シグマ SIGMA fp L @ review vol.3 / 奈良 室生寺の石楠花(正御影供) と 木通(あけび)の花 2021

SDIM0485,70 mm,F8,iso200.jpg

ビビッドな写りは苦手なんだけど、時に「これもエエかなー」って思うことも。

ずっと視ていると目が麻痺するので、時々外を眺めながら画像選択&リサイズ作業に挑む。

fecebook_お写ん歩バナー.jpg

 

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店 店長です。(2021年4月21日撮影)

カンカンに晴れた日の撮影はホンっと難しいです(好みの方のほうが多いかも知れませんけど)

RAWデータをややアンダーで撮っておいて、あとは現像時にシャドウとハイライトを調整すれば凡そ何とかなります。

モニターを見つめ続けるパソコン作業も休み休みにしないと、"加減"の限界値が判らなくなってしまい、結果的にS.N.S.等で未だよく見かける「H.D.R.画像」みたくなってしまうんですよね(好みの方のほうが多いかも知れませんけど)

 

フィルム時代なんてなぁ~~んも気にしなかった「白飛び」「黒潰れ」、最近ではあまり見かけなくなりました。

デジタルカメラ性能(ダイナミックレンジ含む)も向上したので、現像時の破錠もし難くなったことから、お気に入り画像の救出率も上がったからでしょう。

究極の一枚を絞り込んでRAW現像時にグイグイ追い込む楽しさは格別であり、これって今ふうの楽しみ方なのだろうなぁ、と。

なかには「〇〇社のカメラRAWは現像しやすい」というようなカメラ選択もあったりするんですよね。

しかし、最近では「性能の敷居が高すぎて新しいカメラを選びきれない」というような苦言も飛び込んでくるようになりました。

 

で、今回もJPEG撮って出し(明るさのみ微補正)です。

楽ちんです、ホンっと。

カメラ機材そのものの味が生かされている.....と思いつつ、撮って出しで気軽に写真を(ブログを?S.N.S.を??)楽しめる訳ですよ。これが。

あっ!

ここぞという仕事用の写真はちゃぁーーんと追い込んで仕上げていますよw ゴシンパイナク

アップした画像は全てサムネイルです。( Capture One Pro にてリサイズ処理)
マウスポインターを重ね、指マーク.jpg ポインタ(カーソル)に変われば、クリックで拡大画像を見ることができます。

SDIM0419,172 mm,F6.1,iso100.jpg

172 mm,F6.1,iso100

先日雨の石楠花を楽しんだ室生寺さん。

 

SDIM0420,33 mm,F2.8,iso100.jpg

33 mm,F2.8,iso100

今回はパッキパキの晴天下で訪れてみました。

 

SDIM0423,52 mm,F8,iso100.jpg

SDIM0423,52 mm,F8,iso100

石楠花は更に満開、九輪草の紅色も良い色放っていました。

バン池の映り込みが好きでして、ついここで長居してしまいます。

 

SDIM0507,164 mm,F8,iso200.jpg

          SDIM0507,164 mm,F8,iso200

          たまたまこの日が"正御影供"でして、それはそれは雅で美しゅうございました。

          (行事は縮小されています)

           

SDIM0706,14 mm,F9,iso100.jpg

14 mm,F9,iso100

鎧坂でいつも目立っている赤いもみじ。

透過光でキラキラ、まるで紅葉ですけど石楠花も咲いています。

 

SDIM0713,14 mm,F9,iso100.jpg

14 mm,F9,iso100

奥の院から戻って来られました。

僕は長いこと境内をウロチョロしとったということになります。

 

ここへ来る前は室生湖を散策。

SDIM0291,368 mm,F16,iso100.jpg

368 mm,F16,iso100

湖面の朝霧が良い感じで、やはりここでも夢中になっています。

 

SDIM0318,294 mm,F10,iso100.jpg

294 mm,F10,iso100

以前写友さんに教えていただいた木通(あけび)咲く場所へ。

 

SDIM0346,306 mm,F7.1,iso100.jpg

306 mm,F7.1,iso100

赤紫のイメージが強かったのですが、白っぽい木通(五葉木通)も咲くのですね。

この房のように見えるのが大きくなって、あの甘ぁ~いアケビになるんですって。

 

SDIM0359,342 mm,F6.3,iso100.jpg

342 mm,F6.3,iso100

この雄花と五葉の色コラボが大好きです。

色が綺麗なので、この場所で何度もカラーモードを補正しながら撮影。

 

SDIM0367,400 mm,F6.3,iso100.jpg

400 mm,F6.3,iso100

時々木漏れ日が射し込みました。

コントラストが高まってしまうので、少し陽が陰るのを待つのも楽しい。

 

SDIM0378,400 mm,F6.3,iso100.jpg

400 mm,F6.3,iso100

400mmで切り撮ってみました。

背景を考えてこその構図ですが、この木通咲くところって雑然とした場所が多いのです。

 

SDIM0386,222 mm,F7.1,iso100.jpg

222 mm,F7.1,iso100

すぐ傍で見つけた三葉木通。

これは嬉しかったですね。

 

SDIM0410,185 mm,F7.1,iso400.jpg

185 mm,F7.1,iso400

まだ少し蕾でしたが、このワインレッドカラーがじつに綺麗。

 

SDIM0398,221 mm,F6.3,iso100.jpg

221 mm,F6.3,iso100

マクロレンズ持ってきたほうが良かったかなーっと後悔することは毎度のことです。

葉先から出る雫が綺麗な玉暈けになるので、いっそう撮りごたえが高まりますよー。

 

SDIM0754,68 mm,F2.8,iso100.jpg

68 mm,F2.8,iso100

空いた時間を見計らい訪れたカフェで、美味しいお紅茶をいただきました。

 

SDIM0738,30 mm,F2.8,iso100.jpg

30 mm,F2.8,iso100

女子になりきれなかったおっさんは、可愛いスマートフォンも使わずドドンっとカメラで撮ります。

「幸せのケーキ」そんな口コミも素敵なケーキ屋さん。

店内は換気しまくりなんでちょっと寒いけど、時々ちょっと贅沢に戴くスィーツはまさに「幸せ」。

お喋りも少なめで長居もなくご馳走様です。

 

DSC_5259,4 mm,F2,iso80.jpg DSC_5213,4 mm,F2,iso125.jpg DSC_5220,4 mm,F2,iso64.jpg

毎日何十回と手洗い励行、この手洗い石鹸が"効いている"感あります。

手洗い後に手に残る香りも、ヨードチンキのような「薬」って感じですね。

店頭で除菌拭き上げ等に使うタオル等も日々洗濯、以前なら過度にすら感じる作業ですが、これもしばらくは当たり前です。

これに比例して日々減ってしまうのがハンドクリーム、それでもカサカサの手になってしまうのは仕方なく我慢我慢。

 

まだまだレビュー記事は続きます。

 

DSC_5167,4 mm,F2,iso64.jpg

SIGMA fp L(ボディ)

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/36304

SIGMA fp L(EVF-11 キット)

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/36306

 

今日も お写ん歩ブログ にお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

お写ん歩・

2021年5月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このブログ記事について

このページは、お写ん歩 【K】が2021年5月14日 18:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シグマ SIGMA fpL @ review vol.2 / 奈良 奈良公園(萬葉植物園)と當麻寺の藤花 2021」です。

次のブログ記事は「シグマ SIGMA 35mm F1.4 DG DN | Art @ review vol.1 / 奈良 宇陀鳥見山のツツジ 宇陀向淵のスズラン 川上御船の滝のシャクナゲ 2021」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ