ペンタックス K-1 MarkIIを使ってみました(3) / 京都 長岡天満宮の霧島躑躅(キリシマツツジ) 2018

K1II0985_28 mm(F13)iso800_2018yaotomi.jpg

PENTAX K-1 Mark II with HD PENTAX-D FA 28-105mm F3.5-5.6 ED DC WR(28mm・1/60sec・iso800・F/13.0

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店 店長です。 (2018年4月18日撮影)

fecebook_お写ん歩バナー.jpg

 

本日発売日を迎えた PENTAX K-1 Mark II 、ご予約いただいた皆さんの手元に届きましたか?

K-1II_20180420yaotomi.jpg

これから暖かくなりつつある夜間撮影が、もっと身近に感じることでしょう。

キットレンズでもある HD PENTAX-D FA 28-105mm F3.5-5.6 ED DC WR を中心に試写していますが、ぜひ大口径の明るいレンズを手に入れていただき、美しい星空撮影もご体験いただきたいと思います。

 

京都の長岡京市に位置する「長岡天満宮」では、名花「キリシマツツジ」が見頃を迎えているとのことで再訪してみました。

ちょうど雨上がり(厳密には小雨でしたが)、濡れた石畳に映るキリシマツツジ色がとても美しい朝の画です。

小型軽量ズームの HD PENTAX-D FA 28-105mm F3.5-5.6 ED DC WR は簡易防滴のWR仕様、小雨のこの日は大活躍でした。

アップした画像は全てサムネイルです。
ウスポインターを重ね、
指マーク.jpg ポイン(カーソル)変わればクリックで拡大(横1,280ピクセル・一部リサイズ無し等倍)画像を見ることができます。

K1II0956_48 mm(F14)iso100_2018yaotomi.jpg

↑2

朝5時前。

いつもなら地元の方々が散歩される時間帯ですが、この時点で小雨でしたから人影も少なめです。

 

K1II0953_105 mm(F20)iso100_2018yaotomi.jpg

↑3

両側の通路に在る石橋は立派ですが、一定の期間しか開放されない中通路の石橋は昔懐かしい姿のまま。

 

K1II0957_45 mm(F14)iso100_2018yaotomi.jpg K1II0957_リアレゾ_2018yaotomi .jpg

↑4

1日、1リアル・レゾリューション・システム。

小風吹くこのとき、揺れている部分は当然もじゃもじゃになっています。

じつは向こう端のカメラマンとお見合い状態で、リアレゾ設定だとお顔も鮮明に写ったはず。

幸か不幸かレリーズ時に動いておられたらしく、もじゃもじゃになって判別不能となっています。

人の写り込むリアレゾ撮影はこういう利点にも繋がるんだなぁ.....と、勝手に解釈しています。

 

K1II0969_105 mm(F14)iso100_2018yaotomi 2.jpg K1II0969_105 mm(F14)iso100_2018yaotomi 1.jpg

↑5

 

K1II0971_105 mm(F14)iso100_2018yaotomi.jpg K1II0971_105 mm(F14)iso100_2018yaotomi 1.jpg

↑6

F/14.0まで絞り込んでいますが、ここはフルサイズそれでも被写界深度は浅く感じます。

 

K1II0972_45 mm(F13)iso100_2018yaotomi.jpg K1II0972_45 mm(F13)iso100_2018yaotomi 2.jpg

↑7

リアレゾ2回目。

ぜひ等倍で観ていただき、飽和しているような赤色もきちんと諧調が残っているところをご確認ください。

カスタムイメージは「雅」、そのほかはストレートでボディ内現像しています。

 

K1II0975_80 mm(F5.6)iso400_2018yaotomi.jpg

↑8

明るさの加減でビビッドにも感じますが、

 

K1II0976_105 mm(F7.1)iso400_2018yaotomi.jpg

↑9

この色こそが「キリシマツツジ」の美しさ。

 

K1II0978_28 mm(F16)iso800_2018yaotomi.jpg

↑10

朱色というよりも「真赤」、デジタルカメラが苦手とするところです。

 

K1II0979_28 mm(F9)iso800_2018yaotomi.jpg

↑11

そんなとき、僕は迷わず飛ばしてしまいます。

見た目のイメージもこんなですからね。

 

K1II0988_28 mm(F13)iso400_2018yaotomi.jpg

↑12

ここのバンザイポジションもそろそろ限界値。

ライブビューでもそろそろ厳しい高さになってきましたが、微妙に成長しないのは意図的な剪定のおかげなのかな。

 

K1II0962_68 mm(F9)iso800_2018yaotomi.jpg

↑13

山城の"たけのこ料理"でその名を轟かす「錦水亭」。

こちらの藤棚も見事なのですが今週末ごろから見頃なのかも知れません。

(水平が出ていないとのご意見ありですが、カメラ内のゲージで水平キープです)

 

K1II0964_105 mm(F9)iso800_2018yaotomi.jpg

↑14

何となく詩仙堂を思い浮かべるところですが、錦水亭の離れへ通じる木製扉です。

(水平が出ていないとのご意見ありですが、カメラ内のゲージで水平キープです)

 

K1II0965_88 mm(F10)iso100_2018yaotomi.jpg

↑15

この季節は八条ケ池に建てられた錦水亭のお座敷を中心とする新緑までもが美しいです。

 

K1II0967_28 mm(F22)iso100_2018yaotomi.jpg

↑16

手前は蛍光色のようなツツジ。

 

K1II0966_68 mm(F14)iso100_2018yaotomi.jpg

↑17

朝の薄暗い時間だと違いもちょっと判り難い。

 

K1II0989_58 mm(F7.1)iso400_2018yaotomi.jpg

↑18

新緑と言うよりも青椛かな。

赤と緑のコントラストが美しく、雨の雫で飾られた姿に何度もレリーズ。

 

K1II0993_105 mm(F7.1)iso400_2018yaotomi.jpg

↑19

北斜面もそろそろ見頃を迎えようとしています。

 

K1II0980_58 mm(F9)iso800_2018yaotomi.jpg

↑20

南斜面はごらんのように見頃ど真ん中。

今年は良いタイミングで雨も降り、抜群の美しさを見せてくれました。

  

PENTAX K-1 Mark II 記事、まだまだ続きます。 

DSC_0001_70 mm(F22)iso100_2018yaotomi.jpg

ペンタックス K-1 Mark II 28-105 WR レンズキット(2018年4月20日新発売)

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/28410

ペンタックス K-1 Mark II ボディ(2018年4月20日新発売)

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/28409

 

今日も お写ん歩ブログ にお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

お写ん歩・- fecebook_お写ん歩.jpg

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、お写ん歩 【K】が2018年4月20日 19:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペンタックス K-1 MarkII、まもなく発売開始です(2) / 奈良 春日大社 新緑の頃 2018」です。

次のブログ記事は「ペンタックス K-1 MarkIIを使ってみました(4) / 奈良 奈良の南部で見上げ観る天ノ川」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ