シグマ SIGMA fpL @ review vol.2 / 奈良 奈良公園(萬葉植物園)と當麻寺の藤花 2021

SDIM0782,280 mm,F10,iso400.jpg

ちょっと気付いたことがある。

開花が早い早いと毎日のように言われるが、昨年に比べてほとんどがたった10日早いだけなのだ。

fecebook_お写ん歩バナー.jpg

 

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店 店長です。(2021年4月24日撮影)

一年を通じて見どころの多い奈良公園。

気象条件によって早朝から.....早朝まで楽しめるナイスポイントであります。

今時季なら「藤花」がとんでもなく綺麗でして、様々なポイントから構図そのものを楽しめるのだからたまりません。

 

DSC_5167,4 mm,F2,iso64.jpg DSC_5202,4 mm,F2,iso160 1.jpg

先日 SIGMA fp L の最新ファームウェア「Ver.1.01」(2021.04.27公開)が公開されましたのでアップグレード。

Ver.1.01 https://www.sigma-global.com/jp/cameras/fpl/?tab=support&local=firmware

「Ver.1.01」の画はまた後日お届けするとして、今回もいつも通り淡々と撮る巻なのです。

SIGMA EVF11_03.jpg SIGMA EVF11_04.jpg

外付電子ビューファインダー"EVF-11"」を装着すると、ちょっと大きめのレンズを組み合わせることに抵抗が無くなる不思議。

うーん、このフォルムは.....名機 SIGMA sd Quattro ではないかっ!

いや、ちょっと違うのですが、どこか通ずるものを感じるので妙に嬉しい。

支える手の支点が少しでも増えたからなのだろうか、SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS | Contemporaryとの組み合わせもバランスよくなったように感じるのだから後付けのアイテムって大切なんだなぁと思います。

アップした画像は全てサムネイルです。( Capture One Pro にてリサイズ処理)
マウスポインターを重ね、指マーク.jpg ポインタ(カーソル)に変われば、クリックで拡大画像(一部元画像)を見ることができます。

SDIM0792,354 mm,F16,iso1250.jpg

354 mm,F16,iso1250 

飛火野は望遠レンズとの相性がよろしです。

 

SDIM0832,321 mm,F9,iso1000.jpg

321 mm,F9,iso1000 

鹿は慣れているのですが、ある程度の距離を保たないと「食べるもん持ってる?」っておねだりに近づいてくるのです。

鹿せんべいならともかく、一部の人々は鹿寄せのために本来与えてはいけない食べ物を与えるのですね。

癖になる前に止めていただかないとあかんのですが.....

 

SDIM0842,100 mm,F11,iso100.jpg

100 mm,F11,iso100

なかなかの好都合な曇天なので.....

 

SDIM0983,14 mm,F11,iso125.jpg

14 mm,F11,iso125

「萬葉植物園」の藤花を見るためにちょっと移動です。

もっと先かな?と勝手に思っていたのですが、まぁまぁ見頃で十分楽しめました。

 

SDIM0858,70 mm,F7.1,iso100.jpg

70 mm,F7.1,iso100

晴れる前に.....

 

SDIM0863,24 mm,F11,iso100.jpg

24 mm,F11,iso100

晴れてきた。

 

SDIM0870,40 mm,F5.6,iso100.jpg

40 mm,F5.6,iso100

この白藤は抜群に綺麗なのですが、晴れの日に撮るのはホンっと難しい。

だから曇っててほしかったけど、無理くり撮ってみました(満開じゃないし)

 

SDIM0885,30 mm,F10,iso100.jpg

30 mm,F10,iso100

ズームレンズとはホンっと便利なものです。

厳密に言うと単焦点レンズに軍配は上がるのですが、立ち位置を変えずに構図を変えれるなんて夢のよう(とは大げさですが)。

 

SDIM0893,41 mm,F10,iso100.jpg

41 mm,F10,iso100

鯉ちゃんがちっとも泳いできません。

やって来るのは人ばかりなので、この位置はすぐさま退散。

 

SDIM0920,358 mm,F6.3,iso100.jpg

358 mm,F6.3,iso100

藤よりも下のゼンマイが気になります。

 

SDIM0924,100 mm,F5,iso100.jpg

100 mm,F5,iso100

.....にしても、こちらの藤花はとても立派です。

 

SDIM0933,132 mm,F9,iso100.jpg

132 mm,F9,iso100

どこを向いても藤藤藤.....

 

SDIM0988,14 mm,F11,iso500.jpg

14 mm,F11,iso500

超広角で寄り寄り~。

 

SDIM1017,112 mm,F11,iso125 1.jpg

112 mm,F11,iso125

お気に入りのこの場所で粘ってみましたが、更に粘ってはるカメラマンさんが構図の下に。

鯉ちゃんを狙ってはるのかなー、きっとピンポイントに来ないのだろうなぁ。

痺れ切らしてこっが退散です(笑

 

SDIM1003,110-mm,F5.5,iso100s.jpg

拝観者もとんでもなく増えてきたので、人混み揉まれる前にさようなら~。

 

次に向かったのが.....

SDIM1040,100 mm,F8,iso100 1.jpg

100 mm,F8,iso100

空の雲も綺麗な當麻寺です。

 

SDIM1049,400 mm,F20,iso1250.jpg

400 mm,F20,iso1250

宗胤院(そいにん)の藤花はちょっと見頃過ぎでしたが、それでも抜群の色を放っていました。

 

SDIM1058,195 mm,F7.1,iso640.jpg

195 mm,F7.1,iso640

境内には立浪草(タツナミソウ)が咲いていました。

そろそろスズランが咲き始める頃ですね。

 

SDIM1059,128 mm,F7.1,iso100.jpg

128 mm,F7.1,iso100

視線感じた先に蝶ちょの眼差し。

 

SDIM1061,100 mm,F7.1,iso100 1.jpg

100 mm,F7.1,iso100

なるほど、ここから東塔が見える。

 

SDIM1073,174 mm,F6.3,iso160.jpg

174 mm,F6.3,iso160

可愛らしい大きさのツツジが咲いていて、「ミニツツジ」「チョイツツジ」とか散々言ってたら、ご住職の娘様が「コメツツジ言うんですよー」って。

なるほど、良い名前が付いています。

米粒のように小さなツツジ、凡そ想像がおつきになるかと。

 

SDIM1075,100 mm,F6.3,iso100.jpg

100 mm,F6.3,iso100

毎年思うのですが、何度見ても良い雰囲気ですねー。

 

SDIM1091,54 mm,F6.3,iso100.jpg

54 mm,F6.3,iso100

お向かいの護念院さん、窓越しのお庭。

 

SDIM1086,100 mm,F9,iso400.jpg

100 mm,F9,iso400

ちょうどお庭の掃除されてはりまして、かき集められた袋の中を覗き込むと.....そこは鼻の宝石が散りばめられたようになっていました。

もうこれはドキドキの被写体です。

ゴミ袋にカメラを突っ込んで夢中で撮影、SIGMAカラー炸裂でございますよ。

楽しゅうございましたー。

  

DSC_5172s.jpg DSC_5177s.jpg

移動途中にお昼ご飯、奈良市郊外の「情熱うどん はるりん」さんでした。

奈良のうどんと言えば北和ならここ↑、中和なら「ぶれーど・う」さんかな。

抜群のコシ加減な麺はもちろん、出汁が美味いからたまりません。

セットメニューも豊富にあり、季節限定で出されている熱々の「カキフライ」は旨味ともに絶品です。

ギュッと絞められた冷やしぶっかけをメインにごちそうさまでした。

 

さて、SIGMA fp L ネタはまだまだ続きますよー。

外付電子ビューファインダー"EVF-11"(夏頃fp対応予定です)が先に品薄状態ですので、ご購入の際は十分ご注意ください。

  

DSC_0075,70 mm,F25,iso100.jpg

SIGMA fp L(ボディ)(2021年4月16日発売)

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/36304

SIGMA fp L(EVF-11 キット)(2021年4月16日発売)

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/36306

 

今日も お写ん歩ブログ にお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

お写ん歩・- fecebook_お写ん歩.jpg

2021年5月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このブログ記事について

このページは、お写ん歩 【K】が2021年5月 4日 18:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニック Panasonic LUMIX S 70-300mm F4.5-5.6 MACRO O.I.S. @ review / 三重 三多気の桜 2021」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ