PENTAX Q10 1st. review / 大阪 梅田スカイビル お写ん歩 (前の編)

IMGP0054yaotomi_5,0_4,0_15_100_s.jpg

IMGP0054yaotomi_5,0_4,0_15_100_f.jpg

←等倍画像 PENTAX Q10 大阪 梅田 新梅田シティ 梅田スカイビル

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店店長です。
(高槻駅前店お店ブログ高槻 写真のひろばは こちら から)

 

PENTAX Q10 、本日発売となります。

IMAG0269yaotomi_4,9_273_1s.jpg

真っ赤なPENTAX Q10 、夕景に相まって可愛らしくも綺麗でしょ? (携帯電話のカメラ機能+LEDライト照射)

昨日、ラジヲ番組の中で「夕方には綺麗な夕焼けが観れるかも知れません」と言っておられました。

ちょうど一週間前の同じ木曜日にも、雨雲の切れ間から夕焼けが観れて感動したばかり。

PENTAX K-5IIs 1st. review / 大阪 中ノ島 お写ん歩 (前の編)
http://www.yaotomi.co.jp/blog/walk/2012/10/pentax-k-5iis-1st-review.html

ちょうどのPENTAX Q10の1st.撮影でしたので、夕景を撮るためのポイントをスマートフォンで一生懸命探していました。

 

webで「大阪+夕焼け」キーワード検索すると、梅田スカイビルの夕景画像がわらわらとヒットします。

屋上(41階?)には空中庭園展望台"ルミ.スカイ.ウォーク"と名づけられた絶景ビューポイント。

ガラス越しや金網越しでもなく、ダイレクトに梅田360°パノラマ観れるのが特徴でしょうか。

海外でも名が知られているのか、昨夕の空中庭園展望台は半分近くの方が外国人。

いろんな言葉が飛び交ってて、国際色豊かな楽しい観光スポットです。

そんな空中庭園展望台、なんと"初めて"訪れることにいたしました。

 

先ずはPENTAX Q10 ダブルズームキット(PENTAX-02 STANDARD ZOOM(標準ズーム)& PENTAX-06 TELEPHOTO ZOOM(望遠ズーム))を使っての試撮です。

解像感がずいぶん向上していますので、今回の撮影ポイントはお誂え向きだったと言えるのではないでしょうか。

このあとアップするメイン画像は全てサムネイル(横700ピクセル)です。

サムネイルをクリックすると元画像等倍で観ることができますが、大きなデータですのでクリック展開にご注意ください。

.

先ずは絞り値の変化による解像感の違いを並べてみました。

IMGP0017yaotomi_5,0_2,8_500_100_.jpg

IMGP0018yaotomi_5,0_3,2_400_100_.jpg IMGP0019yaotomi_5,0_3,5_320_100_.jpg IMGP0020yaotomi_5,0_4,0_250_100_.jpg IMGP0021yaotomi_5,0_4,5_200_100_.jpg

↑↑ f/2.8   ↑ f/3.2  3.5  4.0  4.5

IMGP0023yaotomi_5,0_5,6_125_100_.jpg IMGP0024yaotomi_5,0_6,3_100_100_.jpg IMGP0025yaotomi_5,0_7,1_80_100_.jpg IMGP0026yaotomi_5,0_8,0_60_100_.jpg

↑ f/5.6  6.3  7.1  8.0

今回のカメラ設定は下記のとおり↓

カスタムイメージは(ナチュラル)、HDRはOFF、D-RangeはOFF、シャープネスはOFF(0)、W.B.はオート

全てRAW撮影後、SILKYPIX(R) Developer Studio 4.0で現像

IMGP0043yaotomi_5,0_3,5_800_100_f.jpg

IMGP0044yaotomi_5,0_3,5_500_100_f.jpg

 

IMGP0062yaotomi_5,0_4,0_1000_100_f.jpg

東の空にはお月さん。 (5.0mm f/4.0)

IMGP0122yaotomi_16_3,2_1000_100_f.jpg

生駒山。 (16mm f/3.2)

IMGP0135yaotomi_45_8,0_250_100_f.jpg

遠く小さく見えていたクレーンがこんな近くに!

IMGP0147yaotomi_45_8,0_125_100_f.jpg

月に合焦。 (45mm f/8.0)

IMGP0184yaotomi_37_6,3_160_100_f.jpg

淀川河口から大阪湾、遠く明石海峡大橋が見えます。 (37mm f/6.3)

IMGP0193yaotomi_5,0_4,0_640_100_f.jpg

綺麗やなぁ  (5.0mm f/4.0)

IMGP0215yaotomi_45_8,0_100_100_f.jpg

また次の出番を待っています。 (45mm f/8.0)

 

次回はトワイライトから夜景撮影で更新いたします。

 

つづく。

                                                                        -

                                                        ㈱八百富写真機店 メインページ

                                          ㈱八百富写真機店・高槻駅前店「高槻 写真のひろば」

 

IMGP7815yaotomi_PENTAX-Q10_2.jpg

PENTAX Q10 (ダブルズームキット)

通常価格(税込): 69,800
販売価格(税込): 60,700 円(2012年10月26日現在)

(只今、緊急他店対抗でレギュラーカラー Price Down中 です)

当社ECサイト
http://www.yaotomi.co.jp/products/list/436
メーカーサイト
http://www.pentax.jp/japan/products/q10/

 

ペンタックス オーダーカラーQ10 各種セット 【受注受付開始・2012年10月26日より】

ペンタックス Q10 ボディキット PENTAX
販売価格 30,300 円 (税込価格)
ご予約ページはこちら http://www.yaotomi.co.jp/products/list/481

 

ペンタックス Q10 ズームレンズキット PENTAX
販売価格 43,300 円 (税込価格)
ご予約ページはこちら http://www.yaotomi.co.jp/products/list/480

 

ペンタックス Q10 ダブルズームキット PENTAX
販売価格 60,700 円 (税込価格)
ご予約ページはこちら http://www.yaotomi.co.jp/products/list/479

 

q10_ships.jpg

■デジタル一眼の高画質画像
高感度、低ノイズ特性を持つ、新型の裏面照射型CMOSイメージセンサーを採用し、最高ISO感度6400の高感度性能と、解像感と階調表現の描写に優れた有効約1240万画素の高精細画像を実現しています。
また、高感度ノイズも大幅に低減しており、ISO100から最高ISO6400までの幅広い感度設定が可能です。
さらに、複数の撮影画像を重ね合わせる"HDR"機能を利用することで、低ノイズで白とびや黒つぶれを抑えた画像の撮影も容易にできます。

■AF性能の向上
新型センサーの採用やアルゴリズムの改良により、暗い場所や望遠撮影時のピント合わせを高速化しています。
本体には専用のAF補助光も搭載し、暗い場所でのピント合わせに効果的です。
また、最大12人の顔を検出し、主要被写体を判断してピントを自動的に合わせる顔検出AFも備えています。

■簡単操作で多彩な画像表現が楽しめるクイックダイヤル搭載
独創的な9つの写真表現が選べる"スマートエフェクト"機能を、ボディ前面に搭載した"クイックダイヤル"に割り当てることで、液晶モニターで確認しながら、瞬時に思い通りの仕上がりを選択して撮影することができます。

■個性的な写真表現が楽しめる多彩な画像処理機能
自分好みの画像仕上げができるカスタムイメージ機能、多彩なデジタルフィルター機能、簡単操作で楽しめるスマートエフェクト機能などを備えています。

■高画質・長時間撮影が可能なフルHD動画撮影機能
1920×1080ピクセルで30fps(フレーム/秒)、記録形式にはH.264を採用した、より高画質で長時間の撮影が楽しめるフルHD動画撮影が可能です。
"スマートエフェクト"などの豊富な画像処理機能を使用した動画撮影や、さまざまなカメラ内動画編集機能も備えています。

■"ボケコントロール"機能
ピント位置や被写体との距離などをカメラが自動的に判断し、主体となる被写体が浮き立つように撮影できる"ボケコントロール"機能を備えています。
"背景ボケ"や"前ボケ"といった一眼ならではの撮影テクニックを、初級者の方でもカメラまかせで気軽に楽しめる便利な機能です。

■シャープな画像が得られる手ぶれ補正機構"SR(Shake Reduction)"
カメラ内のセンサーが検知した手ぶれ量に応じて撮像素子(CMOS)をシフトさせる手ぶれ補正機構"SR"を搭載しています。

■簡単、便利な"オートピクチャーモード"&"シーンモード"
人物、風景、接写など、被写体や撮影シーンに合わせてカメラが自動的に最適な設定をおこなう"オートピクチャーモード"を搭載しています。

■デジタル一眼ならではの本格性能
デジタル一眼ならではの本格的な撮影がおこなえるよう、カメラがシャッタースピードや絞りを自動的に設定するプログラム露出(P)をはじめ、撮影者の作画意図に応じて任意に設定できる絞り優先(Av)とシャッター速度優先(Tv)、マニュアル露出(M)の各露出モードを備えています。さらに、プログラムモードで撮影時に、電子ダイヤルを回すだけでシャッター速度優先(Tv)や絞り優先(Av)の各露出モードに切り替わる設定が選べるなど、便利で優れた操作性を備えています。

■高いゴミ除去性能を実現した"DRII(Dust Removal II)"
撮影画像へのゴミの写り込みを防ぎ、屋外でのレンズ交換なども安心しておこなえる"DRII"を採用しています。デジタル一眼レフカメラ「K-5」や「645D」と同様に、イメージセンサー部を超音波振動させる方式で、優れたゴミ除去性能を実現しています。

■最高約5コマ/秒で連続5コマ(JPEG撮影時)の高速連続撮影

■カメラ本体にガイドナンバー7(ISO200・m)の内蔵ストロボを搭載

■省電力タイプの新型センサーの採用などにより、バッテリーライフを向上

2016年4月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、お写ん歩 【K】が2012年10月26日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大台ヶ原 紅葉 2012 (再訪・1) 【奈良紅葉】/ PENTAX K-5IIs 3rd. review」です。

次のブログ記事は「PENTAX Q10 1st. review / 大阪 梅田スカイビル お写ん歩 (後の編)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

movabletype6.jpg