奈良 矢田寺の紫陽花 2019 / Panasonic LUMIX DC-S1R

P1013253_2_105mmF4,0iso2500,105 mm,F4,iso2500.jpg

瞬間を高画質で切り撮る、Panasonic LUMIX DC-S1R は撮影者の意図を瞬時に判断。

頼もしいだけではない、これはちょっとした相棒なんだと思うな。

fecebook_お写ん歩バナー.jpg

 

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店 店長です。(2019年6月8日撮影)

前回は Panasonic LUMIX DC-S1 製品版からの試用でしたが、今月は Panasonic LUMIX DC-S1R 試用月間です。

S1R_01.jpg

DSC_0050,70 mm,F25,iso100 1.jpg DSC_0053,70 mm,F22,iso100.jpg

Panasonic LUMIX DC-S1 との違いは幾つかございますが、圧倒的な違いは何と言ってもセンサーの違い。

※ S1=2420万有効画素(6,000x4,000px)/ S1R=4730万有効画素(8,368x5,584px)

ハイレゾリューションモードに至っては「9,600万画素(12,000×8,000px)/1億8,700万画素(16,736×11,168px)と圧倒的な違いがあります。

個人的に Panasonic LUMIX DC-S1R を支持したい理由はもうひとつ別にあり、電子シャッターが「1/16,000sec」である点。

大口径単焦点レンズなどを装着し、明るい場所で絞りを開けて撮りたい時など「高速シャッター」が必要になる場合があります。

電子シャッターの恩恵はそれだけではないのですが、案外こんなところで選択迷う場合もあるということ。

 

既に作例はweb上にゴロゴロ転がっている状態です。

個人的な感情も含めて撮影を始めていますので、当分の間 Panasonic LUMIX DC-S1R の作例が続くことをご了承くださいw

試用レンズ Panasonic LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S. と Panasonic LUMIX S PRO 70-200mm F4 O.I.S. は「 Ver 1.1 」へアップデート済です

アップした画像は全てサムネイルです。
マウスポインターを重ね、指マーク.jpg ポインタ(カーソル)に変われば、クリックで拡大(縦1,080ピクセル・一部リサイズ無し)画像を見ることができます。

P1013190_50mmF1,4iso100,50 mm,F1.4,iso100.jpg

↑2 Panasonic LUMIX S PRO 50mm F1.4

矢田寺の紫陽花は、このとき咲き初め。

早く咲き始めたものをピックアップ撮影です。

※ 今回はすべて三脚無し、手持ち撮影のみ

 

P1013199_50mmF1,4iso200,50 mm,F1.4,iso200.jpg

↑3 Panasonic LUMIX S PRO 50mm F1.4

定番ですが.....

やや暗い場所でのシーンですが、「手ブレ状態スコープ」表示効果が良い結果をもたらしてくれます。

 

P1013203_50mmF1,4iso100,50 mm,F1.4,iso100.jpg

P1013202_50mmF1,4iso125,50 mm,F1.4,iso125.jpg P1013207_50mmF1,4iso100,50 mm,F1.4,iso100.jpg

↑↑4 ↑5・6 Panasonic LUMIX S PRO 50mm F1.4

 

P1013215_50mmF8,0iso500,50 mm,F8,iso500.jpg

↑7 Panasonic LUMIX S PRO 50mm F1.4

ちょっと朝陽が入ってキラキラ、光学ローパスレスによるよりリアルな表現力。

 

P1013221_200mmF4,0iso3200,200 mm,F4,iso3200.jpg

↑8 Panasonic LUMIX S PRO 70-200mm F4 O.I.S.

お散歩中のご老人に勧められた横顔。

ファインダー内で全てをコントロールできるところがE.V.F.の特権と言えるものであり、拡大ピント合わせからA.F.ポイントの微移動まですべて着眼したまま行えます。

他社のE.V.F.でも可能な機能ですが、これはピンポイントで拡大することもでき、手持ちでも構図を変えることなく行えるのはありがたい。

もちろん見たままが記録されますから、液晶モニターで確認する必要もないし、露光の失敗も最小限に抑えられます。

 

P1013225_70mmF4,0iso500,70 mm,F4,iso500.jpg

↑9 Panasonic LUMIX S PRO 70-200mm F4 O.I.S.

こんな感じが奈良っぽくて良いかな。

 

P1013226_24mmF4,0iso400,24 mm,F4,iso400.jpg

↑10 Panasonic LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

閻魔さんに会えるかも。

3軸チルト式モニターはこんなローアングルで超便利。

バリアングルだと中心点がずれてしまうので、即座に撮影できなかったりするのですよ。

 

P1013237_31mmF4,0iso640,31 mm,F4,iso640.jpg

↑11 Panasonic LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

ここは大好きなポイント、初めて訪れた時からずっとここがお気に入り。

ここに咲く紫陽花が大好きで訪れているようなものです。

花株の大きさが毎年違うので、ちょっとしたバロメーターにもなります。

 

P1013255_24mmF4,0iso800,24 mm,F4,iso800.jpg

↑12 Panasonic LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

紫陽花園は今頃見頃ど真ん中かな?

そろそろ梅雨空になりそうですし、今週末もしっかり楽しめると思いますよ。

 

P1013265_105mmF4,0iso800,105 mm,F4,iso800.jpg

↑13 Panasonic LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

なかなかシュッとしはったでんでん虫。

 

P1013267_72mmF4,0iso500,72 mm,F4,iso500.jpg

↑14 Panasonic LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

 

P1013304_139mmF4,0iso400,139 mm,F4,iso400 1.jpg

↑15 Panasonic LUMIX S PRO 70-200mm F4 O.I.S.

紫陽花にミツバチ。

この組み合わせがすっごく珍しい気がしたのですが、実際はどうなんでしょ?

 

P1013272_50mmF1,4iso125,50 mm,F1.4,iso125.jpg

↑16 Panasonic LUMIX S PRO 50mm F1.4

あぁ、こんな画も大好きです。

 

P1013277_50mmF4,5iso250,50 mm,F4.5,iso250.jpg P1013321_70mmF4,0iso800,70 mm,F4,iso800.jpg

P1013318_200mmF4,0iso800,200 mm,F4,iso800.jpg

↑↑17 Panasonic LUMIX S PRO 50mm F1.4 ・18 Panasonic LUMIX S PRO 70-200mm F4 O.I.S. 

↑19 Panasonic LUMIX S PRO 70-200mm F4 O.I.S.

猫の声、ついていった先が彼女の定位置なのだろう。

「またおいで。」 そう言われたかどうかは分かりませんが。

 

番外編、このあと大和郡山から針を経由し伊勢方面へ。

P1013332_81mmF4,0iso100,81 mm,F4,iso100.jpg P1013347_348.jpg

↑A Panasonic LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

伊勢志摩ライナーで訪れてみたいところですが、この日は自動車です。

 

P1013354_28mmF4,5iso1000,28 mm,F4.5,iso1000.jpg

P1013358_34mmF4,5iso1000,34 mm,F4.5,iso1000.jpg P1013359_67mmF4,5iso1000,67 mm,F4.5,iso1000.jpg

↑↑B ↑C・D Panasonic LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

40年間伊勢神宮に通い撮り続けたとされる"奥山 理"氏の写真展が、鳥羽大庄屋「かどや」さんで開催されています。

【奥山理の遺作展~伊勢神宮の人と自然】、その名の通りじつに素晴らしかった!

こんな写真を撮られていたこと、やはり同じ場所へ何度も通わんとイカンなぁと改めて思う訳です。

  

P1013385_74mmF7,1iso640,74 mm,F7.1,iso640.jpg

↑E Panasonic LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

こういうさり気なさが素敵な場所でした。

写真展は6月24日(月)まで。

 

この日何かとお世話になりました泊氏の作品を鳥羽の駅前で拝見。

P1013429_24mmF4,0iso800,24 mm,F4,iso800 1.jpg

↑F Panasonic LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

氏直々のご説明に感謝感激です。

 

そのあと月讀宮(つきよみのみや)へ。

P1013485_24mmF9,0iso125,24 mm,F9,iso125.jpg

P1013462_24mmF6,3iso8000,24 mm,F6.3,iso8000.jpg P1013464_47mmF6,3iso8000,47 mm,F6.3,iso8000.jpg P1013469_58mmF6,3iso160,58 mm,F6.3,iso160.jpg

↑↑G ↑H・I・J Panasonic LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

お昼ご飯は月讀宮の前で営まれているその名も「つきよみ食堂」さん。

この付近でのお昼ご飯ポイントはさっぱり判らず、ほとんど勘だよりで訪れたわけですな。

小学生以来で口にした"伊勢うどん"は「ふわっふわ♪」、なんと優しいおうどんでしょ。

出汁も絶妙、定食のカツとじまで美味しかったから、これは満足度120%!

なにより店主ご夫婦の愛想がとても良く、ずっと居心地良かったというのはオマケ以上の価値があります。

 

ほど近い神宮美術館。

P1013502_24mmF18iso320,24 mm,F18,iso320.jpg P1013505_348.jpg

↑K・L Panasonic LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

ここでまったり過ごした後は、"おはらい町通り"へ。

P1013510_348.jpg P1013534_24mmF4,0iso100,24 mm,F4,iso100.jpg

P1013526_34mmF4,0iso160,34 mm,F4,iso160.jpg

↑↑M・N ↑O Panasonic LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

着きました着きました、おかげ横丁。

あたしゃ初めてです^^;

 

憧れの赤福本店!!

P1013524_105mmF4,0iso800,105 mm,F4,iso800.jpg P1013521_24mmF10iso16000,24 mm,F10,iso16000.jpg P1013525_24mmF4,0iso250,24 mm,F4,iso250.jpg

P1013551_50mmF1,4iso100,50 mm,F1.4,iso100.jpg

↑↑P・Q Panasonic LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

↑R Panasonic LUMIX S PRO 50mm F1.4

お客さんが所狭しと座って赤福餅を食べたはる。

そうそう、お伊勢さんのイメージってこれだなーって。

ゆっくりのイメージと忙わしさが入り混じる雰囲気、幼少時代の想い出が沸々と蘇る素敵な時間でした。

「R」の店舗前写真、結構お気に入りです。

 

皆さん、誘ってくれてありがとう。 

 

DSC_0050,70 mm,F25,iso100 1.jpg

Panasonic LUMIX DC-S1-K [ボディ]

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/30586

Panasonic LUMIX DC-S1M-K レンズキット

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/30587

Panasonic LUMIX DC-S1R-K [ボディ]

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/30588

Panasonic LUMIX DC-S1RM-K レンズキット

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/30590

 

Panasonic LUMIX S PRO 50mm F1.4

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/30591

Panasonic LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/30595

Panasonic LUMIX S PRO 70-200mm F4 O.I.S.

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/30594

 

今日も お写ん歩ブログ にお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

お写ん歩・- fecebook_お写ん歩.jpg

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、お写ん歩 【K】が2019年6月20日 17:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「京都 詩仙堂のサツキ 2019 / SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art」です。

次のブログ記事は「和歌山 熊野の夜を彩るヒメボタル 2019 / Panasonic LUMIX DC-S1R with SIGMA LENS」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ