美山 かやぶきの里 コスモス 蕎麦 2012 (後) / PENTAX K-30

美山_蕎麦_2012_yaotomi_お写ん歩_20t.jpg

京都府南丹市美山町北 かやぶきの里 重要伝統的建造物群保存地区

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店店長です。
(高槻駅前店お店ブログ高槻 写真のひろばは こちら から)

 

えらい更新が延びてしまいました美山の秋編。

美山てれんこ撮り歩きのお写ん歩、後編で更新させていただきます。

前編はこちら→ http://www.yaotomi.co.jp/blog/walk/2012/09/-2012-pentax-k-30-11.html

アップした画像は全てサムネイルです。

マウスポインターを重ねて指マークに変わる画像は、クリックで拡大(横1152ピクセル)画像を見ることができます。

.

美山_蕎麦_2012_yaotomi_お写ん歩_21.jpg

        ↑2

美山_蕎麦_2012_yaotomi_お写ん歩_22.jpg

↑3

美山_蕎麦_2012_yaotomi_お写ん歩_23.jpg

        ↑4 コンパクト広角単焦点 smc PENRAX DA 15mm F4 ED AL Limited

        軽量なのでフットワークも抜群、蜘蛛さんが作る芸術品も、ほれ。

美山_蕎麦_2012_yaotomi_お写ん歩_25.jpg

↑5

美山_蕎麦_2012_yaotomi_お写ん歩_30.jpg

美山_蕎麦_2012_yaotomi_お写ん歩_28.jpg

↑6 ←7 

蕎麦の花をマクロで撮ろうと意気込んでsmc PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 WRを持参。

最初はちょっとだけマクロ撮りしたんですけど、あとはすっかり中望遠単焦点化(笑

美山_蕎麦_2012_yaotomi_お写ん歩_31.jpg

↑8 里山風情

美山_蕎麦_2012_yaotomi_お写ん歩_27.jpg

↑9

美山_蕎麦_2012_yaotomi_お写ん歩_26.jpg

美山_蕎麦_2012_yaotomi_お写ん歩_32.jpg

↑10 ←11

帰りはご同行の写友さんのご意見一致で道の駅"美山"へ。

僕はやっぱソフトクリーム!...と言いつつ、皆さんの食はるジェラートも気になる気になる(笑

次訪れるのは雪降る季節になるかな?

そのときはジェラートおかわりしよう!

 

ちょっと目的違いまんな。

 

今日もお写ん歩にお付き合いいただきありがとうございました。

                                                                        -

                                                        ㈱八百富写真機店 メインページ

                                          ㈱八百富写真機店・高槻駅前店「高槻 写真のひろば」

 

DA15mmF4ED_AL_Limited_yaotomi_1.jpg

smc PENTAX DA 15mm F4 ED AL Limited

販売価格(税込)46,300

(2012年10月6日現在の【WEB限定特価】です)

 

驚きの小型・軽量。超広角の魅力が存分に楽しめる一本

35ミリ判換算で23mm相当の超広角レンズ。
非球面レンズ、特殊低分散(ED)ガラスを使用し、歪曲収差の極めて少ない端整な画像と、シャープな描写性能を実現。
広い画角、深い被写界深度、遠近感の強調効果が撮影の幅をひろげます。
汚れに強いSPコーティングを施した第1レンズ前面には、フラットな形状で49mm径のフィルターが装着可能。
スライド伸縮式の花形フードを内蔵しています。

 

DA15mmF4EDALLimited.jpg

遠近感の強調や深い被写界深度を生かした撮影など独特な表現効果を得られ写真の幅が広がる、35ミリ判換算で焦点距離23mm相当の超広角レンズ

リミテッドレンズシリーズの設計コンセプトを踏襲し、さらにデジタル画質への最適化を追求したシャープでコントラストの高いクリアな画像

超広角レンズでトップレベルの歪曲収差補正をはじめ、倍率色収差などの諸収差を良好に補正した高い描写性能

新開発の光学系による圧倒的な小型・軽量設計

レンズ鏡筒、フード、キャップに高級感のあるアルミ削り出しの素材を採用

レンズ前面をドーム状の突出のないフラットな形状にすることにより、風景写真で使用頻度の高い円偏光フィルターをはじめ、市販の49mmサイズフィルターを装着可能

スライド伸縮式でかさばらない花形フードを内蔵

0.18mの最短撮影距離を実現

AFでのピント合焦後、マニュアルでのピント合わせが切り替え操作なしでできる「Quick-Shift Focus System(クイックシフト・フォーカス・システム)」を採用

レンズ前面に、汚れに強いSP(Super Protect)コーティングを採用

※35ミリ判フィルム一眼レフに使用すると、画面周辺部には画像を結びません。

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、お写ん歩 【K】が2012年10月 6日 08:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「PENTAX K-5II & K-5IIs 体感&トークライブ 大阪会場 (後の編)」です。

次のブログ記事は「般若寺 秋桜 コスモス 2012 / PENTAX K-30」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ