OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III を使ってみました / 奈良 曽爾村 屏風岩公苑の紅葉 2019

PB020047,15 mm,F8,iso200.jpg

高性能機材が小さくなることは、いろんな面でのメリットも増えたのではなかろうか。

ミラーレス機を普及化へと導いた「オリンパス」社が新たに世に送り出す OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III を使ってみると、つくづくそんな想いに浸れる正統派の小型機なんだと思う。

fecebook_お写ん歩バナー.jpg

 

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店 店長です。(2019年11月3日撮影)

ガッツリ山へは登らないけど歩き回ることは大好き、だから機材の小型化は大歓迎なのです。

しかし、小型化ばかりで画質が犠牲になることは自分の中で許されず、大型の機材を頑張って持ち歩くことに......

だから今回試用した新しい機材は"大歓迎"だったのですよ。

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III_01.jpg

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III、なるほど想像していたよりも小さくて軽い。

どのくらい小さくて軽いのかって言いますと、僕の大好きな OLYMPUS OM-D E-M10 Mark III とほとんど変わらんのですね。

金属製のダイヤルやボタンが所狭しと並ぶ姿が大好きで、機を手にしたときに顔が緩んでしまった.....

ところが痒いところに手が届きにくいエントリークラス、ガチ撮りするには少々物足らなくなるのは仕方のない事。

そんな思いを実現したかのような OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III の発表は、オリンパスファンの中で結構盛り上がったのではなかろうか。

大きさや重量は OLYMPUS OM-D E-M10 Mark III 並みにサイズダウン、中身性能は OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II へと進化、これを勧めないテはないだろうってところです。

 

先ずはいつもの撮影地でいつものように使ってみました。

本来ならばキットレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II を使うところですが、高倍率ズームレンズとしてはキレッキレの写りを見せつけてくれる OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO をチョイス。

この組み合わせなら 6.5段(シンクロ)手振れ補正をも試せるというところでございます。

※ 今回の試用機はベータ版のため、フル画像の公開は控えさせていただきました

アップした画像は全てサムネイルです。
マウスポインターを重ね、指マーク.jpg ポインタ(カーソル)に変われば、クリックで拡大(縦1,080ピクセル)画像を見ることができます。

PB020028,12 mm,F9,iso64.jpg

↑2 OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

早朝の屏風岩公苑、明るい星が少しだけ残る時間。

東の雲が少なく、朝焼けの代わりに素敵なグラデーションが広がる。

結構薄暗い時間なのですが、A.F.性能の向上が素晴らしく、合焦後にピント微調整なんてのは皆無。

 

PB020049,21 mm,F8,iso200.jpg

↑3 OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

紅色に染まる東の空の明かり、屏風岩の斜面を色濃く照らし始めます。

まだ紅葉しきっていないのに、もう既に見頃のような.....それ以上の朝色に夢中。

見た目はもっと濃く感じた絶景色、僅かに控えめな仕上げにしましたが.....濃ゆい。

 

PB020123,12 mm,F18,iso200.jpg

↑4 OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

日の出、黄砂の影響が少し残っていたのかも知れません。

そのおかげもあっての1、3枚目です。

 

PB020148,61 mm,F4,iso200.jpg

↑5 OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

朝のススキは綺麗なんですよー。

E.V.F.越しに瞬時拡大、どのススキにピントを持ってこようかとコントロールも自在。

 

PB020178,12 mm,F8,iso200.jpg

↑6 OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

上北山村のナメゴ谷へ偵察。

空の雲が綺麗だったので、ここはグッと広角で。

 

PB020173,61 mm,F8,iso200.jpg

↑7 OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

シーズンでもなかったのに、あたしゃしっかり撮ってしまうほう。

ヌケの良いレンズは写りもしっかりクッキリ。

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III と OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO の相性がとても良い!

他社含める高倍率ズームレンズの中で、僕はこのレンズがトップ3に入るかも。

 

PB020196,50 mm,F8,iso200.jpg

↑8 OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

行者還トンネル付近。

今週のこの辺、散り始めているかも知れません。

今週の後半は冷え込む予報ですから、紅葉と霧氷(積雪 or 樹氷)のコラボが撮れるかも。

 

PB020203,31 mm,F8,iso200.jpg

↑9 OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

繊細な写りを三脚ハイレゾショットでお見せしたかった......

布引谷から弥山を見上げる。

 

PB020229,7 mm,F9,iso200.jpg

↑10 OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO

いつもの場所は、陽当たり良いところがやっと紅葉し始めたばかり。

 

PB020269,7 mm,F10,iso200.jpg

↑11 OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO

国道309号線沿いには、渓谷美を狙える場所がたくさんございます。

国道を通り抜ける自動車やバイクを妨げないよう、十分考慮しながら撮影に挑んでくださいね。

 

PB020275,25 mm,F9,iso200.jpg

↑12 OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

ここも今ごろが見頃でしょう。

晴れの日も綺麗ですが、雨上がり直後のガスが掛かる姿こそが絶景。

 

国道は何処も狭く、離合困難な場所がたくさんあります。

運転の自信ない(幅寄せ離合や後退が苦手等々)運転手さんは、無理して走らないほうが無難。

山斜面にぶつけるだけではなく、乗り物同士の接触事故も頻繁に起きているようです。

常々離合できる場所を確認しながら走行し、対向車が来たらすぐに後退できる余裕が大切。

お気をつけて。

 

撮影は別の場所でも試していますので、このあと続けてご紹介したいと思います。

 

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III_01.jpg

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III (ボディ/ブラック・シルバー)

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/32212(ブラック)

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/32213(シルバー)

OLYMPUS OM-D E-M5 MarkIII 14-150mmII レンズキット(ブラック/シルバー)

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/32214(ブラック)

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/32215(シルバー)

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/24176

 

今日も お写ん歩ブログ にお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

お写ん歩・- fecebook_お写ん歩.jpg

2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、お写ん歩 【K】が2019年11月11日 16:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「SIGMA fp、想像以上に凄いぞ! / 京都 時代祭(人物撮り) 2019」です。

次のブログ記事は「OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III を使ってみました / 鳥取 大山紅葉 木谷沢渓谷 2019」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ