2010年6月アーカイブ

八百富WEBへのリンク  → 下取・買取 カメラの八百富写真機店


㊥カメラ担当係 "S" です。本日もご覧いただきありがとうございます。

Voigtlander VITO CLR フォクトレンダー ビトー CLR  が入荷しました。

vito-clr-001.jpgフォクトレンダーの「VITO B」を以前ご紹介したことありましたが、その際、数多くのお問い合わせを頂戴し、ややビックリ。昔から、人気のある機種であったり、メーカーであったと思うのですが、その人気、衰えるどころからアップしているような気がします。

「女子カメラ」や「カメラ日和」で取り上げられる機会が増えたからでしょうか、あるいは、コシナさんのおかげでしょうか、比較的年齢の若い方からのお問い合わせが増えています。こういった方々は、コレクションではなく、実際にフィルムで撮影されるお客様ですので、「ちゃんと動く」ことが大前提。

ただ、いずれにせよ今日ご紹介する「VITO CLR」も1960年代のカメラ。
今から50年近くも前のカメラなんです。
なかなか完璧とはいかない、レンズにホコリが入っていたり、ファインダーにバルが出ていたり、露出計の振りが鈍かったり、外観に凹みがあったりなど、完璧な状態ではないことが多いかと思います。

そんな状況下でのカメラ選びですから、「どこで我慢するか」という線引きが必要かと思います。
その辺り、初めてこの手のカメラをご購入されるお客様には慣れないお話ですから、是非、店頭にお越し下さい。当店の場合、主に「ディアモール店」でこの部類の商品を展示しております。店長はじめ、他のスタッフはこういう系のカメラに「慣れ」ておりますので、なんなりとご相談下さい。

では、次ページでこの「VITO CLR」のご紹介です。


八百富WEBへのリンク  → 下取・買取 カメラの八百富写真機店


㊥カメラ担当係 "S" です。本日もご覧いただきありがとうございます。

中古カメラ 2010年 入荷商品 NEWS vol.53 最近
入荷 した主な中古カメラ・レンズ・アクセサリーのご紹介です。

朝からの更新です。
理由は、たぶん皆さんと同じでしょうか......

上の子供二人は、ラッキーなことに本日「創立記念日」で学校が休みだそうです。
そんなわけで、子供たちも早朝?(深夜)から観戦。

但し、結果は......お笑い

長男は、寝ずに観戦開始......予想通り撃沈、途中でお休みタイム。(馬鹿ですね)
長女は、早寝早起き戦法......作戦成功、最後まで観戦して只今二度寝中。(利口ですね)
一番下の小学生は学校が通常通りのため、普通に寝てます。(当たり前)

そんなんで、強力な「人間子供目覚まし」のおかげで私も観戦できました。
落ち着いた日本の試合運びにやや「驚き」。
いつのまにこんなに上手くなんたんでしょうか?

ああ、眠い一日となりそうです......、そろそろ出勤しま~す。


では、次ページで入荷商品のご紹介です。

※ 期間中の全ての入荷商品を網羅できておりま せんのでご了 承下さい。 
※ 一般的な国産品は大阪駅中央店、舶来及びコレクション関連はディアモール店にて展示中
※  空欄は売価未決です。近日中に 決定いたします。 
※ 商品の詳細は各店にお問い合わせ下さい。    
※ その際、各商品の一番右 側 の4桁の番号もお知らせ頂きますと 大変ありがたいです。



八百 富WEBへのリンク  → 下取・買取 カメラの八百富写真機 店


㊥カメラ担当係 "S" です。本日もご覧いただきありがとうございます。

PLAUBEL 69W proshift プラウベル 69W プロシフト スーパーワイド が入荷しました。

proshift-001.jpg
このカメラ、世界で初めてワンタッチアオリ機構を備え、手持ち撮影を可能にした6x9判ワイドカメラです。当時の定価は、388,000円。同時期販売の、マキナ67が158,000円、マキナW67が198,000円という価格でしたから、いかに高価であったかを物語っています。

機能といい、価格といい、またその用途といい、非常に特異でしたから販売台数は数少なく、中古市場ではあまり見かけない機種です。故に、●●●中古カメラ市というイベントでは「目玉品」扱いされていることが多く、そういう系の会場ではたまに見かけるカメラかと思います。


PLAUBEL 69W proshift 諸元


形式6x9cm判 スーパーワイドレンズ付ハンドカメラ
画面サイズ56X83mm
使用フィルム120ロールフィルム 8枚撮り 220ロールフィルム 16枚撮り
レンズ西ドイツシュナイダー製 SUPER ANGURON MC F5.6 47mm
4群8枚マルチコーティング
シフトアオリ横方向15°(13mm) 上方向17.5°(15mm)
撮影最短距離0.5m
フィルター径アダプターリング使用により77mm
画角93度 縦61度 横82度
シャッターコパル#0 レンズシャッター B.1-1/500秒
シンクロ接点X接点
絞りF5.6-32
ファインダー光学式ビューファインダーおよびスポーツファインダー
焦点調節機構レンズ鏡胴回転による直進ヘリコイド距離目盛合わせ式
フィルム巻上げ2回巻上げレバー式 小刻み巻上げ可能
大きさ幅 205mm 高さ 124mm 奥行 132mm
重さ1,600g

それでは次ページで詳細情報を

八百 富WEBへのリンク  → 下取・買取 カメラの八百富写真機 店


㊥カメラ担当係 "S" です。本日もご覧いただきありがとうございます。

アサヒカメラ2010年7月号記事 「 緊急速報 銀塩ライカ 撤退 の衝撃!」 赤城耕一氏

今月号の「アサヒカメラ」に、上記タイトルで「ライカ銀塩カメラ終焉」のNewsが飛び出しました。
この記事は赤城耕一氏によるもので、ライカカメラ社CEOのアンドレアス・カウフマン氏が5月末に訪日した際に、インタビューで「すでにライカカメラ社はフィルムカメラを生産を行っていない」(M7とMPの生産終了)と口にしたそうです。

(ご参考) 
※下記アドレスで一部立ち読みできます。詳しくは、本編をお買い上げ下さい。

※アサヒカメラのオフィシャルサイトです

「もう作ってないよね」と勝手に思っていましたし、また遅かれ早かれそういう日が来るものと覚悟していましたが、既に2009年の段階で銀塩カメラの生産を終了していたようです。

20100620-001.jpg
儲からないかぎり、売れないかぎり企業は事業を継続できないは当たり前か~!

「オーナー会社」ではなく「資本家の利益」が最優先される普通の会社であるライカカメラ社に、哀愁的事業継続を求め続けることはできないわけで、「売れないなら作れない」という当然のことが行われただけだと思います。ただ、こういうふうに簡単に割り切れないところが、「ライカ」たる所以であり、「お前もか~」ではすまされない非常にさみしい事態です。

八百 富WEBへのリンク  → 下取・買取 カメラの八百富写真機 店


㊥カメラ担当係 "S" です。本日もご覧いただきありがとうございます。

中古カメラ 2010年 入荷商品 NEWS vol.52 最近
入荷した主な中古カメラ・レンズ・アクセサリーのご紹介です。

梅雨らしい天候が続きます。
が、地下街にいますとついつい「お外の天気」に疎くなり、「あっ、傘忘れた」ってなこと。
今日も、またまたやっちゃいました。
地下鉄の心斎橋から地上に出て、「あれ~、雨だった!」と気が付く始末。
いつもはカバンに折畳傘を入れているはずなのですが、それも無し。

そう言えば、前日に使ったまま家に置いてきたようです。
この季節、皆様もお気を付け下さい~。

てなところで、今日の雑感。

最近、私の中で好感度「超アップ」の「オリンパス」

理由は、修理代の安さ(製造責任プライス)です!

それは、もうビックリするくらいの「低廉価格」なんです。(あくまでも他社との比較においてです)

先日お客様からお預かりした「E-P1」。
外装が痛み、トップカバーやボトムカバーなどを交換。その他、必要な修理をしても10000円未満。他社では確実に1万円後半の価格となるところなんですが...、立派というか驚きです。

また、マニュアルフォーカス時代の、Zuiko 100mm F2 や Zuiko Macro 50mm F2 のレンズ清掃。1本7000円程度だったでしょうか。
純正修理としては、かなり良心的なプライスです。

物を作った会社として、その製品にトラブルが生じた時の責任の果たし方、こういう方法もありですね。時々、いったい誰がこの製品を製造したの?と問い詰めたくなる対応(価格)の会社もある中で、オリンパスの対応は非常に好感の持てる内容です。是非、他社にもマネしてほしい施策です。

ただ、最近の傾向として、非常にあっさりと「修理対応終わり」という機種が増えているのは残念です。この傾向はどの会社も同じで、もう少し「もったいない」精神を発揮してもらえればなと常々感じており、なんとかならんかなと思う次第です。

今ほめたオリンパスさんでも、下のリンクの通り。
デジカメって、ほんとあっという間に「アウト」です。

が、根本的には「壊れない製品」を作ることが一番大切なんです。
分かってます?、某メーカーさん......

では、次ページで入荷商品のご紹介です。

※ 期間中の全ての入荷商品を網羅できておりま せんのでご了 承下さい。 
※ 一般的な国産品は大阪駅中央店、舶来及びコレクション関連はディアモール店にて展示中
※  空欄は売価未決です。近日中に 決定いたします。 
※ 商品の詳細は各店にお問い合わせ下さい。    
※ その際、各商品の一番右側 の4桁の番号もお知らせ頂きますと 大変ありがたいです。




㊥カメラ担当係 "S" です。本日もご覧いただきありがとうございます。

あまりのくだらなさに絶句!なんでお前は一人で立つんだ?
フジカ オート7デート FUJICA AUTO-7 DATE 三脚付ケース が入荷しました。


これから販売しようとする商品に「くだらない」とはまったくもって失礼な話なんですが、世に数あるカメラとアクセサリーになかで特筆もの、どうか最後までお付き合い下さい。

まずは、下の写真ご覧下さい。

いったい、お前は何者だ?なんで立ってるんだ?

fujika-auto7-001.jpgなんで、お前、脚が3本生えているんだ?なんなんだ?

fujica-auto7-002.jpgその脚で、何処かに歩いて行くのか?
ふ~ん、そうなの。いってらっしゃ~い。さいなら~さいなら~さいなら~。

と、いまにも歩き出しそうな「怪しげなカメラ」のご紹介です。

世の中いろいろなアクセサリーがありますが、この「三脚付ケース」には大笑い。
もう「そのくだらなさ」は一級もの、まさに「噴飯もの」です。

が、れっきとした「富士写真フイルム」の純正パーツなんです。
その昔、数年前でしょうか一度入荷した記憶がありますね、ほんと久しぶりの入荷です。

fujica-auto7-003.jpgこんな写し方したら、なんか「哀愁が漂う、さみしげなみなしごハッチ」ってな感じ。

今日は、このカメラセットの「里親」募集の広告です。
この「みなしごハッチ」、保護していただける方おられましたら、是非すぐにお電話下さい。
よろしく、お願います。

なお、この「馬鹿馬鹿しさ」と「くだらなさ」をご理解いただける方のみとさせて頂きます(笑)
では、一応、次ページに詳細写真をアップします。

八百 富WEBへのリンク  → 下取・買取 カメラの八百富写真機 店


㊥カメラ担当係 "S" です。本日もご覧いただきありがとうございます。

つまらないネタで甚だ恐縮です。
祝「ウィキペディア」に掲載! 祝「Wikipedia」からリンクされました!

それがどうした?というようなレベルで、ほんと失礼します。

うれしいというよりは、なんか複雑な心境なんですが、このブログのネタが「ウィキペディア」に掲載されました。もちろん、いつ削除されるかわかりませんが......、とりあえず今は記述されてます。

で、どこで掲載されたかといいますと、

20100612-001.jpg

八百 富WEBへのリンク  → 下取・買取 カメラの八百富写真機 店


㊥カメラ担当係 "S" です。本日もご覧いただきありがとうございます。

中古カメラ 2010年 入荷商品 NEWS vol.51
最近 入荷した主な中古カメラ・レンズ・アクセサリーのご紹介です。

おはようございます。
朝起きて、Yahoo News をみると、「亀井静香」さんが辞任とのこと。
ほんと落ち着かないというのか、なんというのか。

さらにその下段のNewsは、またまた「事務所費問題」。
「少女コミックや音楽CDなどの領収書が含まれていた」って...
中小企業のオヤジじゃあるまいし、その昔の映画「マルサの女」の中の零細小売店への税務調査を思い出しました。
確か、青色申告の食品小売店の夫婦が店の商品を自らの生活に使っていたことを指摘され、「じゃ、これは社長の給料ということで......月●●円、●●年遡って、個人の申告もやり直して下さい...」ってな話。

もうここまできたら、政治家徳政令が必要ですね。
過去はもう遡らんから、とにかく前に向いて仕事してね!!ってな具合。
いずれにせよ、「せこい」の一言。情けない、情けない。

政治資金のシステムについては全くの無知ですが、「税務調査」のようなチェック機能がないのでしょうかね。いつくるかどうかわからない、でも必ずやってくる納税ご指導の任意調査みたいなもんがあれば、やや自制心が働くかと思うのですが。(悪いやつは査察といっしょ。強制調査、告発)
キセルじゃないですが、3倍増しルールとか、同じく印紙税の過怠税のような3倍納税、しかも損金不参入という懲罰的やりかたも必要ですよね。

ってな具合で、朝から前回に続いて政治ネタ。失礼しました。

では、次ページで入荷商品のご紹介です。

※ 期間中の全ての入荷商品を網羅できておりま せんのでご了 承下さい。 
※ 一般的な国産品は大阪駅中央店、舶来及びコレクション関連はディアモール店にて展示中
※  空欄は売価未決です。近日中に 決定いたします。 
※ 商品の詳細は各店にお問い合わせ下さい。    
※ その際、各商品の一番右側 の4桁の番号もお知らせ頂きますと 大変ありがたいです。




㊥カメラ 担当係 "S" です。本日もご覧いただきありがとうございます。

帰ってきた「Bologon 」 戻ってきた「ボロゴン」
HEXAGON ヘキサゴン 17mm F16 が再入荷(出戻り)しました。

bologon-001.jpg
 5月20日に紹介しました「ボロゴン」です。(写真は前回の分を流用しております)
再入荷といいましょうか、出戻り品ということで、再登場です。

アップ以降、お問い合わせをたくさん頂戴しておりましたが、再チャンス到来です。
ある意味、早い者勝ちですよ~。

ただ、前回「なんで撮影写真」を載せないのかとのご要望が多かったので、今回は試写してみました。本来なら、フィルムで使うのが王道だとは思うのですが、そうでなければ「フルサイズセンサー」のデジ機かとも思うのですが、機材の関係で、Panasonic DMC-G1 でお許し下さい。

では、次ページにサンプル。


八百 富WEBへのリンク  → 下取・買取 カメラの八百富写真機 店


㊥カメラ担当係 "S" です。本日もご覧いただきありがとうございます。

経済アナリストではないですが、PENTAX 関連News の続報です


この中古カメラご一行様の「石の上にも三年 PENTAX 業績回復の朗報」で、HOYA㈱の「平成22年3月期 第4四半期決算短信」の概要を書き、ペンタックス部門の業績回復を喜んでおりましたが、なにやら?


「う~ん、ペンタックスはどうなるんでしょう?」


と言いますのは、平成22年6月1日付の日本経済新聞での「HOYA㈱の鈴木洋CEO」のインタビュー記事にやや驚きました。

記事の概要は次の通り。

  • HOYAの業績が一段と回復する
  • 業績回復の要因は、HDD用ガラス基板などのエレクトロ・オプティクス部門
  • 懸念材料には欧州景気と為替動向、デジカメの在庫調整
  • デジカメと内視鏡などを含むペンタックス部門の収益改善が遅れている
  • デジカメ事業は前期、約30億円の営業赤字が残り、今期は黒字転換を目指す
  • 「ペンタックスの規模では単独での事業継続は苦しい」と説明。他社との提携を模索

次ページに続きます。


㊥カメラ 担当係 "S" です。本日もご覧いただきありがとうございます。

「これぞコンパクトカメラ!」

YASHICA ELECTRO 35 MC ヤシカ エレクトロ 35MC  が入荷しました。

electro35mc-001.jpg
ブラック仕上げの「大変きれいな」エレクトロ35MCの入荷です。
きれいな状態の「黒・ブラック」仕上げ、塗装ハゲや塗装浮き(プツプツ)はほとんど無く、黒の美しい輝きを残しています。

兄貴分の「でかエレクトロ35シリーズ」の「黒」はよく見かけるのですが、ことこの「エレクトロ35MC」となりますと、圧倒的に「白・シルバー」での入荷が多く「黒」はあまり見かけません。

また、その大きさは「ハーフサイズ判」のカメラかと見間違えるほどの小ささで、「黒」外観と相まってさらに小さく見え、これぞコンパクトカメラと感じます。

個人的には、最も「コンパクトカメラ」らしい「コンパクトカメラ」、散歩のお供に最適かと。
先日ご紹介したローライ35と同じく、目測式の距離合わせとなりますが、そこは慣れで解決可。

まあ、いずれにせよ「正確無比」の方には向きません。
少々アバウトに写真を写そうというお客様にぴったりかと思います。
是非、ご検討下さい。


ELECTRO 35 MC 諸元


発売年月 : 昭和48年(1973年)4月
レンズ : ヤシノン DX 40mm F2.8 4群4枚
シャッター : コパルEJ437・5枚羽根・LT(約4秒)~1/500秒・セルフタイマー
フラッシュ制御 : 
X接点フラッシュ秒時自動切替(EPS)・ガイドナンバーイージーフラッシュ
焦点調整 : 目測式・3点ゾーンフォーカス・距離目盛付
ファインダー : アルバダ式のブライトフレーム・0.57倍・パララックス補正マーク・3点ゾーンマーク
          緑ランプ表示(BCチェック・シャッター作動・セルフタイマー作動)
フィルム送り : レバー式セルフコッキング・カウンター順算式自動復元・装填イージーロード
露出制御 : CDSと電子シャッターによる絞り優先EE・トップアイ・ASA100のときEV1~17
フィルム感度 : ASA25~1000
電池 : 4LR44 (4SR44)
大きさ・重さ : 12.6 x 67.8 X 52.5mm 380g
発売価格 : 24,300円

八百 富WEBへのリンク  → 下取・買取 カメラの八百富写真機 店


㊥カメラ担当係 "S" です。本日もご覧いただきありがとうございます。

中古カメラ 2010年 入荷商品 NEWS vol.50
最近入荷した主な中古カメラ・レンズ・アクセサリーのご紹介です。

またまたのご無沙汰更新となってしまいました。
ブログってものは「日記」だから毎日更新するもの(ディアモール店員"K"談)と言われている私...
やや下向き加減の私ですが、まあ、今後もマイペースで続けますね。

しかし、世の中「騒々しい」ですね。
全ては、「政権交代」が目的と化してしまった政治の結末。
本来的には、「政権交代」は手段で、その目的や目標が問われる必要があったのですが...
数合わせに終始した末路ですね。

いずれにせよ、できるだけ早く「国家の安全保障・財政再建・社会保障、そして成長戦略」この4つの具体的な考え方が政党から発信されるべきで、奥歯にはさまず、恐れず、はっきりと伝えていただければと思います。

その中、有名タレントの発言をご紹介。(確かTBSです) めちゃうけです。

皆さんもお聞きになったことがある言葉で、『ハトる』
ことの始まりは、読売新聞の社会面のコラム 「USO 放送」 だそうで、
麻生太郎前首相が2010年5月20日の派閥総会で「新聞に 『ハトる』 という言葉があった」 と発言したことでさらに有名になった言葉。

「 ハトる : 出来ないことを約束すること--新語辞典 (千葉・帆平) 」

ビートたけしさんがこれをもじって、真骨頂爆発、更なる造語を!

  『オザワる』・・・誰に何を言われても、絶対に辞めない
  『アソる』・・・辞めてから言いたい放題
  『マスゾエる』・・・全然関係ない所を乗っ取る。
  『タニガキる』・・・何を言っても注目されない、何を言っても影響力がない
  最後に、
  『サワジる』・・・人前で"半ケツ"を出すこと......

だそうです。。。(笑)

もう、この『タニガキる』 大うけです。(自民党員さんすいません)

お酒のネタにお使い下さい。

では、次ページで入荷商品のご紹介です。

※ 期間中の全ての入荷商品を網羅できておりませんのでご了 承下さい。 
※ 一般的な国産品は大阪駅中央店、舶来及びコレクション関連はディアモール店にて展示中
※ 空欄は売価未決です。近日中に 決定いたします。 
※ 商品の詳細は各店にお問い合わせ下さい。    
※ その際、各商品の一番右側の4桁の番号もお知らせ頂きますと 大変ありがたいです。


  • 1

このアーカイブについて

このページには、2010年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年5月です。

次のアーカイブは2010年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。