又兵衛桜(本郷の瀧桜) 【奈良桜 2013開花】 / PENTAX K-5IIs

又兵衛桜(大宇陀)_2013yaotomi_1st.jpg

 『静桜姿』

 奈良県宇陀市大宇陀本郷 又兵衛桜(またべえざくら) 本郷の瀧桜 樹齢300年
 宇陀市観光連盟情報サイト_http://www.city.uda.nara.jp/sin-kankou/index.html
 PENTAX K-5IIs with smc PENTAX DA☆ 50-135mm F2.8 ED[IF] SDM 
 (90.0mm(135.0mm) 0.8sec iso100 f/6.3 Capture one 7.1 for Windows)

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店店長です。
(高槻駅前店お店ブログ"高槻写真のひろば"は こちら から) (2013年4月3日撮影)

お写ん歩明日香_バナー.jpg

2013年5月11日(土) Photo is 30000人の写真展コラボ、写真散歩会"お写ん歩"参加者募集中!
詳しくは"高槻写真のひろば"をご覧下さい⇒http://www.yaotomi.co.jp/blog/hiroba/2013/04/post-38.html

 

「早朝の桜ってどんな色や思わはります?」

先日訪れた大宇陀の"又兵衛桜"の側でお話しさせていただいた方がそんなことを仰られていました。

この時期、職場の店頭でもそういった話になることが多いのですよね。

最近はデジタル機ばかりなので、凡その色はカメラ性能(オートホワイトバランス)に任せっきりなのですが、それはそれで良いのだと勝手に解釈しています。

キャノンさんで言う「ピクチャースタイル」でいうところのスタンダード、今回使っている PENTAX K-5IIs もスタンダード設定。

あとは現場で液晶モニターと見比べながら撮ったjpegデータを基準にRAW現像、至って簡単なやり方です。

でも何気に現像していると「あーだ!こーだ!おりゃ!」と微調整したくなるんですよねぇ...

調整幅は極力狭めにするのがキモなんですが、思い切って「がーっ!(って音はしない)」と動かし調整するのも時としてヨロシ。

結局一枚一枚に時間掛けてしまって本末転倒です(笑

 

では、本題。

大宇陀の又兵衛桜は見頃迎えています。

晴れの又兵衛桜もそれなりに綺麗なんですが、曇天の朝が個人的には大好物。

幽玄な姿に魅力感じてしまうのですが、日の出迎えて斜光射しこむ姿もこれまたどうして。

平日も暗いうちから数人の写真家さんが集う桜の名所としてあまりにも有名なところです。

ご参考まで、続きはこちら⇒http://www.yaotomi.co.jp/blog/walk/2013/04/-2013-pentax-k-5iis.html#more

アップした画像は全てサムネイルです。

マウスポインターを重ねて指マークに変わる画像は、クリックで拡大横1280ピクセル・一部等倍元画像画像を見ることができます。

.

又兵衛桜(大宇陀)_2013yaotomi_2s.jpg

K52S3941yaotomi_100_6.3_135_0.5.jpg

↑2 ←等倍元画像(4928x3264pixel 14.3MB)

この日はまだ八部咲きくらいだったでしょうか、今頃満開になっているでしょうね。

 

 

又兵衛桜(大宇陀)_2013yaotomi_5s.jpg

↑3 白木蓮や桃の花も綺麗に咲き誇っていました。

 

又兵衛桜(大宇陀)_2013yaotomi_7s.jpg

↑4 

 

又兵衛桜(大宇陀)_2013yaotomi_10s.jpg

K52S4028yaotomi_100_9_115_0.066667.jpg

↑5 ←等倍元画像(4928x3264pixel 15.0MB)

雨上がりはドラマティックで良いですねー。

 

 

又兵衛桜(大宇陀)_2013yaotomi_11s.jpg

↑6 雲の流れは速く...

 

又兵衛桜(大宇陀)_2013yaotomi_12s.jpg

↑7 僅かな時間でしたが、

 

又兵衛桜(大宇陀)_2013yaotomi_13s.jpg

↑8 桜が輝いてくれました。

 

又兵衛桜(大宇陀)_2013yaotomi_16s.jpg

↑9 

 

又兵衛桜(大宇陀)_2013yaotomi_17s.jpg

↑10 明日は大荒れ予報ですが、よほどの事が無い限り、又兵衛桜の見頃は続くと思います。

 

又兵衛桜の周りには民家が点在しており、早朝はまだおやすみになられているご家庭もございます。

ご親切にも又兵衛桜側の駐車場は早朝から停めることが出来ますので、乗用車で訪れたなら迷わず駐車場に入れて速やかにエンジンを切ってください。

決して路肩駐車や間違っても他人の民家の軒先に停めるなんてことが無いよう十分ご注意ください。

当たり前のことなのですが、困ったことに未だにトラブルが絶えず地元の方々は困惑されています。

 

ある程度明るくなってくると無人だった駐車場にも管理者さんが出てこられます。

帰り際に駐車料金をご請求されるのは当たり前の事なのですが、中には「え?朝からお金取るの??」とか「ちょっと停めただけなのにお金取るの???」というようなとんでもないことを仰られ、管理者さんも困り果ててしまうことがあるのだそうです。

又兵衛桜は地元の方々が大切に見守り育てられています。

桜の管理はもちろん、駐車場の整備や道路整理にもそれなりの費用が掛かることをご理解ください。

これから先も美しい桜の姿が観れるよう、心温かい支援も必要だということを十分ご認識なさったうえで訪れてみてください。

気持ちよく撮影終えれば、条件悪い日であっても綺麗な写真に見えてくるから不思議なものです。

 

週末の近辺道路はかなり混み合いますので、ゆとりある行動で訪れてください。

奈良は「の~んびり」が似合うところです^^

 

今日もお写ん歩にお付き合いいただきありがとうございました。

                                                                        -

                                                        ㈱八百富写真機店 メインページ

                                          ㈱八百富写真機店・高槻駅前店「高槻 写真のひろば」

 

DA 50-135★.jpg

smc PENTAX-DA☆ 50-135mm F2.8 ED [IF] SDM
≪WEB限定特価≫
http://www.yaotomi.co.jp/products/detail/19

超音波モーターを内蔵(SDM機構)
コンパクトな超音波モーターによるAF機構(SDM機構)を内蔵。
ブレーキ機能を備えるため、速度制御や位置制御がしやすく、スムーズで高品位なAF作動を実現しています。
SDM対応のデジタル一眼レフに装着すると、自動的にSDM機構によるAFに切り替わります。
また、SDM非対応のデジタル一眼レフの場合は、ボディ内モーターによるAF作動に対応します。

■35ミリ判換算76.5~207mm相当の画角
約2.7倍のズーム比を持つ望遠ズーム。
風景やポートレートのほか、スポーツなどの機動的な撮影にも対応します。

■F2.8の大口径
全ズーム域でF2.8の明るさをもち、豊かなボケ 味の表現や、高速シャッターによるチャンスのキャッチを可能にします。
コンパクトな機動性も持ち味。

■ED(特殊低分散)
ED(特殊低分散)ガラスのレンズを3枚使用し、色収差を徹底的に除去。
解像度の高いシャープな画質と、色にじみのない美しい色調、リアリティに富んだ描写が特長です。

■IF(インナーフォーカスシステム)
フォーカシング時に 全長が変わらず、バランスのよい操作性を実現しています。

■防塵・防滴構造
各部にシーリングを施すことにより、従来のレンズにはなかった防塵・防滴構造にしています。
これにより、レンズ内部に水滴や埃が入りにくくなっています。
防塵・防滴ボディのK10Dと組み合わせれば、すぐれた耐候性能をより発揮する事ができます。

■クイックシフト・フォーカス・システム
AFで合焦後、そのままピントリングを回すと、直ちにマニュアルフォーカスに移行。
切り替え操作の手間がなく、スムーズにできます。

■SP(Super Protect)コーティング
第1レンズ前面に撥水・撥油性のある特殊コーティングを採用。
汚れがつきにくく落としやすいので、レンズ面の保護に効果的です。

■ゴーストレスコート
レンズの内面反射を除去しゴーストの発生を抑えるコーティングを採用。
逆光などの悪条件でも、クリアでコントラストの高い画像が得られます。

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、お写ん歩 【K】が2013年4月 5日 23:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「郡山城跡 【奈良桜 2013開花】 / PENTAX K-30」です。

次のブログ記事は「吉野山(下千本) 【奈良桜 2013開花】 / Mamiya 645DF + DM28」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ