カメラの八百富|中国製その① SEAGULL 海鴎 AUTO MAT ゴールド

| コメント(0) | トラックバック(0)
八百富WEBへのリンク  → 下取・買取 カメラの八百富写真機店


㊥カメラ担当係 "S" です。本日もご覧いただきありがとうございます。

シーガル社40周年記念製品 限定300台(国内?) 海鴎オートマットゴールド SEAGULL AUTO MAT GOLD
 が入荷しました。

seagull-001.jpg

こんなシック(?)な元箱の写真ではじめましょう。後々、派手派手なもんで......。なにせ、金「ゴールド」カメラですから。

では、まず「メーカー」のお話から。

シーガルと言えば、二眼レフ「海鷗4シリーズ」、ピントフードの「かもめ」マークが印象的なカメラ。
中古カメラ市場でよく見かける二眼レフですね。
価格が安く、トイカメラ的な位置づけとして、現在でも実用機として結構よく売れています。

SEAGULL・海鷗(シーガル)は、創業は1958年の中華人民共和国のカメラメーカー(本社は上海)
シーガルの漢字表記は「海鴎」と書き、読みは「ハイオウ(Haiou)」と発音するようです。
以前は上海海鴎照相机という社名で、現在はデジタルカメラや35mm一眼レフ、4×5ビューカメラなどを生産し、日本のテクサなどに二眼レフもOEM供給し、その事業を脈々と継続しているようです。

この会社の一番有名な製品は、「紅旗」。
1949年の新中国建国から20周年を記念して、1971年に約300台生産されたライカM3コピー機。
「ドイツの最高級「ライカM3」に比肩するカメラを製造すべし」と毛沢東夫人「江青女史」の指示を受けて作られたとされており、ライカMマウント互換機で、レンズも3本用意されました。

過去、当社でも数回扱ったことがありますが、ここ数年はご無沙汰です。
前回は「百数十万円」で販売したとの記憶がありますが、ここ最近はどうなんでしょうね?

経済発展めざましい中国、自国の稀少カメラに対して相応の対価を払う御仁もおられるかもしれません。最近、欧州のオークションでタゲレオタイプを高額で落札したのも中国人のようですから、意外や意外。ぶっ飛びプライスが登場するかもしれませんね。

その他では、バルナックコピー機の「上海」なんかも、この会社発のようです。

っと、脱線です、本題に戻ります。


ゴージャスな木箱入り

外側の紙箱を外すと、立派な(ゴージャス)木箱が現れます。

seagull-002.jpg
さー、お目見えです。
私、個人的にでかいカメラの金仕上げは~、いや~、......正直弱いです。

seagull-003.jpg
定価はなんと「148,000円」もしたんですね。機体番号入りの記念証?と正札、取説が箱上ぶた内側に納められています。正札には300台の限定商品と表示されています。ただ、記念証の裏面には、2500台との表記(中国語わかりません)があり、おそらくテクサー扱いの商品が300台という意味かと思われます。

seagull-004.jpg

素手で触れるのはちょっと?ってな雰囲気

では、いよいよ本体に登場してもらいましょうか。
ただ、素手で触るのはちょっと?、私たちスタッフは遠慮しておきます。
と言いますのも、指紋の跡が取れなくなったら困るので。
ミノルタのCLEゴールドは全くもって要注意物件、この機種はどうか?ですが、一応、念のため。

基本的には、金張り機は必ず「指紋」を拭きとっておいて頂くほうが無難です。(経験則的に)

seagull-005.jpg
実は、現在新品で「ゴールド」タイプが発売されています。(下写真ご参照)
ご覧の通り、全く別物です。ただ、機能に関しては同等です。

seagull-006.jpg




現在発売されている新品商品の「SEAGULL 4A-107GOLD」はこんな感じ。

同じゴールドでも、持ち歩きできるレベルのゴールド仕上です。

A POWER さんから発売されており、当社も各種取り扱っており、一部機種につていは、常時在庫しておりますので、お問い合わせ下さい。




この角度からはおとなしい雰囲気。許容範囲内です(笑)。

seagull-008.jpg
底からの写真です。
シャッターは、B.1-1/300秒。絞りは、3.5-22までです。
撮影レンズは、75mm F3.5 。ビュー側は、気持ち明るく F2.8 となっております。

写りは、どうなんでしょうか、一般的には「当たり外れ」が多いとも言われております。
「組立ればそれでよし」という部分もあるのでしょうか、日本の精密メーカーとは明らかに企業体質が異なりますね。アバウト、アバウト、「写ればそれでよし」でお付き合い下さい。
トイですねよ~、中国製ですよ~。
(あくまでも、その当時の話なんで。現在の made in china ことではないですよ)

seagull-009.jpg海鴎の特長ともいうべき焦点深度表。ゴールドといえども同じです。
左側にはホットシュー形式のストロボ台座があります。

seagull-010.jpg



記念がらみの特別刻印

トッププレート部は「海鴎」と「四十周年特制」の文字。もっとも派手な部分です。

seagull-007.jpg
記念の機体番号プレートが特別に取り付けられています。

seagull-011.jpg
お決まりの「かもめ」マーク。40周年記念マークの特別仕様なんですが、40の「ゼロ」の中でしっかりと飛んでおります。

seagull-012.jpg


ということで、シーガルのゴールド限定品のご紹介でした。
商品状態は、新品同様。ただ、中国製としての仕上のやや荒さとでもいうような小キズは少々あるかもしれません。でも、総じて大変保存状態はよい部類に入ると思います。

付属は、元箱一式のセットとなっております。

展示店はディアモール店です。
お値段 は、(税抜)56,000円 (税込)58,800円です。

店舗へのお問い合わせは、電話06-6348-8945 またはメールにてお願いします。

+++中古カメラ担当係+++ 




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yaotomi.co.jp/mt/mt-tb.cgi/561

コメントする

このブログ記事について

このページは、㊥カメラ 担当係が2010年8月21日 23:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カメラの八百富|普天間・嘉手納・辺野古を見てきました。その1」です。

次のブログ記事は「カメラの八百富|普天間・嘉手納・辺野古を見てきました。その②」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。