奈良 御杖村 岡田の谷の半夏生園 2017 (後編) / SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary

IMG_0005,400 mm_2017yaotomi.jpg

IMG_0005,400 mm_2017yaotomi 1.jpg

SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary with Canon EOS 6D

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店 店長です。 (2017年7月8日撮影)

フェイスブック「お写ん歩」.jpg

 

アマガエルって大きさいろいろ。

IMG_0052,234 mm_2017yaotomi.jpg

上(1枚目)の写真は30mmくらいでよく見かける大きさだけど、右の写真(クリックで横1280pxへ)はまるで御杖の主。

体長は 50mm ほどあり、レンズ越しにそっと近付くと、「のそぉ~」っと首をこちらに傾ける姿も優雅な感じがします。

これで同じ種族なのかな?

おたまじゃくしからカエルになりたての頃は、僅か 10mm ほどの体長なのに、カエルになってもどんどん成長し続けるものなのかも知れませんね。

ひょっとしてモリアオガエルだったのかなぁ.......

 

前編では SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art でのご紹介でしたが、後編では SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM | Art と SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary の2本でご紹介します。

DSC_0003,2017yaotomi.jpg DSC_0001 (2),2017yaotomi.jpg

最近特に試用率高いのが SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary 。

このサイズ1本で 100mm から 400mm が使えるのは大変ありがたいもので、絞り開放から使える画質は信頼性の非常に高いレンズだと言えます。

F/5.6 からスタートですが、たとえ F/2.8 であっても何だかんだと絞り込むこと多し。

じゃぁこれでええやないか? .......そこではないのですが、自然な被写界深度はその場で見た感覚に近いような気もします。

鏡胴のデザインも善し、何といってもレンズフードかかっちょいい!

見た目から入る僕みたいなタイプにとって、結構ストライクなのですが如何でしょ。

アップした画像は全てサムネイルです。
ウスポインターを重ね、
指マーク.jpg ポイン(カーソル)変わればクリックで拡大(横1,280ピクセル・一部リサイズ無し等倍)画像を見ることができます。

IMG_9975,2017yaotomi.jpg

↑3 SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary

400mm で狙うイトトンボ。

厳密なピント合わせが必要でしたので、手持ちのままライブビュー(拡大)で撮ってみました。

こんなとき軽量の望遠レンズは都合良いですね。

 

IMG_9978,400 mm_2017yaotomi.jpg

↑4 SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary

400mm 越しのアオガエル。

背中がテカテカ艶々です。

 

IMG_9981,400 mm_2017yaotomi.jpg

↑5 SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary

400mm 越しのアオガエル、また発見(笑

 

IMG_9987,70 mm_2017yaotomi.jpg

↑6 SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM | Art

陽陰にいるほうが見てるこちらもホッとしますが、やはり獲物が飛来するのを待つことに集中しているでしょう。

 

IMG_9994,2017yaotomi.jpg

↑7 SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM | Art

カエル目線で見る半夏生。

 

IMG_9998,2017yaotomi.jpg

↑8 SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary

ちょうどこのカエルの視線で見る感じだと思います。

 

IMG_0015,70 mm_2017yaotomi.jpg

↑9 SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM | Art

御杖村の山の中に広がる半夏生。

 

IMG_0027,70 mm_2017yaotomi.jpg

↑10 SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM | Art

たくさんのアマガエルに出会える素敵な御杖村です。

 

ここへ来る前に立ち寄った奈良市某所。

IMG_9815,2017yaotomi.jpg

↑11 SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary

合歓木の花、初夏にピッタリ。

 

IMG_9894,315 mm_2017yaotomi.jpg

↑12 SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary

睡蓮に飛んでくる蜜蜂。

 

IMG_9898,315 mm_2017yaotomi.jpg

↑13 SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary

 

IMG_9904,186 mm_2017yaotomi.jpg

↑14 SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary

 

IMG_0103,53 mm_2017yaotomi.jpg

↑15 SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM | Art

所用で平城京跡にある奈良文化財研究所 平城宮跡資料館へ。

その帰りに陽陰も全く無い場所で、お目当ての車両を待ちます。

京都市営地下鉄が平城京跡のど真ん中を突っ走る、ちょっと不思議感ある風景。 

 

IMG_0119,2017yaotomi.jpg

↑16

やっぱビスタカーは狙っておかないと。

神戸三宮からやってくる阪神電車と京都市営地下鉄のすれ違いを待ってみましたが、猛暑で目が回りそうになり断念。

もっと涼しくなってから粘ってみようと思います。

 

この日のお昼ごはん。 

P7080381,13 mm_2017yaotomi.jpg

↑17

半夏生撮影の帰りしな、御杖村の友人宅でタコライスをいただきました。

ピリ辛でさっぱり美味しい!

左は豆乳ヨーグルト(だっけ?)、採りたて野菜のオンパレードです。

食後の米アイスも美味しかったなぁ。

いつもありがとうございます m(__)m

 

今日も お写ん歩ブログ にお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

お写ん歩・- fecebook_お写ん歩.jpg

 

シグマ-24-70mm-F2.8_Art_SIGMA.jpg

シグマ-24-70mm-F2.8_Art_Canon.jpg

シグマ-24-70mm-F2.8_Art_Nikon.jpg

シグマ100-400mm_Con_シグマ.jpg

シグマ100-400mm_Con_キャノン.jpg

シグマ100-400mm_Con_ニコン.jpg

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このブログ記事について

このページは、お写ん歩 【K】が2017年7月13日 18:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シグマ SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art / 奈良 御杖村 岡田の谷の半夏生園 2017 (前編)」です。

次のブログ記事は「『PENTAXで撮る夏の京都 トークセミナー』を開催しました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ