.jpg

 

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店 店長です。(2021年3月27日撮影)

さて、PENTAX K-3III レビュー第2弾、前回吉野山の桜をご紹介しましたが、これは更に遡った日の奈良長谷寺さん。

紫陽花や紅葉でも有名な御寺ですが、何と言っても桜の美しさはピカイチ。

桜色はもちろんですが、緑色がとんでもなく綺麗な PENTAX K-3III で撮れたことの幸せは計り知れずですな。

古い建造物や屋根瓦とよく似合う"桜"、こちら境内で桜をまったり楽しんでいると、あっという間に数時間が経過してしまいます。

 

PENTAX K-3III_004.jpg

何とそそられる外見でしょ。

これぞ(これも)「ザ・ペンタックス」的なスタイルではないでしょうか。

このパンケーキレンズ的な HD PENTAX-DA 70mm F2.4 Limited が性に合いました。

そういえば HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited も出番が多かったかな?

それぞれの35mm判換算が 約105mm と 約22mm、PENTAX K-1 MarkII同等の広い視野角が「換算」の存在を忘れさせてくれる。

個人的にはこの視野率約100%&約1.05倍光学ファインダーこそが、PENTAX K-3IIIの最大なる特徴ではなかろうかと思います。

「小さなフルサイズレフ機」、フルサイズじゃないけどそんな感覚で全力楽しんでいただき、撮れた画像で萌えてください。

IMGP2343,トリミング.jpg

上記写真の中央部を 1620x1080px でトリミングしたものを載せています。

IMGP1103,31 mm,F9,iso100.jpg

PENTAX と言えば吉野山.....いえ、個人的に吉野山で出動回数の多い機材が PENTAX なんです。

あぁ、すいません皆さん、ど満開の吉野山で PENTAX K-3III を使っちゃいました。

fecebook_お写ん歩バナー.jpg

 

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店 店長です。(2021年3月31日撮影)

奈良の桜と言えば「吉野山」、一眼レフ機と言えば「ペンタックス」、ずっとずっと前からこういう位置づけです。

いやぁ、来ましたねぇ、出ますねー、APS-Cフラッグシップですよー。

PENTAX K-3III_005.jpg

【ご予約受付中!! 2021年4月23日発売予定】

ペンタックス K-3 Mark III ブラック ボディキット

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/36329

ペンタックス K-3 Mark III シルバー ボディキット

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/36339

ペンタックス D-BG8 [バッテリーグリップ"K-3 Mark III専用"]

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/36336

ペンタックスK-3 Mark III Black Premium Kit

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/36340

ペンタックスK-3 Mark III Silver Premium Kit

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/36341

ペンタックス K-3 Mark III ブラック ボディ+D-BC177セット

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/36342

ペンタックス K-3 MarkIII シルバー ボディ+D-BC177セット

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/36343

ペンタックス K-3 Mark III ブラック ボディ+D-BC177+DLI90Pセット

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/36344

ペンタックス K-3 MarkIII シルバー ボディ+D-BC177+DLI90Pセット

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/36345

ペンタックス K-3 Mark III ブラック ボディ+K-BC177Jセット

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/36346

ペンタックス K-3 MarkIII シルバー ボディ+K-BC177Jセット

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/36347

ペンタックス K-3 Mark III ブラック ボディ+K-BC177J+D-LI90Pセット

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/36348

ペンタックス K-3 MarkIII シルバー ボディ+K-BC177J+D-LI90Pセット

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/36349

ペンタックス O-HC177 「ホットシューカバー」

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/36338

セットがいっぱいでごめんなさいw⇒大いに迷っていただきましょう!

PENTAX K-3III_008.jpg PENTAX K-3III_006.jpg

ちょうど PENTAX HD PENTAX-FA 31mmF1.8 Limited(ご予約受付中)が手元にありましたので、ちょいと組み合わせてみました。

あぁ、この感じが PENTAX でありますです!

操作はと言いますとボタン配置やメニュー内容までもがリファインされましたが、数十分で慣れてしまったので問題無し。

PENTAX K-3III_009.jpg PENTAX K-3III_012.jpg

実際手にしていただかないと分からない.....というのが正直なところですが、ぜひこちら↓のリンク先をご覧ください。

ブログ@中古カメラご一行様ペンタックス PENTAX K-3 MARK III が新発売 !!! ご予約受付開始です

 https://www.yaotomi.co.jp/blog/used/2021/03/-pentax-k-3-mark-iii.html

世界で一番詳しい説明()記載がございますので、ご一読後に欲望をグッと高めてほしいっ!

※ 当社調べw(2021年3月31日現在)

 

では、PENTAX K-3III 作例撮り画像を並べ兼ねて感じたことをつらつら書いてみましょう。

この時季の被写体は例年通り桜の画になるのですが、早咲きの枝垂れ桜どころか桜前線の基本になる桜も見頃ど真ん中。

場所によっては昨年並み(昨年も早かったんですけどね)ですが、昨年比で3~4日、トータルで1週間から10日ほど早いかも。

ホワイトバランスは大半が出来の良い「オート」ですが、「CTE」も時々使っています。

桜の時期のカスタムイメージは「雅(MIYABI)」、もうね、これしかあらへんやろ!って言うくらい大好きなとても似合う「雅(MIYABI)」。

どれも撮ったままのJPEG画像で、明るさのみリサイズ時に調整しています。

PENTAX らしさ全開の画像をずらり、限られた撮影日ですが、一気咲きまくる桜を追いかけてみました。

  • 1

2022年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちHD PENTAX-DA 70mm F2.4 Limitedカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはHD PENTAX-DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR REです。

次のカテゴリはHD PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5EDです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ