法金剛院 花菖蒲 紫陽花 2012 / OLYMPUS OM-D E-M5

法金剛院_菖蒲_2012_yaotomi_お写ん歩_top1.jpg

法金剛院 花菖蒲 紫陽花 2012 / OLYMPUS OM-D E-M5

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店店長です。

(高槻駅前店お店ブログ高槻 写真のひろばこちらから)

 

法金剛院_菖蒲_2012_yaotomi_お写ん歩_2.jpg

JR嵯峨野(山陰)線花園駅から程近い法金剛院(ほうこんごういん)。

高架線になる前、この辺りも懐かしい風情いっぱいだったのは京都っ子もメ一杯ご存知のことかと。

この季節、各地で飾り咲く花菖蒲で賑わいますが、法金剛院の花菖蒲は特別綺麗だなといつも思う訳です。

曇りがちのこの日、諸事情あってフリータイムを迎えたのは午後一番。

時々晴れる暑い日、期待も"薄め"で訪れましたが、花菖蒲は濃い目の美しい姿を魅せてくれました。

昨年の法金剛院はこちら↓

2011 法金剛院 紫陽花 花菖蒲 (前編) 2011 法金剛院 紫陽花 花菖蒲 (後編)

アップした画像は全てサムネイルです。

マウスポインターを重ねて指マークに変わる画像は、クリックで拡大(横1152ピクセル)画像を見ることができます。

.

法金剛院_菖蒲_2012_yaotomi_お写ん歩_5.jpg

3↑

法金剛院_菖蒲_2012_yaotomi_お写ん歩_8.jpg

4↑

法金剛院_菖蒲_2012_yaotomi_お写ん歩_10.jpg

5↑ 今年はこの色に魅力を感じます。

法金剛院_菖蒲_2012_yaotomi_お写ん歩_12.jpg

    ↑6 お堂と花って、何でこんなに似合うのでしょ?

法金剛院_菖蒲_2012_yaotomi_お写ん歩_13.jpg

↑7 

法金剛院_菖蒲_2012_yaotomi_お写ん歩_15.jpg

↑8 この咲き方、良いと思いません?

法金剛院_菖蒲_2012_yaotomi_お写ん歩_16.jpg

↑9 

法金剛院_菖蒲_2012_yaotomi_お写ん歩_17.jpg

    ↑10 明日辺りから紫陽花は見頃迎えそうです。

    京都なら三室戸寺や藤森神社がフルスロットルでお勧め。

    ゆっくり紫陽花を愉しむなら、ぜひ法金剛院へ訪れてみてください。

    丁寧に咲く姿、きっと「訪れてよかった」と思えるはずですから。

法金剛院_菖蒲_2012_yaotomi_お写ん歩_18.jpg

↑11 沙羅双樹(沙羅の木の花)も少しだけ。

 

半月もすれば大好きな蓮の花咲くかなー。

 

また訪れてみよう。

 

法金剛院_菖蒲_2012_yaotomi_お写ん歩_20.jpg

帰りに「ことばのはおと」さんでコーヒー&べしゃり(笑

店内のアイテムが一部分大きく変わってました^^

ぜひ訪れてみてください。

 

今日もお写ん歩にお付き合いいただきありがとうございました。

                                                                        -

                                                        ㈱八百富写真機店 メインページ

                                          ㈱八百富写真機店・高槻駅前店「高槻 写真のひろば」

 

M.ZUIKO_14-42mm_yaotomi_お写ん歩_1.jpg

OLMPUS OM-D E-M5 ダブルズームキット

価格(税込): 会員様特別価格 (2012年6月14日現在)
現在の価格は八百富写真機店各店へお問い合わせ願います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■新たなバリエーションとして、「M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II R」、「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6R」をキットとして組み合わせた「OLYMPUS OM-D E-M5 ダブルズームキット」です。
「M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II R」は、35mm判換算で28-84mm相当の焦点域をカバーし、重さ113gの軽量化を実現したコンパクトでスタイリッシュな標準ズームレンズです。
また、80-300mm相当(35mm判換算)の望遠ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6R」も、重さ190gと非常に軽量です。
どちらのレンズも、"MSC(Movie & Still Compatible)機構"を採用することで、オートフォーカスの高速化と静音化を実現、ハイクオリティーな静止画・動画の撮影を軽快に楽しむことができます。

■「マイクロフォーサーズシステム規格」に準拠した"新世代マイクロ一眼"
新世代マイクロ一眼「OLYMPUS OM-D」は、「PENシリーズ」と同様に、マイクロフォーサーズシステム規格に準拠した、小型・軽量の新しい一眼カメラです。
「PENシリーズ」がフィルム時代のPENから手軽さと高画質を受け継いだように、「OLYMPUS OM-D」はフィルム時代のOMから本格的なシステム一眼の伝統を受け継ぎます。
厳しい撮影環境のもとで交換レンズを駆使し、ファインダーを見ながら傑作を狙う写真ファンのための新しいシリーズです。

■銘機OMシリーズ譲りの小型軽量ボディーに防塵・防滴性能をプラス
直線を基調としたデザインは、「OM」から、一眼らしいスタイルと凝縮感を受け継いでいます。
マグネシウム合金の筐体は、ボディーに高い剛性を与えています。カメラ上部カバーもマグネシウム合金製で、アルミ製の底部カバーとあわせて、高い質感と強度を両立しています。
また、各所にシールドを施したボディーは防塵・防滴構造となっており、雨天や砂塵といった厳しい環境下での撮影を可能にしています。
しかも圧倒的な小型軽量で、レンズ交換式の防塵・防滴の一眼カメラとしては世界最小(※2012年1月18日現在)です。

■従来比でノイズを半減した1605万画素 新Live MOSセンサー
新しい1605万画素のハイスピード Live MOSセンサーを搭載しています。
このセンサーは、高い解像力に加えて、ノイズを従来機種の半分以下に抑えています。
ダイナミックレンジも拡大しており、低輝度から高輝度まで豊かな階調再現力を持っています。
さらに高感度化も実現し、静止画最高感度はISO25600に達しています。

■大幅な画質の向上を実現する新画像処理エンジン「TruePic VI」
「E-P3」以来の画像処理エンジン「TruePic VI」を搭載し、新LiveMosセンサーとの組み合わせで、画質を大幅に向上させました。
同時に、処理時間を短縮し、撮影レスポンスを高めました。

■高画質・高機能な電子ビューファインダーを内蔵
144万ドットの高精細な液晶で、視野率100%の電子ビューファインダーを内蔵。
最大倍率1.15倍、アイポイントを18mm確保しています。
また、表示タイムラグを約0.03秒(最短)に抑える高速表示モードでは、光学ファインダーに対して遜色のない、高い被写体追従性を誇ります。

■世界初※の5軸対応手ぶれ補正機構を搭載
ヨー、ピッチの2軸補正機構に加えて、水平方向の並進ぶれ、垂直方向の並進ぶれ、回転ぶれ(ローリング)の、合計5種類の手ぶれに対応した、世界初※の5軸手ぶれ補正機能を備えています。
また、ファインダーの像のぶれや、動画撮影中のぶれにも対応します。
(※2012年5月30日現在。レンズ交換式カメラとして(電子式手ぶれ補正を除く))

■9コマ/秒の高速連写、オートフォーカス追従の連写で最高4.2コマ/秒

■可動式の3.0型の有機ELモニターと、高速応答の静電容量式タッチパネル

■MOV形式(MPEG-4AVC/H.264)を採用したフルHD動画撮影機能を搭載

■防塵・防滴を施した、ガイドナンバー10の小型外付フラッシュを同梱

■モードダイヤル、メインダイヤルの2つのダイヤルを採用

■シーンモードに3Dフォト撮影機能を搭載

 

 

 

 

 

 

 

こないだリンク先で見つけた「ウサビッチ_USAVICH_」というキャラクター。

ついでに期間限定の無料動画も見つけちゃいました。

(公開は明日までだっけ?)

って言いますか、ずいぶん前からブレイクしてたんですね...orz

3サイクルめ、いってまーす。

 

 

 

 

短編webアニメーションだと思いますが、これがじつにおもしろい!

久しぶりに全開で笑けました♪

 

 

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、お写ん歩 【K】が2012年6月15日 23:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大阪港 朝のお写ん歩 (後編) / フェーズワン P30+ with ハッセルブラッド」です。

次のブログ記事は「八富会 BBQスペシャル / OLYMPUS OM-D E-M5」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ