カールツァイス Carl Zeiss Otus 1.4/100 with Panasonic LUMIX DC-S1R / 奈良 紫陽花の季節 2019

P1014094_100mmF1,4iso100,100 mm,F1.4,iso100.jpg

ライカマウントにカールツァイスレンズ、こんな時代が来ようとは考えもしていなかった。

どうせ試すなら最高峰「Otus」、裸眼で眺めるような写りに息を呑む。

fecebook_お写ん歩バナー.jpg

 

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店 店長です。(2019年6月22日撮影)

先日訪れた岩船寺さんへは、もう一台カメラを持ち込んでいました。

PXZ20968,24 mm,F4.5,iso800.jpg

Carl Zeiss Otus 1.4/100 を装着した Panasonic LUMIX DC-S1R (写真は DC-S1 )

超ど級クラスの写りを叩き出すレンズと、有効画素数4730万画素の組み合わせはまさにトップエンド級。

SIGMA MOUNT CONVERTER MC-21 が仲介役という位置づけになりますが、何もかもがじつにスムーズで心地よい使用感です。

過去にはピーキーかつじゃじゃ馬的な操作感をねじ伏せ試用する機材の組み合わせもありました。

それでもたった一枚スゴスバな写真が撮れた時は、そりゃもう言葉にならない感動が待っていたりします。

この組み合わせはそんなチャンスがグッと身近になった気がする.....と言えば贅沢、「俺、ちょっと上手くなったんちゃう?」勘違いではない勘違いを感じてみる贅沢。

今の技術はコソッとしっかり実現する域まできてるんだなぁ.....とシミジミ。

この感じ、例えるなら「阪神神戸三宮駅へ乗り入れる近鉄特急車両」、いやいや「奈良の平城宮跡ですれ違う"京都市営地下鉄車両"と"阪神電鉄車両"」みたいなとこだろうか。

若いころ想像もしていなかったことが次々と現実化され、えらい時代を生きている気がします。

アップした画像は全てサムネイルです。
マウスポインターを重ね、指マーク.jpg ポインタ(カーソル)に変われば、クリックで拡大(縦1,080ピクセル・一部リサイズ無し)画像を見ることができます。

先日のブログでご紹介した記事の写真と重複しますが、写りは別モノなのでもう一度観てやってください。

P1014029_100mmF1,4iso100,100 mm,F1.4,iso100.jpg P1014029_100mmF1,4iso100.jpg

↑2

合焦ポイントの解像感、中判の写りを彷彿させる。

 

P1014047_100mmF1,4iso100,100 mm,F1.4,iso100.jpg P1014047_100mmF1,4iso100.jpg

↑3

このしっとりした感じも撮ら得てしまう。

 

P1014054_100mmF1,4iso100,100 mm,F1.4,iso100.jpg P1014054_100mmF1,4iso100.jpg

↑4

水滴の質感と繊細造形な花。

 

P1014075_100mmF1,4iso100,100 mm,F1.4,iso100.jpg P1014075_100mmF1,4iso100.jpg

↑5

夏椿の甘い香りが伝わるでしょうか。

 

P1014084_100mmF1,4iso100,100 mm,F1.4,iso100.jpg

↑6

ゆーっくりピントリングを回せば出会える被写体。

 

P1014089_100mmF1,4iso100,100 mm,F1.4,iso100 1.jpg P1014089_100mmF1,4iso100.jpg

↑7

等倍で分かる昆虫の不思議。

 

P1014113_100mmF1,4iso100,100 mm,F1.4,iso100.jpg P1014113_100mmF1,4iso100.jpg

↑8

 

P1014122_100mmF1,4iso100,100 mm,F1.4,iso100.jpg

↑9

何気ないものを何気なく撮っても画になる気がしました。

 

P1014126_100mmF1,4iso100,100 mm,F1.4,iso100.jpg

↑10

 

P1014145_100mmF14iso800_1,100 mm,F14,iso800 1.jpg

↑11

移動途中の溜池で見る睡蓮。

 

P1014230_100mmF1,4iso100,100 mm,F1.4,iso100.jpg

↑12

以前はもっと鬱蒼とした感じだった久米寺。

その鬱蒼さが好きだったのですが、ちょっとすっきりし過ぎかなー。

 

P1014234_100mmF1,4iso100,100 mm,F1.4,iso100.jpg

↑13

紫陽花はこんなふうに「わさぁ」っと咲く姿が似合うと思う。

 

P1014240_100mmF1,4iso100,100 mm,F1.4,iso100.jpg

↑14

無理やりキラキラを狙ってみたw

 

P1014241_100mmF1,4iso100,100 mm,F1.4,iso100.jpg

↑15

 

P1014203_100mmF1,4iso400,100 mm,F1.4,iso400.jpg

↑16

待たずにやって来た近鉄狭軌路線の最古参。

 

P1014216_100mmF1,4iso100,100 mm,F1.4,iso100.jpg

↑17

見れば見るほど独特な感じが伝わってくる「さくらライナー」

ヨーロッパのほにゃららみたいなデザインに見えてくるのだけど、それは個人差というものでしょう。

 

PXZ20969,24 mm,F4.5,iso800.jpg

Carl Zeiss Otus 1.4/100

(キャノン EF用)https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/31084

(ニコン用)https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/31085

SIGMA MOUNT CONVERTER MC-21

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/30895

 

Panasonic LUMIX DC-S1-K [ボディ]

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/30586

Panasonic LUMIX DC-S1M-K レンズキット

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/30587

Panasonic LUMIX DC-S1R-K [ボディ]

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/30588

Panasonic LUMIX DC-S1RM-K レンズキット

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/30590

 

今日も お写ん歩ブログ にお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

お写ん歩・- fecebook_お写ん歩.jpg

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、お写ん歩 【K】が2019年7月11日 18:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「奈良 奈良公園をぶらり夏 2019 / フォクトレンダー NOKTON 50mm F1.2 Aspherical」です。

次のブログ記事は「リコー GR III を持って ぶらり下町撮影会 を開催しました!! / リコー RICOH GRIII」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ