醒ヶ井 梅花藻 / SIGMA 30mm f/1.4 EX DC

201108_醒ヶ井梅花藻_top1.jpg

201108_醒ヶ井梅花藻_10.jpg

いつもお世話になってます。

高槻駅前店のです。

(高槻駅前店お店ブログ高槻 写真のひろばこちらからどうぞ)

 

滋賀県の醒ヶ井。

そろそろ梅花藻が見頃なんじゃないかと早朝から出っ発ぁつ!

目を覚ましたばかりの中山道、まるで強い陽射しが目覚まし時計代わりになったようです。

この辺りずいぶん観光化が進んでいますが、梅花藻咲く地蔵川は昔懐かしい風情を残したまま。

日陰には朝の涼しい風がすぅーっと駆け抜け、何とも心地良い撮影となりました。

 

昨年の醒ヶ井梅花藻画はこちら→醒ヶ井・地蔵川 『梅花藻』

 

アップした画像は全てリサイズ済み。

マウスポインターを重ねて指マークに変わる画像は拡大出来ます。

.

201108_醒ヶ井梅花藻_4.jpg

201108_醒ヶ井梅花藻_2.jpg

3↑ 4←

川の水温はとても冷たく水面を駆ける風も大変涼しく感じます。

そのせいなのか川辺に咲く花が何とも生き生きしててとても綺麗でした。

 

 

 

 

 

 

 

201108_醒ヶ井梅花藻_9.jpg

201108_醒ヶ井梅花藻_8.jpg

5↑ 6←

水量がちょっと多めだったので、梅花藻の半分以上が水中花。

でもこんなふうにところどころで水面から顔を出しチロチロ揺れています。

この姿が大変可愛らしく毎年訪れてしまうきっかけになるのでしょうね。

地元の方が生ける花は川を綺麗に飾っていました。

 

 

 

201108_醒ヶ井梅花藻_6.jpg

201108_醒ヶ井梅花藻_13.jpg

7↑ 8←

結構な水流です。

小さな花が懸命に咲いているようで健気。

 

 

 

 

 

 

 

 

201108_醒ヶ井梅花藻_3.jpg

201108_醒ヶ井梅花藻_7.jpg

定番アイテムもバッチリ冷えてますよー♪

 

 

 

 

 

 

 

201108_醒ヶ井梅花藻_11.jpg

11↑ 絶滅危惧種のハリヨではありません。

たぶんオイカワだと思うのですが...、気持ち良さそうに泳いでいるのがとても印象的でした。

驚いたのはすぐ側まで寄っても逃げない。

危害無く平和に暮らせているのです。

201108_醒ヶ井梅花藻_14.jpg

12↑ ゆらゆら、ちろちろ

201108_醒ヶ井梅花藻_15.jpg

13↑ いつまでも涌き続ける清流地蔵川。

ずっと通いたくなる美しい川です。

 

今日もお写ん歩にお付き合いいただきありがとうございました。

                                                                        -

                                                                 ㈱八百富写真機店

                                            ㈱八百富写真機店・高槻駅前店「高槻 写真のひろば」

SIGMA 30mm-1.jpg

SIGMA 30mm F1.4 EX DC

   販売価格(税込)41,790円

  ※ カメラボディ別売

  ※ 花形フード付き

  ※ PENTAX用はHSM (Hyper Sonic Motor)非搭載

  ※ APS-Cクラス専用

開放F値1.4の明るさを持つ、デジタル専用の大口径標準レンズ。
SLD、ELD(特殊低分散)ガラスを使用し、デジタルで特に問題となる倍率色収差を極限まで補正。
非球面レンズの採用で高い描写性能を実現、40cm から無限遠まで全域にわたりシャープな描写力を発揮します。
HSM搭載機種では、AFスピードの高速化と静粛性を実現、フルタイムマニュアルも可能。
スナップ、ポートレート、風景など、幅広い分野での撮影に対応します。

●開放F 値1.4 のデジタル専用大口径標準レンズ
スナップはもちろん、ポートレート、室内、風景写真など幅広い分野での撮影に対応できるデジタル専用大口径標準レンズです。
開放付近の浅い被写界深度による大口径標準レンズ独特の描写を活かした撮影が可能です。
●デジタルに最適なコーティング
デジタルに最適な光学設計と、コーティングの最適化により、デジタルで特に発生しやすいフレアやゴーストを軽減。
良好なカラーバランスを実現しました。
●諸収差を極限まで補正
ELD(Extraordinary Low Dispersion)ガラス1枚、SLD(Special Low Dispersion)ガラス1枚の使用により、デジタルで問題となる倍率色収差を良好に補正。
グラスモールド非球面レンズの採用でサジタルコマフレアを抑え、高い描写性能を実現しました。

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、お写ん歩 【K】が2011年8月17日 22:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「残暑お見舞い / PENTAX K-5 with DA18-135mm F3.5-5.6 ED AL[IF] DC WR」です。

次のブログ記事は「山陰紀行 大山まきばみるくの里 天の真名井 / DA18-135mm F3.5-5.6 ED AL[IF] DC WR」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ