真如堂 新緑 2014 / SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM Art with SD1Merrill

真如堂,新緑(SDIM0159,18mm,F6.3)2014yaotomi_Top.jpg

 _新緑をいただきます_

真如堂,新緑(SDIM0159,18mm,F6.3,FULL)2014yaotomi_.jpg京都府京都市左京区浄土寺真如町 鈴聲山(れいしょうざん)真正極楽寺(しんしょうごくらくじ)真如堂
天台宗真正極楽寺・真如堂公式ホームページ_http://shin-nyo-do.jp/
SIGMA SD1merrill with SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM ArtLine
(18.0mm(27.0mm) 1/50sec iso100 f/6.3 SIGMA Photo Pro 5.5.3 for Windows)

 

 

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店 店長です。fecebook_お写ん歩.jpg
( 高槻駅前店お店ブログ『 高槻写真のひろば 』 はこちら ) (2014年5月14日撮影)

花火を知って、花火を撮る.jpg

定員が近づいておりますので、少々お急ぎくださいませ

GH4_トークセミナー_2014yaotomi.jpg

 

綺麗に整う感のある京都の新緑景、どちらへ訪れるも丁寧な管理をしたはるからなんでしょう。

奥床しくも趣きある姿、和の心をしっかり掴んで離さない魅力がそこらかしこに。

気の引き締まる感覚こそが素敵なのですが、時々「ほっ」と落ち着く場所もあり、ここ真如堂もそのひとつだと思っています。

 

今回 SIGMA SD1 Merrill に組み合わせたレンズは、これ。

SD1merrill(18_35_1,8_Art)2014yaotomi_.jpg

大口径広角ズーム SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM -ArtLine- のみで撮影です。

絞り開放からしっかり使える18-35mm(35ミリ判 27-52mm)をひとことで表現するなら「単焦点ズーム」。

ちょっと意味不明(笑)ですが、僕の中では勝手にそんな表現で位置づけられています。

 

すでに半月以上も経ってしまった真如堂・新緑の画ですが、今年もたいへん綺麗でしたので編集更新させていただきましょ。

続きはこちら⇒http://www.yaotomi.co.jp/blog/walk/2014/06/-2014-sigma-18-35mm-f18-dc-hsm-art-with-sd1merrill-1.html#more

アップした画像は全てサムネイルです。
ウスポインターを重ね、指マーク.jpg ポインタ(カーソル)に変われば、クリックで拡大(横1,280ピクセル・一部リサイズ無し等倍)画像を見ることができます。

.

真如堂,新緑(SDIM0168,35mm,F3.2)2014yaotomi_.jpg

真如堂,新緑(SDIM0168,35mm,F3.2,FULL)2014yaotomi_.jpg↑2 (7.10MB)

この時間ひとかげもなく、この位置で右往左往。

 

 

真如堂,新緑(SDIM0183,--mm,F--)2014yaotomi_.jpg

↑3 

ファインダー越しに感覚だけで水平をとるのは、いつまでたっても難しい...

 

真如堂,新緑(SDIM0185,18mm,F1.8)2014yaotomi_.jpg

↑4 

ちょっと現像に凝ってしまいました。

 

真如堂,新緑(SDIM0193,35mm,F1.8)2014yaotomi_.jpg

真如堂,新緑(SDIM0193,35mm,F1.8,FULL)2014yaotomi_.jpg↑5 (左:6.52MB) 

この木はお気に入りです。

 

 

真如堂,新緑(SDIM0202,18mm,F11)2014yaotomi_.jpg

真如堂,新緑(SDIM0202,18mm,F11,FULL)2014yaotomi_.jpg↑6 (左:5.89MB)

こんな写り込みはとても好きだったりします。

 

 

真如堂,新緑(SDIM0214,35mm,F1.8)2014yaotomi_.jpg

真如堂,新緑(SDIM0214,35mm,F1.8,FULL)2014yaotomi_.jpg↑7 (左:5.24MB)

この鐘の音を聞いてみたいなぁ...

 

 

真如堂,新緑(SDIM0218,35mm,F1.8)2014yaotomi_.jpg

↑8 

 

真如堂,新緑(SDIM0228,--mm,F--)2014yaotomi_.jpg

↑9 

 

真如堂,新緑(SDIM0237,31mm,F6.3)2014yaotomi_.jpg

真如堂,新緑(SDIM0237,31mm,F6.3,FULL)2014yaotomi_.jpg↑10 (左:5.57MB)

本堂に映える新緑、この枝っぷりがたまらないです。

 

 

真如堂,新緑(SDIM0239,--mm,F--)2014yaotomi_.jpg

↑11 

ちょっと陰ったとき、

 

真如堂,新緑(SDIM0242,26mm,F2.2)2014yaotomi_.jpg

真如堂,新緑(SDIM0242,26mm,F2.2,FULL)2014yaotomi_.jpg↑12 (左:6.43MB)

陽射しが入ったとき。

 

 

真如堂,新緑(SDIM0248,21mm,F2)2014yaotomi_.jpg

↑13 

光の加減が難しかった...

 

真如堂,新緑(SDIM0255,28mm,F3.5)2014yaotomi_.jpg

↑14 

茶所の中にも新緑。

 

真如堂,新緑(SDIM0178,--mm,F--)2014yaotomi_.jpg

↑15 

行きしなも帰りしなも気になった真正極楽寺塔頭『 吉祥院 』さんのツツジ。

 

真如堂,新緑(SDIM0175,18mm,F6.3)2014yaotomi_.jpg

真如堂,新緑(SDIM0175,18mm,F6.3,FULL)2014yaotomi_.jpg↑16 (左:7.81MB)

めっちゃ満開でした。

毎年見事な咲きっぷりに感動をおぼえます。

 

所用ついで、短時間でしたが心癒される良いところです。

 

毎日『 JR西日本・大阪環状線 』を利用するのですが、ホームで待つ乗客の目を釘付けにする【ラッピング車両】に出会いました。

大阪環状線103系「OSAKA POWER LOOP」,2014yaotomi_ (4) .jpg

※ 今日に限ってカメラを携帯せず、使い慣れないスマートフォンカメラ機能で撮影です

大阪環状線 改造プロジェクト の一環として運行し始めた ラッピング列車『 OSAKA POWER LOOP 』です。
OSAKA POWER LOOP_https://www.jr-odekake.net/railroad/osakaloop_kaizou/osakapowerloop/index.html

桜島線(ゆめ咲き線)を走る ユニバーサルスタジオジャパン の ラッピング車両 と同じノリですねー。

あのラッピング編成もインパクト抜群ですが、この OSAKA POWER LOOP 号は更にインパクトがあります。

( 103系 がベースになっているところにも注目ですな )

大阪環状線103系「OSAKA POWER LOOP」,2014yaotomi_ (2) .jpg 大阪環状線103系「OSAKA POWER LOOP」,2014yaotomi_ (3) .jpg

大阪環状線103系「OSAKA POWER LOOP」,2014yaotomi_.jpgこれ、窓のある車体側面の一部(ラッシュ時なのでこのくらいの画角が限界)です。

「ま...、窓ってどこにあるん??」というほど抜群の仕上がり。 (窓の形状が違う理由を知るあなたは濃い鉄 w )

ホームから見る中の様子は全く判らないのですが、窓ガラス面のラッピングは特殊メッシュになっている為、車内からは「ほぼ」良く見えます。

そんな訳でして、じつは車内からホームで待つ乗客の様子がおもしろかったり(失礼)します。

停車直後はホーム並ぶ皆さん扉越しにグイッと接近、ラッピングの絵柄をジロジロ見てはりますから、今から電車を降りようとする乗客とガラス隔ててお見合い状態。

ドアが開いて「ご対面~ん♪」、今朝は大阪駅で今から乗ろうとしてはる女性グループに「しやっ!乗ってはるわ!」なんて言われちゃいました(笑

...見えないということは、いろんな想像を掻き立てているようです。はい。

 

窓がメッシュ状になっていると書きましたが、じつはこのメッシュ越しに外を眺めるのが個人的に苦手...(あとで目のピントが合い難くなるんです)

とは言え、いつか編成全景を撮りたいのですが、撮りに出掛けてこの編成が必ず来るのかどうかが判りません。

奈良の紫陽花撮影は午前中で完了なので、頃合い見て『 OSAKA POWER LOOP 号 』 と 『 南海 赤ラピート 』セットで撮りに出掛けてみようかな。

どちらも期間限定車両、綺麗なうちにご覧あそばせ。

 

撮影データのお蔵入り候補がちょびっと増えてきました。

次回からちょっと手抜きの編集内容になるかも知れませんが、お許しを...

 

今日も お写ん歩ブログ にお付き合いいただき、ありがとうございました。
                                                                         -

                                                    ㈱八百富写真機店 メインページ

                                  ㈱八百富写真機店・高槻駅前店「高槻 写真のひろば」

SD1merrill(18_35_1,8_Art)2014yaotomi_.jpg

※ 装着のレンズ SIGMA SD1 Merrill は別売です
SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM ArtLine
ご注文は当社ECサイトからどうぞ!
_http://www.yaotomi.co.jp/products/detail/14049
メーカーサイト
_http://www.sigma-photo.co.jp/lens/standard/18_35_18_A013/
_http://www.sigma-global.com/jp/lenses/cas/product/art/a_18_35_18/

単焦点に匹敵するレベルの最高画質。
APS-C用大口径標準ズームレンズの決定版。

理想的な標準ズームとは、どういったレンズを指すのでしょうか。
F値が明るく、スナップ、ポートレート、室内での撮影など、日常的な撮影に使用できること、機動性が高く、すべての撮影距離で描写力に優れていることなどの条件を満たしてくれるものです。
SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSMは、世界で初めて(*1)ズーム全域で開放F値1.8を実現した、新世代のAPS-C サイズデジタル一眼レフ専用大口径標準ズームレンズです。
35mm判換算27mmから52.5mm相当の単焦点大口径レンズ数本分の画角をカバーするこの大口径標準ズームは、あらゆる状況で撮影者の可能性を広げてくれるでしょう。
*1 デジタル一眼レフカメラ用交換レンズにおいて。2013 年4 月現在。
(画角は、装着するカメラにより変わります)


高水準の芸術的表現を叶えるArtライン

シグマは、すべての交換レンズをContemporary、Art、Sportsの3つのプロダクトラインに集約します。
その中でArtラインは、あらゆる設計要素を最高の光学性能と豊かな表現力に集中して開発、高水準の芸術的表現を叶えます。
高度な要求水準を満たす圧倒的な描写性能で、風景、ポートレート、静物、接写、スナップをはじめ、作家性を生かした写真づくりに適しています。
作品世界をつくり込むスタジオ撮影や、建築、天体、水中などあらゆるジャンルでの表現にも応えます。


高い機動力を発揮

ズームレンズは、ズームリングを回すだけで、画角を変化させることができる大変便利なものですが、明るいものでもF2.8であることが多く、さらに明るさを求める撮影者は単焦点レンズを選択していました。
また単焦点レンズは開放F値が明るく高性能ですが、単一の画角である為、撮影者は複数の焦点距離のレンズを持ち、必要に応じてレンズ交換を行っていました。
SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSMは、世界で初めて(*1)ズーム全域で開放F値1.8を実現した、新世代の大口径標準ズームレンズです。
ファインダーが明るく、ピントの確認、構図決定が容易に行えます。
またF2.8のレンズと同じ条件で撮影した場合、F2.8より1段以上速いシャッタースピードを選択できるので、手ブレを起こしにくかったり、F1.8の浅い被写界深度を活かして背景を大きくぼかしたり、撮影の自由度が広がります。
広角から標準まで大口径単焦点レンズ数本分の画角をカバーし、高い機動力を発揮します。
*1 デジタル一眼レフカメラ用交換レンズにおいて。2013年4月現在。


最新の技術を投入して製品化

開放F値1.8の大口径ズームレンズを実現するためには、様々な課題をクリアしなければなりません。
開放F値が明るくなると焦点深度は小さくなるため、球面収差をはじめ軸上色収差、非点収差、像面湾曲などの収差の補正が極めて困難になります。
この課題を克服するために、これまでシグマが製品化してきたSIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSMやSIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMに代表される超広角ズームで培った収差補正・機構的なノウハウを基に、ズーム全域で非点収差等を抑制しつつ、大口径化へのアプローチを行いました。
一方、シグマ会津工場においても、日夜新しい加工技術を開発し、製品に反映しています。
そうした加工技術の向上により可能となった大口径グラスモールド非球面レンズや、SLD(Special Low Dispersion:特殊低分散)ガラスを採用するなどレンズパワー配置の最適化を行い、球面収差や軸上色収差、像面湾曲等を徹底的に補正。
長年シグマで蓄積されてきた設計ノウハウと最新の加工技術により、絞り開放から圧倒的な描写性能を発揮する、ズーム全域で開放F1.8のレンズが完成しました。


良好なホールディング性を実現

フォーカシングやズーミングによる全長の変化がないインナーフォーカス・インナーズームを採用し、良好なホールディング性を実現。
また、レンズの前玉が回らないので、円偏光フィルターの使用も容易です。


フレア・ゴーストに配慮した設計

レンズ設計の初期段階からフレア、ゴースト対策を徹底し、逆光のような強い入射光に対しても影響を受けにくい設計を行っています。
さらにスーパーマルチレイヤーコートを採用することで、フレア、ゴーストの発生を軽減、逆光時の撮影においてもコントラストの高い描写を実現しています。
付属の花形フードの装着により、更に遮光効果が高まります。


最短撮影距離28cm

最短撮影距離はズーム全域で28cm、最大倍率は1:4.3。近接撮影にも威力を発揮します。


超音波モーターHSM搭載

超音波モーターHSM(Hyper Sonic Motor)搭載により、AFスピードの高速化と静粛性を実現しました。
今回、AFアルゴリズムを改良することで、よりスムーズなAFを実現しました。
AFでピントを合わせた後、フォーカスリングを回すだけで、ピントの微調整ができるフルタイムマニュアルも可能です。


円形絞りを採用

9枚羽根の円形絞りの採用により、開放付近で円形のボケを楽しむことができます。


デザインコンセプト

新しいレンズラインでは、付属フードの接続部にラバーを採用。
レンズキャップ、AF/MF切り替えスイッチも一新する等、使用感にこだわりました。
内部のパーツには金属や、金属部品と親和性の高い新複合材TSC(Thermally Stable Composite)などを適切に配置し、精度の高い製品作りを実現しました。
レンズ鏡筒に、レンズが発売した年の下3桁を刻印し、発売年ごとの識別が可能です。


真鍮製バヨネット・マウント

高い精度と堅牢性を兼ね備えた真鍮マウントを採用。
長期使用に耐えうるよう、表面処理を施して強度を高め、高品質なレンズづくりを実現しました。


新レンズライン専用「USB DOCK」を新開発

別売りのSIGMA USB DOCKを使用することで、レンズファームウェアのアップデートや、合焦位置の調整を行うことができます。
パソコンに接続したSIGMA USB DOCKにレンズを装着し、専用ソフトウェア「SIGMA Optimization Pro」を使用する事で、アップデートや調整が可能です。


シグマ独自のMTF 測定器「A1」で全数検査

従来までは、一般的なセンサーを使ったMTF測定器を用いてレンズの性能を測定してきましたが、今回新たに、4,600万画素FOVEONダイレクトイメージセンサーを用いたMTF測定器「A1」を独自に開発。
これまで検出できなかった高周波成分の検査までも可能になりました。SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSMはこの「A1」で全数検査を受けてから出荷されます。
※ A1:Aizu1


「Made in Japan」のクラフツマンシップ

一部の加工を除き、部品や金型まで、自社一貫生産方式による内製化にこだわったシグマは、いまでは少なくなった、生粋の「日本製」を謳うことができるメーカーのひとつです。
清廉な空気と水に恵まれた風土、粘り強く実直な人々の気質。そして最新のノウハウと、精巧で高度な技術の融合によって生み出される確かな品質。
世界中の写真愛好家を満足させていた高度なものづくりを支えているのは、職人としての情熱と誇りに裏打ちされた、正真正銘のクラフツマンシップです。


「マウント交換サービス」に対応

真鍮製バヨネット・マウント
シグマは、多種多様な交換レンズをつくり続けてきたノウハウとリソースを活かして、シグマ製交換レンズのマウント部および内部システムの一部をご希望のマウントに仕様変更できる「マウント交換サービス」を開始いたします。
これにより撮影者が、将来、新たなカメラボディをお求めになる場合にも、それに合わせてお気に入りのレンズを「お直し」することができ、現状のカメラシステムの制約を受けることなく末永くお使いいいただけるようになります。
※「マウント交換サービス」(有償)は、通常の修理・サポートとは異なりますので、販売店などでの受付はできません。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、お写ん歩 【K】が2014年6月 6日 20:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大台ヶ原 石楠花(後編) 2014 / SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM ArtLine」です。

次のブログ記事は「詩仙堂 さつき 2014 / SIGMA 50mm F1.4 DG HSM ArtLine with Canon EOS 5DMarkⅢ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ