2009年9月アーカイブ


㊥カメラ担当係 "S" です。本日もご覧いただきありがとうございます。

今日ご紹介する商品は、
 CANON SPEEDLIGHT 200E キヤノン スピードライト 200E です。


200EX-001.jpgうーん、220EXの間違いでは?となりがちですが、確かに200Eという商品なんです。
答えは、EOS600シリーズ時代の外版、国内未発売の海外モデルになります。


㊥カメラ担当係 "S" です。本日もご覧いただきありがとうございます。

先日、子供のラグビー交流試合を観戦。
小学2年・3年生の部なんですが、すでにもう「仲間を活かす」ラグビーです。
個々人の体力差が大きく、怪我なくチームを育てるために指導者の皆さんは毎週大変なご苦労をされています。
出来るだけ毎週の練習には顔を出していますが、やはり試合と練習では大違い。
子供達の真剣な顔つきと闘志にビックリ。大人並みの鋭いステップやタックルまで飛び出します。

0925-001.jpg練習場は自宅から約6キロ。ちょうどよいウオーキング。約1時間の行程。

0925-002.jpg
9月20日~9月25日 入荷した商品の一部をご紹介します。
(一部、すでに販売済みの商品もあるかもしれません。その際はご容赦下さい)


㊥カメラ担当係 "S" です。本日もご覧いただきありがとうございます。

今日ご紹介するカメラは、
 Agfa OPTIMA 1035 ストロボ OP-10付(アグファ オプチマ 1035)  です。

agfa-001.jpg西ドイツのアグフア・ゲバルト社製のコンパクトカメラ。

agfa-002.jpg
agfa-009.jpg 先日ご紹介しました、弊社創業当時の写真にも出てくる、歴史あるカメラ・フィルムメーカーです。
☞ その写真の中から切り抜いてみました。

上の写真のカメラやストロボにプリントされているロゴマークと比べてみると、同じですね!
すごい!






㊥カメラ担当係 "S" です。本日もご覧いただきありがとうございます。

今日ご紹介するレンズは、
 PENTAX BELLOWS TAKUMAR 100mm F4 ペンタックス ベローズ タクマー です。

takumar100-001.jpgご覧の通り、ベローズユニットと併用して使用します。
つまり、レンズ本体にはピント調整用のヘリコイドが組み込まれておらず、レンズ単体ではピント合わせすることがきません。

レンズ構成は、3群5枚、絞りはプリセット式となっております。
フィルターサイズはペンタックス定番の49mm、口径が統一されていることは一流メーカーの証です。
どことは言いませんが、口径がバラバラであったり、小口径や特殊サイズなんかも何を考えていることやら。最もひどいのは、ピント回転が同一時代で「右回し」「左回し」が混在するメーカー、とんでもない所業です。


㊥カメラ担当係 "S" です。本日もご覧いただきありがとうございます。

本日ご紹介のレンズは、

DOI  MIRROR  ZOOM  500-800mm F8-12  (EOS)

反射ミラー式のズームレンズです。
ミラーのズーム式はPENTAX の 400-600mm 位しか思いつきませんが、こんな商品も出ていたんですね。私自身もお初です。

doi001.jpgメーカーは「DOI」。「土井」なのでしょうか、それとも「ドイ」、あるいは「ディーオーアイ」、それともプラうベルマキナをやっていた「ドイインターナショナル」なんでしょうか。全く、メーカーについて情報を持ち合わせておりません。



㊥カメラ担当係 "S" です。本日もご覧いただきありがとうございます。


今日は、弊社の創業当時の店舗写真をご紹介します。

弊社は、昭和3年2月11日、大阪市西区土佐堀船町(肥後橋大同生命ビル斜め向かい側)に於いて写真材料商を開業いたしました。聞いた話しでは、創業者は紀元節に基づき開業日を決めたようです。

当時の写真の多くは、店舗もろとも大阪大空襲で焼け、残念ながら創業当時の写真が無かったのですが、数年前、当時弊社で働いておられた方がご高齢にもかかわらずお持ち下さったことで、幸運にも入手することができました。

ただ、この写真が何年に撮影されたものか定かではありません。

わかることは、ライカの文字がないこと(弊社に保存されている別の写真にはライカやローライの文字がある)、富士フィルムがない、ということです。富士フィルムの創業は昭和9年(1934年)ですから、それ以前の写真であること、またライカの日本上陸が大正14年から昭和元年にかけてと言われていますから、そのあたりを勘案して、弊社会長は、おそらく「創業まもない昭和3年頃」ではと話しております。

是非、この写真の細部をご覧になられて年代が特定できる部分があれば、お教え下さい。


(2016/02/17追記)

画面左側ガラスの「現像・焼付・引伸」の文字の下に次のような文字が読み取れる。、

Baby  ⇒ Baby Box Tengor?(ベビーボックステンゴール)

ikon..
Kolib..  ⇒ 
Kolibri?(コリブリ)

と推測されるのでは?おそらく、昭和5年(1930年)以降の写真では?

また、


「 イコンの看板カメラがイコンタ・コンタックスでなくイカレッテやマキシマで、シャッターはリムセットで、ステレオカメラ(ローライドスコープ?)はあるけど二眼はないとか,味わい深いです.「いつ以前」というのは言いにくいですが1930-32かな?と思いました。」

さらに、別の方からも

「現像 焼付 引伸」の文字のところにあるポスター?にあるシネコダックは,model Kのように見えます。そうだとすれば,やはり1930年以降かも?」


とのご指摘も頂戴しております。

う~ん、奥が深いです。ご協力感謝申しあげます!昭和5年以降は確定ですね。




店舗写真.jpg

(裏焼きじゃないですよ。さすが、時代なりです。クリックして頂くと別ウインドで拡大します)

㊥カメラ担当係 "S" です。本日もご覧いただきありがとうございます。

今日は CANON SNAPPY'84 ロサンゼルス五輪 モデル のご紹介です。


snappy001.jpg最初からつまらない話しで恐縮ですが、Los Angeles って、

日本語で「ロサンゼルス」って書くんですね。
今まで「ロサンジェルス」って書いておりました、お恥ずかしい限りです。
まあ、
ネットを検索しても結構「ロサンジェルス」派も多く、どちらでも意思疎通は出来るんで問題はないとは思いますが、やや落ち込んでおります。

っと、気を取り直して。

まず、ご覧の通り、度派手なデザイン。
いかにも、アメリカ・ロサンゼルスという感じで、カメラそのものは別として、全体デザインにあまり古さを感じないところにやや感心させられます。
もちろん、発売は「1984年」、ロサンゼルスオリンピック記念となります。

同じロス五輪記念に、NEW F-1 の記念モデルもありました。
「硬軟」というのでしょうか、あるいは「高低」なのか、なかなかおもしろい取り合わせで記念モデル品を発売したものです。


㊥カメラ担当係 "S" です。本日もご覧いただきありがとうございます。

今日は NIKON ZOOM 700 VR のご紹介です。

そう言えば、二日前の夜、NHK教育テレビで「クラシックカメラ」の番組がありましたね。
中古カメラ好きの皆様がたくさんご覧になられたと思います。

非常にうまい番組立てでした。ライカ一色ではなく、カメラを道具と個性、そしてデザインという観点からわかりやすく一般の方々に説明されていたと思います。
道具としてクラシックカメラには今後も活躍してほしいと願う業界人の一人としてうれしいかぎりの番組です。

田中長徳氏がお話しになっておられた「カメラは手と一体となって」、いい響きです。
バンタム、個性を発揮しています。
それぞれが量産された工業製品なのですが、一品一品自己主張しています。
道具として長年「愛着」を持てる品、あるいは持たれてきたカメラとして輝いています。

しかし、残念ながら今のデジカメには「長い愛着」という言葉が、まったく似合いません。

デジカメは非常によく写ります。
レンズも隅々まで収差が補正され、ボケもうまくコントロールされています。
私自身、なんの文句もありません。
残念ながら、ただそれだけなのです。
誰もが、すばらしい写真を手に入れることができる時代となったことはまことにいいことなのですが、やはり、ただそれだけなのです。

「使いこなす」というか、「じゃじゃ馬」をコントロールするという楽しみが欠けている?
そんな感じがします。
(説明書は分厚く、機能は盛りだくさんなんですが、そういう意味での使いこなすではないです)

十分検討して完成させてしまうから、完璧すぎてその時点では「抜け」がない。
使い手が欠点を補うとか、あるいは弱みを見せそうな場面ではあえて使わない、そういう使い手とカメラとのやり取りが無くなって、なんかさみしい。

そして、技術革新で今の機種を上回る道具が新たに出たら、お役御免。
デジカメを見た時に感じる「愛着の無さ」の原因ような気がします。

と色々と思いながら見入っていたのですが、
つい私もバカですね。

カメラの品名の「テロップ」が出る前に「あれは......」と子供に説明していました。
ある意味、やーですね。
また、フィルムのイラスト出たら、思わずパーフォレーションの数を数えちゃいました。
これも、やーですね。
でも、全部正しかったです。ちゃんと8コマ。
たぶん、よくよく写真好きのスタッフが監修されたのでしょう。

では、ようやく本題です。

まず、ニコンの ZOOM700VRQD から。


700VR001.jpg



㊥カメラ担当係 "S" です。本日もご覧いただきありがとうございます。

日々の入荷商品情報を先日からブログに載せ始めましたが、ついつい「入荷商品」でお茶を濁し、「個別」商品紹介の手抜き癖がついております。  ...... 反省 ......

次回は必ず実行。面白い商品をご紹介していきます。
今日は、ニコンの「ZOOM700VR」の予定でした。
VRは「Vibration:振動 Reduction:減少」の略で、いまやニコンレンズやコンデジに数多く搭載されている機能です。
その原点は実は「ここにありき」というお話しをしたかったのですが。
またまた写真撮影手抜きのため、続きは明日以降というこいとでお許しを。

やはり「手抜き癖」はいかんです。

「癖」は「癖」でも話しは変わりますが、私ただいま「ダイエット」中です。
高血圧とメタボ通告でお医者さんから「やせろ」指示がでて、この2年で体重計10~12kg減と頑張っております。特に、この数ヶ月は会社の行き帰りの「ウォーキング」を約1時間取り入れたことで、体重減がいっきにすすみ3ヶ月で7kg減と大幅減。効果絶大です。

最初は「食事」の減量という形で一進一退を繰り返しながら取り組んでいました。
徐々に階段を降りるがごとく、下がってはしばらく膠着状態、また食事を減らしては下がって膠着。
そうこうして79kgから72~73kgまで減量したのですが、やはり「減食」は「癖」にはなりません。
世間どおり、「食べたいという気持ち」との戦いが始まり、74~75kgへとリバウンド開始。

そこで「歩く」という「癖」を取り入れたら、見事に体にバランスが生まれはじめました。
答えは非常に簡単。
「食」という「入」と、「運動」という「出」のバランスをとれば簡単に痩せられるみたいです。
エネルギーの「入」と内部消費エネルギーの「出」のバランスがプラスに転ずるのか、あるいはマイナスに向かうのか、ただそれだけの「たしひき」の問題のようです。

また、減食では少ないエネルギーでも生きれる体になろうとするみたいで、基本的にエネルギー溜め込み型の体質になるみたいです。少ないエネルギーを効率的に使用し、できるだけ消費しない方向に向かいます。従って、少し多く食べれば、瞬く間に「こえる」方向に向かうようです。

その点、運動を入れれば、体はエネルギー消費型の体質に向かうようです。少々食べても、できるだけ体内で燃焼させようとする力が働くみたいで、意外に食べてもリバンドしません。反対に、より痩せようとする力が働くようで、しっかり食べないと「減り」すぎる方向に向かいすぎます。
しっかり食べてしっかり運動する、どうもこれが「ダイエット」の極意のような気がします。
同じ「癖」でも、ダイエットの「癖」は良いクセ、悪いほうの癖は早く改善しようと思っております。

駄文長文失礼しました。では、今日の入荷商品一覧です。



㊥カメラ担当係 "S" です。本日もご覧いただきありがとうございます。

先日、キヤノンさんから EOS7D の発売の発表がありました。

約1800万画素CMOSセンサーと約8コマ/秒の高速連写を両立したデジタル一眼レフカメラ

ということで、ご購入を検討されているお客様が沢山おられると思います。
当社では、「新製品発売記念・下取セール」を実施中です。
主な商品の現在の下取価格は下記と通りとなっておりますので、是非ご検討下さい。


EOS 10D  10,000      EOS KISS DIGITAL         7,000      EOS 5D                  75,000
EOS 20D  15,000      EOS KISS DIGITAL N    10,000      EOS 5D MARK(2)  155,000
EOS 30D  25,000      EOS KISS DIGITAL X    18,000
EOS 40D  40,000      EOS KISS DIGITAL X2  23,000 
EOS 50D  55,000      EOS KISS DIGITAL X3  35,000
                               EOS KISS F                  20,000

附属品や使用状況によっていくぶん下取査定額は上下するかもしれませんが、特段大きな問題がなければほぼこの金額でご予算立て下さい。

当店の各キットの売価は以下の通りです。
下記売価から査定額を引いていただいた金額が所要資金となります。

キヤノン EOS 7D EF-S18-200 IS レンズキッ   232,000円

キヤノン EOS 7D EF-S15-85 IS U レンズキット 241,000円

キヤノン EOS 7D ボディ                                   169,000円




㊥カメラ担当係 "S" です。本日もご覧いただきありがとうございます。

更新ペースがやや落ちております。

ご紹介するつもりだった商品の撮影を忘れるというサボタージュ。
でも、ブログ更新無しというわけにはいきませんので、今日入荷した商品をテキスト情報でお届けします。
日々入荷する商品全てをテキスト情報でお知らせすることはできませんが、出来れば個別商品のご紹介に加えて入荷情報を発信できればなと思っております。

ということで、本日は入荷商品のみのご紹介でお許し下さい。

実は、下の表の中にある「CONTAX T2 60周年記念 ゴールド」をご紹介する予定でした。

またまたゴールドということで取り上げようと思ったのですが、肝心の商品写真の撮り忘れ。
カメラの状態は新品同様で非常によいのですが、問題が一点あります。
なんとデータバック付。つまり、シルバーのデータバック付ということになります。
加えて、通常の金裏ブタ無し。
前から見ればゴールド。後から見れば、金パンダ?
絶妙の組み合わせとなりませんが、実用品ということでお買い求め下さい。

附属品は、外箱無しの木箱付き。専用の本革茶ケースとオリジナルのハンドストラップとなります。
お値段は、(税込)28,000円 (税込)29,400円。
展示店は大阪駅中央店です。

お問い合わせは、電話06-6341-7005、またはメールにてお願いします。

明日、わたくし
㊥カメラ担当係 "S"は公休日ですので、商品が売れてなければ月曜日に撮影してアップしたいと思います。



㊥カメラ担当係 "S" です。本日もご覧いただきありがとうございます。

選挙も終わり平常に戻りつつあると言いたい所ですが、今月は「新型インフルエンザ」の流行が予測されておりており、ややいやな雰囲気が漂いはじめております。
大阪駅界隈にも「ちらほら」マスク姿の方がまた散見されるようになってまいりました。

あの5月ほどのことはないにしても、できるだけ早く落ち着いてほしいものです。
月末前には秋のゴールデンウイークがあり、人の動きが大きくなります。
また、子供達は運動会や修学旅行などの行事もあり、影響が心配されるところです。
過剰反応しすぎると、観光地や私どもの小売業においても大きな経済的打撃が発生し、ひいては社会全体にマイナス影響が及びますので、皆で是非「上手に」感染したいものです。

個人的には、いずれにせよ何時かはかかる病気と割り切っていますので、かかるなら「病院の空いている時」にしといてと勝手な希望をもっております。皆様におかれましても、上手にかかって下さい。

では、本日の入荷品の紹介です。

PRINZFLEX AUTO REFLEX 100mm F2.8 
M42マウント) が入荷しました。

prinz004.jpg
Bessaflex TM (BLACK) に装着してみました。(カメラは別売です)

写真をご覧の通り、外観から判断するとまず間違いなく「チノン」です。
すなわち、「チノン」ということは「富岡」ということだと思います。

イギリスのディクソン社がチノンの製品を「プリンツフレックス」という名称で販売していたそうで、その交換レンズの1つがこのレンズということになります。
残念ながら、私"S"が中古カメラを担当するようになって、「PRINZFLEX」そのもの自体見たことが無く、詳細は不明です。

  • 1

このアーカイブについて

このページには、2009年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年8月です。

次のアーカイブは2009年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。