買取・下取情報の最近のブログ記事

八百富WEBへのリンク  → 下取・買取 カメラの八百富写真機店


㊥カメラ担当係 "S" です。本日もご覧いただきありがとうございます。

中古カメラ 2010年 入荷商品 NEWS vol.68 最近
入荷 した主な中古カメラ・レンズ・アクセサリーのご紹介です。
116,000円
D7000(18-105VR)   150,000円
では、次ページで入荷商品のご紹介です。

※ 期間中の全ての入荷商 品を網羅できておりま せんのでご了承下さい。 
※ 一般的な国産品は大阪駅中央店、舶来及びコレクション関連はディアモール店にて在庫
※ 空欄は売価未決です。近日中に決定いたします。 
※ 商品の詳細は各店にお問い合わせ下さい。    
※ その際、各商品の一番右側 の4桁の番号もお知らせ頂きますと大変ありがたいです。
※ 記載商品の中には、既に販売済の場合もありますのでご了承下さい。



㊥カメラ担当係 "S" です。本日もご覧いただきありがとうございます。

キヤノン CANON EOS KISS X4 新発売 買換え時の買取・下取交換情報
 です。

今日はキヤノンさんの担当セールスSさんから新製品「EOS KISS X4」を見せてもらいました。
NO.1を目指す機械、さすがというところ。
ライブビュー時のモニター画面の映像は「新次元」の領域です。(エントリーデジ機として)
静止画と動画の垣根が無くなったと実感せざるをえません。

ただ、運動会や幼稚園、赤ちゃんとなると自分の経験からはまだまだ専用機の世界かなと。
どちらかというと、使用用途は「アート」ですね。
だらだら撮り続けるという感じでなく、ニュース映像や映画のように「カット」の積み上げで作品を創る。

ご使用になるお客様が深度の浅さを積極的に活用する気があるか否かが分かれ道。
ファミリー動画と一線を画するスペックです。
だらだら撮りはビデオカメラで、そのほうが絶対にいいです。(3人子持ちの実感です)




eos-kiss-x4.jpgさー、「買換え」どうしましょ。

EOS KISS DIGITAL(初代)・EOS KISS DIGITAL N・EOS KISS DIGITAL X をお持ちのお客様でそろそろかなとお考えの方は、「無条件」で「進行」かと思います。

で、問題はEOS X2・X3からの買換え。
ちょっと、X2・X3との比較表を作ってみました。

EOS KISS X4EOS KISS X3EOS KISS X2
有効画素数約1800万画素約1510万画素約1220万画素
映像エンジンDIGIC4DIGIC4DIGICⅢ
連続撮影速度約3.7コマ/秒約3.4コマ/秒約3.5コマ/秒
オートフォーカス9点(中央クロス)9点(中央クロス)9点(中央クロス)
常用ISO感度100-6400
(ISO感度拡張12800)
100-3200
(ISO感度拡張6400/12800)
100-1600
液晶モニターワイド3.0型
約104万ドット
3.0型
約92万ドット
3.0型
約23万ドット
ライブビュー撮影○(顔優先)○(顔優先)
フルHD動画撮影
(マニュアル露出対応)
オートライティング
オプティマイザ
クリエティブ全自動
クイック設定画面
撮影可能枚数約550枚約500枚約600枚
重量(本体のみ)475g480g475g
使用メディアSD/SDHC/SDXCSD/SDHCSD/SDHC

こう比べると、答えが出てきます。
EOS KISS X2 からの買換えは十分に価値あり。(特に常用感度の向上)私、賛成です。

うーん、EOS KISS X3 となりますと、かなり難しい。
キーワードは動画というところでしょうか。
静止画メインのちょい撮り動画ならX3で十分かなと思います。

ただ、動画となりますと「EOS KISS X4」です。
理由は「マニュアル露出」があるから。

このマニュアル露出、非常に重要なんです。
例えば、明るい屋外から暗い室内にパーンしたとします。
自然な明暗差は、まず室内に入ったらしばらく目が慣れるまで「暗い」、そして徐々に見えてくるというのが通常です。ところが、露出オートなら、すぐに露出が調整されて「暗く」写らない。明るい所から暗い所に入った感じが出ず、不自然な映像となります。
これを、解消するのが「マニュアル露出」。自分で明るさのコントロールが出来るようになります。
これは、ほんと大切な機能です。

また、ライブビュー時のコントラストAFが出来るようになりました。
ただ、実用上は別に無くてもというのが正直な所。
実は、このX4でも初期設定は「しない」になっているんです。
静止画ほど厳密なピント必要としないですし、オートフォーカスが合焦しないときのオオボケのほうが困ったちゃんです。マニュアルフォーカスのほうが確実で、安全です。
(無いと他社との比較上売りにくいんで付けたと思っています)

ということで、X3からX4は動画の必要性の有無でご判断されたらなと思います。

動画比較5D MARK(2)EOS 7DKISS X4KISS X3
フルHD記録30P30P/24P30P/24P20P
HD記録60P60P30P
SD記録30P60P60P30P
マニュアル露出
外部マイク

ご参考までに。

では、次ページに買取・下取価格の一例です。ご予算立てのご参考に!




㊥カメラ担当係 "S" です。本日もご覧いただきありがとうございます。

新製品の「オリンパス OLYMPUS  E-P2」のデモ機 を担当セールス「I氏」が持ってきてくれました。

E-P2-001.jpg一通り拝見させていただきましたが、なにやら物議をおこしそうな予感。
E-P1を買われたお客様に、
「いくらんなんでも、そりゃないで」とやや怒られそうな感じがします。

E-P2-002.jpg今回シルバーと黒の2機種が発売されますが、レンズの色をよくご覧下さい。
そうなんです、シルバーにはシルバー、黒には黒と、「えーー、うーん」、
EP-1は、確か「シルバーに黒」、「ホワイトにシルバー」でしたよね。
ある意味、あるべき色の組み合わせになったというか、なんでE-P1の時からそうしてくれなったのと、思わずセールスの「I氏」に文句を言っちゃいました。

E-P1の発売時に、どうしても「シルバー」ボディーに「シルバー」レンズの組み合わせでというお客様にバラバラでお買い上げいただいたことを思い出します。非常に高くつく上に、しかもボディーは約1ヶ月遅れでの発売。高いは遅いわでご迷惑をおかけしたのですが、今回はこの組み合わせがディフォルト。ほんと「すいません」としかいいようがありません。


㊥カメラ担当係 "S" です。本日もご覧いただきありがとうございます。

只今、キヤノン EOS7D 発売記念セール実施中です。

店頭表示価格からさらに値引き中。
「webのブログを見たよ」とスタッフに一声かけて下さい、頑張ります。


下取り交換も大歓迎。現在の新品同様品(箱付一式)の査定額は、以下の通りです。

EOS 50D             58,000円
EOS 40D
40,000円
EOS 30D
27,000円
EOS 5D
78,000円
EOS 5D MARKⅡ
160,000円

他品の査定額は、是非当店までお問い合わせ下さい。
  TEL 06-6341-7005  または  
メール にて。

EOS_7D_2.jpg


㊥カメラ担当係 "S" です。本日もご覧いただきありがとうございます。

先日、キヤノンさんから EOS7D の発売の発表がありました。

約1800万画素CMOSセンサーと約8コマ/秒の高速連写を両立したデジタル一眼レフカメラ

ということで、ご購入を検討されているお客様が沢山おられると思います。
当社では、「新製品発売記念・下取セール」を実施中です。
主な商品の現在の下取価格は下記と通りとなっておりますので、是非ご検討下さい。


EOS 10D  10,000      EOS KISS DIGITAL         7,000      EOS 5D                  75,000
EOS 20D  15,000      EOS KISS DIGITAL N    10,000      EOS 5D MARK(2)  155,000
EOS 30D  25,000      EOS KISS DIGITAL X    18,000
EOS 40D  40,000      EOS KISS DIGITAL X2  23,000 
EOS 50D  55,000      EOS KISS DIGITAL X3  35,000
                               EOS KISS F                  20,000

附属品や使用状況によっていくぶん下取査定額は上下するかもしれませんが、特段大きな問題がなければほぼこの金額でご予算立て下さい。

当店の各キットの売価は以下の通りです。
下記売価から査定額を引いていただいた金額が所要資金となります。

キヤノン EOS 7D EF-S18-200 IS レンズキッ   232,000円

キヤノン EOS 7D EF-S15-85 IS U レンズキット 241,000円

キヤノン EOS 7D ボディ                                   169,000円


  • 1

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち買取・下取情報カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは新製品です。

次のカテゴリは雑感です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。