京都三尾 神護寺 紅葉 2015 / SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM Contemporary for PENTAX

神護寺,紅葉(K32_3122fs(2)T,18-mm,F10,iso100)2015yaotomi_.jpg

 _紅の初め_

神護寺,紅葉(K32_3122fs(2),18 mm,F10,iso100)2015yaotomi_ 1.jpg

京都府京都市右京区梅ケ畑槇尾町 三尾(さんび) 高雄山 神護寺(神護国祚真言寺)
高雄山 神護寺_http://www.jingoji.or.jp/
SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM Contemporary with PENTAX K-3II
18.0(27.0)mm f/10 1/15sec iso100 Real Resolution System + Digital Camera Utility 5 @ RAW/PEF

.

.

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店 店長です。 (2015年11月4日撮影)

フェイスブック「お写ん歩」.jpg

 

10日も前の画像で失礼します( Facebook では撮影当日にご紹介済みです)。

今年は最初で最後になりそうな京都市内での紅葉撮影。(紅葉の色づき云々ではなく、行く間が無いからですヨ)

つい先日、京都観光関係者さん達とお話しする機会がございましたが、「混む」「混雑」というキーワードが年々多くなっているような気がしました。

聞かなきゃ聞かないで現場判断にすればいいのですが、方々からそないに言われると、何となく気分は億劫になるものです。

とは言え、観ておきたい京都紅葉があるのも事実であり、今回の記事にさせていただいた「神護寺」紅葉がそれに該当。

画ではちょっこっとフライング感こそございますが、予測していた霧靄がしっかり出てくれたおかげで、それはそれは素晴らしい景観となりました。

何となく「ご褒美をいただいた」気分でもあり、ちょっと嬉しい日となった訳でもあるのです。

 

この日の機材は、これ 

SIGMA,18_300,Contemporary_2015yaotomi_03.jpg

SIGMA,18_300,Contemporary_2015yaotomi_02.jpg SIGMA,18_300,Contemporary_2015yaotomi_04.jpg SIGMA,18_300,Contemporary_2015yaotomi_05.jpg

とてもコンパクトな高倍率ズーム SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM Contemporary

同社の高倍率ズーム SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC が発売されて10年が経ち、更なる高倍率化を遂げ、「 Contemporary 」という名称も加わりました。

蛍石と同等の性質を持つと言われる「 FLD ("F" Low Dispersion)」ガラス4枚と、「 SLD(Special Low Dispersion:特殊低分散)」ガラス1枚を採用。

特に望遠側の倍率色収差を綺麗に補正されているようで、画像の仕上がりにかなり期待を持てる仕様になったと言えるのかも知れません。

外観は現行の SIGMA レンズらしいシックな好感度デザイン。

操作感の良さも相まって、常備率が高まる高品質な高倍率ズームレンズと言えるでしょう。

 

以前試用した Canon EOS KissX7 と SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM Contemporary の組み合わせがとても良かっただけに今回も期待"大"。

実際試用してみると、そこは期待以上でした^^

アップした画像は全てサムネイルです。
ウスポインターを重ね、
指マーク.jpg ポイン(カーソル)変わればクリックで拡大(横1,280ピクセル・一部リサイズ無し等倍)画像を見ることができます。

神護寺,紅葉(K32_2979,55 mm,F8,iso800)2015yaotomi_.jpg

↑2

山門前は、然程紅葉しておらず、「もしかしてフライング?」の文字が脳裏をかすめます。

 

神護寺,紅葉(K32_3001,43 mm,F9,iso400)2015yaotomi_.jpg

↑3

そう思ったのも束の間、定位置では...

 

神護寺,紅葉(K32_2992,55 mm,F9,iso400)2015yaotomi_.jpg 神護寺,紅葉(K32_2992,55 mm,F9,iso400)2015yaotomi_ 1.jpg

↑4

ご覧のような美しい紅葉風情が待ったはりました。

 

神護寺,紅葉(K32_3017,75 mm,F9,iso400)2015yaotomi_.jpg

↑5

予測していた霧も期待通りに出現。

 

神護寺,紅葉(K32_3035,100 mm,F10,400)2015yaotomi_ 1.jpg

↑6 

クッキリ派の僕も、ここでは写欲が増し増しです(笑

 

神護寺,紅葉(K32_3064,43 mm,F9,400)2015yaotomi_.jpg

↑7 

このきちっと整った感じが「京都」。

 

神護寺,紅葉(K32_3069,150 mm,F7.1,400)2015yaotomi_.jpg

↑8 

この角度は実家近くの光明寺へ行きたくなります。

 

神護寺,紅葉(K32_3071,150 mm,F8,400)2015yaotomi_.jpg

↑9 

石段との絡みも美しい。

 

神護寺,紅葉(K32_3135,35 mm,F9,iso400)2015yaotomi_.jpg

↑10 

毎年、神護寺の紅葉はパナ使いのH氏と訪れていますな。

Instagram でコッテリ拝見させていただきましたで^^

 

神護寺,紅葉(K32_3161,37 mm,F13,100)2015yaotomi_.jpg

↑11 

斜光を待った甲斐もあり、

 

神護寺,紅葉(K32_3170,143 mm,F7.1,100)2015yaotomi_.jpg

↑12 

絶妙なる紅葉で満足満足。

 

神護寺,紅葉(K32_3130,118 mm,F6.3,400)2015yaotomi_.jpg

↑13 

紅一点ならぬ白一点、この色を見た目のままに再現してくれるのは PENTAX K-3II のおかげ。

 

神護寺,紅葉(K32_3100,85 mm,F10,400)2015yaotomi_.jpg

↑14 

水平をとり難い山門。

 

神護寺,紅葉(K32_3180,18 mm,F10,iso100)2015yaotomi_.jpg

↑15 

帰る頃には青空というおまけ付き。

大変美しゅうございました^^

 

このあと周山へと向かふ。

神護寺,紅葉(K32_3211,28 mm,F10,iso100)2015yaotomi_ 1.jpg

↑16 

何度と無く目に入る風景、なかなか先へと進みません(笑

 

常照皇寺,紅葉(K32_3279,135 mm,F9,iso100)2015yaotomi_.jpg

↑17 

常照皇寺でのひとコマ。

 

峰定寺,紅葉(K32_3336,48 mm,F8,800)2015yaotomi_.jpg

↑18 

これは、花脊の峰定寺(ぶじょうじ)。

 

峰定寺,紅葉(K32_3355,95 mm,F7.1,100)2015yaotomi_.jpg

↑19 

桂川の源流「寺谷川」を飾る散り紅葉。

この色もアリです。

 

神護寺,紅葉(IMG_2590,9 mm,F2.8,iso800)2015yaotomi_.jpg 神護寺,紅葉(IMG_2592,9 mm,F2.8,iso125)2015yaotomi_.jpg

↑20 

現場で出会った Facebook でお知り合いのM氏。

ラーメンつうなイメージがあるのですが、このあと連れてってもろた京都のラーメン屋さんが「いいちょラーメン」屋さん。

「そうそう、京都ラーメンってこれやんなぁ」、馴染み深くも懐かしい味にホッとさせられます。

以前に訪れた記憶があり、結局思い出せずじまいなんですが、連れてってもらえた事に大いなる感謝です。

ぽかぽか暖かい帰路の自家用車内。

京都から奈良へ帰るときによく利用するセブンイレブンさんでゲットした「ガリガリ君」。

これ、んまいねー!

モンブランが大好きなもんですから、余計にたまりません。

 

神護寺,紅葉(K32_3386,43 mm,F9,iso100)2015yaotomi_.jpg

↑21 

灰屋で見かけた山の黄葉。

まるで絵画を観ているようで、ちょっと得した気分です。

 

今年の紅葉、ちょっと撮りかたに工夫が必要かも知れませんね。

この「工夫して撮る」という感覚こそが撮影の楽しさなんだと思うのですが、どうやら本気撮りの写真家さんと僕とではちょっと温度差があるみたいです。

昨年とはまた違う様子の紅葉景ですが、僕は結構楽しんで撮らせてもろてるほう。

メール等でのお問い合わせで、「どこかで綺麗な紅葉撮れませんか?」というような文面が目立ちますが、その基準が判らず愛想の無い返事で申し訳なく思っています。

実際どこへ行っても綺麗な紅葉が観れるのですから、どうも言葉を選びきれません

 

紅葉はこれから後半期へと移行します。

撮れる日は、全力で紅葉撮影を楽しみたいっすね!...と思う今日この頃^^

 

今日も お写ん歩ブログ にお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

お写ん歩・- fecebook_お写ん歩.jpg

 

シグマ,18-300mm,F3.5-6.3DCMACRO,OS,HSM,Cont_S.jpg

シグマ,18-300mm,F3.5-6.3DCMACRO,HSM,Cont_P.jpg

シグマ,18-300mm,F3.5-6.3DCMACRO,OS,HSM,Cont_C.jpg

シグマ,18-300mm,F3.5-6.3DCMACRO,OS,HSM,Cont_N.jpg

シグマ,18-300mm,F3.5-6.3DCMACRO,HSM,Cont_So.jpg

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、お写ん歩 【K】が2015年11月16日 08:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art / 曽爾村屏風岩公苑と、晴れの天川布引谷の紅葉 2015」です。

次のブログ記事は「奈良県天川村 天ノ川渓谷~布引谷の紅葉 2015 / SIGMA 20mm F1.4 DG HSM Art」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ