広橋梅林 【奈良梅 2013】/ FUJIFILM X-E1

広橋梅林_梅_yaotomi2013_1st.jpg

広橋梅林_梅_yaotomi2013_2s.jpg

奈良県吉野郡下市町広橋 奈良三大梅林 広橋梅林
下市町H.P._http://www.town.shimoichi.nara.jp/
下市町 広橋梅林_http://www.town.shimoichi.nara.jp/sightseeing/sights/hirohasi-bairin.html
FUJIFILM X-E1 with FUJINON XF18-55mm F2.8-4.0 R LM O.I.S.
(34.3mm 1/600sec iso200 f/5.0 CaptureOne7.1 for Windows)

 

いつもお世話になってます、八百富写真機店 高槻駅前店店長です。
(高槻駅前店お店ブログ"高槻写真のひろば"は こちら から) (2013年3月15日撮影)

 

世間は桜の開花話題で持ちっきりですが、じつは奈良県内の三大梅林が見頃になってるってご存知でしょうか。

今日はちょっと寒いながらも青空見える良いお天気、ここ広橋梅林では梅の香りで満たされていたようです。

1週間前の広橋梅林展望台付近は1枚目のとおり見頃直前でしたが、少し標高高い広橋峠付近は今が見頃でしょう。

明日もお天気良さそうですし、お弁当持ってハイキングがてら梅林散策はいかがです?

 

続きはこちら⇒http://www.yaotomi.co.jp/blog/walk/2013/03/-2013-fujifilm-x-e1-2.html#more

アップした画像は全てサムネイルです。
ウスポインターを重ねて指マークに変わる画像は、クリックで拡大横1280ピクセル・一部等倍
画像を見ることができます。

.

広橋梅林_梅_yaotomi2013_3s.jpg

広橋梅林_梅_yaotomi2013_3s(2).jpg

↑3  超広角単焦点レンズ FUJIFILM FUJINON XF14mmF2.8 R で寄り寄り。

絞り開放でこの周辺の写り込みは本当に素晴らしい!

さすがに周辺光量が落ちて(例:左下画)しまいますが、そこは Capture One 7 であっという間に補正です。

個人的にはこの周辺光量が落ちる画が好きなんですけど...

 

広橋梅林_梅_yaotomi2013_5s.jpg

広橋梅林_梅_yaotomi2013_5s(2).jpg

↑4 同じレンズで絞り開放。

これは周辺光量補正を少しだけ効かせてみましたが、このほうが「らしい」画に感じます。

スッキリさせ過ぎないくらいの仕上げこそ自然で、どこか安心安定した写真に思えてくるから奥が深い。

 

広橋梅林_梅_yaotomi2013_6s.jpg

        ↑5 山斜面の細い散策路。

 

広橋梅林_梅_yaotomi2013_7s.jpg

広橋梅林_梅_yaotomi2013_7.jpg

↑6 ミツバチの巣箱が散策路のすぐ側に。

← (等倍元画像) 等倍で見るとたくさんのミツバチが巣箱に出入りしているのが判ります。

可愛らしいですよー。

 

広橋梅林_梅_yaotomi2013_8s.jpg

↑7 いつも気になる木、2本。

 

広橋梅林_梅_yaotomi2013_10s.jpg

↑8 展望台を見上げる。

 

広橋梅林_梅_yaotomi2013_11s.jpg

広橋梅林_梅_yaotomi2013_12s.jpg 広橋梅林_梅_yaotomi2013_13s.jpg

↑↑9 紅梅はこれから満開を迎えます。

↑10・11 "フキノトウ"の花に"イヌフグリ"の花、「らしい」色再現も FUJIFILM X-E1 ならでは。

 

広橋梅林_梅_yaotomi2013_16s.jpg

        ↑12 

 

広橋梅林_梅_yaotomi2013_17s.jpg

↑13 

 

広橋梅林_梅_yaotomi2013_18s.jpg

広橋梅林_梅_yaotomi2013_20s.jpg

↑14

←15 

このコースの呼び名は「里山ハイキングコース」、これがよく似合っていると思うのです。

 

 

 

広橋梅林_梅_yaotomi2013_21s.jpg

↑16 

 

広橋梅林_梅_yaotomi2013_22s.jpg

↑17 陽当たり良いのに、見ごろはまだまだこれから。

 

広橋梅林_梅_yaotomi2013_23s.jpg

↑18 

 

広橋梅林_梅_yaotomi2013_25s.jpg

↑19 惣坂付近の里山風情、こういった姿がいかにも奈良っぽくてたまらないのです。

近場に住んでいる自分が幸せなんだなと感じるとき。

 

賀名生梅林散策のあと五條吉野広域農道(通称フルーツロード)を下市に向け車を走らせ、ここ広橋梅林までやって来ました。

アップダウンやカーブに富んだ二車線道路ですが、なんとも走りやすい道路は景色も抜群。

賀名生梅林とのセットで訪れてみるのもアリですねー。

 

今日もお写ん歩にお付き合いいただきありがとうございました。

                                                                        -

                                                        ㈱八百富写真機店 メインページ

                                          ㈱八百富写真機店・高槻駅前店「高槻 写真のひろば」

 

X-E1_EBCXF18-55OIS_yaotomi_1s.jpg

X-E1_XF14mmF2.8R_yaotomi_1ss.jpg X-E1_XF35mmF1.4R_yaotomi_1ss.jpg X-E1_XF60mmF2.4Rmacro_yaotomi_1ss.jpg X-E1_LeitzELMAR5cmf3,5_yaotomi_6s.jpg

FUJIFILM X-E1

FUJINON LENS XF18-55mm F2.8-4.0 R LM O.I.S.キット

通常価格(税込): 128,000 円
販売価格(税込): webと店頭でご確認願います

メーカーURL: http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/x/fujifilm_x_e1/index.html

撮影に役立つ多彩な機能を搭載しながら小型軽量化を実現
APS-Cサイズの大型CMOSセンサーを搭載し、電子ビューファインダーや内蔵フラッシュなど多彩な機能を備えながら、約350gと小型軽量化を実現。
気軽に持ち運んで撮影を楽しめます。
撮影に集中できるよう、ファインダーを覗いたまま左手でレンズの絞りリングを、右手でボディ天面の各種ダイヤルを操作できるレイアウトを採用しました。

最高クラス画素数の有機EL電子ビューファインダーで「ファインダーを覗いて撮る」というカメラの原点を追求
デジタルカメラ搭載の電子ビューファインダーで最高クラスの画素数となる約236万ドットの有機EL電子ビューファインダーを搭載。
視野率約100%、高い解像力で確実なフレーミングと精緻なピント確認が可能です。
独自の光学系により、画面の隅々までクリアで歪みのない、光学ファインダーに匹敵する高画質な映像を見ながら撮影できます。

標準ズームレンズ "フジノンレンズ XF18-55mm F2.8-4 R LM O.I.S."で風景からスナップまで幅広く撮影可能
広角27mmから中望遠84mmまでカバーする標準ズームレンズ"フジノンレンズ XF18-55mm F2.8-4 R LM O.I.S."をフジノン XFレンズシリーズとして新たにラインアップ。
FUJIFILM X-E1との組み合わせで、フォーカスレンズ群の軽量化やリニアモーター駆動による最速0.1秒の高速AF合焦を実現。
広角端開放F値は2.8と明るく、暗いシーンでの撮影やボケ味を生かした撮影にも最適です。
徹底した小型設計で、持ち運びの負担を減らします。

★X-E1に使用できる交換レンズはコチラからご覧になれます。★

2016年4月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、お写ん歩 【K】が2013年3月22日 08:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「氷室神社 桜 【奈良桜 2013開花】 / OLYMPUS OM-D E-M5」です。

次のブログ記事は「京都御苑 近衞邸跡 桜 【京都桜 2013開花】 / OLYMPUS OM-D E-M5」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

movabletype6.jpg