奈良 明日香 朝景 2014 / FUJIFILM X-T1 with FUJINON XF18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR

明日香,稲渕(DSCF7498,22.4mm,F9,Top)2014yaotomi_.jpg

 _棚田_

明日香,稲渕(DSCF7498,22.4mm,F9,XT1)2014yaotomi_ (1) .jpg

奈良県高市郡明日香村稲渕 稲渕棚田 案山子ロード 祝戸 細川 上居
明日香村公式サイト_http://www.asukamura.jp/
あすかであそぼ_http://www.asukadeasobo.jp/
FUJIFILM X-T1 with FUJINON XF18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR
(22.4mm(33.6mm) f/9.0 ss1/58 iso200 Capture one 7.2.3 for Windows RAW/RAF)

 

 

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店 店長です。fecebook_お写ん歩.jpg
( 高槻駅前店お店ブログ『 高槻写真のひろば 』 はこちら ) (2014年8月27日撮影)

 

県内の田圃は青々としているところと、刈り取り間近のところがあります。

どちらも画になるのですが、緑が好きな僕にとって、1枚目のような色合いは、未だそそられます。

彼岸花が咲きはじめると、この緑の中に赤い模様が入る訳ですね。

「自然の芸術ってこんなことを例えるのだろうなぁ...」  いっちょまえな事も考えてみたり...

 

案山子コンテストの応募前でしたので、案山子ロードはいつもの様子です。

現在は9月になってますので、今は真新しい力作の案山子が並んでいることでしょう。

 第19回 かかしコンテストについてのお知らせ (あすかであそぼ)
 昨年の様子 「お写ん歩/明日香 曼珠沙華(彼岸花) 2013」
 
 飛鳥光の回廊(Facebook)
 昨年の様子 「お写ん歩/飛鳥光の回廊 2013」

 

ここを歩くのが大好きです。

いつも撮り歩いてはお蔵入りばかりなのですが、今回は旬のネタもほとんど無いので、その画で更新させて頂きましょう。

続きはこちら⇒http://www.yaotomi.co.jp/blog/walk/2014/09/-2014-fujifilm-x-t1-with-fujinon-xf18-135mm-f35-56-r-lm-ois-wr-2.html#more

アップした画像は全てサムネイルです
マウスポインターを重ね、指マーク.jpg ポインタ(カーソル)に変われば、、クリックで拡大(横1,280ピクセル・一部リサイズ無し等倍)画像を見ることができます

.

明日香,稲渕(DSCF7483,32.6mm,F4.3,XT1)2014yaotomi_.jpg

↑2

萩の花が咲き始めていました。

高円山白毫寺をはじめ、県内各名所もそろそろ咲き始めることでしょう。

 

明日香,稲渕(DSCF7484,36.6mm,F8,XT1)2014yaotomi_.jpg

↑3

案山子ロードの先で、睨みを効かせているのは...

 

明日香,稲渕(DSCF7495,18mm,F5,XT1)2014yaotomi_.jpg

↑4 

今年の案山子ロード主役は"金太郎"はん^^

 

明日香,稲渕(DSCF7512,83.3mm,F9,XT1)2014yaotomi_.jpg

↑5 

僕にとっては絶景。

 

明日香,稲渕(DSCF7524,46.6mm,F9,XT1)2014yaotomi_.jpg

↑6 

あぁ、良いなぁ...

 

明日香,稲渕(DSCF7526,116.1mm,F5.6,XT1)2014yaotomi_ (1) .jpg

        ↑7 

        これはレモンでしょう。

        レモンソーダを作りたくなります。

 

明日香,稲渕(DSCF7530,116.1mm,F6.4,XT1)2014yaotomi_ (1) .jpg

↑7 

「さといも」だと思います。

畑のこれ、良い感じです。

 

明日香,稲渕(DSCF7531,46.6mm,F8,XT1)2014yaotomi_.jpg

↑8 

 

明日香,稲渕(DSCF7522,116.1mm,F5.6,XT1)2014yaotomi_.jpg

↑9 

マクロレンズで撮りたい"ミゾソバ"の花は、僅か数ミリの小さい花。 

 

明日香,稲渕(DSCF7541,135mm,F7.1,XT1)2014yaotomi_.jpg 明日香,稲渕(DSCF7541,135mm,F7.1,XT1)2014yaotomi_ (1) .jpg

↑10 

 

明日香,稲渕(DSCF7544,135mm,F7.1,XT1)2014yaotomi_.jpg

↑11 

もうすぐ美味しいお米が食べれる季節です。

 

マツダの新型「ロードスター」、めちゃくちゃカッチョイイやないですか!

マツダ、新型「マツダ ロードスター」を世界初公開

これは乗ってみたい!

早く試乗できないかなぁ...

 

jr103系_2011yaotomi.jpg

通勤時に度々乗車する大和路線(関西線)のJR103系(左画)、朝晩は8両フル編成による区間快速として運用に組み込まれています。

直線区間では設計最高速度100km/hに達し、その走りはまさに「激走」、車内に居ても「めっちゃキバって走ってますねんっ!!」感がいっぱい。

正直、遮音性も何もあったもんじゃぁございませんので、モーター付の車両に乗車した暁には、車掌さんのアナウンスもまともに聞こえません。

西日本近郊以外でお住まいの方にしてみれば、旧車ビシバシ走るこの運用スタイルに驚かれるかも知れませんねぇ。

 

先日、某所にて全力で盛り上がった話の主役 『103系』 (笑

音を言葉で表現しても判らんので、実際スマートフォンでモノラル音声録音をしてみました。 (このエエ加減さ、本気録り鉄さんに怒られそうですな)

 ※ 【久宝寺駅発車~最高速度達成まで】 大和路線103系音声(1).mp3

 ※ 【河内片上駅(通過中)~王寺駅到着まで】 大和路線103系音声(2).mp3 

あちこちからキシみ聞こえるギコギコ音、「グワヮヮァ~ン!」という爆音モーター、レールの継ぎ目を重量級独特の「ゴトン!ゴトン!」刻む音。

たいした録音装置ではございませんが、昭和を感じる懐かしい走行音をお楽しみください。

 

本数は減りつつも、時々大和路線や大阪環状線のホームに滑り込んでくるニクイ奴。

これに乗って通勤していると、「あぁ、俺って通勤してるなぁ」ってシミジミ。

夏場はやたらと冷房効いてくれるし、冬場の座席ヒーターはポッカポカで、隙間という隙間から入り込む冬の冷風も何のその。

かなり古いタイプの鋼鉄車両「103系」、今もなお西日本各地で頑張ってはりますが、置き換えによる廃車が進んでいるようです... 

濃い目の鉄ネタで失礼しました

 

今日も お写ん歩ブログ にお付き合いいただき、ありがとうございました。

                                                                         -

                                                    ㈱八百富写真機店 メインページ

                                  ㈱八百富写真機店・高槻駅前店「高槻 写真のひろば」

FUJIFILM,XT1_2014yaotomi_18135_1.jpg

FUJIFILM FUJINON XF18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR  ※カメラボディ『FUJIFILM X-T1』は別売です
ご注文は当社ECサイトからどうぞ!
 
ご注文は当社ECサイトからどうぞ!
 
メーカーサイト
 
■広角27mm※から望遠206mm※までの幅広い撮影領域をカバー
風景や建築物の撮影で多用される、遠近感に富んだ描写に優れる広角の領域(27mm※)、ナチュラルで見たままの雰囲気を写しとる標準画角の領域(35mm※、40mm※、50mm※)、そしてポートレートやスポーツ撮影など被写体を強調して撮影する望遠画角の領域(85mm※、135mm※、200mm※)まで、本レンズ1 本で使用頻度の高い画角に対応。
7.5倍のズーム比を実現し、さまざまなシーンや多くの被写体の撮影に最適です。
 
広角端から望遠端まで、シャープでコントラスト豊かな高い描写性能を実現するために、高性能硝材を使った4枚の非球面レンズと2枚の異常分散レンズを採用。
また、レンズの全面に、99.8%の高い透過性と0.2%の低い反射率を誇る多層膜コート「HT-EBC(High Transmittance Electron Beam Coating)」を施し、逆光下に発生しやすいフレアやゴーストを効果的に低減させます。
幅広いズーム域を活かした構図づくりやアングル選びの自由度がより一層高まります。
※35mm判換算
 
■高速かつ静かなオートフォーカスの実現
フォーカシングシステムには、高速AFを実現するインナーフォーカス方式※1を採用。
フォーカスレンズの軽量化と、リニアモーターの搭載により最速0.1秒※3の高速AFを実現。
位相差AF に対応した「Xシリーズ」ボディ※2と本レンズを組み合わせることで、高速なAF で快適に撮影できます。
 
フォーカスレンズをダイレクトに駆動するリニアモーター技術は静音性にも優れており、動画撮影時にレンズの駆動により発生する作動音の低減にも高い効果を発揮します。
※1:比較的大きいレンズで構成される前部は動かさずに、中間部あるいは後部の比較的小さなレンズを動かす方式。
※2:平成26年6月現在、「FUJIFILM X-T1」「FUJIFILM X-E2」が対応。
 
■世界最高5.0段※1の手ブレ補正効果
歩行や呼吸により生じる低周波数帯域の動きを感知する性能を向上させ、感知された信号からブレを正確に検出するアルゴリズムを開発。
手ブレの発生しやすい低速シャッター域でのブレ補正効果が従来比2倍向上しました。
また、静止画・動画撮影それぞれに最適な手ブレ補正アルゴリズムを搭載したことで、三脚を使わずに高画質な撮影ができ、身軽な撮影をサポートします。
 
新しく採用された高精度ジャイロセンサーには、高周波から低周波まで幅広い帯域の動きを感知するクオーツ式振動子※2を搭載しています。
※1:平成26年6月16日現在
※2:水晶が持つ高い安定性を利用した圧電振動子。
 
■防塵防滴構造
20カ所にもわたるシーリングを鏡筒の各部に施すことで防塵防滴構造を実現。
防塵防滴構造のプレミアムミラーレスカメラ「FUJIFILM X-T1」や縦位置バッテリーグリップ「VG-XT1」との組み合わせで、システム全体で防塵・防滴性能を確保しています。
 
ズーム操作時の快適性を高めるために、鏡筒内や鏡筒下部にベンチレーター(※通風のための装置)を配置。
防塵防滴のための高い気密性を確保しながら、快適な操作を実現しています。
 
■携行性に優れた軽量・コンパクト設計
幅広い撮影領域、手ブレ補正機能、防塵防滴構造などの特長を持ちながら、質量わずか490gを実現。
「FUJIFILM X-T1」と組み合わせても約930gと軽量です。
撮影者の行動範囲を拡大し、より多くのシャッターチャンスへとつなげます。
 
一般的に使用される球面レンズ数枚分の性能を1枚で発揮する高性能な非球面レンズを4枚採用し、使い勝手の良いサイズ、カメラを構えた際にバランスよく保持できる光学全長※1を実現。軽快な撮影スタイルをお楽しみいただけます。
※1:光学系で一番前に位置するレンズから、ピント面(センサー面)までの距離。
 
≪商品仕様≫
レンズ構成:12群16枚(非球面レンズ4枚、異常分散レンズ2枚)
焦点距離:f=18mm-135mm (35mm判換算:27mm-206mm相当)
画角:76.5°-12°
最大口径比(開放絞り):F3.5-F5.6
最小絞り:F22
絞り形式
・羽根枚数:7枚(円形絞り)
・ステップ段差:1/3ステップ(全17段)
撮影距離範囲:[標準]0.6m〜∞、[マクロ]0.45m〜∞
最大撮影倍率:0.27倍
外形寸法 最大径x長さ(約)(先端よりマウント基準面まで):φ75.7mm x 97.8mm(W端)/158mm(T端)
質量(約) (レンズキャップ・フード含まず):490g
フィルターサイズ:φ67mm
 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、お写ん歩 【K】が2014年9月 4日 15:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「醒ヶ井 梅花藻 2014 / Nikon Df with Ai Nikkor 85mm F2S」です。

次のブログ記事は「宝泉院 シュウカイドウ(秋海棠)咲く頃 2014 / Nikon D810 with AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ