東吉野 梅雨休み / FUJIFILM FUJINON XF35mm F1.4 R with FUJIFILM X-T1

東吉野,6月(DSCF6249,35mm,F1.6)2014yaotomi_Top.jpg

 _かぐわしき_

東吉野,6月(DSCF6249,35mm,F1.6,FULL)2014yaotomi_.jpg奈良県 吉野郡東吉野村谷尻 丹生川上神社 天誅組終焉の地
東吉野村観光協会_http://higashiyoshino.com/
古民家cafe『月うさぎ』(ブログ)_http://tukiusagi2007.blog119.fc2.com/
FUJIFILM X-T1 with FUJINON XF35mm F1.4 R
(35.0mm(52.0mm) 1/400sec iso200 f/1.6 Capture one 7.2.2 for Windows RAW/RAF)

 

 

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店 店長です。fecebook_お写ん歩.jpg
( 高槻駅前店お店ブログ『 高槻写真のひろば 』 はこちら ) (2014年6月14日撮影)

体験イベント&トークショーin大阪_20140629.jpg

当日、事前のお申込が必要にはなりますが、 特別体験会  もございます。
 特別体験会  のお申込方法など詳しくは、直接 八百富写真機店 各店 へお問い合わせください。

大きな声では言えませんが、特別ですよぉ~scissors

 

そろそろ各地で紫陽花の見頃を迎えているかと思います。

奈良の山間部でも小紫陽花が咲き始めており、それはもう何とも言えない良い香りでうっとり...

香りだけではなく、薄暗い山の谷間に淡い青紫色浮かぶ姿は素晴らしく妖美。

写真にするにはちょっと難しい緑の組み合わせ、それを上手く写し出してくれるのが FUJIFILM 社の X(エックス)シリーズ X-T1 です。

X-T1,勉強会(DSCF6205,18mm,F5.6)2014yaotomi_.jpg

先日皆んな集り、開発の方を交え、改めて X(エックス)シリーズのお復習い。

主催いただいたフジフィルムさんにはちょっと申し訳ないのですが、デジタルカメラの素晴らしさを再認識させて頂ける機会でもあった訳です。

X-T1,勉強会(DSCF6217,18mm,F5)2014yaotomi_.jpg

この角度から見ても、 FUJIFILM X-T1 の電子ビューファインダーがいかに大きいかがお判りになるかと。

ボディそのものが軽量コンパクトですから余計にそない思わせるんですよね。

X-T1,勉強会(DSCF6198,40.7mm,F4)2014yaotomi_.jpg

このとき氏の姿が「かっちぇー!」ピーク(かナ?)

プロジェクターの前でこんなふうに説明したはる方を見かけると、「熱弁」を加速させているように思えます。

書くも喋るも苦手な僕は、その説明の流れに興味津々。

いろんな意味で良い機会だったこと、フジフィルムさんに感謝せねばなりません。

 

記事にはしていませんが、このところの出番 FUJIFILM X-T1  。

今回組み合わせるレンズは出たときからずっとマイブーム FUJINON XF35mm F1.4 R のみ。

最近ちょびっと撮った画を少しだけご紹介しておきます。

 

続きはこちら⇒http://www.yaotomi.co.jp/blog/walk/2014/06/-fujifilm-fujinon-xf35mm-f14-r-with-x-t1.html#more

アップした画像は全てサムネイルです。
ウスポインターを重ね、指マーク.jpg ポインタ(カーソル)に変われば、クリックで拡大(横1,280ピクセル・一部リサイズ無し等倍)画像を見ることができます。

.

東吉野,6月(DSCF6233,35mm,F1.4)2014yaotomi_.jpg 東吉野,6月(DSCF6233,35mm,F1.4,FULL)2014yaotomi_.jpg

↑2 (F/1.4 右:9.49MB)

 

東吉野,6月(DSCF6251,35mm,F1.6)2014yaotomi_.jpg 東吉野,6月(DSCF6251,35mm,F1.6,FULL)2014yaotomi_.jpg

↑3 (F/1.6 右:5.44MB)

 

東吉野,6月(DSCF6254,35mm,F2.2)2014yaotomi_.jpg 東吉野,6月(DSCF6254,35mm,F2.2,FULL)2014yaotomi_.jpg

↑4 (F/2.2MB 右:10.2MB)

 

東吉野,6月(DSCF6255,35mm,F2.2)2014yaotomi_.jpg

↑5 (f/2.2)

 

東吉野,6月(DSCF6256,35mm,F2.2)2014yaotomi_.jpg 東吉野,6月(DSCF6256,35mm,F2.2,FULL)2014yaotomi_.jpg

↑6 (F/2.2MB 6.49MB)

 

東吉野・6月(DSCF6258,35mm,F2)2014yaotomi_.jpg 東吉野,6月(DSCF6258,35mm,F2,FULL)2014yaotomi_.jpg

↑7 (F/2.0 右:12.8MB)

 

東吉野,6月(DSCF6260,35mm,F2)2014yaotomi_.jpg

↑8 (f/2.0)

空木(うつき)があちこち満開!

 

東吉野,6月(DSCF6263,35mm,F2)2014yaotomi_.jpg 東吉野,6月(DSCF6263,35mm,F2,FULL)2014yaotomi_.jpg

↑9 (f/2.0 右:11.0MB)

多分「またたび」。

この葉が白くなっているってことは、京都「両足院」さんの半夏生が見頃に近づいているってことになります。

 

東吉野・6月(DSCF6264,35mm,F2)2014yaotomi_.jpg

↑10 (f/2.0)

月うさぎさんのワンコが案内してくれました。

 

東吉野・6月(DSCF6274,35mm,F2)2014yaotomi_.jpg

↑11 (f/2.0)

Mマークが誇らしい子猫「満月」(みずき)もどんどん大きくなってます。

 

東吉野・6月(DSCF6280,35mm,F2)2014yaotomi_.jpg

↑12 (f/2.0)

生産者が居なくなって長くなる『谷尻ごぼう』。

この『谷尻ごぼう』をここ東吉野村の谷尻(たにじり)で復活させるプロジェクトが進行しています。

今はこれが現実的かなー。

ねぇ、番頭はんsmile 

 

今日もお写ん歩ブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。

                                                                         -

                                                        ㈱八百富写真機店 メインページ

                                          ㈱八百富写真機店・高槻駅前店「高槻 写真のひろば」

FUJIFILM_X-Pro1_yaotomi_お写ん歩_i.jpg

※ 記事のカメラは FUJIFILM X-Pro1 ではありません
※ ボディは別売です

FUJIFILM FUJINON XF35mm F1.4 R
ご注文は当社ECサイトからどうぞ!
メーカーサイト
 
<最高峰の画質と操作性を追求した「フジノンXFレンズ」>
・周辺解像度と周辺光量に配慮し、色収差を徹底的に抑えたこだわりの設計の、非球面レンズを含むオールガラス製レンズです。 
・絞り羽根は、どの絞り値を選んでも真円に近いきれいな絞り形状になるよう加工を工夫することで、美しいボケ味を演出します。 
・露出・被写界深度を繊細にコントロールする1/3EVステップの絞りリングを搭載しています。 
 
 
【 フジノンレンズ XF35mmF1.4 R 】
6群8枚レンズと7枚絞り羽根で構成され、1枚のガラスモールド非球面レンズを採用。球面収差を最小限に抑えます。
35mmフィルム換算53mm相当の最もスタンダードな焦点距離のレンズで開放値はF1.4。
画面周辺部まで高い解像感を実現します。
 
【商品仕様】
135mm換算焦点距離:53mm
レンズ構成:6群8枚、非球面レンズ1枚
絞り:F1.4-F16(1/3ステップ)
最短撮影距離:28.0cm(撮影倍率0.17倍)
フィルターサイズ:52mm
外形寸法:65.0mm×54.9mm
質量:約187g
バックフォーカス:21.9mm
 
 

2016年4月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、お写ん歩 【K】が2014年6月19日 10:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「等持院 さつき 2014 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM ArtLine with Canon EOS 5DMarkⅢ」です。

次のブログ記事は「両足院 半夏生 2014 / SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM Art with PENTAX K-3」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

movabletype6.jpg