久多の里 北山友禅菊 2014 / Nikon D810 with AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G

久多の里,北山友禅菊(DSC_1040,85-mm,1-125-秒-(f---13))2014yaotomi_Top.jpg

 _朝紫_

久多の里,北山友禅菊(DSC_1040,85 mm,1-125 秒 (f - 13),FULL)2014yaotomi_.jpg

京都府京都市左京区久多宮の町 中の町 上の宮 上の宮神社 北山友禅菊 府道110号線
Nikon D810 with AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G
(85.0mm f/13.0 ss1/125sec iso400 Adobe Photoshop Lightroom 5.6)

 

 

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店 店長です。fecebook_お写ん歩.jpg
( 高槻駅前店お店ブログ『 高槻写真のひろば 』 はこちら ) (2014年7月30日撮影)

 

今年も京都・久多の住人さまから暑中見舞いが届きましたアリガトウゴザイマス

という事は、「そろそろ北山友禅菊が見頃」って事であり、チョイと京都市の果てまで遠征です。

遠征言うてもたかが知れておりまして、京都市街地の中心部から自動車で約1時間(約50km)。

...普段の撮影行動と何ら変わりございませんな(笑

 

天気予報が凄っごくあやふやでして、青空どころか雨でも降るんじゃないかと、機材の選択にずいぶん迷わされます。

Nikon,D810(ED85mm)2014yaotomi_.jpg

結果的に持ち出した機材は Nikon D810 と単焦点レンズ4本。

久多では AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G の出番が多しでした。

残り3本はと言いますと、AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED & AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G & AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G といったところ。

「そんなん、AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED 1本でこと足りるやん...」、風景写真家さんならそう仰られるかと思います。

でも単焦点の楽しさを知ってしまうと、ようさんの荷物でカメラバックが重うなっても、レンズが詰め込めるだけ詰めて出掛けたくなるもんなんですよ。

「ぐぬぬ...、○○mmを持って来れば良かったぜー...orz 」なんてね、現場で後悔したくないですもん。

 

さて。

毎年恒例化された写真展 『 "PHOTO IS"想いをつなぐ。30,000人の写真展 2014 』、昨日大阪会場「グランフロント大阪」へ行ってきました。

DSC_1302.jpg

展示されている写真の数と、それぞれの写真に込められた想いに毎度驚かされます。

DSC_1308.jpg

今年は思いのほかじっくり観てしまい、開場時間直後から観始めて、気がついたら正午過ぎ。

第2会場の「うめきたSHIPホール」へ行く時間が無くなってしまい、後ろめたぁ~い気持ちのままJR大阪駅へ戻りました。

DSC_1317.jpg

僕の写真はこのラインに掲げられていましたよ^^

現場で写真を眺めていると、「すいませーん、【うめきたSHIP】って何処なんですか~??」って声が何度か聞こえてきます。

中には「えぇっ?第2会場があったんですか!?」ってな声もあったりして、結果的に第2会場が何処にあるのか判り難かったのかな?

 

では、本題の続きはこちら⇒http://www.yaotomi.co.jp/blog/walk/2014/08/-2014-nikon-d810-with.html#more

アップした画像は全てサムネイルです
マウスポインターを重ね、指マーク.jpg ポインタ(カーソル)に変われば、、クリックで拡大(横1,280ピクセル・一部リサイズ無し等倍)画像を見ることができます
等倍画像のデータはそれぞれ 15MB~30MB 程度ございますので、展開時のデータ量にご注意ください

.

久多の里,北山友禅菊(DSC_1007,24 mm,1-50 秒 (f - 7.1))2014yaotomi_.jpg 久多の里,北山友禅菊(DSC_1007,24 mm,1-50 秒 (f - 7.1),FULL)2014yaotomi_.jpg

↑2 

天気予報は「曇りのち雨」、「ならば」とここへ来る前に琵琶湖へ立ち寄ってました。

夜明けの雲流れる琵琶湖を24mm単で撮ろうと自家用車走らせていると、東の空に金星がキラリ。

「あれ?予定とちゃうなぁ...」、急遽"日の出"狙いに変更したら、撮影ポイントを微妙に誤ってしまいました。

ま、その時の画はまた後日ご紹介させて頂くとして、この日の「久多の里山」は時々青空も見える天気です。

 

久多の里,北山友禅菊(DSC_0998,85-mm,1-160-秒-(f---14))2014yaotomi_.jpg

↑3 

1枚目は朝陽が照らした姿でしたが、北山友禅菊の色って、曇天のほうが綺麗に感じません?

 

久多の里,北山友禅菊(DSC_1004,85 mm,1-1600 秒 (f - 2.8))2014yaotomi_.jpg 久多の里,北山友禅菊(DSC_1004,85 mm,1-1600 秒 (f - 2.8),FULL)2014yaotomi_.jpg

↑4

向こうに見えるのは「上の宮神社」、ここはしばらく北山友禅菊を見かけることの無かった場所(畑)です。

「ひょっとして咲いてないかなー」なんて淡い期待を抱きながら訪れてみると、結構な勢いで咲いているではありませんか。

鹿や猪、猿などの侵入を防ぐための柵が張り巡らされているので、遠く車道から指をくわえ眺めていると、人影がチラリ...

この畑の持ち主さんが、ちょうど農作業(草引き)でしゃがみこんだはるところでした。

 

久多の里,北山友禅菊(DSC_1048,85 mm,1-1250 秒 (f - 2.5))2014yaotomi_.jpg

↑5

遠く車道からお声掛けさせて頂いたところ、「そこに出入りする為の隙間を開けてあるから、そこから入っといで~」って返事が返ってきました。

この偶然にワクワクしましたねぇ(笑

 

久多の里,北山友禅菊(DSC_1064,85 mm,1-320 秒 (f - 3.5))2014yaotomi_.jpg

↑6

ひと通り黙々と撮影(笑)し終え、手を休めておられた畑主のおじさんとしばし雑談。

向こうに見える美しい屋根の民家も、皆~んなご親戚さんなのだそうで、その皆さんが田畑を維持し続ける為の話などを聞く事ができました。

そういった中で、この【北山友禅菊】を栽培されることは、とても大切なことだったのですね。

 

久多の里,北山友禅菊(DSC_1084,58 mm,1-320 秒 (f - 4.5))2014yaotomi_.jpg 久多の里,北山友禅菊(DSC_1084,58 mm,1-320 秒 (f - 4.5),FULL)2014yaotomi_.jpg

↑7 

畦を歩き、車道に戻る途中、

久多の里,北山友禅菊(DSC_1088,24 mm,1-2000 秒 (f - 2.2))2014yaotomi_.jpg 久多の里,北山友禅菊(DSC_1079,85 mm,1-200 秒 (f - 4.5))2014yaotomi_.jpg 久多の里,北山友禅菊(DSC_1089,24 mm,1-2000 秒 (f - 2.2))2014yaotomi_.jpg

↑8・9・10

「ほれ、そこにネジリバナが咲いとるよ」、 カシャ!  「ミゾソバもちょっとだけ(笑)」、 カシャ!カシャ! まるで条件反射

畑主のおじさんは、こんな小さな花の場所までちゃんと把握したはります。

このあとお礼をし、そのまま「宮の町」へ移動。

 

久多の里,北山友禅菊(DSC_1107,24 mm,1-1000 秒 (f - 7.1))2014yaotomi_.jpg 久多の里,北山友禅菊(DSC_1107,24 mm,1-1000 秒 (f - 7.1),FULL)2014yaotomi_.jpg

↑11

うーん、よう咲いています。

 

久多の里,北山友禅菊(DSC_1157,35 mm,1-1000 秒 (f - 2.8))2014yaotomi_.jpg

↑12 

区画ごとに咲き頃(見頃)を変えてはるのかな?

 

久多の里,北山友禅菊(DSC_1168,58 mm,1-125 秒 (f - 10))2014yaotomi_.jpg

↑13

満開のところと、まだまだこれから!みたいなところが混在しています。

 

久多の里,北山友禅菊(DSC_1143,24 mm,1-200 秒 (f - 13))2014yaotomi_.jpg

↑14

マンネリなショットですが...、本格的に曇ってきたかなー。

 

久多の里,北山友禅菊(DSC_1174,58 mm,1-4000 秒 (f - 1.8))2014yaotomi_.jpg

↑15

こんな画が大好きです。

 

久多の里,北山友禅菊(DSC_1181,58 mm,1-1600 秒 (f - 2.5))2014yaotomi_.jpg 久多の里,北山友禅菊(DSC_1181,58 mm,1-1600 秒 (f - 2.5),FULL)2014yaotomi_.jpg

↑16

こんな画も大好きです。

 

久多の里,北山友禅菊(DSC_1214,58 mm,1-400 秒 (f - 1.6))2014yaotomi_.jpg 久多の里,北山友禅菊(DSC_1211,85 mm,1-1000 秒 (f - 5.0))2014yaotomi_.jpg

↑17・18

こちらでは【北山友禅菊】を買って帰ることが出来ます。

買って帰りたいけど、寄り道していたら帰り着くまでもたへんし、お金だけチャリ~ン♪

 

久多の里,北山友禅菊(DSC_1225,58 mm,1-1250 秒 (f - 2.2))2014yaotomi_.jpg 久多の里,北山友禅菊(DSC_1225,58 mm,1-1250 秒 (f - 2.2),FULL)2014yaotomi_.jpg

↑19

もう少し能見峠(久多峠)寄りへ進むと、もひとつ北山友禅菊の畑が。

 

久多の里,北山友禅菊(DSC_1217,58 mm,1-400 秒 (f - 1.6))2014yaotomi_.jpg

↑20 

一番良い雰囲気だったような気がしました。

 

久多の里,北山友禅菊(DSC_1011,85 mm,1-1600 秒 (f - 2.5))2014yaotomi_.jpg 久多の里,北山友禅菊(DSC_1011,85 mm,1-1600 秒 (f - 2.5),FULL)2014yaotomi_.jpg

↑21 

「また来いや♪」 そう言ったかどうだか(笑

久多の里山、京都で一番好きな場所です。

余談ですが、相変わらず鋭いオートフォーカス性能のニコン機、久多の里で使用した Nikon D810 は全てオートフォーカスでした。

 

四国や紀伊半島南部では大雨が続いています。

これ以上被害が大きくならないことを願っています。

 

今日も お写ん歩ブログ にお付き合いいただき、ありがとうございました。
                                                                         -

                                                    ㈱八百富写真機店 メインページ

                                  ㈱八百富写真機店・高槻駅前店「高槻 写真のひろば」

(IMAG0635,F2,HTL22)2014yaotomi_.jpg

Nikon D810  (レンズは別売です)
 
ご注文はスペシャルプライスな当社ECサイトからどうぞ!
 
メーカーサイト

 

■画像処理エンジン「EXPEED4」を搭載。有効画素数3635万画素という高画素で実現したローパスレス仕様。
常用ISO64-12800で低感度か ら高感度までさらに強くなった『D810』
 
■ニコンデジタル一眼レフカメラで初めて実現したベース感度ISO64からの際立つ鮮鋭感と階調豊かな高画質
新開発のニコンFXフォーマットCMOSセンサーを採用し、各画素が蓄積できる光の情報量を増やすことで、ISO100と同等の広いダイナミックレン ジを持つ、ベース感度ISO64を実現しました。
明るい環境で大口径レンズを使って撮影する場合でも、白とびを抑えながら、被写体を階調豊か に高い鮮鋭感で描写します。
また、フラッグシップモデルの「D4S」と同じ画像処理エンジン「EXPEED 4」によって、上限ISO12800までの感度 領域を実現しています(ISO 32相当(Lo1)までの減感、ISO51200相当(Hi2)までの増感設定も可能)。
 
■有効画素数3635万画素の解像力を最大限に引き出す、高精度AFと優れた制振性能
有効画素数3635万画素の圧倒的な画素数を最大限にいかすために、静止被写体への位相差AFの精度を高めています。
また、ミラーやシャッター などのメカ駆動を一新し、カメラ内部の振動を大幅に低減しました。
「D810」のCMOSセンサーの持つ高い解像力と、NIKKORレンズの優れた描写 性能を最大限発揮できます。
 
■より柔軟な画作りができる、進化した「ピクチャーコントロールシステム」
被写体や表現意図に合わせて静止画、動画の画作りが簡単にできるニコン独自の「ピクチャーコントロールシステム」を進化させ、「D810」で は新しい画調として「フラット」を追加しました。
「フラット」は被写体情報を最大限に取得することができ、画質の調整や加工をしても、白 とびや黒潰れ、色飽和が起きにくいので、明暗、色ともに階調性豊かに仕上げることができます。
また、ピクチャーコントロールの各調整項目 に画像のクリア感を調整できる「明瞭度」(※1)を追加したほか、各調整ステップを0.25ステップ(※2)に細分化し、さらなる微調整ができるようになり、表現意図に近い画作りを追求できます。
(※1)静止画のみ適用。
(※2)クイック調整、フィルター効果は除く。 
 
■撮影領域を広げる、FXフォーマットで約5コマ/秒、DXフォーマットで約7コマ/秒(※)の高速連続撮影
「D810」では、新開発のCMOSセンサーと画像処理エンジン「EXPEED 4」の採用により、FXフォーマットで最高約5コマ/秒、DXフォーマットでは 最高約7コマ/秒(※)の高速連続撮影が可能です。
高画素ながら、動く被写体の撮影にもさらに確実に対応し、撮影領域を大幅に広げます。
 
●連続撮影のコマ数はすべて、AFモードがAF-C、露出モードがSまたはM、1/250秒以上の高速シャッタースピードで、その他が初期設定の ときの値です。
(※)ACアダプター EH-5b(別売)/ Li-ionリチャージャブルバッテリーEN-EL18a(別売)/ 単3形電池(市販)使用時 
 
■画質、操作性を大幅に向上させたフルHD動画撮影機能
モアレやジャギー、偽色を効果的に抑制した鮮鋭感の高いフルHD動画は、被写体の動きを滑らかに表現できる1920×1080/60pに対応しています 。
また、絞りとシャッタースピードを一定にし、ISO感度のみで露出を制御する、露出モードM時の感度自動制御や、白とびしそうな部分を斜線表示する「ハイライト表示」など、操作性も向上しています。
露出のちらつきを抑えた美しい微速度動画もカメラ内で作成が可能です。 
 
■撮影時の機構ブレを極限まで抑える電子先幕シャッター切り換え
 
■舞台撮影などで便利な、ハイライト部の白とびを抑えた露出値を決定する「ハイライト重点測光」
 
■光の透過率、色味を改善し、明るいレンズ使用時のピントの山のつかみやすさと、明るさを両立させた視野率約100%の光学ファインダー。 ファインダー内表示部には、有機ELをニコンFXフォーマットモデルで初採用
 
■液晶モニターの色調を調整できるカラーカスタマイズ機能を搭載した高輝度タイプ、RGBW配列約122.9万ドットの液晶モニター
 
■静止画ライブビュー撮影時、水平上の2か所を拡大して構図確認できる「2点拡大」表示
 
■「RAWサイズS」を搭載
 
【付属品】
Li-ionリチャージャブルバッテリーEN-EL15・バッテリーチャージャーMH-25a・アイピースDK-17・USBケーブルUC-E22・USBケーブルクリップ・HDMIケーブルクリップ・ストラップAN-DC12・液晶モニターカバーBM-12・ボディーキャップBF-1B・ViewNX2 CD-ROM・レンズキャップLC-72・裏ぶた LF-4・レンズフード HB-63・ソフトケース CL-1118

オススメ商品

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、お写ん歩 【K】が2014年8月 3日 23:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「葛城 山田 向日葵(ひまわり) 2014 / PENTAX 645Z with SMC PENTAX-A 645 1:4 120mm Macro」です。

次のブログ記事は「藤原宮跡 蓮(はす)2014 / PENTAX 645Z with HD PENTAX-D FA 645 90mm F2.8 ED AW S.R. Macro」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ