シグマ SIGMA 105mm F2.8 DG DN MACRO | Art @ review vol.1 / 兵庫 丹波篠山紅葉巡り(前編) 洞光寺と大國寺 2020

SDIM3720,SIGMA fp,105 mm_2020yaotomi.jpg

鮮烈の紅葉って、今季は少なかったなー。

でもたまに見かけると、ついアップで撮りたくなるのは皆な同じ。.....でしょっ!?

fecebook_お写ん歩バナー.jpg

 

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店 店長です。(2020年11月18日撮影)

世間では紅葉も終盤、こりゃどうも更新もご無沙汰してしまいごめんなさい。

 

今季は早くに見頃迎えた紅葉が案外綺麗でございました。

11月半ばの風雨で、綺麗に染まっていた紅葉が散ってしまい、中盤に差し掛かると暖かい日と少雨が影響して紅葉も足踏み状態。

色も染まらぬままチリチリに縮んでしまい、下旬には散り始めるところが増えてしまった......というところでしょう。

但し市街地には青い椛も残っており、12月に入ってグッと冷え込んで適度に雨も降れば紅葉第2弾が来るかなー?

そんな今日この頃、言うてる間に残すところ1ヶ月となりました。

 

SIGMA 105mm DN MACRO  Art_01.jpg SIGMA 105mm DN MACRO  Art_02.jpg

さてさて、この時季に持ち出すカメラが"SIGMA fp"だったりすると、カメラバックにはマクロレンズも潜んでおりました。

"SIGMA 105mm F2.8 DG DN MACRO | Art"、シグマさんのミラーレス機用最新マクロレンズです。

 ライカLマウント https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/35231

 ソニーEマウント https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/35229

「マクロレンズ」だからマクロ撮影に特化させる必要はありません。

むしろ中望遠単焦点レンズとして使い、必要に応じて「グッと寄って撮る」みたいな使い方がお写ん歩ふう。

アップした画像は全てサムネイルです。( Capture One Pro にてリサイズ処理)
マウスポインターを重ね、指マーク.jpg ポインタ(カーソル)に変われば、クリックで拡大画像を見ることができます。

SDIM3433,SIGMA fp,30 mm_2020yaotomi.jpg

SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art

朝イチ、亀岡の雲海からスタートです。

薄い雲海やなー......なんてぶつくさ文句も言うてましたが、時間が経つにつれ、そらまぁ美しい絶景へシフト。

 

SDIM3666,SIGMA fp,24 mm_2020yaotomi.jpg

SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art

朝の空気をめいっぱい吸い込んだ後、丹波篠山の洞光寺さんへシュッと移動。

強烈美しい紅葉に目を奪われ、強烈な太陽光線にたじろぐ。

 

SDIM3681,SIGMA fp,14 mm_2020yaotomi.jpg

SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN | Art

コントラストはパッキパキ。

それでも彩度コントロールができないほどの赤色はテンション上がりますねー。

 

SDIM3695,SIGMA fp,14 mm_2020yaotomi.jpg

SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN | Art

紫陽花の色も残っていて、何とかコラボにしようと四苦八苦.....限界でした。

 

SDIM3732,SIGMA fp,14 mm_2020yaotomi.jpg

SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN | Art

光芒も美しい"SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN | Art"、広がりを求める紅葉撮影にもってこい。

 

SDIM3745,SIGMA fp,105 mm_2020yaotomi.jpg

SIGMA 105mm F2.8 DG DN MACRO | Art

この日はあえて望遠レンズを持たずにやって来ました。

「久しぶりにトリミングでもするかー」なんて普段しないようなことを目論んでいたのですが、寄って寄って何とかなるものです。

トリミングって個人的には苦手というか、カメラ性能を目いっぱい使い切りたい気持ちが勝ってしまうんですよね。

 

 

SDIM3763,SIGMA fp,24 mm_2020yaotomi.jpg

         SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art 

         ゴーストも愛嬌の一つ、可愛いでしょう?

  

SDIM3775,SIGMA fp,14 mm_2020yaotomi.jpg

SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN | Art

ダブル"キラーン"に夢中。

こういう楽しみ方もアリってことで。

 

SDIM3784,SIGMA fp,105 mm_2020yaotomi.jpg

SIGMA 105mm F2.8 DG DN MACRO | Art

マクロで寄っていたのですが、反対の目に見えていたその向こうが美しいかった。

影と光、ティールアンドオレンジで色もアートに。

 

SDIM3785,SIGMA fp,105 mm_2020yaotomi.jpg

SIGMA 105mm F2.8 DG DN MACRO | Art

逆光の特性もすこぶる善い"SIGMA 105mm F2.8 DG DN MACRO | Art"。

意欲的な使い方も楽しそうですねー。

 

SDIM3794,SIGMA fp,14 mm_2020yaotomi.jpg

SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN | Art

もっと染まっていたら素晴らしかったろうな。

そう思いながら敬意を表して。

 

SDIM3801,SIGMA fp,24 mm_2020yaotomi.jpg

SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art

「ぽっ」と炎を見たような、蜘蛛の悪戯によるアートもまた美しい。

 

同じ丹波篠山の大國寺さんへ移動。

SDIM3817,SIGMA fp,14 mm_2020yaotomi.jpg

SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN | Art

ここは難易度が高かったー。

 

SDIM3808,SIGMA fp,14 mm_2020yaotomi.jpg

SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN | Art

人の目で見る脳内H.D.R.は実に美しいのですが、ここが写真にするところの難しさですね。

RAWで撮って現像時に補正すれば何とでもなりそうな昨今、それに違和感を感じるのもまた事実。

白飛びも黒潰れもまた味、そのほうがメーカー色も出て良いと思うのですが。

 

SDIM3827,SIGMA fp,14 mm_2020yaotomi.jpg

SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN | Art

なんてこと言いながらも、ここぞというときはシャドウを少しだけ持ち上げて撮ってみる。

 

SDIM3837,SIGMA fp,32 mm_2020yaotomi.jpg

SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art

何だかんだ言っても透過光の紅葉はホンっと美しいです。

 

丹波篠山で美味しいお昼ご飯にありつくため、Googleを検索しまくりました。

DSC_4172,SOV39,4 mm_2020yaotomi 1.jpg DSC_4168,SOV39,4 mm_2020yaotomi.jpg

B級と言っては何ですが、あたしゃB級食堂が大好きです。

ここは「大手食堂」、メニューからして庶民的な"食堂"でした。

手書きで大きく書かれた「ささ山名物 牛とろ丼」、これですよ、これ。

調子乗って豚汁もプラス。

結構リッチプライスになってしまいC級の懐はドキドキしましたが、美味しゅうございました。

 

紅葉更新、どんどん続きます。

 

SIGMA 105mm DN MACRO  Art_01.jpg

SIGMA 105mm F2.8 DG DN MACRO | Art

ライカLマウント

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/35231

ソニーEマウント

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/35229

 

今日も お写ん歩ブログ にお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

お写ん歩・- fecebook_お写ん歩.jpg

2020年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログ記事について

このページは、お写ん歩 【K】が2020年11月30日 18:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「三重 菰野のコスモス畑 2020 / タムロン TAMRON 70-300mm F/4.5-6.3 Di III RXD A047」です。

次のブログ記事は「和歌山 高野山・壇上伽藍紅葉巡り 2020 / シグマ SIGMA 105mm F2.8 DG DN MACRO | Art (L) with TELE CONVERTER TC-2011 (L) @ review vol.2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ