東吉野村 大又 / OLYMPUS TOUGH TG-1

東吉野_大又渓谷_OLYMPUS_TOUGH_TG-1_yaotomi_top1.jpg

東吉野村 大又 / OLYMPUS Tough TG-1

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店店長です。

(高槻駅前店お店ブログ高槻 写真のひろばこちらから)

 

東吉野_大又渓谷_OLYMPUS_TOUGH_TG-1_yaotomi_2.jpg

川の流れに乗って木の葉がくるり、くるり。

 

ここは奈良県吉野郡東吉野村大又(oomata)の大又川大又渓谷。

訪れる日の朝まで雨が降っていました。

雨上がりなのに大又川の水中は清流らしい透明度を維持していて驚きます。

 

綺麗な川ってエメラルドグリーンが多いと思いません?

気になって調べてみると"チンダル現象"というところまで辿り着きましたが、ちと難しいので端折ります(苦笑

要するに清流の証だと思うのですが、これを綺麗に撮る方法って意外と難しいことも知りました。

東吉野_大又渓谷_OLYMPUS_TOUGH_TG-1_yaotomi_30.jpg

今回のお写ん歩カメラは、6月上旬発売予定のオリンパスさんタフシリーズ『OLYMPUS Tough TG-1』。

当社ECサイト_http://www.yaotomi.co.jp/products/detail/9109
メーカーサイト_http://olympus-imaging.jp/product/compact/tg1/

12m防水性能(※1)、2m耐落下衝撃性能(※2)、-10℃耐低温(※3)、100kgf耐荷重
※1:防水性能は、JIS/IEC 保護等級8(IPX8)相当(メーカー試験条件によります)
   防塵性能は、JIS/IEC 保護等級6(IP6X)相当(メーカー試験条件によります)
※2:メーカー試験条件によります。
※3:撮影可能枚数は少なくなります。

 

今年の春前にTough TG-820を使ったばかりですが、Tough TG-1はその上をいくタフシリーズのフラッグシップ機。

前ネタ ディープ大阪 / OLYMPUS Tough TG-820_大きなフグしか泳いでませんが^^;

今回こそは自然いっぱいの清流で使おうと思い、車道の途切れる直前のところまでやって来ました。

紅葉撮影でやって来て以来ですが、新緑の深さはここならでは。

 

そう言えば水中撮影なんて何年ぶりでしょ?

ずいぶん前に写友が激安の水中ハウジングを手に入れたので試写に付き合ってくれと頼まれ、ついて行ったついでに試させてもらって以来かな~??

波で揺れる水中に「ぷくぷく。。。」と小さな気泡は時既に遅し、ハウジング内のカメラは海水にやられて再起不能。

他人事とは言え、それ以来水中カメラ系ってトラウマなんですよねぇ。

今回カメラそのものを水中へ沈めることに、かなりの愛と勇気を必要としました。

東吉野_大又渓谷_OLYMPUS_TOUGH_TG-1_yaotomi_5.jpg

清流の水中って、ほんま綺麗やなぁ。

 

Tough TG-1で個人的に一番魅力感じたのは、レンズせり出さない制約のある中で搭載されたF/2.0という明るいレンズ。

光軸折り曲げ式ズームレンズとしては驚異的な明るさとされていますが、Tough TG-820ではF/3.9でしたから「ほぉー、確かに!」と痛感です。

一つ残念だったのはプログラム系モードの撮影しかできないこと。

水中で深度浅々の写真を撮ってみたかったけど、それこそ水中ハウジングにセットした大型カメラに任せるのが良いのでしょうね^^;

 

注):今回使用のTough TG-1ベータ機であることをご了承願います。

 

***お知らせ******************************************************************************************************************************

PHOTO-IS-10,000人の写真展-2012.jpg

フジフィルム PHOTO IS 10,000人の写真展 出展作品募集中!!

締め切りが迫ってきておりますのでお急ぎください。

詳しくは PHOTO IS 10,000人の写真展 2012 / 出展作品募集のご案内 をご覧ください。

高槻 写真のひろば http://www.yaotomi.co.jp/blog/hiroba/2012/03/2012-photo-is-10000.html

*******************************************************************************************************************************************

アップした画像は全てサムネイル。

マウスポインターを重ねて指マークに変わる画像は拡大(横1152ピクセル・縦864ピクセル)して見ることができます。

.

東吉野_大又渓谷_OLYMPUS_TOUGH_TG-1_yaotomi_7.jpg

4↑ もちろん水上でも使い勝手は上々。

東吉野_大又渓谷_OLYMPUS_TOUGH_TG-1_yaotomi_6.jpg

5↑ 10メートル近い高さの防砂ダム、上から覗き込み撮影。

...あーこわ。

東吉野_大又渓谷_OLYMPUS_TOUGH_TG-1_yaotomi_8.jpg

6↑ 昨年の激流で流された橋の代わり。

東吉野_大又渓谷_OLYMPUS_TOUGH_TG-1_yaotomi_11.jpg

7↑ 沢歩きなら渡る必要も無いけど^^;

東吉野_大又渓谷_OLYMPUS_TOUGH_TG-1_yaotomi_12.jpg

    8↑ 浸かる足は川の冷たさでほぼ感覚無し。

    この日の気温は初夏のように高め...とは言え、山奥はまだまだ春の気温。

    足が冷えると身体の芯が冷えるんですよね。

東吉野_大又渓谷_OLYMPUS_TOUGH_TG-1_yaotomi_13.jpg

    9↑ 冷たさにたまらず川からあがり、日光浴で体温を上げます。

    苔むした石に腰を掛け、ぼーっと眺めながら撮った一枚の画。

東吉野_大又渓谷_OLYMPUS_TOUGH_TG-1_yaotomi_17.jpg

10↑ 水中から見上げた新緑は、ちょっと不思議でしたよ。

東吉野_大又渓谷_OLYMPUS_TOUGH_TG-1_yaotomi_10.jpg

    11↑ あまりにも美しい渓谷。

東吉野_大又渓谷_OLYMPUS_TOUGH_TG-1_yaotomi_15.jpg

12↑ 美しい集落、東吉野村大又。

路線バスの終点「大又バス停」から歩いて訪れることが出来る大又の大自然。

あまりにも美しい景色はまた訪れたくなるはずです。

 

そうそう...

ここから山に入るなら、大又バス停前で必ず登山届を提出しましょう。

命を繋ぐ一枚の書類、もちろん帰り着いたら下山報告もしましょうね。

 

今日もお写ん歩にお付き合いいただきありがとうございました。

                                                                        -

                                                        ㈱八百富写真機店 メインページ

                                          ㈱八百富写真機店・高槻駅前店「高槻 写真のひろば」

 

東吉野_大又渓谷_OLYMPUS_TOUGH_TG-1_yaotomi_37.jpg

OLYMPUS Tough TG-1_【2012年6月上旬発売予定】
販売価格(税込)41,800 円

 

当社ECサイト_http://www.yaotomi.co.jp/products/detail/9109
メーカーサイト_http://olympus-imaging.jp/product/compact/tg1/

 

 

F2.0の明るさを持つハイスピードレンズ、12m防水性能(※1)、2m耐落下衝撃性能(※2)、-10℃耐低温(※3)、100kgf耐荷重でシリーズ最強のタフ性能を搭載した、タフモデルのフラッグシップ機。

※1:防水性能は、JIS/IEC 保護等級8(IPX8)相当(メーカー試験条件によります) 防塵性能は、JIS/IEC 保護等級6(IP6X)相当(メーカー試験条件によります)
※2:メーカー試験条件によります。
※3:撮影可能枚数は少なくなります。

■F2.0 ハイスピードレンズ
Tough系カメラ初となる「F2.0 ハイスピードレンズ」は、フラッシュが使えない環境や、フラッシュの光が届かない被写体に対して、高画質で高速シャッターを実現します。
新規設計の7群9枚から構成されるレンズは、非球面レンズは4枚、ED(特殊低分散)レンズ2枚を含み、色収差などの各種の収差を防ぐ技術は高級コンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS XZ-1」で培った技術を継承し、高い画質を誇ります。

別売で2種類のコンバージョンレンズを装着することが出来ます。
フィッシュアイ・コンバーターを付けると、魚眼レンズの画角となり、テレ・コンバーターを付けると170mm相当となります。
どちらのコンバーターも完全防水、アウトドアでのシステムカメラとしての要求を満たしています。
※どちらのコンバーターも別売のコンバーターアダプター「CLA-T01」を装着する必要があります。

■iHSテクノロジー
iHSテクノロジーは、この春コンパクトデジタルカメラに搭載する新しい技術です。
iHSはインテリジェンス、ハイスピード、ハイセンシティビティを意味します。
1200万画素の裏面照射型CMOSセンサーとOLYMPUS PENで築き上げた画像処理エンジンTruePic VI(トゥルーピック シックス)により、高感度、低ノイズ、高速AFを実現。
夜景や逆光など、撮影が難しいシーンでも見たままに、美しく写真を残せます。

■GPSと電子コンパス
撮影した場所の位置情報を記録する「GPS」と「電子コンパス」を搭載。
GPS機能をオンにして撮影するだけで撮影中のモニターにランドマークを表示します。
撮影後は約70万件のランドマークのほか195の国や地域の中から自動で記録します。

■A-GPS
「A-GPS」とは、現在地を確認する技術の一つです。
「A-GPS」対応カメラでは、GPSアシストデータをPC用のアプリケーション経由で取得するため、衛星から位置情報を取得するまでの時間を大幅に短縮することができます。
(GPSアシストデータを取得するには、アプリケーションソフトウェアを予めインストールしたPCにカメラを接続する必要があります)
(GPSアシストデータは1日1回アップデートされます)

■手ぶれ補正「DUAL IS」
手ぶれ補正機能「DUAL IS」は、手ぶれを打ち消す方向にCMOSを動かすセンサーシフト式手ぶれ補正機構にデジタル一眼のアルゴリズムを採用。高感度撮影と併せて使用することで、手ぶれ、被写体ぶれをダブルで抑え効果的に低減できます。

■3.0型有機ELモニター
3.0型(縦横比3:2)の有機ELモニターは、61万ドットの特殊な画素配列により、VGA(約92万ドット)相当分の映像データを表示しています。
また、しまりのある黒の表現や、広い色再現特性を生かした鮮やかな写真表現が可能で、視野角も広く、豊かな色表現と高い解像感で、写真撮影がさらに楽しくなります。

■3Dフォト撮影機能
日常のシーンからダイナミックな風景まで3Dフォト撮影が可能です。

■ペットモード(シーンモード)
犬、猫の顔を自動で検出。
シーンモードの中から「ペット-ネコ」または、「ペット-イヌ」モードを選択すると、カメラが自動で犬や猫の顔を素早く検出し、顔にピントを合わせます。
最大10匹までの犬または猫の顔を検出できます。

■オートシャッター
ペットのかわいい表情をキャッチ。
オートシャッター機能を使えばペットが正面を向いた瞬間に自動撮影。
気まぐれなしぐさも逃しません。(オートシャッターで検出できるペットは1匹です)

■Eye-Fi対応
Eye-Fiカードは無線LAN内蔵のSDHCメモリーカードです。
[ib on the net]をはじめ、写真サービスやオンラインアルバム、PCに簡単にワイヤレスでアップロードすることが可能です。

■SNSアップロード予約機能
撮影した静止画を簡単に「Facebook」や「Flickr」にアップロードしたいという声に答えた機能です。
共有したい静止画をカメラ側で予約すると、SNSサービスへ簡単にアップロードできます。

■圧力センサー搭載で気圧と標高を表示(-12m~5000m)

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、お写ん歩 【K】が2012年5月17日 23:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「明日香 岡寺 石楠花 / SIGMA 30mm f/1.4 EX DC 」です。

次のブログ記事は「東吉野村 月うさぎ / OLYMPUS TOUGH TG-1」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ