岩端 菟田野 こいのぼりと桜 2012 / Panasonic LUMIX DMC-GF5

菟田野_桜こいのぼり_2012_GF5_yaotomi_top1.jpg

 いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店店長です。

 (高槻駅前店お店ブログ高槻 写真のひろばこちらから)

 

PanasonicLumixGF5_yaotomi_c.jpg

この日は吉野山桜撮影からずっとPanasonic Lumix DMC-GF5がお写ん歩のお供。

GF3に慣れ親しんだユーザーさんなら「スッ」と馴染めそうなカメラです。

PanasonicLumixGF5_yaotomi_h.jpg

ベータ版なのですべてが完璧でないと思えますが、ずいぶん直感的に使えるようなりました。

特にこのシリーズの特徴である背面液晶モニターの操作感はグンと向上したように思えます。

T.V.C.M.などで皆さんもご存知かと思いますが、背面液晶モニターに映るピントポイントに指タッチすることでA.F.動作~合焦~即レリーズ。

これがおもしろいほど決まる訳ですが、こういったLUMIXシリーズ"らしい"機能がGF3よりもグッと進化しているかも知れません。

そんな液晶モニターも約46万ドットから約92万ドットへ進化、ピンポイント拡大表示も大変見やすく正確なピント合わせもかなり快適!

 

PanasonicLumixGF5_yaotomi_d.jpg

GF3ではモノラルマイクでしたが、GF5ではステレオマイクへと進化!

静止画撮影の合間に時々動画、こういった使い方されている方も多くなりましたよね。

GF3モノラルマイクでの臨場感こそ微妙でしたが、たったこれだけのことでずいぶん印象変わるもんだなぁと妙に感心。

 

指が邪魔しないマイクの配置は設計に苦労された痕跡でしょうか。

本体をここまでコンパクトに仕上げると内蔵パーツの配置に苦労される、今やこれはどのメーカーさんも一緒の課題。

最近の新製品紹介時には、こういった内部構造や配置関連のことを熱く語られること多く感じますから。

PanasonicLumixGF5_yaotomi_e.jpg  PanasonicLumixGF5_yaotomi_f.jpg  PanasonicLumixGF5_yaotomi_g.jpg  PanasonicLumixGF5_yaotomi_i.jpg

外観は微妙な進化と思われがちですが、細部に渡る"こだわり"はしっかり見え隠れしています。

実際使ってみて「おっ♪」と感じさせるところや、撮れた画を見て「ほほぅ♪」と思わせるところもパナソニックさんらしいところ。

撮って出しでも何ら違和感ない美しい色合いと綺麗な画質、日本の美をしっかり撮らえてくれる小さなレンズ交換式カメラです。

 

それでは吉野山桜日和の最終更新です。

アップした画像は全てサムネイル。

マウスポインターを重ねて指マークに変わる画像は拡大(横1152ピクセル・縦864ピクセル)して見ることができます。

.

月うさぎ_20120418_GF5_yaotomi_1.jpg  月うさぎ_20120418_GF5_yaotomi_2.jpg

東吉野村の「月うさぎ」さんへ食材を持込み、ご同行の皆さんと月うさぎの皆さんとで晴天下の昼食。

安ぅ~い食材も工夫すれば豪華ランチ、ご同行いただいた写友さんが談山神社前の売店で購入してくれた大ぶりの椎茸も凄んごく美味しかったです。

近寄ってくる山羊の「ハイジ」と「ユキちゃん」。

写友さんがGF5で試し撮り、俊足オートフォーカスは早足で近寄る被写体にもピッタリ!ですよね^^

 

このあと帰路に着くわけですが...

岩端_桜こいのぼり_2012_GF5_yaotomi_3.jpg

4↑ 途中、岩端(iwahashi)地区で見かけた毎年恒例のこいのぼり桜。

岩端_桜こいのぼり_2012_GF5_yaotomi_2.jpg

5↑ 山と山の間の集落、桜を越えて青空泳ぐ姿が気持ちよさそう。

岩端_桜こいのぼり_2012_CX6_yaotomi_5.jpg

6↑ 望遠での引き寄せ画はRICOH CX6で。

岩端_桜こいのぼり_2012_CX6_yaotomi_6.jpg

7↑ また来年会いましょう。

 

    さらに町へ進むと...

菟田野_桜こいのぼり_2012_GF5_yaotomi_2.jpg

    8↑ 菟田野(utano)地区でも満開の桜並木とこいのぼり!

菟田野_桜こいのぼり_2012_GF5_yaotomi_3.jpg

9↑ 全身桜色に染まる勢いの素敵な一日。

吉野山お写ん歩にご同行されたいつもの皆さん、どうもありがとうございました。

 

4月26日発売予定Panasonic Lumix DMC-GF5画は次回も続きます。

GF5更新後は間髪入れずにOLYMPUS OM-D EM-5の画へ引き続きます。

今日もお写ん歩にお付き合いいただきありがとうございました。

                                                                        -

                                                        ㈱八百富写真機店 メインページ

                                          ㈱八百富写真機店・高槻駅前店「高槻 写真のひろば」

 

Panasonic_LUMIX_DMC_GF5_yaotomi_a.jpg

Panasonic Lumix DMC-GF5
LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH./ POWER O.I.S. キット

販売価格(税込)66,000円

Panasonic Lumix DMC-GF5
LUMIX G 14mm/F2.5 ASPH. + LUMIX G VARIO 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S. キット

販売価格(税込)66,000円

 

 

コンパクトカメラに迫る小型・軽量ボディで一眼クオリティの高画質撮影を実現し、毎日気軽に持ち運びいただけるデジタル一眼カメラです。
コンパクトで携帯性に優れた電動ズームレンズ「H-PS14042 14-42mm/F3.5-5.6」とのセットです。

◆一眼クオリティの高画質の実現(高感度 拡張ISO 12800)
新開発の有効画素数1210万画素の「Live MOSセンサー」搭載で、高感度撮影で起こりやすいノイズの低減と、黒つぶれを抑えた高い階調表現を実現。
解像感と立体感のある美しい描写を実現します。
また、「新ヴィーナスエンジン」によって、ノイズを抑えた高画質と高速での画像処理で、フルハイビジョン動画はもちろん、高速連写や新・超解像技術、ノイズリダクションなど複雑な画像処理にも素早く対応します。

◆高精度・高速 進化したAF
コントラストAFならではの高精度なピント合わせが出来る「ピンポイントAF」機能を搭載。
また、高速約0.09秒AF(注1)で、狙った瞬間を逃しません。
(注1)14-42mm電動ズームレンズ(GF5X付属、および別売)装着時

◆約92万ドット高精細タッチパネルと新GUI
液晶の高精細化により、ライブビューが細部まで美しく、見やすくなりました。
新GUIを採用し、より快適な操作性で楽しく一眼クオリティの撮影が楽しめます。

◆23種類のシーンガイド/14種類のクリエイティブコントロール
23のシーンに適した設定・表現を撮りながら学べる「シーンガイド」や、表現したいイメージに合わせて14種類の効果から選べる「クリエイティブコントロール」で、一眼ならではの表現をタッチ操作で楽しめます。

◆フルタイムAF対応 AVCHDフルハイビジョンムービー
一眼ならではの高画質・高音質なフルハイビジョンムービー撮影がボタンをワンプッシュするだけで楽しめます。

◆気軽に持ち運べるコンパクトサイズ、フラッシュ内蔵(注2)小型・軽量ボディ
(注2)GF5W付属レンズの14-42mm標準ズームレンズでは焦点距離14~17mmでフラッシュ光によるケラレが発生します。

◆白とび/黒つぶれを抑えた美しい階調表現を実現「インテリジェントDレンジコントロールシステム」

◆色味・明るさ・ぼけ味を変えて楽しめる「iA+」(インテリジェントオートプラス)

◆握りやすさを追求したグリップ

◆ディテールまで精細に表現出来る「新・超解像技術」

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、お写ん歩 【K】が2012年4月23日 20:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「談山神社 桜 2012 / Panasonic LUMIX DMC-GF5」です。

次のブログ記事は「三多気 桜 2012 / Panasonic LUMIX DMC-GF5」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ