RICOH GR IIIxの最近のブログ記事

R0000213,26 mm,F3.2,iso640JPEG.jpg

最初の"1枚"、写真でも何でもそうだけど「最初の〇〇」って何かと肝心。

例えば初めてのおうどん屋さん、最初に食べるなら「かけうどん」.....という想いでトップ画像は「美しいおうどん」である。

fecebook_お写ん歩バナー.jpg

 

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店 店長です。(2021年9月撮影)

しばらくコンパクトデジタルカメラというカテゴリーから遠ざかっていた感ございますが、ここにきて嬉しい一台が飛び込んできました。

RICOH GRIIIx_01.jpg

RICOH GR IIIx (2021年10月1日発売予定)

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/38604 (ご予約はこちらから)

前触れなく届いた箱の中にこのカメラが入っていて、「ふんふん、スナップでも撮りに行きましょかー」って包みを開けるの巻。

普通に"RICOH GR III"を使うつもりでしたからめでたい奴で、フロントをよく見ると「あぁ、こっちかー ↑ 」でした。

RICOH GRIIIx_02.jpg RICOH GRIIIx_03.jpg

余談ではありますが.....40mm(35mm判換算)レンズって個人的にとても馴染み深く、人生初のマイカメラが"New Canonet QL17(40mm/1.7)"(祖父のお下がり)だったりするんです。

QL17は故障するまで永く使ってましてね、途中で他のカメラに乗り換える気持ちすら湧かなかったのは、「(個人的に)馴染みやすい焦点距離」だったからかな?と。

レンジファインダーですから感覚もちょびっとちゃう訳で、気分的にも"RICOH GR IIIx"使うことは「楽しそう」という文字が自然と脳裏に浮かびます。

RICOH GRIIIx_04.jpg RICOH GRIIIx_05.jpg

新製品ですから"RICOH GR III"外観とちょっとくらい違いもあるやろー.....と舐めるように弄りまくっていたのですが、レンズ鏡胴部以外に違いは無し。

上から見てもご覧の通りで、28mm機の経年劣化が目立つばかりw  一部.....いや、まぁいい。

いつもデカいカメラバッグを提げて出掛けるのに、このサイズのカメラはがちなカメラバッグが要りませぬ。

カメラバッグ持って出掛けないことの寂しさを感じる訳ですが、これはこれでなかなか味わえないこと。

なので、GRを手に入れられたら、この感覚をあえて楽しんでいただきたいと思う.....と自分に(も)言い聞かせます。

 

RICOH GR IIIxの詳しい解説は『中古カメラご一行様(by八百富写真機店)』をご覧ください↓

カメラの八百富|RICOH リコー GR III X が新発売 !!! 本日よりご予約受付開始です !!!

 https://www.yaotomi.co.jp/blog/used/2021/09/ricoh-gr-iii-x.html

 

画像は一部を除きJPEG撮って出し(明るさのみ微調整処理済)、イメージコントロールは大好きな「ポジフィルム調」を中心に撮影。

どの画像か判りませんがクロップモードも積極的に使ってみました(GR IIIxはノンクロ40mmから50mm/71mm相当の画角でクロップ可能)

  • 1

2022年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちRICOH GR IIIxカテゴリに属しているものが含まれています。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ