パナソニック Panasonic LUMIX DC-S1 / 奈良 春日大社(万葉植物園)の藤の花 2019

P1014418_105mmF4,0iso320_2019yaotomi.jpg

P1014418.JPG

華やぐ令和のはじめ、奈良の春日大社で Panasonic LUMIX DC-S1 を使う記念撮影。

すごい、素晴らしい、こんなレンズ交換式カメラが世に送り出されたことの事実と感動。

 

fecebook_お写ん歩バナー.jpg

 

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店 店長です。(2019年5月1日撮影)

Panasonic LUMIX DC-S1 の製品版を使ったのは数日前、予習も何もなくいきなり使ってみた新製品です。

DSC_0018_2019yaotomi.jpg PXZ20048,19 mm,F2.8,1-60 秒,iso250.jpg

ミラーレス機に対してコンパクトさを求めてはいない自分にとって、この超性能を盛り込んだ Panasonic LUMIX DC-S1 は全面的にドンピシャ。

メカニカルで小さなレンズ交換式カメラにも興味"あり"ですが、「こう使いたい」「こんな写りであって欲しい」という入口と出口をきちんと抑えているマシンこそ「実用機」と言えるはず。

手タレの女性は手が小さいのでサイズ感も「?」ですが、実際手にするとなかなかどうしてしっくりくるワケですよ。

 

DSC_0022_2019yaotomi.jpg PXZ20844_2019yaotomi.jpg

高精細 約576万ドット リアルビューファインダーに高速・高精度・高追従性を実現した空間認識技術。

ファインダーがじつに素晴らしい、ホンっとーーーに素晴らしい。

僕はファインダーを右目で覗き、左目もほぼほぼ開けたままの両眼で被写体を見る人です。

一定の距離に設定して両目で見ると、まるで裸眼で眺めているよう.....これ本当。

「O.V.F.よりも透明感高くて綺麗ちゃうの??」.....妙なことをほざいてしまったのも事実ですが、そのくらいE.V.F.が素晴らしいと言いたかったw

あ、夜間の撮影は試せていませんが「低照度 -6EV 対応 A.F. 」、夏の天ノ川が待っている!!

 

DSC_0020_2019yaotomi.jpg DSC_0028_2019yaotomi.jpg

大型3.2型 高精細約210万ドット、待ってました!3軸チルト式モニター搭載!

レンズから同軸のライン上に揃うファインダーに加えて「チルト式」、自撮りなんてしないからこれが良い。

三脚構えてじっくり撮るときもコレが便利.....というか、これ以外に考えられない.....ほど。

ステータスL.C.D.はチルト可動式にならなかったなー。

 

PXZ20064,ps.jpg PXZ20056,ps.jpg PXZ20065,ps.jpg

バッテリーチャージャーは大きくゆとりがあり、USB給電/充電(タイプC・急速充電対応)です。

この方式、僕みたいに自動車で転々と移動しながら撮影する者にとって、とーっても好都がいい。

チャージタイムも案外早いし、電力を供給(給電)しながら充電も可能。

USB PD(USB Power Delivery)対応のモバイルバッテリーを携帯しておくと、夜間の長時間撮影時(天体撮影時などで)にハラハラドキドキも無くなり撮影に集中できます。

 

XQDに加え、SDカードもダブルスロットなのは超ありがたいw

間もなく CFexpress (2.0かな?)が登場するでしょうし、選択枠が広がるのはとても良いことであります。

 

■ 14bit RAW 対応

■ 低照度-6EVに対応した高精度なAF

■ カメラ内で自動合成処理を行うハイレゾモード

■ 高精細 6K PHOTO(約18M画素・秒間30コマ連写)

■ シャッター速度5.5段分の手ブレ補正(「Dual I.S.2」シャッター速度6.0段分)

 

あぁ、試したい機能は盛りだくさんなのに、ほぼ使い切れぬまま試撮は終了しました。

とにもかくにも、今さらですが撮りたてファーストインプレッション画像を観ていただきましょう。

アップした画像は全てサムネイルです。
マウスポインターを重ね、指マーク.jpg ポインタ(カーソル)に変われば、クリックで拡大(縦1,080ピクセル・一部リサイズ無し)画像を見ることができます。

P1014366_54mmF4,0iso500_2019yaotomi.jpg

↑2 Panasonic LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

 

P1014385_135mmF1,8iso200_2019yaotomi.jpg P1014385.JPG

↑3 SIGMA MOUNT CONVERTER MC-21 with SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art

PXZ20058,ps.jpg PXZ20059,ps.jpg

PXZ20060,24 mm,F2.8,1-60 秒,iso400.jpg PXZ20062,ps.jpg

じつは SIGMA MOUNT CONVERTER MC-21 も使ってみたのです。

何れ「Lマウントフルサイズボディ」が出て来るでしょうけど、Canon マウントの SIGMA (Contemporary、Art、Sports)レンズが直ぐに使えるとあれば、やはり試してみたくなるのです。

基本的にボディ内のデジタル補正に頼る必要のない素性の良い SIGMA レンズ群、撮れた画は何の違和感もなく素直に「美しい」。

更に LUMIX の美しい色がこんなふうに生きてくるとは想像もしておらず、これはまた新しい感覚で強烈な写欲に襲われてしまいますw

写真は三脚座が脱着できますよ~の図、付属工具ひとつで簡単に脱着できるのも良い。

某社マウント変換アダプターで腕組んで悩んだ三脚雲台「シュー」との接触、これはそもそもが薄い設計の為ほぼ心配なし。

アダプタ内蔵の小さな LED による"色"と"点灯"で、装着したレンズの対応・非対応の判別や、レンズファームウェアのアップデートが必要かどうかも判断できるという優れもの。

こんなところが「あぁ、やっぱ SIGMA だなぁ♪」って思えるギミックな仕掛け。

 

とりあえず SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM | Art と SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art を触り程度に使ってみました。

特有の動作は相変わらずですが、通常使いではまったくもって問題なし。

SIGMA レンズ以外の他社レンズも使える(みたい)なので、コシナ社のアレやオールドレンズも使ってみたくなるはずです。

僕は猛烈に使ってみたいです(笑

  

P1014400_14mmF8,0iso2500_2019yaotomi.jpg

P1014406_78mmF4,5iso640_2019yaotomi.jpg P1014394_50mmF11iso3200_2019yaotomi.jpg

↑↑4 SIGMA MOUNT CONVERTER MC-21 with SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM | Art

↑5・6 Panasonic LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

小雨の春日大社は艶々。

藤の色もマシマシで綺麗。

 

P1014408_ps_2019yaotomi.jpg

↑7

令和になって最初の春日大社、予想通り行事がいっぱいです。

境内は一日を通して入場制限などもあったようですが、5月1日から始まった「神職が案内する朝のお参り」は予定通り 6:30 から始まりました。

特別参拝入口から先へは入れないと思っていたのですが、「神職が案内する朝のお参り」参列で入ることができたという幸運。

令和初日は良い記念の日になりました。

 

P1014473_135mmF1,8iso100_2019yaotomi.jpg

↑8 SIGMA MOUNT CONVERTER MC-21 with SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art

御蓋山の藤は良い色に。

 

P1014428_86mmF4,0iso100_2019yaotomi.jpg P1014428.JPG

↑9  Panasonic LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

多賀神社の藤も素晴らしい。

Panasonic LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S. の写りがドンピシャ。

絞り開放の F/4.0 ですが、自然な奥行き感が心地いい。

 

P1014429_78mmF4,0iso160_2019yaotomi.jpg P1014429.JPG

↑10  Panasonic LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

 

P1014458_ps_2019yaotomi.jpg

↑11 SIGMA MOUNT CONVERTER MC-21 with SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art

もう人が途切れない時間帯。

多くの方が記念撮影、樹齢700年と言われている「砂ずりの藤」。

 

P1014436_105mmF4,0iso125_2019yaotomi.jpg

↑12 Panasonic LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

 

P1014468_135mmF1,8iso100_2019yaotomi.jpg

↑13 SIGMA MOUNT CONVERTER MC-21 with SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art

 

P1014478_135mmF1,8iso100_2019yaotomi.jpg

↑14 SIGMA MOUNT CONVERTER MC-21 with SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art

慶賀門から白藤がちらり。

 

時間が無いのに「万葉植物園」へ。

P1014600_24mmF14iso3200_2019yaotomi.jpg

↑15 Panasonic LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

見頃の箇所もあり、無理して入園した甲斐は大いにありました。

 

P1014488_21mmF10iso500_2019yaotomi.jpg

↑16 SIGMA MOUNT CONVERTER MC-21 with SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM | Art

晴れても綺麗な万葉植物園、雨が降っても綺麗って知ってはりますか?

 

P1014528_34mmF5,0iso160_2019yaotomi.jpg

↑17 Panasonic LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

「映え(ばえ)る」映り込みは少ない雨天ですが、植物が生き生きして綺麗なんです。

 

P1014543_56mmF5,0iso200_2019yaotomi.jpg

↑18 Panasonic LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

ここではルミックスカラー炸裂でした。

 

P1014562_36mmF4,0iso100_2019yaotomi.jpg

↑19 Panasonic LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

帰宅後の画像チェックがこんなに楽しいと思えるのも久しぶり。

 

P1014565_46mmF11iso2000_2019yaotomi.jpg

↑20 Panasonic LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

色飽和もグッと控えめ、リアルな再現力に唸ってばかり。

 

P1014578_57mmF4,0iso160_2019yaotomi.jpg

↑21 Panasonic LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

 

P1014586_66mmF14iso1000_2019yaotomi.jpg

↑22 Panasonic LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

絞っても綺麗、こういう処理がじつに素晴らしい。

 

P1014589_105mmF4,5iso320_2019yaotomi.jpg P1014589.JPG

↑23 Panasonic LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

つい無駄に撮ってしまう、それでも撮影枚数は少なめ。

E.V.F.の恩恵である。

 

P1014596_102mmF4,0iso250_2019yaotomi.jpg

↑24 Panasonic LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

あー、綺麗だった!!

このあと一気に南下して撮影してきましたので、それは次回。

 

DSC_0024_2019yaotomi.jpg DSC_0034_2019yaotomi.jpg

DSC_0018_2019yaotomi.jpg

Panasonic LUMIX DC-S1-K [ボディ]

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/30586

Panasonic LUMIX DC-S1M-K レンズキット

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/30587

Panasonic LUMIX DC-S1R-K [ボディ]

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/30588

Panasonic LUMIX DC-S1RM-K レンズキット

 https://www.yaotomi.co.jp/products/detail/30590

 

今日も お写ん歩ブログ にお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

お写ん歩・- fecebook_お写ん歩.jpg

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、お写ん歩 【K】が2019年5月 5日 20:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「京都 乙訓寺のぼたんと長岡天満宮のキリシマツツジ 2019 / NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S と NIKKOR Z 14-30mm f/4 S を使ってみました」です。

次のブログ記事は「パナソニック Panasonic LUMIX DC-S1 / 奈良 下北山村 石ヤ塔(いしやとう)・十津川村 瀞峡(どろきょう)瀞ホテル 2019」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ