日常の最近のブログ記事

師走の近況

IMG_0225_2014yaotomi.JPG

 いつもお世話になってます、八百富写真機店 です。(東吉野村 古民家カフェ月うさぎ @ 猫
 フェイスブック「お写ん歩」.jpg

.

毎年のことなんですが、店頭はもちろん頼まれごとも激増ということで公私忙しく、ブログ更新が滞り気味...

いつもご覧いただいている皆さんに申し訳なく思っております。

合間に Facebook でちょこちょこ更新しておりますので、近況はそちらをご確認下さい (プレビューはどなたでも視れると思います)

 

皆さん、RAW現像ソフトはどんなん使うたはりますか?

仕事がらではありますが、僕は純正を含め、各社あれこれ提供するソフトウェアを片っ端から使いまくっています。

中でも使用頻度が圧倒的に高い「Capture One Pro」ですが、事情あって「Capture One Pro 7」から「Capture One Pro 8」へとアップグレード。

Capture-One_2014yaotomi_02s.jpg Capture-One_2014yaotomi_01s.jpg

(左):Capture One Pro 7  (右):Capture One Pro 8

「8」発売開始から既に3ヵ月を経過していますが、「7」では対応していない機種もちらほら出てきて必然的に導入って話しも(笑)

「高機能な現像ソフトなら、そんなに良いカメラ用意しなくてもいいよね」...これは正解のようで間違いでもあるんです。

古いRAWデータの潜在能力を全力で引き出してくれる頼もしさはもちろんですが、最新高性能な機材(カメラ&レンズ)で得たRAWデータなら、限界値以上の処理をしてくれている...そんなふうにも感じるソフトウェア。

対応機種の中に Nikon D750 も含まれていましたので、既に純正RAW現像ソフトで現像処理したものと見比べてみました。

Capture One_2014yaotomi_03.jpg

(左:純正  右:Capture One Pro)

スクリーンキャプチャですが、クリックでプレビュー比較(ちょっとズレてます...サーセン)の等倍が視れます。

ちょっとした違いのようにも見れますが、等倍でこの違いですから、全体的な違いは凡そ想像がつくでしょ?

プリントの仕上がりで「判定差」が出てきますが、それは当社店頭等でも受け付けている「銀塩プリント」で比較して頂ければよく判ります。

 当社八百富写真機店では、富士フィルム製 『image intelligence技術』搭載のデジタルミニラボ機「フロンティア」使用。
 家庭用プリンターとは違う銀塩の超高画質プリントで忠実かつ美しく仕上げています。
 また、世界最高水準画像保存性を有する富士フィルム純正の最高級印画紙 「エバービューティティーfor LASER TYPEⅡ」を使用。
 高品質画像の長期保存に対応しています。
 .

そういった結果が「使用頻度が圧倒的に高い」ってトコに繋がってくるのですが、フェイスデザインの変更や処理速度が向上したことも大切な要素。

処理速度が向上することで作業時間は短縮、それぞれに集中して処理作業ができるし、何より時短による作業疲労の減少は本当にありがたいことです。

追加機能の中に「ホワイトバランス部分調整機能」が追加されていますが、個人的にはこれが一番嬉しいですねー。 (分かる人には分かるかな?)

 

ブログやSNSで扱う画像にも差がつく後処理「RAW現像」、撮影後にひと手間かけることで、もっともっと写真が楽しくなる!ってお話しでした。

ま、そのへんは追々「お写ん歩 ブログ」でご紹介したいと思います。

.

 

さて、週末にかけてまた寒くなりそうです。(来週後半も寒い?)

休息できるときは温かいもんでも食って、ゆっくり過ごしましょう。

IMG_0234_2014yaotomi.JPG

Canon PowerShot G7X

 

今日も お写ん歩ブログ にお付き合いいただき、ありがとうございました。

                                                                         -

                                                     ㈱八百富写真機店 メインページ

東日本大震災から2年

 2011年3月11日(午後2時46分)、目も眩むような観測史上最大の地震が発生。

 この東日本大震災は、平穏な日々を一瞬にして奪いました。

 つらい想いと悲しい涙が絶えぬ日々、2年という期間はあっという間です。

20130311_桜yaotomi_1st.jpg

 人の心を和ませる優しい桜色の季節はもう間近。

 早期復興を願うと共に、美しい日本の四季を心から感じることが出来るよう祈り続けます。

 

                                                                        -

                                                        ㈱八百富写真機店 メインページ

                                          ㈱八百富写真機店・高槻駅前店「高槻 写真のひろば」

 

1995年1月17日(18年)

FUJIFILM_XF1_神戸_201301yaotomi_1st.jpg

兵庫県神戸市中央区 神戸港 メリケンパーク(メリケン波止場)
FUJIFILM XF1 (6.4mm[35mm判換算25mm] s.s.8.0sec f/4.0 iso100 SILKYPIX Developer Studio 4.0 for Windows)

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店店長です。
(高槻駅前店お店ブログ高槻 写真のひろばは こちら から) (2013年1月16日撮影)

 

阪神淡路大震災から18年、神戸の朝空は相変わらず綺麗でした。

復興は華やかさとして表れ、神戸の街は毎朝美しい朝を迎えリセットされます。

 

東日本大震災の影響も未だ濃く残る中、毎年1月17日は平和であることの大切さを再認識する節目のひとつ。

人々の絆を確かにし、いつ発生するか分からない自然災害に立ち向かえる心構えを持ち続けていたいものです。

 

                                                                        -

                                                        ㈱八百富写真機店 メインページ

                                          ㈱八百富写真機店・高槻駅前店「高槻 写真のひろば」

 

FUJIFILM_XF1_yaotomi_2ss.jpg

FUJIFILM XF1 http://www.yaotomi.co.jp/products/detail/11200
FUJINON LENS F1.8~F4.9 / 6.4mm~25.6mm(35mm:25mm~100mm)

●広角端開放F値1.8と明るい、新開発のフジノン光学4倍マニュアルズームレンズを搭載
広角端開放F値1.8の明るさ、光学4倍マニュアルズーム、薄型化を同時に実現した新開発のフジノンレンズを搭載。
アルミ素材を採用し、軽さと堅牢性を両立しています。
超高屈折率の非球面レンズやEDレンズを含む7枚構成の全レンズに、光学特性に優れたガラス素材を採用し、広角端開放F値1.8の明るさと薄型化を両立。
光量の少ない夜間や室内でも高画質撮影が可能です。
また、全レンズの両面にフジノン独自の多層コーティング処理「HT-EBC(High-Transmittance EBC)」を施すことで、ゴーストやフレアを軽減し、逆光などの厳しい撮影条件下でもクリアな画像が得られます。
手動による滑らかで快適な、素早いズーム操作で、撮りたい瞬間を狙い通りに捉えられます。
レンズ4枚をシフトさせる独自の手ブレ補正機能「OIS(Optical Image Stabilization)機構」を搭載。
手ブレ補正時に発生しやすい周辺部のシェーディングや、解像力低下を防ぎながら、効果的にブレを抑え高画質撮影を実現。
3cmまでのマクロ撮影が可能。明るいレンズと6枚の絞り羽根が美しいボケ味を演出します。

●「EXR CMOS センサー」と「EXR プロセッサー」搭載であらゆるシーンで高画質撮影と機動性を実現
センサーは、一般的なコンパクトデジタルカメラの約2倍の面積の2/3型1200万画素EXRCMOSセンサーを搭載。
撮影シーンに合わせて1つのセンサーを3つの撮像方式(高感度低ノイズ優先/ダイナミックレンジ優先/高解像度優先)に切り替えて撮影でき、さまざまなシーンで高画質撮影を実現します。
「プレミアムEXR AUTO」では、103パターンの中からシーンに合わせた撮影条件をカメラが自動設定するため、あらゆるシーンで簡単に高画質な画像が撮影可能。
画像処理エンジン「EXR プロセッサー」により、フルハイビジョン動画撮影や連写撮影時の快適な操作性を実現。
0.55秒の起動時間、最短0.16秒のAF速度、最短0.8秒の撮影インターバル、10コマ/秒の連写性能を実現。
また、室内や夜景など暗所でのAFも速く、撮りたい瞬間を逃しません。

●ポケットサイズのコンパクトな形状とスタイリッシュで高級感あふれるデザイン
光学4倍マニュアルズームレンズを搭載しながらポケットサイズのコンパクトな形状を実現。
沈胴式レンズの採用により、レンズをボディに収納すれば33mmの薄さに。
鞄やポケットに入れて軽快に持ち運ぶことができます。
素材と操作性に徹底的にこだわったスタイリッシュで高級感あふれるデザイン。
ボディにアルミを用い、軽さと堅牢性を両立。
外装にさまざまな形状・色から選び抜いた合成皮革を採用し、ホールド性を向上させるとともに本革の風合いを再現しました。
シャッタースピードや絞り値を素早く調整できる「メインコマンドダイヤル」や、よく使う機能を任意に各ボタンに登録して使用できる「拡張ファンクションボタン」を搭載し、スムーズな操作性を追求。
ポケットサイズのボディで本格的なマニュアル撮影をお楽しみいただけます。

●撮影の幅を広げる多彩な機能
ユニークな写真表現を楽しめる「アドバンストフィルター」機能を搭載。
コントラストと彩度を強調しカラフルに仕上げる「ポップカラー」、全体的に階調を明るくしコントラストを抑えることで優しい雰囲気にする「ハイキー」、周辺光量を落としてレトロな風合いにする「トイカメラ」、ジオラマ風に上下をぼかす「ミニチュア」、ダイナミックな階調表現で幻想的に仕上げる「ダイナミックトーン」、赤・橙・黄・緑・青・紫の中から1 色だけを残し、その他をモノクロに変換する「パートカラー」の6種類から選べ、モニター画面でフィルターの効果を確認しながら撮影できます。
フィルムを選ぶ感覚で5 種類の色彩・階調表現を使いわけられる「フィルムシミュレーション」機能を搭載。
連動した動きやまったく違うシーンを重ねあわせたイメージ画像が簡単に撮影できる多重露出撮影機能を搭載。
画像のアスペクト比は4:3、3:2、16:9に加え、正方形の1:1の4種類から被写体にあわせ選択でき、写真の表現の幅が広がります。
継ぎ目のない360度のダイナミックなパノラマ写真が簡単に撮影できる「ぐるっとパノラマ360」機能を搭載。
一つの被写体に対して異なる角度から2D撮影を2回行い、それをカメラが合成することで、1枚の3D画像を作成できる「3D2回撮り」機能を搭載。

■その他の特長
3.0型約46万ドットの明るく高精細な「プレミアムクリア液晶」を装備。
ガラスには傷・こすれに強い強化ガラスを採用しました。
明るくノイズの少ないきれいなフルハイビジョン(1920×1080 ピクセル)動画撮影が楽しめ、さらに動画撮影中の静止画撮影も可能です。

FUJIFILM X-E1 X-Pro1 / 京都"ことばのはおと" 2012忘年会

X-E1_XF18-55mmF2.8-4OIS_yaotomi_1ts.jpg

X-E1_ELMAR50mmf2.8(M)_yaotomi_2s.jpg

京都市上京区油小路通下長者町下ル大黒屋町 古書と茶房「ことばのはおと」 http://www.kotobanohaoto.net/
FUJIFILM X-E1 with FUJINON LENS XF18-55mm F2.8-4.0 R LM O.I.S.
(s.s.1/6sec f/4.0 iso1600 SILKYPIX Developer Studio 4.0 for Windows)

 

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店店長です。
(高槻駅前店お店ブログ高槻 写真のひろばは こちら から) (12月29日撮影)

 

今年の年末は何となく忙しいまま日時だけが推移した様な感じでした。

気付けば2012年は今日で終わり...なんですよねぇ。

今年も結構頑張ったつもりですが、冷静に振り返ってみると課題のいくつかは年越し...orz

2013年はもう少し日々の仕事を段取り良くし、写真機販売店ならではと言われるプリント屋としてもっと煮詰めたいと考えています。

具体案の中でお客さんから要望が多かった撮影会(ワークショップ等)も増やし、もっともっとカメラ持つことの楽しさを知っていただく機会を設けることが2013年の最大目標。

 

僕の写友さん間でも「写真撮影、もう飽きちゃったのかなぁ?」と思える事例がチラホラ...

ある程度懐に余裕ある方なら流行り廃りも頻繁でしょうし、これはこれで仕方の無いことなのかな。

カメラ好き写真好きとしてはちょっと寂しいと感じますけど、僕は来年"も"ガンガン撮りに出かけますよー!

何ちゅうてもカメラ持って写真撮りに出かけることが、めちゃくちゃ楽しいですもんね(^^)v

 

今年の暮れもそんな写友さん集まる忘年会にお誘いいただきました。

気の合ういつも面々、これで今年も〆ることが出来るなぁって思えるホントありがたい忘年会です。

そんな中ではございますが、先日から富士フィルムさんのX-E1をメインに試用中↓

X-E1_EBCXF18-55OIS_yaotomi_1s.jpg

X-E1_EBCXF18-55OIS_yaotomi_6s.jpg X-E1_EBCXF18-55OIS_yaotomi_7s.jpg X-E1_EBCXF18-55OIS_yaotomi_10s.jpg X-E1_EBCXF18-55OIS_yaotomi_8s.jpg

諸事情(笑)あってサブ機にX-Pro1も持ち込んでいますが、もはやメイン機はX-E1って勢いの人気ぶり。

個人的にはギミックでカメラらしいデザインのX-Pro1を迷わず選択しますが、写りが同じとなればボディサイズや価格的に軍配あがるX-E1なのでしょう。

違いをピックアップしてみると...
 センサー 有効1630万画素(23.6㎜x15.8㎜ CMOS・APS-C) ※これは一緒、当然写る画も同じ

 ISO感度_X-Pro1 ISO100-12800
        X-E1  ISO200-6400(拡張モード80-25600)

 液晶モニター_X-Pro1 3.0型RGBW(ホワイト)カラー液晶モニター 約123万ドット(視野率約100%)
           X-E1  2.8型低温ポリシリコンカラー液晶モニター 約46万ドット(視野率約100%)

 ファインダー_X-Pro1 (光学)電子式ブライトフレームファインダー(逆ガリレオ式)
                    撮影範囲フレーム視野率約90% ファインダー倍率約0.37倍/0.6倍(ハイブリッド)
               (電子)0.47型 カラー液晶ファインダー 約144万ドット 視野率約100%
          X-E1  (電子)0.5型 有機ELファインダー 約236万ドット 視野率約100% (視度補正機能付)

 ボディ_X-Pro1 本体外形寸法 w_139.5mm h_81.8mm D_42.5mm 質量約450g(付属バッテリー、メモリーカード含む)
      X-E1  本体外形寸法 w_129.0mm h_74.9mm D_38.3mm 質量約350g(付属バッテリー、メモリーカード含む)

電子ビューファインダーはハッキリ言ってX-E1なのですが、使い勝手や手に馴染む感じはダントツX-Pro1 。

動画録るなら外部マイク端子付きのX-E1ですが、このテのカメラで動画をガッツリ録るのかどうかというところ。

どちらも軽い500g以内で、小型高性能フジノンレンズを装着しても首に架かる負荷はほとんど感じないでしょう。

もっと気軽に高性能な写りを求めるなら、ミラーレスの王道"マイクロフォーサーズ系"(OLYMPUS PEN Lite E-PL5等々)をお勧めします。

X-E1_LeitzELMAR5cmf3,5_yaotomi_1st.jpg

か、かっちぇぇ... あ、失礼。 つい本音が。

X-E1_LeitzELMAR5cmf3,5_yaotomi_2s.jpg X-E1_LeitzELMAR5cmf3,5_yaotomi_3s.jpg X-E1_LeitzELMAR5cmf3,5_yaotomi_5s.jpg

富士フィルムさんのX-Pro1X-E1なら、純正Mマウントアダプターを介してこんなレンズも使えるところがポイントだったりします。

詳しくは富士フィルムさんのMマウントアダプター解説サイトをご覧下さい。
http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/accessories/lens/mount/fujifilm_m_mount_adapter/

古いレンズの味を活かすなら画質補正も必要ないと思われがちですが、個人的に色シェーディング補正だけでも"買い"なのではないかと思わせる高性能マウントアダプター。

他社のレンズを装着するためのマウントアダプターをこれだけ堅牢に造り、サイトで熱く語るメーカーさんも珍しいのではないでしょうか。

それだけカメラに対する思い入れがある訳ですし、こういうところこそが"写真"を主にするメーカーさんらしい凄いポイントだと思うのです。

先日比叡山延暦寺でライカの"赤エルマー(L39)"を使い撮影して来ましたが、それは年明けにでもここお写ん歩でご紹介できればと考えています。

 

前置きが長すぎましたかねぇ(笑

X-E1のお披露目も兼ね、京町屋の温かい夜を撮ってきました(続く)

http://www.yaotomi.co.jp/blog/walk/2012/12/fujifilm-x-e1-x-pro1-2012.html#more

アップした画像は全てサムネイルです。

マウスポインターを重ねて指マークに変わる画像は、クリックで拡大1152ピクセル・一部等倍元画像画像を見ることができます。

八百富写真機店各店、年末年始のお休みの下記の通りです。
高槻駅前店では休日除く営業日の年賀状印刷タイプ即日仕上げが可能です)

ネット店
12月30日:定休日
12月31日:10:00-18:00(平常営業)   
1月 1日:休業
1月 2日:休業
1月 3日:休業
1月 4日:10:00-18:00(平常営業)

■大阪駅中央店
12月30日:8:30-21:00(平常営業)
12月31日:8:30-19:00(短縮営業)
1月 1日:休業
1月 2日10:00-20:00(短縮営業)
1月 3日:10:00-20:00(短縮営業)
1月 4日:8:30-21:00(平常営業)

■ディアモール店
12月30日:10:00-21:00(平常営業)
12月31日:休業
1月 1日:休業
1月 2日:10:00-21:00(平常営業)

高槻駅前店
12月29日:定休日
12月30日:10:00-18:30(短縮営業)
12月31日:休業
1月 1日:休業
1月 2日休業
1月 3日10:00-18:30(短縮営業)
1月 4日10:00-20:00(平常営業)

■第3ビル店
12月30日:10:00-20:00(平常営業)
12月31日:休業
1月 1日:休業
1月 2日:休業
1月 3日:休業
1月 4日:10:00-20:00(平常営業)

暑中お見舞い申し上げます 2012 / OLYMPUS OM-D E-M5

暑中見舞い_2012_1.jpg

_藤原宮跡 蓮 (橿原市 花ゾーン) OLYMPUS OM-D E-M5_

 いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店店長です。

 (高槻駅前店お店ブログ高槻 写真のひろばこちらから)

 

先日、奈良 藤原宮跡・花ゾーンでは蓮の花が見頃を迎えており、暑い朝でしたが多くのカメラマンが来られていました。

お仲間同士でわいわい楽しく撮影されていたり、独り黙々と精神集中して撮影されていたりと様々。

ここでは大和三山をバックに構図決めたり、一輪の整った蓮の花をガッツリ撮ったりと十二分に楽しめるポイントです。

この記事は編集中なので、公開はまたこんど。

 

昨日今日と各地ゲリラ豪雨で大変だった様子、被害が広がらない事を願っています。

明日からの天気予報ではそろそろ真夏本番に突入しそうですねー。

節電も大変ですが頑張り過ぎずそこそこ頑張って(?)、この暑さを乗りきりましょか!

 

皆さん、暑中お見舞い申し上げます。

                                                                        -

                                                        ㈱八百富写真機店 メインページ

                                          ㈱八百富写真機店・高槻駅前店「高槻 写真のひろば」

1995年1月17日(17年)

2012神戸の街並み.jpg

いつもお世話になってます、高槻駅前店店長です。

(高槻駅前店お店ブログ高槻 写真のひろばこちらから)

 

少し前のこと。

近い将来大きな地震が来ると仮定し、その震災でどれだけの被害が発生するのかをシミュレーションする番組が放送されていました。

昨年の東日本大震災によってこれまでの想定は大きく覆され、これから警戒すべき予測は想像以上。

以前なら「ほんまかいな?」と思えていた予測も、ここにきて「ありえるよなぁ...」に変わっています。

 

阪神大震災から17年。

しっかり復興し続ける街『神戸』は、いつ訪れても素敵ですよね。

今年もカメラ片手に通ってみたい街のひとつです。

 

今日もお写ん歩にお付き合いいただきありがとうございました。

                                                                        -

                                                                 ㈱八百富写真機店

                                            ㈱八百富写真機店・高槻駅前店「高槻 写真のひろば」

 

FA31_1.8_Lim_700.jpg

smc PENTAX FA 31mm F/1.8 AL Limited

八百富写真機店販売価格(税込): 99,800円
ブラック⇒販売価格(税込): 100,800円
F/1.8の大口径でガラスモールド非球面レンズや高屈折率低分散レンズを贅沢に採用。
ナチュラルなパースペクティブ、コントラストが高く切れ味のよい結像性能、フローティングシステムによる全撮影距離の端整な描写性など、すべてに高品位を求めました。
また、円偏光フィルターの操作が容易な花型フードを一体化しています。

月うさぎ・月桜_2012.jpg

 いつもお世話になってます、高槻駅前店店長です。

 (高槻駅前店お店ブログ高槻 写真のひろばこちらから)

 

パソコンに向かう今、の住む奈良は遠くから幾つもの鐘音が響いてきます。

皆さんはもう初詣に出かけられましたでしょうか。

 

今年の年賀状を高槻 写真のひろばに載せてみました。

↑ これはもうひとつの候補でしたが、ボツのままではもったいないので"お写ん歩"で掲載。

 

春はやはり桜ですよね。

こんなにドラマティックな花は他にないと思いません?

 

2012年も美しい日本を撮り続けたいと思っています。

八百富写真機店ホームページ、及びお写ん歩をご覧の皆さん、今年もどうぞよろしくお願いいたします

 

                                                                        -

                                                                 ㈱八百富写真機店

                                            ㈱八百富写真機店・高槻駅前店「高槻 写真のひろば」

2010_fuji写真展_top.jpg

 いつもお世話になってます。

 ディアモール店のです。

 

えーちょっとメインタイトルから外れますが、昨日"PHOTO IS" 10,000人の写真展 2010 in 大阪会場へ行ってきました。

毎年この写真展が楽しみなんです。

特定の写真展とは違いとても自由度が高く気軽に参加できる点も見逃せません。

老若男女、ゆっくり楽しめるという点も◎です。

 

本日で大阪会場は終了(17:00まで)、お時間ございましたら是非観に出掛けてみては如何でしょうか?


大きな地図で見る

最寄の駅は大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線「大阪ビジネスパーク」駅、JR&京阪「京橋」駅。

天気が回復したなら大阪城や中ノ島お写ん歩も楽しそうですね。

 

とてもとても素晴らしくも楽しい写真展、オススメです^^

 

 

では本題を少しだけ・・・

 

使用機材

PENTAX K20D with・・・

smc PENTAX-DA12-24mm F4 ED AL (IF)

smc PENTAX-FA77mm F1.8 Limited

アップした画像は全てリサイズ済み。

画像にマウスポインターを重ねて指マークに変わる画像は別ウインドウで拡大が出来ます。

暑い日の『かき氷』

201008はおと_00.jpg

  いつもお世話になってます。

  ディアモール店のです。

 

・・・暑いですね。

とりあえず異常気象になっていることは、方々の記事やニュースでよぉく解りました。

それでも昨日の朝と今朝は窓から入る心地よい空気に秋を感じましたね。

それって奈良だけなのかな?

 

先日S氏のブログ冷たいものをとり過ぎると、胃(お腹)の周りに脂肪が付く(内蔵脂肪が増える)』の記事にビックリしました。

の場合例年この時期になると自動的減量コースとなるのですが、今年は全くもって現状維持。

ま、いろいろ事情もあるのですが今年は体調もへんてこりんです。

 

冷たいもの・・・、カメラ担いで外を出歩くとかく汗もハンパじゃありません。

以前水分補給怠ったまま山をうろうろしてて、ほんとエライ目に遭いました。

それ以来十二分に水分補給するように心がけています。

でもこれからは飲み物の内容もしっかり考えないといけませんねぇ。

夏です♪

 いつもお世話になってます。ディアモール店のです。

暑中見舞い(店).jpg

いきなり暑い日々が続きますねー。

まぁ本来の夏どおりなのですが、こうもいきなり猛暑がやってくると身体に堪えます。

と言いつつ今年は就寝中のエアコン(除湿・冷房)の出番がほとんど無く、今日の時点で二度だけの起動です。

いつも帰宅する23時頃、風通しの良い部屋は案外涼しいのですよね。

ウチの近所は田圃や畑ばっかりだからでしょうか~(^^;

でも、熱帯夜はこれからなんでしょう...orz

 

毎夏恒例のように出かける祇園祭ですが、ここ三重県伊賀上野市の伊賀鉄道へも夏らしい画を撮り出かけています。

伊賀平野に広がる青い田圃と空、そこを駆け抜けるご覧の車両は近鉄マルーンカラー一色時代のリバイバル電車です。

どこか懐かしく感じるのはこのボディーカラーのおかげでしょう。

馴染みのポイントに到着したとき、偶然撮りたかったこの電車がやってきて慌てて撮りました。

この日はついてます、めちゃくちゃラッキーです(^^)

 

使用機材

PENTAX K20D with・・・

smc PENTAX-DA 12-24mm F4 ED AL [IF]

アップした画像は全てリサイズ済み。

横画像(プレビュー画像)は、画像をクリックしていただくと別ウインドウ(横1024ピクセル)で拡大して御覧いただけます。

2016年4月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち日常カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは新緑です。

次のカテゴリは神社です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

movabletype6.jpg