カメラの八百富|帰ってきた「Bologon 」 戻ってきた「ボロゴン」

| コメント(0) | トラックバック(0)


㊥カメラ 担当係 "S" です。本日もご覧いただきありがとうございます。

帰ってきた「Bologon 」 戻ってきた「ボロゴン」
HEXAGON ヘキサゴン 17mm F16 が再入荷(出戻り)しました。

bologon-001.jpg
 5月20日に紹介しました「ボロゴン」です。(写真は前回の分を流用しております)
再入荷といいましょうか、出戻り品ということで、再登場です。

アップ以降、お問い合わせをたくさん頂戴しておりましたが、再チャンス到来です。
ある意味、早い者勝ちですよ~。

ただ、前回「なんで撮影写真」を載せないのかとのご要望が多かったので、今回は試写してみました。本来なら、フィルムで使うのが王道だとは思うのですが、そうでなければ「フルサイズセンサー」のデジ機かとも思うのですが、機材の関係で、Panasonic DMC-G1 でお許し下さい。

では、次ページにサンプル。


まず、縦位置で。
コントラスト・シャープネスを少し調整しています。
PANASONIC DMC-G1とこのレンズ組み合わせの特長でしょうか、空の青が?です。

bologon-020.jpg
つぎに、プラスチックレンズの特長にチャレンジ。
最悪の撮影条件です。これは、リサイズのみです。
しかし、すごいフレア、というより「光のシャワー」状態ですね。

bologon-021.jpg
次に、近接側。
コントラスト・シャープネスを少し調整しております。

bologon-022.jpg
横位置の遠景写真。違う日の撮影で、曇天下です。
コントラスト・シャープネスを少し調整しております。

bologon-023.jpg
もう1枚横位置の遠景写真。
同じく、コントラスト・シャープネスを少し調整しております。

bologon-024.jpg
曇天下の近接。
同じく、コントラスト・シャープネスを少し調整しております。

bologon-025.jpg
最後に、白黒写真で。
シャープネスを少し調整しております。

bologon-026.jpg
というような感じです。

本来なら、フィルムのフルサイズ画像をお見せすべきかとは思いますが、お許し下さい。
経験値から言いますと、たぶん全然違うでしょうね。

画角の違いから、一般的に中心部より画質が落ちる、あるいは流れる周辺部の画像が含まれてきますので、全く違う雰囲気になろうかと思います。

また、センサーとフィルムの光の受け止め方の違いが、特にこういう広角レンズの場合顕著にでますので、そのへんもご了解下さい。同様に、デジタル機の場合においても、メーカー間・機種間によって写りが異なるケースもありますので、そのあたりもご理解下さい。

bologon-002.jpg

展示店はディアモール店 です。
お値段は、(税抜)33,000円 (税込)34,650円です。

店舗へのお問い合わせは、電話06-6348-8945またはメールにてお願いします。

+++中古カメラ担当係+++ 



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yaotomi.co.jp/mt/mt-tb.cgi/460

コメントする

このブログ記事について

このページは、㊥カメラ 担当係が2010年6月 9日 00:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カメラの八百富|経済アナリストではないですが、PENTAX 関連News」です。

次のブログ記事は「カメラの八百富|中古カメラ 2010年 入荷商品 NEWS vol.51」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。