両足院 半夏生 2012 / OLYMPUS OM-D E-M5

両足院_半夏生_2012_yaotomi_お写ん歩_top1.jpg

両足院_半夏生_2012_yaotomi_お写ん歩_3.jpg

兩足院 半夏生(半化粧) 2012 / OLYMPUS OM-D E-M5

 

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店店長です。

(高槻駅前店お店ブログ高槻 写真のひろばこちらから)

 

 

昨年偶然にも臨時のお休みの日に訪れてしまった両足院(りょうそくいん)さん。

楽しみにしていた半夏生(はんげしょう)を観れぬまま一年越し、今年は良い時期に観ることができ大変嬉しゅうございました。

この時期に葉が白くなる植物("またたび"だったかな?)は、奈良の山間部でもよく見かけますが、両足院さんの半夏生はそれとちょっと違うようです。

陽が当たり輝いているのかと思ってしまう不思議な植物、見慣れてくるととても風流な姿に見えてくるからもひとつ不思議。

当日丁寧にお手入れされている姿を見かけ、なるほど、この美しさはこういった努力の結果なんだと妙に感心。

京都市内の各寺院でもよく見かける半夏生ですが、ここ両足院さんの半夏生は白い花が咲き乱れるようにも見え、美しい庭園を綺麗に飾っている様にも見えました。

 

先週末に高槻駅前店の同僚やお客さんも訪れたそうで、咲きっぷり良く十分に観応えを感じたとのことです。

その日はちょうど半夏生前後だったのですね。

両足院半夏生(はんげしょう)の庭園特別公開は7月8日(日)までで、受付時間は午前10時から午後4時30分までです。

しばらく梅雨空が続きますが、雨の庭園もそれは美しゅうございます。

公開終了までまだ間に合うことでしょう、お茶室で雨音聞きながら頂くお抹茶は、たいへん風流で凄ぅ~んごくお勧め^^

ここでの使用カメラはOLMPUS OM-D E-M5 ダブルズームキットです。

アップした画像は全てサムネイルです。

マウスポインターを重ねて指マークに変わる画像は、クリックで拡大(横1152ピクセル)画像を見ることができます。

.

両足院_半夏生_2012_yaotomi_お写ん歩_6.jpg

両足院_半夏生_2012_yaotomi_お写ん歩_16.jpg

↑3 ←4 

誰も居ない綺麗な坪庭。

受付を済ますと直ぐに半夏生咲くお庭が見えますから、皆さんそちらに行ってしまわはるんでしょう。

この坪庭で目心潤したら、半夏生咲くお庭見える場所へ。

 

両足院_半夏生_2012_yaotomi_お写ん歩_5.jpg

5↑ ゆるり波打つ硝子越しの半夏生。

両足院_半夏生_2012_yaotomi_お写ん歩_15.jpg

6↑ 陽の陰る時を待って。。。

両足院_半夏生_2012_yaotomi_お写ん歩_8.jpg

7↑ 

両足院_半夏生_2012_yaotomi_お写ん歩_13.jpg

    8↑ 寄ってみれば何とも不思議な半夏生。

両足院_半夏生_2012_yaotomi_お写ん歩_2.jpg

    9↑ お抹茶を頂くかどうしようか迷っていましたが、受付の方のひと言で即決(笑

    お庭に入る小さな門をくぐれば正面に茶室水月亭、ここから観るお庭はまた別の美世界。

両足院_半夏生_2012_yaotomi_お写ん歩_10.jpg

    10↑ 茶室「臨池亭」、静かな良い時間。

両足院_半夏生_2012_yaotomi_お写ん歩_12.jpg

両足院_半夏生_2012_yaotomi_お写ん歩_11.jpg

↑11 ←12 

星と月のお菓子の中には綺麗な色を放つ餡。

この組み合わせも半夏生、お着物の女性が丁寧に説明してくれはります。

皆さんにもお勧めです。

 

両足院_半夏生_2012_yaotomi_お写ん歩_17a.jpg

↑13 良い時間、過ごさはりましたか?

両足院_半夏生_2012_yaotomi_お写ん歩_7.jpg

↑14 ぽつり、ぽつり。

傘持って来てへんし、そろそろお暇しましょ。

 

両足院さん、ええもん見せてもらいました^^

 

今日もお写ん歩にお付き合いいただきありがとうございました。

                                                                        -

                                                        ㈱八百富写真機店 メインページ

                                          ㈱八百富写真機店・高槻駅前店「高槻 写真のひろば」

 

M.ZUIKO_14-42mm_yaotomi_お写ん歩_1.jpg

OLMPUS OM-D E-M5 ダブルズームキット

価格(税込): 会員様特別価格 (2012年6月14日現在)
現在の価格は八百富写真機店各店へお問い合わせ願います。

 

 

 

 

 

 

 

 

■新たなバリエーションとして、「M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II R」、「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6R」をキットとして組み合わせた「OLYMPUS OM-D E-M5 ダブルズームキット」です。
「M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II R」は、35mm判換算で28-84mm相当の焦点域をカバーし、重さ113gの軽量化を実現したコンパクトでスタイリッシュな標準ズームレンズです。
また、80-300mm相当(35mm判換算)の望遠ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6R」も、重さ190gと非常に軽量です。
どちらのレンズも、"MSC(Movie & Still Compatible)機構"を採用することで、オートフォーカスの高速化と静音化を実現、ハイクオリティーな静止画・動画の撮影を軽快に楽しむことができます。

■「マイクロフォーサーズシステム規格」に準拠した"新世代マイクロ一眼"
新世代マイクロ一眼「OLYMPUS OM-D」は、「PENシリーズ」と同様に、マイクロフォーサーズシステム規格に準拠した、小型・軽量の新しい一眼カメラです。
「PENシリーズ」がフィルム時代のPENから手軽さと高画質を受け継いだように、「OLYMPUS OM-D」はフィルム時代のOMから本格的なシステム一眼の伝統を受け継ぎます。
厳しい撮影環境のもとで交換レンズを駆使し、ファインダーを見ながら傑作を狙う写真ファンのための新しいシリーズです。

■銘機OMシリーズ譲りの小型軽量ボディーに防塵・防滴性能をプラス
直線を基調としたデザインは、「OM」から、一眼らしいスタイルと凝縮感を受け継いでいます。
マグネシウム合金の筐体は、ボディーに高い剛性を与えています。カメラ上部カバーもマグネシウム合金製で、アルミ製の底部カバーとあわせて、高い質感と強度を両立しています。
また、各所にシールドを施したボディーは防塵・防滴構造となっており、雨天や砂塵といった厳しい環境下での撮影を可能にしています。
しかも圧倒的な小型軽量で、レンズ交換式の防塵・防滴の一眼カメラとしては世界最小(※2012年1月18日現在)です。

■従来比でノイズを半減した1605万画素 新Live MOSセンサー
新しい1605万画素のハイスピード Live MOSセンサーを搭載しています。
このセンサーは、高い解像力に加えて、ノイズを従来機種の半分以下に抑えています。
ダイナミックレンジも拡大しており、低輝度から高輝度まで豊かな階調再現力を持っています。
さらに高感度化も実現し、静止画最高感度はISO25600に達しています。

■大幅な画質の向上を実現する新画像処理エンジン「TruePic VI」
「E-P3」以来の画像処理エンジン「TruePic VI」を搭載し、新LiveMosセンサーとの組み合わせで、画質を大幅に向上させました。
同時に、処理時間を短縮し、撮影レスポンスを高めました。

■高画質・高機能な電子ビューファインダーを内蔵
144万ドットの高精細な液晶で、視野率100%の電子ビューファインダーを内蔵。
最大倍率1.15倍、アイポイントを18mm確保しています。
また、表示タイムラグを約0.03秒(最短)に抑える高速表示モードでは、光学ファインダーに対して遜色のない、高い被写体追従性を誇ります。

■世界初※の5軸対応手ぶれ補正機構を搭載
ヨー、ピッチの2軸補正機構に加えて、水平方向の並進ぶれ、垂直方向の並進ぶれ、回転ぶれ(ローリング)の、合計5種類の手ぶれに対応した、世界初※の5軸手ぶれ補正機能を備えています。
また、ファインダーの像のぶれや、動画撮影中のぶれにも対応します。
(※2012年5月30日現在。レンズ交換式カメラとして(電子式手ぶれ補正を除く))

■9コマ/秒の高速連写、オートフォーカス追従の連写で最高4.2コマ/秒

■可動式の3.0型の有機ELモニターと、高速応答の静電容量式タッチパネル

■MOV形式(MPEG-4AVC/H.264)を採用したフルHD動画撮影機能を搭載

■防塵・防滴を施した、ガイドナンバー10の小型外付フラッシュを同梱

■モードダイヤル、メインダイヤルの2つのダイヤルを採用

■シーンモードに3Dフォト撮影機能を搭載

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、お写ん歩 【K】が2012年7月 3日 08:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「PENTAX K-30 大阪 中ノ島 / PENTAX K30」です。

次のブログ記事は「天得院 桔梗 2012 / PENTAX K-30」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ