2010年10月アーカイブ

高山寺 (後)/ ASAHI PENTAX SP

| コメント(0) | トラックバック(0)

201010_高山寺_ex2.jpg

            いつもお世話になってます。

            ディアモール店のです。

 

ASAHI PENTAX SP、このカメラに興味持たれた方が少々居られますのでちょびっと紹介してみますね。

(撮影カメラはPENTAX Optio750z。全てサムネイル、画像クリックで大きく見れます)

SP-1.jpg

←こっち向いてるのがSP(奥のはSLの後付メーター付き)。

今や当たり前になったTTL(Through the Taking Lens)測光。

いわゆるレンズを通して測光(明るさを計測)する方式です。

ちなみにこの画はK10DでRAW撮りのあとPENTAX Digital Camera Utility 4で「銀残し」現像しました。

良いっすね~^^

 

ASAHI-PENTAX-SP_2.jpg

SPのボディにはSPOTMATICと刻まれています。

しかしSPは平均測光なのでネーミングには少々アバウトさが漂います。

理由もそれなりにありますがここでは端折ります←じつは肝心か?\^^;

きっとそのうちどこかでもっと詳しい説明があることを期待しましょう。

 

 

ASAHI-PENTAX-SP_4.jpg

←絞込み押し上げスイッチ(絞込み測光)。

このTTL機能こそSPが大ヒットに導いた要因と言っても過言ではありません。

 

  

 

 

ASAHI-PENTAX-SP_3.jpg

←シャッター速度は1/1000まで。

かわいらしいシャッターボタンが機械式カメラファンの心をくすぐります(笑

 

 

 

 

 

ASAHI-PENTAX-SP_7.jpg

←セルフタイマーのレバー。

マウントは42㎜径1㎜ピッチのM42・ペンタックスプラクチカマウントと呼ばれるもの。

口径は違いますがライカLマウントと同じスクリューマウントですね。

現行のバヨネットみたいに「カチッ!」と留めるのではなく、「ギュッ!」と締めつけるタイプ。

故障も少なくオーバーホールしやすいのが何とも素晴らしいのです。

 

ASAHI-PENTAX-SP_9.jpg

←巻き上げればー・・・、IME駄目です...orz

もとい、巻き上げレバー(ノブ)を持ち上げると・・・

 

 

 

 

 

ASAHI-PENTAX-SP_10.jpg

←裏豚...、IME全くもって駄目です!

もとい、裏蓋がぱっかぁ~んと開きます。

フィルムを装てんする秘密の小部屋ですね。

シャッターは完全機械式の布引横走フォーカルプレーン。

 

 

 

ASAHI-PENTAX-SP_11.jpg

←電池はココ。

液漏れして錆びた形跡がありますが、ごしごし磨いてやれば復活・・・ってのが多いのも特徴。

アダプターを使えばまだまだ現役~。

とにかく頑丈でブリッジ回路メーターも電圧変化に強いのでタフです。

 

 

ASAHI-PENTAX-SP_6.jpg

←ペンタプリズム式のファインダー。

右側にある指針が+と-の間に来るように絞りとシャッター速度を合わせます。

はい、単純明快の露出計ですね。

マイクロプリズムスクリーンもチラ見。

 

 

さてこのカメラ、大ヒットと言っても当時(1964年)の価格は50㎜/1.4レンズ付きで5万円程。

当時の公務員初任給が2万円程度ですから大変高価な買い物だった事でしょう。

今ならCanon 5DmarkⅡやNikon D700の高性能レンズキットを購入する感覚に似ていると言えば分かりやすいですか。

 

中古在庫は多いほうかも知れません。

価格も当時の価格を大幅に下回っています。

レンズも豊富に在庫していますので、是非店頭(大阪駅本店・ディアモール店)でご確認ください。

 

中古と言えば・・・

ロボット大集合.jpg

↑ ロボットの進撃!

昨日ディアモール店に入荷した中古カメラです。

かわいいです!かっちょいいです!

興奮して鼻血出してはいけません!

 

それから・・・

2011-年賀状スタッファ_700.jpg

↑ やって来ました、このシーズン!

「まだ11月だしなぁ・・・」なんて言ってはるあなた!

あっという間に12月、毎年際々になって慌ててはりませんか?

今週末は天気もそんなに良くありません。

11月も中旬を過ぎると紅葉や何んやかやで大忙しになるでしょう?

忙しくなる前に撮り貯めた写真データを回覧し、年賀状用の写真を準備しましょう。

 

ご自宅のパソコン(フォトショップなど)で作ったデータをポストカード(年賀状)に印刷するなんてのもあります。

オリジナリティ溢れる年賀状、もらったほうも嬉しくなるってもんですヨ^^

 

え?ポストカードってプリント代金高いだろう?って??

いえいえ、そんなことないですよー。

ご家庭用パソコンプリンターのランニングコストをご存知です?

プリントの品質、及びプリント時間を考えると・・・

 

印刷品質もすっごく綺麗なフジカラー&コダックポストカードプリントなら尚更お得!

12月13日までなら早期ご注文特典として1枚あたり、なんと38円(税込)!

(別途、文字入れ基本料と年賀はがき代金が掛かります)

 

例年のことなんですが、締め切り間際になると大変混み合います。

特に夕方以降は店頭でお待ちいただく場合もございますので、早め早めのご注文をお待ちしておりますm(_ _)m

詳しくは店頭でご説明させて頂きますので、ぜひお問い合わせくださいね。

 

さて、本題(笑)へと進みましょう。

・・・と言っても写真ばかりですが。

 

使用機材

ASAHI PENTAX SP with...

Super Takumar 50mm F/1.4

アップした画像は全てリサイズ済み。

マウスポインターを重ねて指マークに変わる画像は拡大出来ます。

高山寺 (前)/ ASAHI PENTAX SP

201010_高山寺_top.jpg

           いつもお世話になってます。

           ディアモール店のです。

 

京都の梅ヶ畑栂尾に佇む高山寺。

秋の紅葉になると思い浮かぶのが近くの神護寺ですが、こちら高山寺もそっと綺麗な紅葉を見せてくれます。

そんな高山寺、先日訪れた美山・かやぶきの里へ訪れた帰りに立ち寄ってみました。

 

ここはフィルム(36枚撮1本勝負♪)で撮影。

フィルムを現像後にスキャナーで無補正読み込み、フォトショップで少しだけ画を整えました。

4年前のCanon CanoScan 5200Fでスキャニング。

フィルム撮りはとても楽しいのですが、ブログ用にデジタル化するにはそれなりに時間が掛かります(笑

 

写真に貼り付けてる機材データですが、一部訂正があります。

1枚目のPRO160Cは正解。

2枚目以降のPRO160Sは間違いですm(_ _)m

 

使用機材

ASAHI PENTAX SP with...

Super Takumar 50mm F/1.4

アップした画像は全てリサイズ済み。

マウスポインターを重ねて指マークに変わる画像は拡大出来ます。

泉涌寺 月夜 / DA 12-24mm F4 ED AL

| コメント(0) | トラックバック(0)

201010_泉涌寺_top1.jpg

 いつもお世話になってます。

 ディアモール店のです。

 

京都東山、泉涌寺(sennyuu_t.)。

幼少の頃からよく知る御寺です。

先日こちらで夜間拝観が行われました。

201010_泉涌寺_top2.jpg

 

『観月とハープの調べ』

JR東海エクスプレスカード会員向け企画の特別夜間拝観。

灯りに照らされた泉涌寺、夜空に浮かぶ満月を愉しむ夜。

その美しい情景、何枚か撮りましたので更新してみますね。

 

使用機材

PENTAX K20D with...

smc PENTAX-DA12-24mm F4 ED AL (IF)

smc PENTAX-FA31mm F1.8 AL Limited

 

 アップした画像は全てリサイズ済み。

マウスポインターを重ねて指マークに変わる画像は拡大出来ます。

201010_美山_top2.jpg

 いつもお世話になってます。

 ディアモール店のです。

 

美山かやぶきの里、後編は(も)秋桜いっぱい!

良い風情中をゆっくり歩きながらスナップした画を並べてみますね。

 

使用機材

PENTAX K20D with...

smc PENTAX-DA12-24mm F4 ED AL (IF)

smc PENTAX-FA31mm F1.8 AL Limited

smc PENTAX FA☆ 80-200mm F/2.8 ED [IF]

アップした画像は全てリサイズ済み。

マウスポインターを重ねて指マークに変わる画像は拡大出来ます。

201010_美山_top_f1.jpg

 いつもお世話になってます。

 ディアモール店のです。

 

先日のこと。

写真仲間の皆さんと京都・美山へ行ってきました。

秋桜が綺麗に咲いているだろうなぁ・・・

なんて言いながら到着した美山かやぶきの里、秋桜がいっぱい咲いていましたよー。

 

 1枚目、古いレンズを開放で撮ったらどえらい画になりました(笑

 フルサイズ...と言ってもフィルム。

 デジタルフルサイズの繊細さも好きですが、やはりフィルムの深みある感じは止められません。

 

デジタル 時々 フィルム。

 

 最近フィルム撮りが増えています。

 ここにアップしていない画がたくさん。

 ブログ用にデジタル化するのが面倒くさくて^^;

 

押入れの奥で"ぐすんぐすん"と涙すする声が聞こえてきたら、それは忘れ去られそうになっているカメラかも。

「使わないし売ろうか?」・・・それはそれで大歓迎です^^

「もう捨てようか。」・・・いきなりそれは悲しすぎます。

眠っているカメラがございましたら、一度使ってみて上げてください。

故障していても修理に出せば直るかも知れません。

(当店々頭でも修理受付してますよ~)

懐かしい思い出は写真だけではないことを覚えといたげてください。

 

 デジタルカメラよりもうんと簡単なフィルムカメラ。

 "フィルムカメラは難しい"・・・なんて誰が言ったのやら。

 この現像上がるワクワク感こそのんびり楽しい写真撮影だと思います。

 

どないです?

フィルム少しでもやってはるカメラマンならそう思いますよね^^

と言いつつこの日使ったフィルムは1本のみです(笑

その画はまた後日・・・

 

使用機材

PENTAX K20D with...

smc PENTAX-FA31mm F1.8 AL Limited

smc PENTAX FA☆ 80-200mm F/2.8 ED [IF]

ASAHI PENTAX SP with...

Super Takumar 50mm F/1.4

アップした画像は全てリサイズ済み。

マウスポインターを重ねて指マークに変わる画像は拡大出来ます。

201010_紀勢本線_top2.jpg

 いつもお世話になってます。

 ディアモール店のです。

 

紀伊半島の旅画、これで最終回です。

 

秘境の雰囲気漂う波田須(hadasu)駅。

駅前の広場も無いほど小さな駅でしたが、ローカル風情は満点でした。

トンネルとトンネルに挟まれた直線のプラットホーム。

山斜面に建ち並ぶ集落の一番下に位置します。

 

DIAK0480sds3-.jpg

駅前に立てられていた案内板。

迷路のような集落の路も急斜面を物語っているようです。

 

 

 

駅を訪れるために車を停める場所探しましたが見当たらず・・・

たまたま駅近くでお会いした地元のかた。

住居スペースに停めれば良いと優しいお言葉。

これだけでこの地が良いところなんだと確信しました。

 

使用機材

PENTAX K20D with・・・

smc PENTAX-FA31mm F1.8 AL Limited

アップした画像は全てリサイズ済み。

マウスポインターを重ねて指マークに変わる画像は拡大出来ます。

201010_紀勢本線_top1.jpg

 いつもお世話になってます。

 ディアモール店のです。

 

「紀伊半島の南へ」最終章です。

三重県熊野市二木島町、JR東海紀勢本線二木島駅。

以前はこちらも何本か線路が敷かれていたようです。

今は無人駅。

列車は1時間に1本来るか来ないかです。

 

でも何処か懐かしい雰囲気あるのですよね。

 

使用機材

PENTAX K20D with・・・

smc PENTAX-FA31mm F1.8 AL Limited

smc PENTAX A50mm F/1.2

アップした画像は全てリサイズ済み。

画像にマウスポインターを重ねて指マークに変わる画像は別ウインドウで拡大が出来ます。

201010_大台ヶ原紅葉_top2.jpg

 いつもお世話になってます。

 ディアモール店のです。

 

大蛇嵓(daijyagura)への分岐点。

ちなみに左へ向うと、ちょっとした心臓破り的坂が迎えてくれるシオカラ谷吊橋方面です。

 

ここからしばらく下りになります。

足元の岩は滑りやすく、ところどころ泥濘んでおり慎重に歩きました。

相変わらず雨が降り続き大蛇嵓が近づくにつれ風も強くなってきます。

まぁそれでもハードなコースではないのでのんびり進みましょう。

 

後半も全てRICOH GRdigitalⅡのみの撮影です。

PENTAXコンパクトデジタルでなくてすみません。

何故かPENTAX広角コンパクトデジタル持ってないのです・・・ 

 

使用機材

RICOH GRdigitalⅡ

アップした画像は全てリサイズ済み。

画像にマウスポインターを重ねて指マークに変わる画像は別ウインドウで拡大が出来ます。

201010_大台ヶ原紅葉_top1.jpg

 いつもお世話になってます。

 ディアモール店のです。

 

奈良と三重の県境に跨る台地状の山塊、大台ヶ原。

多雨地帯として世界的にも有名なところ。

そう、がよく訪れる大台ヶ原は多雨地帯。

この日もバッチリ雨天でした...orz

 

関西圏では早くに紅葉の見頃を迎えることでも知られています。

毎年大台ヶ原の紅葉を皮切りに紅葉撮影を始めているかも知れません。

一番高いところから紅葉が進むのは他の山と一緒なのですが、大台ヶ原の紅葉は独特の雰囲気があるように思えます。

「どのあたりが?」と問われると返答に苦しみますが、その理解できないような紅葉の感覚こそが大台ヶ原の魅力なのでしょうか。

人それぞれに感じ方こそ違いますが、やはり大台ヶ原の紅葉は一度観に訪れると忘れられない魅力があります。

 

過去の写真データを確認しビジターセンターへ紅葉の進み具合を問い合わせてみると「大蛇嵓(daijyagura)まで降りてきています」とのこと。

ここの紅葉はいつも一気に進むような気がします。

降水確率の高い曇天予報でしたが、とりあえず日の出時間に合わせて深夜出発することにしました。

 

使用機材

RICOH GRdigitalⅡ

アップした画像は全てリサイズ済み。

画像にマウスポインターを重ねて指マークに変わる画像は別ウインドウで拡大が出来ます。

201010_桑木滝_26top.jpg

 いつもお世話になってます。

 ディアモール店のです。

 

桑ノ木の滝、それは本当に美しい滝でした。

今回の小旅で一番感動を得て、一番撮り応えあったような気がします。

あとで調べてみると水量が一定ではないのだそうですね。

良いタイミングで訪れることが出来たことに感謝です。

 

使用機材

PENTAX K20D with・・・

smc PENTAX-DA12-24mm F4 ED AL (IF)

smc PENTAX-FA31mm F1.8 AL Limited

smc PENTAX-FA77mm F1.8 Limited

アップした画像は全てリサイズ済み。

画像にマウスポインターを重ねて指マークに変わる画像は別ウインドウで拡大が出来ます。

2016年4月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このアーカイブについて

このページには、2010年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年9月です。

次のアーカイブは2010年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

movabletype6.jpg