リニア・鉄道館〜夢と想い出のミュージアム〜 (2) / PENTAX DA 12-24mm F4 ED AL

2012_リニア・鉄道館_お写ん歩_top2.jpg

 いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店店長です。

 (高槻駅前店お店ブログ高槻 写真のひろばこちらから)

 

では早速、前回『リニア・鉄道館〜夢と想い出のミュージアム〜 (1)』の続きをどうぞ。

アップした画像は全てリサイズ済み。

マウスポインターを重ねて指マークに変わる画像は拡大出来ます。

.

2012_リニア・鉄道館_お写ん歩_35.jpg

2↑ 前回更新のシンボル展示室から奥へ進むとメイン展示室へ。

目の前に広がるJR(国鉄)車両群に誰もが歓声を上げます。

2012_リニア・鉄道館_お写ん歩_21.jpg

3↑ どうやらここでの主役はこの丸いボンネット車両、新幹線0系。

ずっと夢だった『ボンネット抱きつき』も可能で、ビス一本にだって触れることも出来るんですよ。

2012_リニア・鉄道館_お写ん歩_22.jpg

2012_リニア・鉄道館_お写ん歩_23.jpg

4↑ 5← 0系の顔色が変わったわけではありません。

これはちびっ子鉄道ファンにも大人気の新幹線電気軌道総合試験車「ドクターイエロー(922形20番台)」。

旅客用ではないため一般ダイヤに掲載されず、いつ見れるのか判らないことから「幸せの黄色い新幹線」なんて名前もありました。

 

京都堀川通りのガードをくぐる時に時々見かけることはあったのですが、何だかとても得した気分になったものです。

ちなみに現行型は700系がベースになってますね。

そうそう、これ(↑)って車内にも入ることが出来るのですよー。

プラットホームで停まっているように展示されているところも重要ポイント。

線路位置に立って眺めるとドキドキの臨場感すら味わえます。

2012_リニア・鉄道館_お写ん歩_27.jpg

2012_リニア・鉄道館_お写ん歩_26.jpg

2012_リニア・鉄道館_お写ん歩_28.jpg

6↑↑ 7↑ 8← 独特の形状が話題になった新幹線300系322形式、向かって左は同系323形式。

ヘッドライトの形状やフロントウインドウ形状などが微妙に違い、300系に新旧2形式あったこともここで初めて知りました。

ここで残念な話があるのですが、前編最初にご紹介した100系と同時期にこの300系も来月に営業運行を終えます

今でも十分に通用するスタイリッシュなデザイン、のぞみと言えばこの300系でしたもんね。

一周ぐるり、心ゆくまで眺めていました。

 

ええ歳こいて抱きつくのはちょっと恥ずかしいけど...

2012_リニア・鉄道館_お写ん歩_38.jpg

9↑ ちょっと触ってみる事くらいは許してもらおう(笑

2012_リニア・鉄道館_お写ん歩_36.jpg

        10↑ 300・300・100・0

 

2012_リニア・鉄道館_お写ん歩_34.jpg

11↑ 2階から眺めるとこんな感じ。

2012_リニア・鉄道館_お写ん歩_37.jpg

        12↑ 分厚いドア、実際開けてみたくなります。

 

2012_リニア・鉄道館_お写ん歩_32.jpg

13↑ 新幹線車両だけではございません。

2012_リニア・鉄道館_お写ん歩_33.jpg

13↑ 同じフロアに在来線車両と列んでいるところも凄いJR東海『リニア・鉄道館』です。

 

老若男女問わず、鉄道ファンだけではない来場者層。

家族連れも多かったのですが、ご年配夫婦や女性だけのグループも目立ちました。

次回は懐かしい車両をUPしてみましょう。

きっと誰もが楽しめる、そんな意味がちょっと分かると思います。

 

つづく。

 

                                                                        -

                                                                 ㈱八百富写真機店

                                            ㈱八百富写真機店・高槻駅前店「高槻 写真のひろば」

DA1224-web500.jpg

smc PENTAX-DA 12-24mm F4 ED AL [IF]

  販売価格(税込):59,500円(web限定)

画角[度] 99~61
構成枚数[群*枚] 11・13
最小絞り[F] 22
最短撮影距離[m] 0.3(全域)
フィルター径[mm] 77
最大径×長さ[mm] 84×87.5
質量 (重さ)[g] 430
花形フード付き(デジタル機専用)

35ミリ判換算で焦点距離18.5~37mm相当の画角。
特殊低分散ガラス、非球面レンズを採用し、諸収差を補正。
ペンタックスデジタル一眼レフ専用のDAレンズ。
絞りリングのないシンプルな外観。
クイックシフト・フォーカス・システムを採用(AFからMFへのシームレスな切り替えが可能)

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、お写ん歩 【K】が2012年2月11日 21:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リニア・鉄道館〜夢と想い出のミュージアム〜 (1) / PENTAX DA 12-24mm F4 ED AL 」です。

次のブログ記事は「リニア・鉄道館〜夢と想い出のミュージアム〜 (3) / PENTAX DA 12-24mm F4 ED AL 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ