カメラの八百富|ペンタックス フィルムデュプリケーター(PENTAX FILM DUPLICATOR)が新発売

| コメント(0) | トラックバック(0)


中古カメラから最新型デジタルカメラ・レンズのことなら「大阪・梅田の八百富写真機店」まで

カメラの八百富・ネット店・中古カメラから最新型デジタルカメラ・レンズの通販ショップ カメラの買取、下取のことなら「大阪・梅田の八百富写真機店」まで TEL 06-6341-7005

カメラ買取・レンズ買取
㊥カメラ担当係"S"です。先日に引き続き、ペンタックスさんの新製品のご紹介、第2弾!です。

リコーイメージング RICOH IMAGING さんから、フィルム複写用アクセサリー 「ペンタックス フィルムデュプリケーター・PENTAX FILM DUPLICATOR」が新発売されます。

PENTAX_DUPLICATER-001.jpg
最近カメラを始められた方には、「いったい、これ何?何?」ってな商品。
反対に、フィルム時代からカメラに凝られてた方は、「お~、これ懐かしいなこれ!忘れたよ」ってなところ。

レールと乳白板、蛇腹(ベローズ)とステー、先端にはストロボ用のアクセサリーシュー。
ぱっと見た所、なんとなく昔の6X9判のビューカメラのような雰囲気が漂ってますが、これ、フィルムのデュプリケーター=複写装置と呼ばれるアクセサリーです。

しかも、フィルムサイズが「35mmから69判まで対応」という優れ物で、私の記憶では、おそらく69判までのマルチフォーマット対応品は、30~40年位前にトキナーから出ていた「チューブを組み合わせ」て倍率を変化させる複写装置「プロコピア」ぐらいではないでしょうか。

と、話を前にすすめてますが、まずもってフィルムを複写?ということ自体が「なんのこっちゃ?」という方もおられるかと思います。

中古カメラ屋でこんなアクセサリーをご覧になられたことがありませんか?

PENTAX_DUPLICATER-002.jpgその昔は結構よく使われていたアクセサリーで、先端のパーツ(スライドコピア)の所に現像済みフィルムを差し込み、マウント部分にレンズ、次に本体(ベローズ)、そして後にカメラをセットします。そして、一番手前の白い部分にカラーバランスを考慮したライトを当てて、シャッターを切る。

こうして、先端に差し込んだスライドをネガやポジフィルムで複製する道具で、一般的に「ベローズとスライドコピアのセット」と呼ばれているものです。
具体的な用途としては、こんなことに使っていました。

例えば、学会で発表するスライドセットをもう1セット必要だというような場合。
あるいは、スライドからのプリントが大量に必要な場合、スライドからのダイレクトプリントでは非常に高くつくので、ネガの複製を作って、そこから安くプリントする。

もう完全に死語となってしまいましたが、ラボ用語の「デュープ」とか「インターネガ」とか呼ばれていたサービスです。


というところでありまして、今回の新製品は、それを「現在のデジタル一眼レフでやりませんか!」という提案なのです。
構造としては、上のベローズセットを分解すると下の写真のようになるのですが、その先端のスライドコピアの部分とレールを今回、再生産しましたという感じです。

PENTAX_DUPLICATER-003.jpg
じゃなんで、そんな複写が必要なの?という部分ですが、最近、ちょっととあることに出くわしまして、ああ「なるほど」なったことをご紹介しましょう。

私どもは新品を取り扱うカメラ屋ではあるのですが、もう一つの顔は「中古カメラ屋」。
よくカメラの出張買取という形で、個人の方のお宅にお邪魔します。

大概の場合は、ご本人様から「カメラを処分したい」というご連絡で買取させていただくのですが、時々「遺品」という形で買取させて頂きます。
一定期間が経過し、ご遺族の方(奥さんやお子さん)がそろそろ「お父さんの大事にしていたものを、別のカメラ好きの方に引き継げたら......」ということで私達にご用命が入るわけです。

ご指定の場所にお伺いし、一通り査定させていただくと、必ずといっていいほど最後に、

「八百富さん、この写真やフィルムどうしたらいいでしょうか?なにか方法はない?」

とのご質問を頂戴します。

ほんと、どのお宅も似たり寄ったりで、段ボールや押し入れに山積みとなったネガやポジ。
といって、私どもが引き取るわけにもいかず、同様にご遺族の方もさすがにゴミとして処分するわけにもいかず、非常に困っておられるケースがとっても多いわけです。


そう、そうなんです。そこなんです!
このペンタックスの今回の新製品は、これを解決する道具、つまり「自分史」整理の道具なんですね。


皆さん、ご自宅にある「フィルム時代に撮影したネガやポジ」どうしてます。(45際以上の方がメインかな?笑)

たぶん、「段ボールにギューっと詰め込んで、押し入れ」
たぶん、「カメラやレンズは防湿庫で大切に保管、なれどフィルムは自分でも捨てるには忍びなく、押し入れに置きっぱ。でも奥さんは不機嫌...」

といって、パソコン立ち上げて、「ジーこら、ジーこら」も面倒だし、そりゃ1枚や2枚ならできたとしても、これ全部じゃな~......無理だよ。

というところ。


そこで、めちゃめちゃ失礼とは承知の上でのご提案です。(お許し下さいね)

あとのことを考えて、ご自身の写真ライフのアーカイブを生きてるうちにしときませんか!
データなら、お父さん(おじいさん)の記録として後世に託することができる!そう、脱ゴミ箱しませんか!

それが、今回の新製品の意図かと、勝手に解釈してご提案している次第です。


当初この話をお聞きした時は、いまさら、別にフィルムスキャナーやフラットベットスキャナーで事足りるじゃん!
なんて思っていたのですが、PCを介するのはやっぱ面倒かなとの思いにいたり、これもありかなと思った次第です。

(ちょっとだけ本音:このアクセサリーの販売責任者の方、実は実は私が大変大変お世話になってきた方なんですね。ちょっと、応援モード中であることはお許し下さい。笑)


ということろで、商品詳細を次ページでご紹介しましょう。


では、実際にカメラを取り付けるとこんな感じ。まずは、PENTAX 645Zの場合。

PENTAX_DUPLICATER-004.jpg次に、PENTAX K-3 の場合です。
PENTAX_DUPLICATER-005.jpg構造としては、蛇腹の中に、レンズの先端を突っ込んで、後からストロボを当てて撮るというスタイル。
中古カメラ屋的に言いますと、mizutaniのレンズサポートに4x5の蛇腹フードを取り付けたという感じ。いたって、単純な構造です。

器用な方なら、DIYで出来そうですが、そこはプロの製品。

キーワードは、「剛性」と「平行性」と「普遍性」

柔らかい金属じゃ、ふにゃふにゃ。平行性が確保できなければ片ボケ。自分のカメラでも使えないと無意味。ということ。

つまり、しっかり筺体を製作し、カメラ本体とスライドの平行性を確保し、ペンタックス以外のカメラでも使えるようにした製品であるということです。


じゃ、実際の画像はどんなのか?ということで、早速、サンプル画像を手に入れました。


撮影カメラ PENTAX 645N 300mm 1/350 F8 KODAK E100? を PENTAX 645D 120mm ISO100 1/100 F6.3 で複写

645N_5463.jpg

撮影カメラ PENTAX 645N II 45mm ISO400 1/250 F11 KODAK EPL を PENTAX 645D 120mm ISO100 1/100 F6.3 で複写

645N2_5473.jpg

撮影カメラ PENTAX 645N II 75mm ISO100 1/180 F8 を PENTAX 645D 120mm ISO100 1/100 F6.3 で複写

645N2_5478.jpg

撮影カメラ PENTAX MZ-S ISO100 1/350 F8 KODAK E100VS を PENTAX 645D 120mm ISO100 1/100 F6.3 で複写

MZS_5488.jpg
という感じです。いかがですか?

次に、特徴をまとめておきましょう。


【主な特徴】

  • スキャナーによる読み取りと比べて、所要時間を大幅に短縮できます。
  • お持ちのデジタルカメラを使用するので、撮影や画像編集の操作に迷いません。
  • 35ミリ判から69判まで、幅広いフィルムフォーマットに対応しています。
  • 画像部分だけでなくフィルム外枠の撮影情報まで記録でき、データ管理に便利です。
     ⇒ 上の写真をご参照ください。コマ間やパーフォレーションの隙間に焼き付けられた撮影データも複写できます



【主な仕様】

  • 外形寸法 約530mm(長さ) x 165mm(幅) x 230mm(高) 梱包・収納時の最小寸法
  • 使用時最大長 約900mm
  • ベローズ最大長 約328mm
  • 質量 約2,200g
  • 付属品 マウントホルダー35mm(35mm判スライドマウント用)



【オプションパーツ】

  • ① マウントホルダー35mm(本製品に同梱)
  • ② マウントホルダー 645/66
  • ③ マウントホルダー 67/69
  • ④ スリーブベースマウント
  • ⑤ スリーブホルダー35mm
  • ⑥ スリーブホルダー645
  • ⑦ スリーブホルダー66/67/69
  • ⑧ クイックシュープレート
  • ⑨ クイックシューベース

PENTAX_DUPLICATER-006.jpg

各フィルムに適したオプションを下記表をご参考の上、ご使用下さい

35mm判 645判  66判  67/69判
マウント入り
マウントなし ④⑤ ④⑥ ④⑦ ④⑦




ただ、お使いになる上で、次のスペックを満たすカメラやレンズなどをご用意頂く必要があります


【お使いなるレンズ交換式デジタルカメラのスペック】

  • 出力サイズA4の場合(300dpiプリント時)  ⇒ 1180万画素以上
  • 出力サイズ半切の場合(300dpiプリント時) ⇒ 2400万画素以上


【お使いになるレンズ】

  • 接写が可能なレンズで、解像力に優れたもの ⇒ マクロレンズを推奨
  • 撮影距離の目安
レンズ焦点距離35mm645 判67判69判
APS-C 35mm 155mm 185mm 210mm 215mm
APS-C 50mm 210mm 250mm 290mm 295mm
APS-C 100mm 345mm 435mm
645D 120mm 395mm 415mm 465mm 485mm




【オートフラッシュ】

  • ご使用のカメラに適合したもの。(カメラ側で調光可能なもの)



【注意事項】

  • 70mmフィルムの複写はできません
  • レンズ外径の上限は90mmです。これを超えるサイズのレンズは使用できません
  • カメラの底面~光軸(レンズの中心)までの距離が95mmを超えるカメラは使用できません
  • 撮影した画像に適切な色補正などを施すには、別途画像処理ソフトが必要です




とういうところです。
個人用途のみならず、仕事用途でも活用できるものと思います。
ご質問などございましたら、なんなりとご相談下さい。(見積もり書などもすぐにご用意します)



【ご予約受付中!!】 ペンタックス フィルムデュプリケーター PENTAX 【2014年5月下旬発売予定】
販売価格 115,500 (税込価格)
ご購入ページはこちら http://www.yaotomi.co.jp/products/detail/17011



トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.yaotomi.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1205

コメントする

このブログ記事について

このページは、㊥カメラ 担当係が2014年4月16日 22:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カメラの八百富|PENTAX ペンタックス 645Z 驚きのプライスで新発売」です。

次のブログ記事は「【花火を知って、花火を撮る】写真講座のお知らせ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。