2013年7月アーカイブ

中古カメラから最新型デジタルカメラ・レンズのことなら「大阪・梅田の八百富写真機店」まで

カメラの八百富・ネット店・中古カメラから最新型デジタルカメラ・レンズの通販ショップ

カメラの買取、下取のことなら「大阪・梅田の八百富写真機店」まで TEL 06-6341-7005

カメラ買取・レンズ買取㊥カメラ担当係"S"です。
今、BS-TBSを見ていたら、なんとK-30 クリスタルブルーが思いっきりTV出演してるではないですか!

本日(7/7) PM 7:00 BS-TBS で
 向井理の地球横断縦断27000キロ大紀行スペシャルで
 PENTAX ペンタックス K-30 クリスタルブルーが向井理と共演してます


先ほど見た、番組の事前CMでは、おもいいきり向井理といっしょにTVに出演してます。
レンズは、「DA 18-135mm」との組合せ、まるでペンタックスのCMみたいでした。

是非、ご覧下さい。

公式サイト http://www.bs-tbs.co.jp/documentary/M201307071900/ はこちらです。

pentax-bs-tbs.jpg
+++中古カメラ担当係+++ 



中古カメラから最新型デジタルカメラ・レンズのことなら「大阪・梅田の八百富写真機店」まで

カメラの八百富・ネット店・中古カメラから最新型デジタルカメラ・レンズの通販ショップ

カメラの買取、下取のことなら「大阪・梅田の八百富写真機店」まで TEL 06-6341-7005

カメラ買取・レンズ買取㊥カメラ担当係"S"です。

マーク・ニューソン氏デザインのデジタル一眼カメラ
 「PENTAX ペンタックス K-01」が再生産されることになりました!!!
薄型 DA 40mm XS のレンズキット  ホワイト×ブルー すごく涼しげなブルーですね。


PENTAX_K-01_BLUE-001.jpgメーカーセールスの方にいくら聞いても認めてくれないのですが、おそらく事実上の数量限定生産かな?と思います。たぶんなんですが、組み立て可能な部品数が生産台数という状況かと思われますので、そう長く販売されることはないでしょうね。

今、中古カメラのボディ価格が2万円の半ば位で、レンズが1万円の前半、トータル4万円弱という状況ですので、今回の価格設定はすごくお安い設定になっています。

発売は、7月25日。只今、予約受付中です。

【ご予約受付中】 ペンタックス K-01 レンズキット [DA40mmF2.8 XS セット/ホワイト×ブルー] PENTAX 【2013年7月25日発売予定】
販売価格 43,000
 (税込価格)
ご購入ページはこちら 
http://www.yaotomi.co.jp/products/detail/14234

PENTAX_K-01_BLUE-002.jpgとにかくこのカメラ「非常にとんがった製品」でしたから、現役時代の評価は両極端。ところがこういう系のカメラが現行ラインから消えると、とたんに「あれがほしい。あれないかな。」となるのは歴史の必然で、またそれに応えて「再生産」というのも歴史の必然。

まあ、カメラ界でようある話ということです。

ただ、個人的にこのカメラは大好きで、またまた新品として取り扱いできるのは大変うれしい話です。半ローパスレス機といいましょうか、ローパスをいじり出した最初の機械で、そんなことをしらない時は、「なんでこのカメラ、ちょっと写りが違うんだろう?」って不思議な思いにかられたカメラでした。

ということで、またまた新品で入手できるチャンスがやってまいりました。
「急いでね~とまでは言いませんが、それなりに早くご決断いだければなあ」と思います。

今回の再生産の特徴は、そのカラー。ほんと、涼しげな雰囲気ですね。

PENTAX_K-01_BLUE-003.jpgもちろん設計は、世界的なインダストリアルデザイナー"Marc Newson(マーク・ニューソン)"氏。今回も、ちゃんと「サイン」入です。

PENTAX_K-01_BLUE-004.jpgで、実はこの「ブルー」、今ペンタックスさんでは、非常に旬なカラーなんです。
ね、ほら。

PENTAX_K-01_BLUE-005.jpg左上が、
ペンタックス Q10 [エヴァンゲリオンモデルTYPE 00:レイ] ズームレンズキット PENTAX

一番下が、
ペンタックス WG-3 [ホワイトブルー] PENTAX

ほんと「涼しげ」なカメラ3台、雰囲気いっぱいです。

+++中古カメラ担当係+++ 


  • 1

このアーカイブについて

このページには、2013年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年6月です。

次のアーカイブは2013年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。