京都 祇園祭 宵々々山 2018 / シグマ SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art

IMG_1984_135 mm(F1.8)iso3200_2018yaotomi 1.jpg

日本三大祭のひとつ、京都『祇園祭』(前祭)宵宵宵山の風情を撮影してきました。

機材は大口径の中望遠レンズ SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | ArtCanon EOS 6D Mark II へメイン装着です。

fecebook_お写ん歩バナー.jpg

 

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店 店長です。 (2018年7月14日撮影)

この度の西日本を中心とした豪雨災害により被災された方々に謹んでお見舞いを申し上げます。

一日も早い復興復旧を心よりお祈り申し上げます。

 

梅雨明け以降大変な猛暑に見舞われている日本列島ですが、今年だけの特別な猛暑でもなくなってきました。

関西では大阪北部を中心とする地震災害後、続いて襲われた豪雨災害という度重なる自然災害。

こうなってくると気持ちの上での活気が薄らいでしまっているような、そんな気すらいたします。

IMG_1781_135 mm(F2)iso100_2018yaotomi 1.jpg

京都では7月に入ると1ヶ月にわたる祇園祭が始まります。

日本各地からはもちろん、世界各国からも夏の京都を楽しもうとたくさんの観光客。

特に雅かつ豪快な山鉾巡航の日は、たくさんの人々で熱気もグングン上昇、多くの観光客も加わりごった返します。

病魔退散、悪疫を封じ込むという意味もこめられている大切なお祭り、夕涼みがてら「こんちきちん♪」の音を楽しまれるのは如何でしょうか。

昨日の京都は夕刻まで気温38℃、ゆっくりの移動と多めの休憩、水分補給はもちろん適度な塩分も摂取しなければならない状況です。

アップした画像は全てサムネイルです。
マウスポインターを重ね、指マーク.jpg ポインタ(カーソル)に変われば、クリックで拡大(横1,280ピクセル)画像を見ることができます。

IMG_1833_135 mm(F1.8)iso100_2018yaotomi 1.jpg

↑3 SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art

無風の熱気が滞留する京の街角。

 

IMG_1792_135 mm(F1.8)iso100_2018yaotomi.jpg

↑4 SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art

冷たいビールを勧められると、どうも断れないわけで.....

 

IMG_1787_135 mm(F1.8)iso100_2018yaotomi.jpg

IMG_1791_135 mm(F1.8)iso100_2018yaotomi.jpg IMG_1788_135 mm(F1.8)iso100_2018yaotomi.jpg PXZ21133_6 mm(F2.5)iso100_2018yaotomi.jpg

↑↑4 ↑5・6・7

どこからともなく香ばしい匂い、誘われるように多くの方がやって来ます。

 

IMG_1838_135 mm(F1.8)iso100_2018yaotomi.jpg

↑8 SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art

少し陽が傾き始めるころ、何かが通り過ぎたあとのような風が。

 

IMG_1846_135 mm(F1.8)iso100_2018yaotomi.jpg

↑9 SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art

龍だったのかねぇ。

 

IMG_1812_135 mm(F1.8)iso100_2018yaotomi.jpg

↑10 SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art

いやいや、蟷螂のひと振りだったのかも。

 

IMG_1862_135 mm(F1.8)iso100_2018yaotomi 1.jpg

↑11 SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art

提灯に明かりが燈るころ。

 

IMG_1909_24 mm(F3.5)iso6400_2018yaotomi.jpg

↑12 SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM | Art

祇園囃子。

 

IMG_1916ps_14 mm(F3.5)iso6400_2018yaotomi.jpg

↑13 SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM | Art

宵宵宵山は歩行者天国ではありませんので、四条通りの歩道は身動きもとれないほど。

 

IMG_1914_14 mm(F3.5)iso6400_2018yaotomi.jpg

↑14 SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM | Art

多くの方が見守るなか、こんちきちん。

 

thetaplus_20180715162415166_1 mm(F2)iso250_2018yaotomi.jpg

↑15

一日1シータ!

 

IMG_1879_24 mm(F3.5)iso6400_2018yaotomi (2).jpg

↑16 SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM | Art

ちょっとおちゃめなお稚児さん。

巡行の日は先頭で頑張らはります。

 

IMG_1920_135 mm(F1.8)iso1600_2018yaotomi.jpg

↑17 SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art

 

IMG_1945_135 mm(F1.8)iso3200_2018yaotomi 1.jpg

↑18 SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art

空の大焼けは無かったけど、綺麗なグラデーションを観ることができましたよ。

 

IMG_1977_135 mm(F1.8)iso3200_2018yaotomi.jpg

↑19 SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art

 

IMG_2004_135 mm(F6.3)iso3200_2018yaotomi 1.jpg

       ↑20 SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art

 

21:00から綾傘鉾の棒振り踊り。 

IMG_2066ps_22 mm(F3.2)iso25600_2018yaotomi.jpg IMG_2082ps_14 mm(F3.2)iso25600_2018yaotomi.jpg

IMG_2094_24 mm(F3.2)iso25600_2018yaotomi.jpg IMG_2131ps_24 mm(F3.2)iso6400_2018yaotomi.jpg

IMG_2119ps_24 mm(F3.2)iso12800_2018yaotomi.jpg

↑↑↑22・23 ↑↑24・25 ↑26 SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM | Art

めっちゃ男前!

棒振りの技は素人目に見ても凄くて見とれてしまいます。

 

IMG_2021_135 mm(F1.8)iso3200_2018yaotomi 1.jpg

↑27 SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art

提灯が揺らめく京都の夜。

 

IMG_2011_135 mm(F1.8)iso3200_2018yaotomi.jpg

↑28 SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art

そろそろ帰るとしましょうか。

 

IMG_1993_14 mm(F2.8)iso3200_2018yaotomi 1.jpg

↑28 SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM | Art

今夜は宵宵山。

ここは人が歩けるようになり、人の波と熱気がうねるのかも知れません。

 

至るところで飲料が売られています。

とにもかくにも汗が吹き出るわけで、水分補給を怠らぬようお気をつけください。

 

SIGMA_135mmF1.8DG_HSM,Art,2017yaotomi(1).jpg

シグマ 135mm F1.8 DG HSM -Art-

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/25681

シグマ 14-24mm F2.8 DG HSM -Art- [キヤノンEOS用]

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/28451

キヤノン EOS 6D Mark II [ボディ]

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/26703

 

今日も お写ん歩ブログ にお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

お写ん歩・- fecebook_お写ん歩.jpg

 

 

 

 

 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、お写ん歩 【K】が2018年7月15日 18:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「奈良 元興寺の桔梗 2018 / オリンパス OM-D E-M1 Mark II」です。

次のブログ記事は「奈良 橿原『藤原宮跡の蓮』と 御杖『岡田の谷の半夏生』 2018 / タムロン 100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ