京都水族館 2012 / PENTAX K-30

京都水族館_201206_PENTAX_K-30_yaotomi_top1.jpg

京都水族館_201206_PENTAX_K-30_yaotomi_2.jpg

_PENTAX K-30 京都・京都水族館 梅小路公園_

 

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店店長です。

(高槻駅前店お店ブログ高槻 写真のひろばこちらから)

 

町内自治会年間行事のひとつに「日帰り旅行」と称するイベントがあり、今年はついこないだ開業したばかりの京都水族館へ行くことになりました。

団体バスは大雨の朝が迎える中をひた走り、運良く雨も上がりかけの京都梅小路に到着です。

こんな天気だからと予想も大当たり、カラフルな傘が並ぶ人、人、人!

大人気の京都水族館、だって京都に水族館やなんて無かったですもんね。

小さな水族館"みたいなの"はございましたが...

 

引率のお手伝いもあってゆっくり撮ってられなんだ訳ですが、PENTAX K-30の高感度試撮にちょうど良いと思って可能な限り撮り撮る撮れ。

むむぅ~ん、こんなに高感度の恩恵を感じたのはPENTAX K-5テスト撮影以来だなぁ。

撮れた画を見て「ん?それ以上??」みたいな画もいくつかございましたよ♪

PENTAX K-30、改めて凄いカメラが出てきたなと思う一日でした。

 

今回はPENTAX K-30と、キットレンズDA 18-135mm F3.5-5.6 ED AL [IF] DC WRの組み合わせで撮影です。

アップした画像は全てサムネイルです。

マウスポインターを重ねて指マークに変わる画像は、クリックで拡大(横1152ピクセル)画像を見ることができます。

.

京都水族館_201206_PENTAX_K-30_yaotomi_3.jpg

3↑ こういった川魚泳ぐ姿でスタートするところが京都らしい、かも。

京都水族館_201206_PENTAX_K-30_yaotomi_6.jpg

4↑ 空飛ぶペンギン??

京都水族館_201206_PENTAX_K-30_yaotomi_7.jpg

5↑ えいっ!

京都水族館_201206_PENTAX_K-30_yaotomi_10.jpg

6↑ 「ピントが合わなぁ~い!」

京都水族館_201206_PENTAX_K-30_yaotomi_11.jpg

       7↑ ホンモノです。

京都水族館_201206_PENTAX_K-30_yaotomi_12.jpg

8↑ クラゲムービー

京都水族館_201206_PENTAX_K-30_yaotomi_20.jpg

9↑ 洞窟の向こう。

京都水族館_201206_PENTAX_K-30_yaotomi_18.jpg

10↑ 「うわぁ♪」

京都水族館_201206_PENTAX_K-30_yaotomi_16.jpg

11↑ 「向こうで何かやったはる!」

京都水族館_201206_PENTAX_K-30_yaotomi_21.jpg

12↑ 息をいっぱい吸い込んで、出陣!

京都水族館_201206_PENTAX_K-30_yaotomi_24.jpg

13↑ わーい!

京都水族館_201206_PENTAX_K-30_yaotomi_22.jpg

14↑ わははぁ~い!

京都水族館_201206_PENTAX_K-30_yaotomi_23.jpg

       15↑ ウルトラすぃ~♪

京都水族館_201206_PENTAX_K-30_yaotomi_8.jpg

16↑ 天候に左右されない素敵ポイントへ、

京都水族館_201206_PENTAX_K-30_yaotomi_17.jpg

17↑ 是非、お越しくださいな

京都水族館_201206_PENTAX_K-30_yaotomi_15.jpg

18↑ 目も心も癒されますから

2012年3月14日開業、内陸型としては日本初の100%人工海水利用型水族館。
JR・近鉄・地下鉄京都駅から1km、歩いて10~15分程度。
京都水族館公式ホームページ http://www.kyoto-aquarium.com/

 

今日もお写ん歩にお付き合いいただきありがとうございました。

                                                                        -

                                                        ㈱八百富写真機店 メインページ

                                          ㈱八百富写真機店・高槻駅前店「高槻 写真のひろば」

 

PENTAX_K-30_yaotomi_お写ん歩_1.jpg

PENTAX K-30

smc PENTAX-DA 18-135mm F3.5-5.6ED AL [IF] DC WR キット

当社ECサイトはこちら
メーカーサイトはこちら

価格をご覧になりたい場合には、ログインしてください。2012年6月25日現在)
会員登録がお済みのお客様は ≫ こちら
また会員登録されていないお客様は ≫ こちら

 

 

※価格は「WEB限定特価」となっております。店頭価格とは異なりますのでご了承ください。

■高い解像感とノイズ低減に優れた高画質画像
撮像素子には、23.7×15.7mmの大きな撮像面積を持つ、画像信号の高速読み出しが可能な最新のCMOSイメージセンサーを採用し、解像感と階調再現の描写に優れた、有効約1628万画素の高精細画像を実現しています。
さらに、画像処理エンジンには"PRIME M"を搭載し1920×1080ピクセルで30fps(フレーム/秒)と高画質でなめらかなフルHD動画撮影を可能にしています。
また、低周波の輝度ノイズを大幅に低減するとともに、ISO100からISO12800までの幅広い範囲で感度設定ができ、さらにカスタム設定時はISO25600までの増感を可能にしています。

■アウトドア撮影に最適な"スポーティ"ボディ
持ち運びに便利な小型軽量ボディに、81カ所にシーリングを施した防塵・防滴構造とマイナス10℃までの動作を保証する耐寒性能を備えることで、山登りやキャンプなどの各種アウトドアでも気軽に高画質画像を楽しんでいただけます。
また、外観デザインでは、動きの激しいアウトドアでの撮影を考慮し、しっかりと握れるこだわりの大型グリップをはじめ、フラットな形状のペンタ部や、縦位置撮影時のホールド性を高める柔らかな曲面のラバーを採用したりするなど、デザイン性と機能性の両立を追求しています。

■視野率約100%の光学ファインダー
従来のミドルクラスよりも小型軽量なボディを実現しながら、視野が広く、ピントや構図の確認がしやすい視野率約100%、倍率約0.92倍(50mmF1.4・∞)のガラスプリズムファインダーを搭載しています。
屋外などの明るい場所でも視認性が高く、ファインダー像にパララックスやタイムラグがないので、正確なフレーミングが要求される風景撮影や、スポーツなどシャッターチャンスが重要な撮影にも有効です。

■新開発AFモジュール"SAFOX IXi+"を採用し、AF性能をさらに強化
新たに回折レンズを用いることで、レンズごとの色収差を最小限に低減するとともに、撮影時の光源情報も加味し、高精度なAFを可能にする最新のAFセンサー"SAFOX IXi+"(サフォックス・ナイン・アイ・プラス)を採用しています。
また、11の測距点のうち中央部9点にクロスセンサーを採用したり、暗い場所でのピント合わせを容易にする専用のAF補助光を搭載しています。

■2種類のバッテリーに対応
1回のフル充電で約480枚※の撮影が可能なリチウムイオン充電池に加え、別売の単三形電池ホルダー「D-BH109」を利用して市販の単三形電池(4本)も電源に使用することが可能です。
(※専用リチウムイオン充電池 D-LI109使用時、ストロボ発光無し、メーカー測定条件による)

■最高約6コマ/秒(JPEG撮影時)の高速連続撮影

■撮影を快適に楽しめる、60fpsの滑らかなライブビューを実現

■簡単、便利な"オートピクチャーモード"&"シーンモード"

■さまざまな応用機能も備えた独自の手ぶれ補正機構"SR(Shake Reduction)"

■個性的な写真表現が楽しめる多彩な画像処理機能

<付属キットレンズ>
smc PENTAX-DA 18-135mm F3.5-5.6ED AL [IF] DC WR(ブラック)

S氏ブログ"中古カメラご一行様"K-30ご紹介ページもご覧下さい。

★ペンタックスK-30に使用できる交換レンズはコチラからご覧になれます。★

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、お写ん歩 【K】が2012年7月13日 08:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東吉野 小紫陽花 2012 / LEICA DG MACRO ELMARIT 45mm F2.8 ASPH./MEGA O.I.S.」です。

次のブログ記事は「おふさ観音 風鈴まつり 2012 / PENTAX K-30」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ