PENTAX Q10 1st. review / 大阪 梅田スカイビル お写ん歩 (後の編)

IMGP0279yaotomi_5,0_4,0_8s_100_st.jpg

IMGP0249yaotomi_9,0_4,5_4_100_f.jpg

←等倍画像 PENTAX Q10 大阪 梅田 新梅田シティ 梅田スカイビル

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店店長です。
(高槻駅前店お店ブログ高槻 写真のひろばは こちら から)

 

トワイライト。

この単語で思い浮かべるのはElectric Light Orchestra (E.L.O.) "Twilight" という曲。

もう30年も前の曲ですが、僕の中での1枚目の"トワイライト"なイメージとしてしっかり心に刻まれています。

Electric Light Orchestra のL.P.は全て持っているのですが、全てデジタル化しハードディスクに保存。

気が向けば時々聞いているという気軽な現代、レコード針カートリッジの性能品質云々にこだわっていた頃がちょっと懐かしい(笑

 

Windowsは「8」ですか?

うちには旧アプリを安定駆動させるため、3台あるパソコンのうち1台は未だにXpが現役なんですけどー。

カメラもどんどん進化してってますが、今回使っている遊び心満載のPENTAX Q10 はどこかホッとさせられる感がございます。

IMGP7815yaotomi_PENTAX-Q10_1.jpg

良い時代になりましたよねぇ♪

さてPENTAX Q10 1st. reviewは後編です。

PENTAX Q10 1st. review 梅田スカイビル お写ん歩 前編はこちら↓
http://www.yaotomi.co.jp/blog/walk/2012/10/pentax-q10-1st-review.html

陽が暮れて急激に寒くなる地上173m、せっかく来たんだし夜景撮りもこなしておこうとチト頑張ります。

今回使っているのはレギュラーカラーの"レッド"。(レンズは黒が似合うと思うんですけど)

赤と黒のツートーンで何を連想されますか?

僕なら86レビンかシャレード デ・トマソ、スカイラインRSなんてのも良かったなぁ。

...車ばっかし。

このあとアップするメイン画像は全てサムネイル(横700ピクセル)です。

サムネイルをクリックすると元画像等倍で観ることができますが、大きなデータですのでクリック展開にご注意ください。

.

IMGP0315yaotomi_9,9_4,0_1,3s_100_.jpg

IMGP0316yaotomi_9,9_4,0_0,8s_160_.jpg IMGP0317yaotomi_9,9_4,0_0,5s_250_.jpg IMGP0318yaotomi_9,9_4,0_0,3s_400_.jpg IMGP0319yaotomi_9,9_4,0_6_800_.jpg

IMGP0320yaotomi_9,9_4,0_8_1000_.jpg IMGP0321yaotomi_9,9_4,0_13_1600_.jpg IMGP0322yaotomi_9,9_4,0_15_2000_.jpg IMGP0323yaotomi_9,9_4,0_25_3200_.jpg IMGP0324yaotomi_9,9_4,0_50_6400_.jpg

↑↑↑ iso100 ↑↑iso160/250/400/800 ↑iso1000/1600/2000/3200/6400

夜景撮影での感度ノイズはこんな感じ。

想像していたよりもずいぶんうまく処理できていると思います。

IMGP0290yaotomi_15_7,1_10s_100_f.jpg

鉄橋の向こうは十三(じゅうそう)駅。

IMGP0294yaotomi_5,0_3,5_3s_100_f.jpg

展望台の真ん中を覗き込むと。。。  おー、こわ。

IMGP0296yaotomi_5,0_3,5_8s_100_f.jpg

月が。。。

IMGP0302yaotomi_5,9_3,5_1s_100_f.jpg

      月がとても綺麗でした。

IMGP0299yaotomi_10_3,5_1s_100_f.jpg

ビルガラスの鏡面は意識されたものでしょうか?

IMGP0341yaotomi_9,9_4,0_1,3s_100_s.jpg

デジタルフィルター"HDR"もなかなか楽し。

そろそろカメラが「引き揚げましょうや。」と言い始めたので、帰りますか。

IMGP0325yaotomi_5,0_3,2_13_800_f.jpg

クリスマスには混むんやろなぁ。

IMGP0333yaotomi_5,0_2,8_10_800_f.jpg

夜景綺麗な展望エスカレータ。

ガラス側には近寄れない... 出来れば階段で下りたかった(苦笑

IMGP0337yaotomi_5,0_2,8_13_800_ss.jpg

大阪、良い街です^^

 

1st. レビューはこんな感じでおしまい。

次回はスナップな感じの画を並べてみましょうか。

 

更新途中の PENTAX K5IIs で撮った大台ヶ原紅葉、2回目はもうちょっとお待ちくださいね。

今年の紅葉は、奈良の山間に住まれる皆さんの情報を聞いていると昨年よりも早まりそうな気がします。

おまけに各地色の染まり方がとても良いのだそうで。。。

忙しくなります(笑

 

今日もお写ん歩にお付き合いいただきありがとうございました。

 

                                                                        -

                                                        ㈱八百富写真機店 メインページ

                                          ㈱八百富写真機店・高槻駅前店「高槻 写真のひろば」

 

IMGP7815yaotomi_PENTAX-Q10_2.jpg

PENTAX Q10 (ダブルズームキット)

通常価格(税込): 69,800
販売価格(税込): 60,700 円(2012年10月26日現在)

(只今、緊急他店対抗でレギュラーカラー Price Down中 です)

当社ECサイト
http://www.yaotomi.co.jp/products/list/436
メーカーサイト
http://www.pentax.jp/japan/products/q10/

 

ペンタックス オーダーカラーQ10 各種セット 【受注受付開始・2012年10月26日より】

ペンタックス Q10 ボディキット PENTAX
販売価格 30,300 円 (税込価格)
ご予約ページはこちら http://www.yaotomi.co.jp/products/list/481

ペンタックス Q10 ズームレンズキット PENTAX
販売価格 43,300 円 (税込価格)
ご予約ページはこちら http://www.yaotomi.co.jp/products/list/480

ペンタックス Q10 ダブルズームキット PENTAX
販売価格 60,700 円 (税込価格)
ご予約ページはこちら http://www.yaotomi.co.jp/products/list/479

q10_ships.jpg

■デジタル一眼の高画質画像
高感度、低ノイズ特性を持つ、新型の裏面照射型CMOSイメージセンサーを採用し、最高ISO感度6400の高感度性能と、解像感と階調表現の描写に優れた有効約1240万画素の高精細画像を実現しています。
また、高感度ノイズも大幅に低減しており、ISO100から最高ISO6400までの幅広い感度設定が可能です。
さらに、複数の撮影画像を重ね合わせる"HDR"機能を利用することで、低ノイズで白とびや黒つぶれを抑えた画像の撮影も容易にできます。

■AF性能の向上
新型センサーの採用やアルゴリズムの改良により、暗い場所や望遠撮影時のピント合わせを高速化しています。
本体には専用のAF補助光も搭載し、暗い場所でのピント合わせに効果的です。
また、最大12人の顔を検出し、主要被写体を判断してピントを自動的に合わせる顔検出AFも備えています。

■簡単操作で多彩な画像表現が楽しめるクイックダイヤル搭載
独創的な9つの写真表現が選べる"スマートエフェクト"機能を、ボディ前面に搭載した"クイックダイヤル"に割り当てることで、液晶モニターで確認しながら、瞬時に思い通りの仕上がりを選択して撮影することができます。

■個性的な写真表現が楽しめる多彩な画像処理機能
自分好みの画像仕上げができるカスタムイメージ機能、多彩なデジタルフィルター機能、簡単操作で楽しめるスマートエフェクト機能などを備えています。

■高画質・長時間撮影が可能なフルHD動画撮影機能
1920×1080ピクセルで30fps(フレーム/秒)、記録形式にはH.264を採用した、より高画質で長時間の撮影が楽しめるフルHD動画撮影が可能です。
"スマートエフェクト"などの豊富な画像処理機能を使用した動画撮影や、さまざまなカメラ内動画編集機能も備えています。

■"ボケコントロール"機能
ピント位置や被写体との距離などをカメラが自動的に判断し、主体となる被写体が浮き立つように撮影できる"ボケコントロール"機能を備えています。
"背景ボケ"や"前ボケ"といった一眼ならではの撮影テクニックを、初級者の方でもカメラまかせで気軽に楽しめる便利な機能です。

■シャープな画像が得られる手ぶれ補正機構"SR(Shake Reduction)"
カメラ内のセンサーが検知した手ぶれ量に応じて撮像素子(CMOS)をシフトさせる手ぶれ補正機構"SR"を搭載しています。

■簡単、便利な"オートピクチャーモード"&"シーンモード"
人物、風景、接写など、被写体や撮影シーンに合わせてカメラが自動的に最適な設定をおこなう"オートピクチャーモード"を搭載しています。

■デジタル一眼ならではの本格性能
デジタル一眼ならではの本格的な撮影がおこなえるよう、カメラがシャッタースピードや絞りを自動的に設定するプログラム露出(P)をはじめ、撮影者の作画意図に応じて任意に設定できる絞り優先(Av)とシャッター速度優先(Tv)、マニュアル露出(M)の各露出モードを備えています。さらに、プログラムモードで撮影時に、電子ダイヤルを回すだけでシャッター速度優先(Tv)や絞り優先(Av)の各露出モードに切り替わる設定が選べるなど、便利で優れた操作性を備えています。

■高いゴミ除去性能を実現した"DRII(Dust Removal II)"
撮影画像へのゴミの写り込みを防ぎ、屋外でのレンズ交換なども安心しておこなえる"DRII"を採用しています。デジタル一眼レフカメラ「K-5」や「645D」と同様に、イメージセンサー部を超音波振動させる方式で、優れたゴミ除去性能を実現しています。

■最高約5コマ/秒で連続5コマ(JPEG撮影時)の高速連続撮影

■カメラ本体にガイドナンバー7(ISO200・m)の内蔵ストロボを搭載

■省電力タイプの新型センサーの採用などにより、バッテリーライフを向上

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、お写ん歩 【K】が2012年10月27日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「PENTAX Q10 1st. review / 大阪 梅田スカイビル お写ん歩 (前の編)」です。

次のブログ記事は「PENTAX Q10 2nd. review / 奈良 大宇陀 松山地区 お写ん歩」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ