OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III を使ってみました / 鳥取 大山紅葉 木谷沢渓谷 2019

PA300054,14 mm,F8,iso200.jpg

今年の大山はややフライング訪問、深夜からスタンバったけど星空は拝めず断念。

久しぶりに大山で雪景を撮りたくなったので、雪降る頃に OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III でリベンジしてみるかー。

fecebook_お写ん歩バナー.jpg

 

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店 店長です。(2019年10月30日撮影)

この日の大山、黄砂の影響をモロに喰らっていたんですよね。

霞が湿気にしちゃぁ妙な感じだし、時々スッキリしつつも全景が霞むのは珍しい。

目で見た感じがそうでしたが、OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III のE.V.F.越しでしっかり判別できます。

こんなとき信頼性の高いカメラは頼もしくて嬉しいもの。

 

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III_02.jpg OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III_03.jpg

すいません、わたくしこんな便利なグリップ「外付け金属グリップ ECG-5」も使っていました。

小型のレンズ装着ならグリップ無いほうが使いやすいのですが、どかーーんっとデカいレンズを着けるとちょっと不安定。

それだけコンパクト軽量だということを言いたいのですが、しょうみなところ「外付け金属グリップ ECG-5」はカメラバックに忍ばせておきたいものです。

PA300080,12 mm,F8,iso200.jpg

↑2

仕事終えたその足で鳥取の大山へ直行、鍵掛峠から見渡す定番景は相変わらず素晴らしかった。

相変わらず雲被りだったけど、やっと雲が切れたのはちょっと奇跡だったか。

 

PA300285,25 mm,F4,iso64.jpg

↑3

三ノ沢辺りを散策、華やかな黄色が素敵なんです。

この時点から数日後に、もっと良いタイミングが訪れたのだそうな。

あぁ、悔しい。

 

PA300171,25 mm,F20,iso64.jpg

↑4 

そのまま帰るのも勿体なく、年々綺麗に復活しつつある木谷沢渓流へ。

 

PA300188 (2),12 mm,F8,iso64.jpg

↑5

苔もずいぶん戻り、撮りごたえも復活。

また水害に見舞われないことを祈るのみ。

 

PA300224,25 mm,F8,iso64.jpg

↑6

ピクチャーモードは「i-Finish」がお気に入り。

これねハイレゾショット(RAW 80M!!)、川の流れが三脚ハイレゾショットを使っている証。

絹のように滑らかにはならないけど、このザクッとした感じに仕上がるのがちょっと好きなんです。

等倍画像がモーレツなんですが、ここでお見せできないのが残念。

 

PA300233,54 mm,F20,iso64.jpg

↑7

紅葉がすすんでいたら抜群の場所(構図)なのになぁ......

 

PA300277,66 mm,F22,iso64.jpg

↑8

  

PA300301,25 mm,F4,iso64.jpg PA300302,25 mm,F8,iso64.jpg

↑9・10

元気のない葉もあったけど、OLYMPUS OM-D E-M5 Mark IIIがイメージを沸かせてくれる。

「このカメラでないと撮れんなぁ」、そんなシーンがたくさんありました。

 

霞む大山をあとにし、よく通っている「植田正治写真美術館」へ。

PA300385,12 mm,F10,iso200.jpg

PA300371,12 mm,F8,iso200.jpg PA300374,12 mm,F8,iso200.jpg PA300376,12 mm,F8,iso200.jpg

ちょうどこの日から「植田正治写真美術館フォトコンテスト」の審査発表と展示をされていたんです。

もう20回目にもなるのだそうですが、とにかく力作ぞろい。

ひと通り見て、もう一度戻りながら拝見しました。

今月末(11月30日)までですので、機会がございましたら是非訪れてみてください。

  

近くに素敵なパン屋さんもございます。

PA300332,7 mm,F8,iso200.jpg

「コウボパン 小さじいち」さん、初めて訪れたのは10年ほど前でしたでしょうか。記事参照

今は併設のカフェもできてお洒落感も満載ですが、やはりこちらのパンは美味しい。

DSC_1996,4 mm,F2,iso40.jpg DSC_1995,4 mm,F2,iso64.jpg

(この2枚はスマートフォン撮影)

特にハード系が好きな方におすすめ、ぜひとも寄っていただきたいのですが1月~3月は休業なのでご注意を。

 

昼ご飯はいつものように大山から市街地へと下ります。 

DSC_2005,4 mm,F2,iso80.jpg

境港はもちろんですが、米子や皆生に美味しいお寿司屋さんがたくさん。

ここ「回転ずし 北海道 皆生店」もチェーン店のひとつですが、これがまた素晴らしく美味い。

DSC_2002,ps.jpg DSC_2000,4 mm,F2,iso40.jpg

米子界隈でお昼ごはんなら「寿司」か「牛骨ラーメン」。

何故か知らこちら方面の「廻る寿司」系はクォリティが抜群に高く、値段もリーズナブルで驚くばかり。

写真はご同行皆さんの寄せ集めだけれど、僕が十分満足に食べれて1,500円でお釣りがくるんですよ。

県内のチェーン店ですが、コストパフォーマンスは激的に高く、個人的にめちゃくちゃおススメです。

 

つい先日ですが、真夜中ずっと晴れる予報と撮影日合致する日がございました。

PB060305,7 mm,F3.2,iso6400.jpg

↑A

奈良大台ヶ原のいつもの場所。

別機で撮影をしていましたが、ここはコンポジット用にOLYMPUS OM-D E-M5 Mark IIIを持ち込みました。

 

PB060296,7 mm,F3.2,iso1600.jpg

↑B

ライブコンポジット。

あぁ、とても便利です。

 

PB060300 (2),7 mm,F3.2,iso1600.jpg

↑C

自動車のヘッドライトをまともに喰らってしまった......なグルグル。

 

PB060311,7 mm,F3.2,iso1600.jpg

↑D

夜が明け始める直前。

ずっと強風に曝されていて、さすがに三脚微振れのオンパレード。

これは等倍でお見せできませんわ^^;

 

これにて撮影終了です。

 

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III_01.jpg

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III (ボディ/ブラック・シルバー)(11月22日発売予定)

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/32212(ブラック)

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/32213(シルバー)

OLYMPUS OM-D E-M5 MarkIII 14-150mmII レンズキット(ブラック/シルバー)(11月22日発売予定)

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/32214(ブラック)

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/32215(シルバー)

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/24176

 

今日も お写ん歩ブログ にお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

お写ん歩・- fecebook_お写ん歩.jpg

2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、お写ん歩 【K】が2019年11月11日 19:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III を使ってみました / 奈良 曽爾村 屏風岩公苑の紅葉 2019」です。

次のブログ記事は「和歌山 高野山 紅葉(前編) 2019 / SIGMA fp」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ