シグマ SIGMA fpL @ review vol.1 / 奈良 ナメゴ谷・屏風岩公苑・岡寺 2021

SDIM005fg5,100 mm,F9,iso100.jpg

山の桜はまだまだ元気見頃。

今季はどっちレンズ振っても画になるから、困ったものだ。

fecebook_お写ん歩バナー.jpg

 

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店 店長です。(2021年4月11~14日撮影)

普段使いで出番多い SIGMA fp ですが、何と"L"を付け加えた新種が出てまいりました。

DSC_0075,70 mm,F25,iso100.jpg

DSC_0080,70 mm,F25,iso100.jpg DSC_0086,70 mm,F10,iso100.jpg

SIGMA fp L(ボディ)(2021年4月16日発売)

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/36304

SIGMA fp L(EVF-11 キット)(2021年4月16日発売)

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/36306

 

今回の大注目ポイントは何と言っても「高画素化」と「外付電子ビューファインダー"EVF-11"」を組み合わせることができるようになったこと。

先ずパッと見のところで「外付電子ビューファインダー"EVF-11"」が気になるところでしょう。

SIGMA EVF11_01.jpg SIGMA EVF11_02.jpg

ガジェット感あふれるのはケース開口前から。

結構しっかりしたソフトケースになっており、カメラバックに放りこんでいても接点が壊れるようなことは無さそうです。

SIGMA EVF11_03.jpg SIGMA EVF11_04.jpg

アイカップが2種類も同梱されているなんて、シグマさんニクいですねぇ。

眼鏡をかけていても全体が見渡しやすいアイポイント(21.0mm)、アイカップを外すと現れる視度補正ダイヤルは『-4.0~+3.0(dpt)』の範囲で調整が可能です。

一度設定してしまえばそんなに弄る事も無い視度補正ダイヤル、こんなふうに隠れているのは個人的に歓迎できるポイント。

当初この存在を知ったときは失礼ながら「なんちゃってE.V.F.なのかな?」と思ったりもしていたのですが、そのスペックが公開されると「ほんもんやぁ.....」。

覗けば「なるほど♪」、0.5型 約368万ドット有機ELパネルを使用しており十二分に実用的なものへと仕上がっています。

 

fp系の特徴であるコンパクトさをややスポイルはするものの、「外付電子ビューファインダー」を装着できるようになったことは明るい場所での風景撮りにとってホンっとありがたい。

光学式LCDビューファインダーLVF-11を多用していた派の一味ですが、なんといきなり上部90°可動式という仕様まで盛り込んでいます。

fpにも後日公開予定のファームウェアで対応できるという優しさは、SIGMAさんならではの対応だと言えるでしょう。

その時は是非単体でのご注文もよろしくお願いいたします

SIGMA ELECTRONIC VIEWFINDER EVF-11

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/36305

 

実際に何度か使ってみましたので、SIGMA fp Lの感想も交えながらその時撮ったの画もどうぞご覧ください。

基本はJPEG撮って出し、一部「SIGMA Photo Pro(現Ver.6.8.0)でRAW現像しています。

アップした画像は全てサムネイルです。( Capture One Pro にてリサイズ処理)
マウスポインターを重ね、指マーク.jpg ポインタ(カーソル)に変われば、クリックで拡大画像(一部元画像)を見ることができます。

SDIM0040,100 mm,F8,iso100.jpg

100 mm,F8,iso100 SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS | Contemporary

今やS.N.S.で大いに知られるようになりました奈良 上北山村の「ナメゴ谷」。

秋の紅葉が抜群に美しい撮影地でもありますが、春のヤマサクラが美しく咲き誇る今時分もじつに美しい。

特に新緑と相まって全域カラフルに染まり始める姿は、多くの写真家を虜にします。

 

SDIM0047,126 mm,F8,iso100.jpg

126 mm,F8,iso100 SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS | Contemporary

ここ撮影地は広く見渡せる=遠くのものを引き寄せて撮影する場合は望遠レンズが必須となります。

70-200クラスの明るいレンズでも良いのですが、個人的には SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS | Contemporary がとてもオススメ。

 

SDIM0063,40 mm,F10,iso800.jpg

40 mm,F10,iso800 SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art

雨の日や特に雨上がりなど、雲が駆け巡るこのタイミングはご馳走ポイント。

雲の動きを待って「ここだ!」と言うときにレリーズ。

3枚前の虹は10秒程度のチャンスでしたので、要らんもんがあれこれ入ってしまったのはご愛嬌とさせていただきましょう。

 

奈良 ナメゴ谷 2021年 春(You Tube)

露光加減が絶妙さを左右するのですが、こんなとき周りの明るさ環境に左右されない"EVF-11"の存在がとてもありがたい。

案外音声も良かったりするので、動画でもどうぞご確認ください。

(データ受信の為にWi-Fiなどの環境での視聴をおすすめします)

 

SDIM0099,144 mm,F5.6,iso100.jpg

144 mm,F5.6,iso100 SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS | Contemporary

桜の小さな花はもちろん、小さな木々の質感を見事に再生するSIGMA fp L

"あの"センサーを彷彿させる解像感にニンマリ、これは使った者でしか分からないかも知れません。

 

SDIM0131,40 mm,F8,iso100.jpg SDIM0131.JPG

40 mm,F8,iso100 SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art

有効約6,100万画素(像面位相差AF対応裏面照射型ベイヤーセンサー)をしっかり生かせていました。

※右下の小さなサムネイルは9.5K:9,520×6,328です(データ受信の為、通信制限のないWi-Fiなどの環境でのダウンロードをおすすめします)

これ手持ちで撮影したのですが、手振れ補正も無いのにこれだけきちんと撮れるのは本体のバランスの良さなのだと思います。

 

SDIM0141,100 mm,F10,iso250.jpg

100 mm,F10,iso250 SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS | Contemporary

もちろん拡大ピント合わせにも対応している"EVF-11"

「どの桜にピントを合わせようか」、ファインダーを覗きながら指でA.F.ポイントを探り、拡大して微調整することで撮影者が納得できる画作りも出来ます。

 

SDIM0162,24 mm,F8,iso200.jpg SDIM0162.JPG

24 mm,F8,iso200 SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art

その場に佇む雰囲気で撮ってみました。

是非パソコンの大きな液晶モニターで右下のサムネイルを等倍でご覧ください。

※右下の小さなサムネイルは9.5K:9,520×6,328です(データ受信の為、通信制限のないWi-Fiなどの環境でのダウンロードをおすすめします)

  

じつは初試写が真夜中でした。

SDIM0118spp,iso6400,20 秒,F2.8.jpg

iso6400,20 秒,F2.8 SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN | Art

奈良県内で最後に見頃を迎えると言われる曽爾村の「屏風岩公苑」。

街からずいぶんと離れた場所にあり、光害も少ないことから、星空を撮る場所として選択することも多しです。

 

SDIM0082,iso5000,20 秒,F2.8.jpg

iso5000,20 秒,F2.8 SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN | Art

当然この時季なら桜越しに観る天ノ川でしょう。

真っ暗闇でウロウロ、あの位置この場所とポイントを探りながら朝を迎えることになります。

 

SDIM0064spp,iso5000,20 秒,F2.8.jpg

iso5000,20 秒,F2.8 SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN | Art

ホワイトバランスを微調整しながら何度となく撮ったあと、ふと新しいカラーモード「パウダーブルー」をセットしてレリーズしてみました。

これがなかなかの出来栄えで、「こんなのもアリだなぁ」と夜空見上げながらしみじみ。

 

SDIM0122_02,iso100,4 秒,F8.jpg SDIM0122 (2)spp,iso100,4 秒,F8.jpg

iso100,4 秒,F8 SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art

オートホワイトバランスで、左が「風景」右が「パウダーブルー」。

表現の自由はあれど、こういうのもアリですねー。

早朝の雰囲気も伝わっているのではないでしょうか。

 

SDIM0149,iso100,1-8 秒,F8.jpg

iso100,1/8 秒,F8 SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN | Art

晴れた朝、朝陽が射し込み始めました。

レリーズに忙しい時間です。

 

SDIM0187 (2),iso100,1-13 秒,F10.jpg SDIM0187,iso100,1-13 秒,F10.jpg

iso100,1/13 秒,F10 SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art

左が「風景」、右が「ティールアンドオレンジ」

これはむしろ右のティールアンドオレンジが似合っているのか??

新緑の色は出ないにしても、これもまたアリですねー。

 

SDIM0197,iso100,1-25 秒,F10.jpg SDIM0197.jpg

iso100,1/25 秒,F10 SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art

被写界深度をギュッと圧縮。

緻密な桜景、これも降る画像でご確認ください。

※右下の小さなサムネイルは9.5K:9,520×6,328です(データ受信の為、通信制限のないWi-Fiなどの環境でのダウンロードをおすすめします)

 

SDIM0214spp,iso100,1-80 秒,F9.jpg

iso100,1/80 秒,F9 SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN | Art

青空が広がり始める屏風岩の上空。

 

DSC_5074,4 mm,F2,iso40.jpg

SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN | Art 系が各マウントで勢ぞろいしましたので、記念撮影。 

  

このあと明日香村へと立ち寄ります。

SDIM0231spp,63 mm,F2.8,iso100.jpg

63 mm,F2.8,iso100 SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art

岡寺さんの境内では石楠花(しゃくなげ)が見頃直前でした。

薄紅色のティッシュをくしゅくしゅにしたような石楠花は、周りの新緑に映えて美しい。

 

SDIM0243spp,48 mm,F2.8,iso100.jpg

48 mm,F2.8,iso100 SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art

紅色と緑色が所謂「シグマ色」ですね。

これだけでも手に入れる喜びに値すると思うのですが、ちょっと大げさかな......

 

SDIM0274,24 mm,F2.8,iso125.jpg

24 mm,F2.8,iso125 SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art

S.N.S.などで発信するなら高画素をふんだんに使うこともありません。

4.8Kくらいにまで落としても十分トリミングに耐えうる性能を持っていますし、後々のデータ取り扱いも軽くなって気軽に楽しめそう。

 

SDIM0290,70 mm,F2.8,iso100.jpg

         70 mm,F2.8,iso100 SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art

         ここぞという場面で画素数を上げるという使い方。

         SIGMA fp L使い始めると設定項目の使い方も変わりそうですね。 

   

SDIM0295spp,70 mm,F2.8,iso125.jpg

70 mm,F2.8,iso125 SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art

「"QS"の内容をカスタマイズできるようになれば良いのにな」、時々そんな場面に出くわしました。

ちょっとしたスナップなら、こうもうちょっとガバァっと色を変えてみたくなります。

 

SDIM0306spp,45 mm,F2.8,iso100.jpg

45 mm,F2.8,iso100 SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art

コントラストの強い晴れの日撮影は、なかなか難しいですね。

ハイライトは飛ばしても良いし、シャドウは潰れても構いません。

RAWも記録しておけば、現像時にちょっとくらい復旧ができます。

 

SDIM0323,55 mm,F2.8,iso100.jpg

55 mm,F2.8,iso100 SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art

シャガがわんさか咲いていました。

こういう色が似合うSIGMA fp Lです。

 

SDIM0329spp,39 mm,F2.8,iso100.jpg

39 mm,F2.8,iso100 SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art

本堂を見下ろすポイント。

 

SDIM0347,43 mm,F8,iso100.jpg SDIM0347.JPG

43 mm,F8,iso100 SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art

明日香村を見下ろし、その向こうに見えるは葛城山と金剛山。

※右下の小さなサムネイルは9.5K:9,520×6,328です(データ受信の為、通信制限のないWi-Fiなどの環境でのダウンロードをおすすめします)

 

SDIM0356spp,70 mm,F2.8,iso100.jpg

70 mm,F2.8,iso100 SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art

桜の花びらが「はらり」。

 

上北山村の帰りに、時々立ち寄るカフェで、撮影のお手伝いをちょこっと。

SDIM0199spp_vi,70 mm,F2.8,iso400.jpg

vi,70 mm,F2.8,iso400 SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art

ヒントはオーナーが掴んでおられましたが、こうなかなか思うように撮れないとのこと。

ザクっと基本を見直し、撮ってみたのがこれ。

 

SDIM0213spp_vi,70 mm,F5,iso800.jpg

vi,70 mm,F5,iso800 SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art

いつもカメラバックに忍び込ませている「レンズボール」を使ってみました。

真上から撮るのでSIGMA fp LEVF-11の組み合わせではちょっと厳しい.....とて諦めるのは惜しい。

カメラを逆さまに持ちファインダーをチルトして親指でレリーズしたのがコレです。

ボディが軽いからできる技.....とでもしておきましょう。

 

DSC_5122,4 mm,F2,iso200.jpg

実際はこんな感じで撮っていましたよ。

 

ここへ来る前に立ち寄った葛城で.....

DSC_5103,4 mm,F2,iso40.jpg DSC_5101,4 mm,F2,iso40.jpg

名前には聞いていましたが、わたくし初めて春木春陽堂さんの「姫餅」を手に入れることができました。

写友さんに連れてってもらったのですが、とんでもなく手に入り難い1週間だけの販売なのだそうです。

(この看板は100年以上も前のものだとか.....)

予約だけで完売する毎日ですが、ときどきキャンセルが出て、たまたま通りがかって残っていれば手に入るという逸品。

DSC_5111,4 mm,F2,iso160.jpg DSC_5124s.jpg

食べさしで申し訳ないですが、こんな感じです。

ちょっと甘い感じではありますが、その甘さがどこか懐かしくもあり後味も良いんですね。

写友さんに感謝の日となりましたm(__)m

 

さて、他社試用機の無い日はSIGMA fp Lの出番が多くなりそうです。

外付電子ビューファインダー"EVF-11"が先に品薄状態ですので、ご購入の際は十分ご注意ください。

SIGMA fp Lのお伝えしたいことはまだ盛りだくさん、review vol.2以降で順次ご紹介したいと思います。

  

DSC_0075,70 mm,F25,iso100.jpg

SIGMA fp L(ボディ)(2021年4月16日発売)

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/36304

SIGMA fp L(EVF-11 キット)(2021年4月16日発売)

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/36306

 

今日も お写ん歩ブログ にお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

お写ん歩・- fecebook_お写ん歩.jpg

2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

このブログ記事について

このページは、お写ん歩 【K】が2021年4月18日 19:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペンタックス PENTAX K-3III @ review vol.2 / 奈良 奈良桜景 2021 初瀬『長谷寺』」です。

次のブログ記事は「ペンタックス PENTAX K-3III @ review vol.3(別) / 高感度はより綺麗に!(PENTAX K-1II 比較編)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ