ペンタックス HD PENTAX-D FA★50mmF1.4 SDM AW / ちょっと試してみました。

PENTAX 50mm 1,4☆_1.jpg

本日発売日を迎えた HD PENTAX-D FA★50mmF1.4 SDM AW 、待ちに待ったこの1本は、空腹を満たすような勢いでした。

改めて製品版を使ってみたわけですが、割と自然な写りが堪らなく心地良い逸本です。

fecebook_お写ん歩バナー.jpg

 

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店 店長です。 (2018年7月撮影)

発売決定の日以降、猛烈な勢いで予約数が伸びまくった HD PENTAX-D FA★50mmF1.4 SDM AW 。

"ベータ版"ではなく"製品版"を使ってみたかったので、こう何て言いますか"ウズウズ"しながら発売日を待ちかねていたのは皆さんと同様です。

しかしですね、人気商品ゆえに商品在庫残が全く持って余裕無し、これは困った訳ですよ。

で!.....

一日でも早く製品版を使ってみたい気持ちを鎮める為、初日購入で来店した写友を捉まえ、短時間拝借させていただきました(笑

アップした画像は全てサムネイルです。
マウスポインターを重ね、指マーク.jpg ポインタ(カーソル)に変われば、クリックで拡大(横1,280ピクセル・一部リサイズ無し等倍)画像を見ることができます。

K1II3617_50 mm(F1.4)iso100_2018yaotomi 1.jpg K1II3617_50 mm(F1.4)iso100_2018yaotomi.jpg

↑1 F/1.4 風景

撮影データのほとんどは絞り開放「F/1.4」、RAWを PENTAX K-1 Mark IIボディ内現像です。

カスタムモードは「ナチュラル」「風景」「雅」「銀残し」、ホワイトバランスは「オート」。

レンズ補正は周辺光量を除き全て現像時にON、リサイズと文字入れのみ Capture One Pro へ橋渡し出力しています。

 

K1II3619_50 mm(F1.4)iso100_2018yaotomi.jpg

↑2 F/1.4 銀残し

前暈けから後暈けまでじつに滑らか。

  

K1II3616_50 mm(F1.4)iso100_2018yaotomi.jpg

↑3 F/1.4 雅

ライブビューで撮影。

 

K1II3615_50 mm(F1.4)iso100_2018yaotomi.jpg

↑4 F/1.4 雅

夕暮れに撮影してみたかった場所。

 

K1II3613_50 mm(F1.4)iso100_2018yaotomi.jpg

↑5 F/1.4 雅

 

K1II3612_50 mm(F1.4)iso100_2018yaotomi 1.jpg K1II3612_50 mm(F1.4)iso100_2018yaotomi.jpg

↑6 F/1.4 ナチュラル

合焦部は「チャリ」っとしたシャープさではなく、疲れないような角の取れたシャープさ。

うーん、どう説明すればうまく伝わるのだろう。

 

K1II3610_50 mm(F1.4)iso100_2018yaotomi 1.jpg K1II3610_50 mm(F1.4)iso100_2018yaotomi 2.jpg

↑7 F/1.4 銀残し

その昔、フィルム時代に愉しんだ「標準レンズ(50mm)」だけでのスナップ撮影が脳裏に蘇ります。

おもしろい、これは楽しい!

 

K1II3609_50 mm(F1.4)iso100_2018yaotomi.jpg

↑8 F/1.4 風景

 

K1II3582_50 mm(F9)iso100_2018yaotomi.jpg K1II3583_50 mm(F9)iso100_2018yaotomi.jpg

↑9 F/9.0 ポップチューン

ディストーション補正のONとOFFで比べてみました。

違いはほぼございませんので、今後の試用時にはOFFにしようかな、と。

 

K1II3581_50 mm(F1.4)iso100_2018yaotomi.jpg K1II3581_50 mm(F1.4)iso100_2018yaotomi 1.jpg

↑10 F/1.4 雅

 

K1II3580_50 mm(F1.4)iso100_2018yaotomi.jpg K1II3580_50 mm(F1.4)iso100_2018yaotomi 1.jpg

↑11 F/1.4 雅

 

K1II3579_50 mm(F1.4)iso100_2018yaotomi.jpg K1II3579_50 mm(F1.4)iso100_2018yaotomi 1.jpg

↑12 F/1.4 風景

 

K1II3578_50 mm(F1.4)iso100_2018yaotomi.jpg K1II3578_50 mm(F1.4)iso100_2018yaotomi 1.jpg

↑13 F/1.4 雅

最接で。

  

K1II3573_50 mm(F1.4)iso100_2018yaotomi.jpg

↑14 F/1.4 雅

合焦部はきちんとシャープ、それ以外はゆったり暈けてくれます。

  

K1II3575_50 mm(F1.4)iso100_2018yaotomi.jpg

↑15 F/1.4 雅

 

K1II3576_50 mm(F1.4)iso100_2018yaotomi.jpg K1II3576_50 mm(F1.4)iso100_2018yaotomi 1.jpg

↑16 F/1.4 ナチュラル

しばらく遊んでくれた鳩たち。

 

K1II3621_50 mm(F1.4)iso100_2018yaotomi 1.jpg K1II3621_50 mm(F1.4)iso100_2018yaotomi 2.jpg

↑17 F/1.4 雅

頭髪が汗で洗髪したてのとき。

この梅干は思わず手が出そうになってしまいます。

 

K1II3620_50 mm(F1.4)iso100_2018yaotomi 2.jpg K1II3620_50 mm(F1.4)iso100_2018yaotomi 1.jpg

↑18 F/1.4 銀残し

こんな画が大好きです。

 

炎天下でササッとスナップ、ペットボトル2本分の汗をかいたと思います(笑

試し撮りに夢中なりすぎて、熱中症になってしまわぬようご注意くださいね。

  

PENTAX 50mm 1,4☆_3.jpg

ちなみに PENTAX KP へ装着するとこんな感じです。

35mm版換算75mm相当の中望遠単焦点ですから、僕はこっちのほうが好みかもしれません。

どこか懐かしい感じがするのは被写界深度の浅さだけではなく、芯のあるところに柔らかさを感じるからなのだと勝手に解釈します。

 

良いレンズが出ましたなぁ。

  

PENTAX 50mm 1,4☆_2.jpg

HD PENTAX-D FA★50mmF1.4 SDM AW

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/29093

  

今日も お写ん歩ブログ にお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

お写ん歩・- fecebook_お写ん歩.jpg

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、お写ん歩 【K】が2018年7月20日 18:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「奈良 橿原『藤原宮跡の蓮』と 御杖『岡田の谷の半夏生』 2018 / タムロン 100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD」です。

次のブログ記事は「『色で広がる写真表現 カスタムイメージを使いこなそう!』 1回目 セミナー開催しました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ