米子平野 大山(伯耆富士) 2012 / PENTAX DA 35mm F2.4 AL

米子平野_伯耆大山_2012_yaotomi_お写ん歩_1.jpg

 (鳥取県米子市 日野川堤防 大山 伯耆富士 / PENTAX K-30 with smc PENTAX DA 35mm F2.4 AL)

 いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店店長です。

 (高槻駅前店お店ブログ高槻 写真のひろばこちらから)

 

今年の夏に撮った大山の日の出、従兄弟旧家の前に広がるこの風景がめっちゃ好きで、何度撮ったことやら。

幼少の頃から夏に泊まり行くと、空がゆるり明らむ頃には目が覚めてしまうのです。

周りが賑やかなのか? ...って?

いえいえ、蛙や鳥の声、蝉の声も賑やかですが、何や知ら朝の景色のことを思うと興奮して寝てられんのですよ^^

 

_お知らせ_

募集チラシ_11_t800.jpg

2012年9月5日(水)、勤務店の高槻駅前店でFUJIFILM X-Pro1の試用体験会を開催します。

老若男女問わずですが"一応"先着順ですので、このカメラにご興味ある方は是非お早めのご予約をお願いいたします。

 

平日開催、もう少し空きがございますが、お盆明けに一気定員達成しそうです。

詳しくは高槻ブログの同記事をご覧下さい

FUJIFILM X-Pro1 試用体験会 募集中

http://www.yaotomi.co.jp/blog/hiroba/2012/08/fujifilm-x-pro1.html

 

ちょっと前の写真ですが、本題へと続きます。

アップした画像は全てサムネイルです。

マウスポインターを重ねて指マークに変わる画像は、クリックで拡大(横1152ピクセル・一部等倍元データ)画像を見ることができます。

.

米子平野_伯耆大山_2012_yaotomi_お写ん歩_5.jpg

米子平野_伯耆大山_2012_yaotomi_お写ん歩_3.jpg

↑2 ←3

3枚目、うっかりP.L.フィルター装着したままで、バッチリ"ゴースト"が出ちゃいました...orz

良い感じの半熟温泉卵色だったのになぁ。

2枚目の右側は大山、左の陽が昇ってくる位置の山は「孝霊山」「鍋山」「鈑戸山」だと思います。

 

米子平野_伯耆大山_2012_yaotomi_お写ん歩_2.jpg  米子平野_伯耆大山_2012_yaotomi_お写ん歩_7.jpg

↑4・5 始発のJR特急"やくも"。

始発列車が特急って、すごいダイヤだと思いません?

そのあとを追うように貨物列車が山越えへと向かいます。

米子平野_伯耆大山_2012_yaotomi_お写ん歩_6.jpg

↑6 これが良いっ!光芒バッチリです♪

米子平野_伯耆大山_2012_yaotomi_お写ん歩_8.jpg

↑7 野菊?かな??

よく見かける野花のひとつですが、結構好きなんですけど。

米子平野_伯耆大山_2012_yaotomi_お写ん歩_10.jpg

↑8 陽が昇り、稲の朝露がキラッキラに輝く時間へ。

米子平野_伯耆大山_2012_yaotomi_お写ん歩_11.jpg

↑9 唯一、円形絞りじゃないのが惜しいsmc PENTAX-DA 35mm F2.4 AL

まぁね、値段が値段ですから贅沢言えません(笑

米子平野_伯耆大山_2012_yaotomi_お写ん歩_16.jpg

米子平野_伯耆大山_2012_yaotomi_お写ん歩_13.jpg

↑10 ←11

直ぐに夏の陽射しへシフト、小動物や昆虫は野菜の葉陰で夕刻を待ちます。

11枚目はこの日の朝の収穫で、ホンッと野菜が美味い♪

朝食も夕食も野菜中心で、農家の美味をしっかり楽しむことが出来ました。

米子平野_伯耆大山_2012_yaotomi_お写ん歩_12.jpg

12↑ 2番列車をデジタルフィルター"トイカメラ"でパチリ。

 

夏なんですよねー。

 

そうそう、山陰の牛骨ラーメンって知ったはります?

鳥取県西部では結構有名なラーメンなんだそうですが、ぜんぜん気付きませんでした。

従兄弟が「すっげぇ美味いぞぅ♪」って言ったもんだから、お昼ご飯は全力でラーメン食しモードですよ(笑

米子_ラーメン_2012_yaotomi_お写ん歩_17.jpg  米子_ラーメン_2012_yaotomi_お写ん歩_18.jpg

いくつかのお店をピックアップして出掛けたのですが、さっぱり解らず行き当たりバッタリ。

信号待ちで停まってたら、作業員風の兄ちゃんが笑顔満点で出てくるラーメン店をハッケン!

「麺屋 無双」さん、お店の外観で即決入店です。

本場は倉吉界隈のようなのですが、米子界隈にもたくさんあるんですね。

 

でもって、このラーメン美味い!!

最近京都コッテリ系がてんで駄目なんですが、これはなかなかイケました。

店員さんの愛想良いところも充実度アップ、やっぱ人気店って店員さんの接客が抜群なんですよね。

良い勉強にもなりました。

 

隣で食べてはった女性二人組みの食する漬け麺も美味しそう...

知らぬ間にチラ見してたんでしょうね、手前の方が「美味しそうに食べてますよねー(笑」って...orz

そやかて、美味しいですもん。

 

今度は違うお店に行ってみよう。

誰かオススメのお店を教えてくださいね。

メール待ってます^^

 

山陰線_2012_yaotomi_お写ん歩_19.jpg

↑ ここ、ずっと撮ってみたかったポイント。

んー、でもちょっと違ったかなー...の一枚です。

 

さて、世間はお盆休み真っ只中ですね。

奈良はどっちかっちゅうと帰省してきはるところ、地元の食べもん系のサービス業はてんてこ舞いなんだとか...

ちょっと天気悪い日が続く予報になってますが、荒天時は実家でのんびり休養なんてのも良さそうですよ。

 

充電後の帰省復路は十分余裕持って、しっかり休憩。

楽しいお盆休みの想い出ができますように^^

 

今日もお写ん歩にお付き合いいただきありがとうございました。

                                                                        -

                                                        ㈱八百富写真機店 メインページ

                                          ㈱八百富写真機店・高槻駅前店「高槻 写真のひろば」

 

smc-PENTAX-DA-35mm-F2.4-AL_1.jpg

PENTAX-DA 35mm F2.4 AL

with PENTAX K-30

PENTAX-DA 35mm F2.4 AL
販売価格(税込): 17,800円(2012年7月25日現在)

当社ECサイト
http://www.yaotomi.co.jp/products/detail/2768 
メーカーサイト
http://www.pentax.jp/japan/products/lens/index35_normal.html

 

PENTAX-DA-35mm-F2.4_オーダーカラー_1.jpg

DA35mmF2.4AL Order Colors

価格をご覧になりたい場合には、ログインしてご確認願います。
会員登録がお済みのお客様は ≫ こちら
また会員登録されていないお客様は ≫ こちら

この商品は受注生産となります。通常納期は約3週間ほどです。
(当店に在庫がございました際は、即納可能です。)
ご注文後のキャンセル、返品、交換は承りかねます。

 

 

 

 

 

 

■ペンタックスのデジタル一眼レフカメラ使用時、53.5mm換算
■小型軽量の単焦点レンズ
■明るい単焦点でボケ味の活かせる写真が撮れます。

自然な遠近感で撮影できる標準レンズとして、スナップを始めさまざまな被写体に対応するとともに、背景を大きくぼかした撮影や画面周辺までシャープな解像力など、単焦点タイプならではの描写を楽しむことができます。
あわせて優れたコストパフォーマンスも実現しており、デジタル一眼レフ初級者が手軽にレンズワークの基本を学べる最初の一本にも最適なレンズです。


【レンズ仕様】
■ フィルター径 49mm
■ 最大径×全長 φ63.0×45.0
■ 本体重量 124g
■ 画角 44°(ペンタックス一眼デジタルカメラへの装着時)
■ レンズ構成 5群6枚
■ 最小絞り F22
■ 最短撮影距離 0.3m
■ 最大撮影倍率 0.17×
■ 付属品 レンズキャップ、マウントカバー

【オプション】(店頭にてご確認願います)
■ 角形プラスチックフードPH-SA49 3,500円(税込3,675円)
■ 丸形ラバーフードRH-RC49 2,500円(税込2,625円)
■ ケースS70-70 2,000円(税込2,100円)

 

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、お写ん歩 【K】が2012年8月13日 20:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「島根半島 北浦海岸(北浦海水浴場) / PENTAX Optio WG-2 GPS」です。

次のブログ記事は「お盆の大雨」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ