奈良宇陀,向淵(むこうじ)と奈良都祁,吐山(はやま)のスズラン 2016 / OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD

宇陀向淵,すずらん(EM180097,200-mm,F4.5)2016yaotomi_T.jpg

 _静か咲き_

宇陀向淵,すずらん(EM180097fr,200 mm,F4.5)2016yaotomi_.jpg

奈良県宇陀市室生 向渕(むこうじ) 天然記念物『向淵スズラン群落』標高:500m
奈良県奈良市都祁 吐山(とやま はやま)天然記念物『吐山スズラン群落』標高:580m
OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD with OLYMPUS OM-D E-M1
200.0(400.0)mm 1/160sec iso200 F/4.5 RAW/ORF powered by Capture One Pro

.

.

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店 店長です。 (2016年5月18日撮影)

フェイスブック「お写ん歩」.jpg

 

小さな小さな、本当に小さく可憐な花、「鈴蘭」。

奈良の山奥には鈴蘭の群生地があり、代表的なこの二ヶ所で見頃を迎えています。

大切に保存されていることから、ぎりぎりまで寄って撮ることもちょっと難しいほど小さな花。

これをこんな組み合わせで撮ってきました。

K32_8408,2016yaotomi.jpg

OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD 、2007年に発売された35ミリ判換算「100-400mm」相当の大口径望遠ズームレンズです。

既に生産を終えていますが、マイクロフォーサーズ機の強力な手ぶれ補正を有効に使えるとあって、人気の勢いは然程衰えぬままです。

中古レンズとして即売れ銘柄の部類に含まれますが、じつは新品でも結構なお値ごろ感。

 

M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO に比べると、AF-C 時の差を感じますが、通常の AF-S なら十分実用域。

何といっても 100-400mm相当で F/2.8~3.5 という高性能設計、絞り開放から十分シャープで前後ぼけも綺麗とくればまだまだ楽しめる好いレンズです。

鏡胴は大きいですが、それはカメラボディと比べてのこと。

長さはご覧のように短めで、普通のカメラバックなら難なく収まる「コンパクト設計」と言えるでしょう。

今回ご紹介する画は全て手持ち撮影。

手持ちでも十分楽しめることを知っていただくことと、コストパフォーマンスの高さも知っていただこうという欲張り内容です。

 

そこでお知らせ。

本日2016年5月27日(金)11:00~18:00 、大阪駅中央店で体感キャンペーンを行います。

『オリンパス OM-D & PRO レンズ / フォーサーズレンズ体感キャンペーン』

大阪駅中央店へご来店ご体感いただいた方に、非売品グッズのプレゼントもございますので、ぜひご来店くださいませ。

もちろん今回ご紹介のOLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD もご体感可能です。

アップした画像は全てサムネイルです。
ウスポインターを重ね、
指マーク.jpg ポイン(カーソル)変わればクリックで拡大(横1,280ピクセル・一部リサイズ無し等倍)画像を見ることができます。

宇陀向淵,すずらん(EM180046,60 mm,F3)2016yaotomi_.jpg

宇陀向淵,すずらん(EM180045,60 mm,F3)2016yaotomi_ 1.jpg 宇陀向淵,すずらん(EM180194,35 mm,F5.6)2016yaotomi_ 1.jpg 宇陀向淵,すずらん(EM180188,35 mm,F5.6)2016yaotomi_.jpg

↑↑2 ↑3・4・5 

ちょっと離れたところでは判りにくい小さな花。

 

宇陀向淵,すずらん(EM180047,200 mm,F4.5)2016yaotomi_.jpg

↑6 

 

宇陀向淵,すずらん(EM180081,200 mm,F5)2016yaotomi_.jpg 宇陀向淵,すずらん(EM180081fr,200 mm,F5)2016yaotomi_.jpg

↑7 

 

宇陀向淵,すずらん(EM180089,200 mm,F5.6)2016yaotomi_.jpg 宇陀向淵,すずらん(EM180089fr,200 mm,F5.6)2016yaotomi_.jpg

↑8 

 

宇陀向淵,すずらん(EM180108,200 mm,F4.5)2016yaotomi_.jpg 宇陀向淵,すずらん(EM180108fr,200 mm,F4.5)2016yaotomi_.jpg

↑9 

 

宇陀向淵,すずらん(EM180110,200 mm,F4.5)2016yaotomi_.jpg

↑10 

 

宇陀向淵,すずらん(EM180112,158 mm,F4)2016yaotomi_.jpg

↑11 

 

宇陀向淵,すずらん(EM180133,92 mm,F3.2)2016yaotomi_.jpg

↑12 

 

宇陀向淵,すずらん(EM180154,200 mm,F5)2016yaotomi_.jpg 宇陀向淵,すずらん(EM180154fr,200 mm,F5)2016yaotomi_.jpg

↑13 

 

宇陀向淵,すずらん(EM180161,200 mm,F4)2016yaotomi_.jpg

↑14 

 

宇陀向淵,すずらん(EM180175,200 mm,F5.6)2016yaotomi_.jpg

↑15 

陽射しが入り始めましたので、ここ向淵をあとにします。

 

このあと吐山へ移動。

宇陀向淵,すずらん(EM180246,117 mm,F3.3)2016yaotomi_.jpg

↑16 

 

宇陀向淵,すずらん(EM180197,130 mm,F4)2016yaotomi_.jpg 宇陀向淵,すずらん(EM180197fr,130 mm,F4)2016yaotomi_.jpg

↑17 

 

宇陀向淵,すずらん(EM180239,182 mm,F5.6)2016yaotomi_.jpg 宇陀向淵,すずらん(EM180239fr,182 mm,F5.6)2016yaotomi_.jpg

↑18 

 

宇陀向淵,すずらん(EM180235,147 mm,F4)2016yaotomi_.jpg

↑19 

似たような咲き方なので、マクロ撮影を楽しまれる方はどちらかへ絞って訪れたほうが良さそうですね。

 

AF-C は現行のPROレンズ動作に劣りはするものの、写りそのものは抜群です。

宇陀向淵,すずらん(EM180285,130 mm,F4)2016yaotomi_.jpg 宇陀向淵,すずらん(EM180285fr,130 mm,F4)2016yaotomi_.jpg

↑20 

 

近鉄(EM180401,200 mm,F4.5)2016yaotomi.jpg

↑21 

ヌケの良さは「さすが」のひとこと。

 

宇陀向淵,すずらん(EM180014,50 mm,F4)2016yaotomi_.jpg 宇陀向淵,すずらん(EM180014fr,50 mm,F4)2016yaotomi_.jpg

↑22 

奈良の風景と近鉄電車はよく似合います。

 

今日も お写ん歩ブログ にお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

お写ん歩・- fecebook_お写ん歩.jpg

 

ZUIKO-DIGITAL-ED-50-200mm-F2.8-3.5-SWD.jpg

OLYMPUS,OMD,EM1_ボディ,B.jpg

OLYMPUS,OMD,EM1_ボディ,S.jpg

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、お写ん歩 【K】が2016年5月27日 08:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「奈良 長岳寺のつつじ 2016 (後編) / SIGMA 30mm F1.4 DC DN Contemporary」です。

次のブログ記事は「奈良宇陀 龍鎮渓谷と向淵(むこうじ)のスズラン 2016 / OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ