和歌山 串本 荒船海岸の初日の出 2019 / シグマ SIGMA 大三元レンズ

IMG_0305_200 mm(F14)iso100_2018yaotomi.jpg

2019年の初日の出は、和歌山県串本町の「#荒船海岸」で迎えました。

冬季海霧で有名な荒船海岸、到着時は全く霧が出ておらずやきもき.....

fecebook_お写ん歩バナー.jpg

 

あけましておめでとうございます、八百富写真機店 高槻駅前店 店長です。(2019年1月1日撮影)

「お写ん歩・2019年」は本日より始動開始、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

昨年までの初日の出は三重県の道瀬で迎えていましたが、深夜少し早い目に奈良を出発すれば荒船海岸で初日の出を迎えることが判明。

国道169号線、川上村役場付近でのトンネル内亀裂による通行止(交互迂回路あり)と、新伯母峯トンネル付近の積雪が気になりましたが、これも難なくクリア。

年越しを過ごした初瀬長谷寺から談山神社(県道37号線)~吉野(国道169号線)~熊野市(国道42号線)経由南下で約3時間、南和からずいぶん近い本州最南端です。  

DSC_0003 (2)_2018yaotomi.jpg DSC_0003,2017yaotomi.jpg SIGMA70_200s(2)_2018yaotomi.jpg

年末年始の機材は前回同様 SIGMA 大三元レンズ群。

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM | Art

SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM | Art

SIGMA 70-200mm F2.8 DG OS HSM | Sports

 

厳かな雰囲気が境内いっぱいに広がる長谷寺では、軽量フルサイズ機 Canon EOS 6DMarkII の高感度性能に委ねました。

IMG_0107,32 mm,F4_iso6400_2018yaotomi.jpg

IMG_0083,200 mm,F10_iso6400_2018yaotomi 1.jpg IMG_0136,29 mm,F4_iso6400_2018yaotomi.jpg IMG_0187,70 mm,F2.8_iso6400_2018yaotomi.jpg

IMG_0179,74 mm,F2.8_iso6400_2018yaotomi.jpg

絞って深度を稼ぎとうございましたので、iso感度は全て 6400 です。

氷点下の本堂で2019年を待ちましたが、それはもう寒い寒い。

カメラ機材が冷え切ってしまい、支える手のひらの感覚が鈍くなることによる「手振れ」を防ぐための高感度設定でもある訳です。

 

例年ですとここで3時間程度はしっかり滞在するところですが、年越しの長谷寺「 観音万灯会」は2時間で下山。

IMAG4782_4 mm(F2)iso800_2018yaotomi.jpg IMAG4781_4 mm(F2)iso400_2018yaotomi 1.jpg

長谷寺へ向かう前に、大晦日深夜営業の「麺屋いちびり」さんで年越しのそば(中華そばですが.....)による体力チャージ。

うむむ、スマートフォンの画質が悪いですね.....

 

で、串本へ一気に南下です。

アップした画像は全てサムネイルです。
マウスポインターを重ね、指マーク.jpg ポインタ(カーソル)に変われば、クリックで拡大(横1,280ピクセル・一部リサイズ無し等倍)画像を見ることができます。

IMG_0255_24 mm(F8)iso100_2018yaotomi.jpg

↑9 

午前4時に荒船海岸到着。

既に月が出ていましたので、星空撮影はやんぴです。

少し空が明らむころ、東の空に月と金星と火星が一直線.....な一枚。

 

IMG_0274_14 mm(F8)iso100_2018yaotomi.jpg

↑10

空はドラマチックに変化。

 

IMG_0298_136 mm(F16)iso100_2018yaotomi.jpg

↑11

合掌。

 

IMG_0316_126 mm(F20)iso100_2018yaotomi.jpg

↑12

東の水平線には雲がしっかり。

水平線からの初日の出は残念でしたが、明け方に見えなかった海霧が急に湧き始めるという嬉しい誤算。

 

IMG_0348_200 mm(F10)iso100_2018yaotomi.jpg

↑13

お正月は舟も出んやろう.....と思っていたら、10枚目に小さく写る渡船が帰ってきた!

もう少し海霧が湧いてくれたらって思うのが正直なところだけど、もっとアップ構図ならこのくらいがちょうど良いのだとか。

 

IMG_0368_70 mm(F10)iso100_2018yaotomi.jpg

↑14

いわゆる「日の丸構図」。

これが似合うところも、そう多くは無いと思う。

 

せっかくここまで来たんだから、紀伊大島「樫野埼灯台」へ向かうことに。

IMG_0389_24 mm(F8)iso100_2018yaotomi.jpg

↑15

予想どおり水仙が満開でした。

 

IMG_0463_70 mm(F13)iso100_2018yaotomi.jpg

↑16

海が青いねー!

 

IMG_0415_24 mm(F2.8)iso100_2018yaotomi.jpg

↑17

空も青い!

 

IMG_0490_128 mm(F3.5)iso100_2018yaotomi.jpg

↑18

晴れた日の水仙畑はテンションが上がる。

 

IMG_0445_14 mm(F14)iso100_2018yaotomi 1.jpg

↑19

真っ白の灯台、青い空と青い海が絶妙バランスで綺麗だ!

 

IMG_0502_14 mm(F14)iso100_2018yaotomi.jpg

↑20

灯台の近くにでっかい木があって気になる気になる。

 

初風呂(初温泉)はと言いますと.....

PXZ20989_6 mm(F4.5)iso100_2018yaotomi.jpg

川上村の山奥に位置する 入之波温泉 山鳩湯、ダム湖の斜面に吉野建て構造。

道路沿いの入口から階段をどんどん下りるとフロントがあり、そこからどんどん下りると脱衣所&浴槽。

底がまったく見えない茶褐色の温泉、浴槽の縁や底は鍾乳洞石のようになっていて結構驚かされます。

泉質は抜群で、「温泉に入った~」という感覚は関西の他では見られないかも知れません。

料理もイケるそうなので、皆さんも撮影帰りにぜひ。

 

初夢は御杖村の友人宅で。

IMG_0526_26 mm(F2.8)iso3200_2018yaotomi.jpg IMG_0540_36 mm(F2.8)iso2500_2018yaotomi.jpg IMG_0543_24 mm(F2.8)iso3200_2018yaotomi.jpg

IMG_0533_59 mm(F2.8)iso3200_2018yaotomi.jpg

徹底した無添加の料理は毎度素晴らしく、会話とお酒がすすむすすむ。

何だかんだと相談乗っていただける第二の故郷のような場所です。

いつもありがとう。

 

今日も お写ん歩ブログ にお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

お写ん歩・- fecebook_お写ん歩.jpg

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログ記事について

このページは、お写ん歩 【K】が2019年1月 4日 20:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「京都 年末雪景 2018 / シグマ SIGMA 大三元レンズ」です。

次のブログ記事は「SIGMA 56mm F1.4 DC DN | Contemporary (for Micro Four Thirds) を使ってみました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ