2017年5月アーカイブ

P1000708,2017yaotomi_T.jpg

 Panasonic LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm / F2.8-4.0 ASPH. with Panasonic LUMIX DMC-GX7MarkII (8.0mm 13.0sec iso200 F10.0)

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店 店長です。 (2017年5月17日撮影)

フェイスブック「お写ん歩」.jpg

 

久しぶりのPanasonic機試用、最近僕の周りで人気のある現行 Panasonic LUMIX DMC-GX7MarkII です。

もともと旧機 DMC-GX7 から大のお気に入り機種でして、モデルチェンジ後さらに精度増した DMC-GX7MarkII も引き続きお気に入り機種に。

これ、ついついオススメしたくなる機種なのですよねー。

レンズ同軸上に配置されたチルト可動式液晶モニターの使い勝手と、敏感で精度の高い「あおり」「水平傾き」2方向電子水準器のおかげで、コスパ高い超広角 Panasonic LUMIX G VARIO 7-14mm F4 ASPH. もしっかり活かしきれる頼もしいミニマシン。

こうなってくると、もうちょっと高画質を求めたくなるもので、更なる高性能な超広角が用意されると小耳に挟んでから、ずっと待ち遠しく期待していました。

DSC_0015,2017yaotomi.jpg

Panasonic LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm / F2.8-4.0 ASPH. (2017年5月25日発売予定)、なんと LEICA 光学基準を満たした「ELMARIT(エルマリート)」として登場します。

発売開始直後からずっと人気高い Panasonic LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH./POWER O.I.S. と組めば、最強のレンズシステムが完成しそう。

よって、この Panasonic LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm / F2.8-4.0 ASPH. も発売日「2017年5月25日」以降は品薄必至な予感です。

DSC_0011b,2017yaotomi.jpg DSC_0006b,2017yaotomi.jpg

外観は申し分無しの金属外装らしい高質感。

防塵・防滴仕様+耐低温性能(マイナス10℃)に対応、要望の多かった超広角へのフィルター装着も可能となりました。

このあたりの自由度高い設計は、マイクロフォーサーズならではでしょう。

DSC_0009,2017yaotomi 1.jpg

パッと見が大きく見えますが、これは Panasonic LUMIX DMC-GX7MarkII が小さいから。

ズームリングとピントリングの径に差が在り、ファインダー覗きながらの操作もじつに快適。

大型のレンズフードもロック機構付ですから、うっかり外れて失くしてしまうこともほとんど無くなるでしょう。

個人的には黄色の「8-18」表記に萌えます。

 

ベータ(β)レンズですが、ちょっと試す機会がございましたので、Panasonic LUMIX DMC-GX7MarkII のお供にしてみました。

奈良の桜 2017 吉野 本善寺 / SIGMA 85mm F1.4 DG HSM Art

本善寺,桜_IMG_8131,2017yaotomi_T.jpg

 _懐いの桜_

本善寺,桜_IMG_8131,2017yaotomi_F.jpg

Canon EOS 6D with SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店 店長です。 (2017年4月5日撮影)

フェイスブック「お写ん歩」.jpg

 

 

今年の春に撮影したの桜写真、ほとんど選別されぬまま放置していました。

そのままお蔵入りする前に、ざっと選んだものを時間許す限り更新したいと思います。

 

毎年素晴らしい咲きっぷりを見せてくれる吉野町本善寺さんの桜。

境内いっぱい豪快かつ美しい桜姿は、毎回違って見えるほど魅力が溢れています。

レ・バーグ_P4050412,2017yaotomi.jpg

観光寺ではない為、一定条件下での撮影にはなりますが、普通に眺めただけで心に残る桜はそうそう無いでしょう。

写真に興味ある者とすれば、桜木につく苔色も画になる思えます。

しかしご住職のお話しでは、この苔こそが桜の咲き方や成長にも影響するのだそうで、管理もなかなか大変なのだそうです。

 

いつも訪れて驚かされることは、桜の咲きっぷりばかりではありません。

古寺らしい建造物の美しさを維持しつつも、境内が綺麗に整理整頓されており、毎日の管理も大変だと思います。

残念ながら数年前からマナーの問題がクローズアップされており、張り紙等でも告知されていますので必ずご一読ください

長岡天満宮,キリシマツツジ_P4260066,2017yaotomi_T.jpg

 _雨の天神さん_

長岡天満宮,キリシマツツジ_P4260066,2017yaotomi.jpg

OLYMPUS PEN-F with M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店 店長です。 (2017年4月26日撮影)

フェイスブック「お写ん歩」.jpg

 

 

長岡天満宮の参道にあるこの太鼓橋、僕がまだ中学生だった頃は、真ん中の1本しかございませんでした。

それもね、小さな石橋で雨が降るとツルツルす○る......

「足もとに気をつけ、しっかり学べ」と、学問の神様は言ったか言わないか、なかなか厳しい神様だと思っていました。

通学時は何げに眺めていたキリシマツツジの知名度も今や全国区。

多くの写真家が撮影を終え、この場を立ち去る頃になると多くの観光客で賑わいます。

青空とのコラボが大変綺麗ではございますが、この雨の日に見るキリシマツツジは鮮やかさ艶やかさが増し増し。

撮影機材にとっては厳しい条件ですが、これを狙いたくてわざわざ酷な時間を過ごす写真家さんも居られます(笑

  • 1

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

このアーカイブについて

このページには、2017年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年4月です。

次のアーカイブは2017年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ